JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2017/12/24 有馬記念 中山 芝2500 G1 3上国  4400

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

キタサンブラック

2012 鹿毛57 2. 33. 6 55 ----=======1126 623 抹消
クイーンズリング

2012 黒鹿55 2. 33. 8 54 -=====-----323 124 抹消
シュヴァルグラン

2012 栗毛57 2. 33. 8 54 ------=====428 390

スワーヴリチャード

2014 栗毛55 2. 33. 8 54 --======---405 248
ルージュバック

2012 鹿毛55 2. 34. 0 53 --=====----292 191 抹消

シャケトラ

2013 青鹿57 2. 34. 1 53 -----===---113 210
サウンズオブアース

2011 黒鹿57 2. 34. 2 53 ----======-298 745
レインボーライン

2013 鹿毛57 2. 34. 3 52 --=========415 248 抹消

サトノクロニクル

2014 鹿毛55 2. 34. 3 51 ---=======-123 72
10 ヤマカツエース

2012 栗毛55 2. 34. 5 50 --===------387 76
11 ミッキークイーン

2012 鹿毛55 2. 34. 5 50 --=====----441 214 抹消
12
ブレスジャーニー

2014 鹿毛55 2. 34. 6 50 --===------84 10
13
サトノクラウン

2012 黒鹿57 2. 34. 6 51 ----===----468 264
14 トーセンビクトリー

2012 鹿毛55 2. 34. 8 49 --====-----86 22
15 カレンミロティック

2008 栗毛57 2. 35. 1 48 ---========267 381 抹消
16 (地) サクラアンプルール

2011 栗毛57 2. 35. 5 46 ---=====---147 81

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
有馬記念 [ ☆レース回顧 ]
|| マラ男 17/12/26 (火)00:33  
キタサンブラックの引退レース。勝利すれば芝GI 7勝目。テイエムオペラオーの歴代賞金額を超えて単独一位となる。もし、天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念を連勝できていれば米国馬アロゲート(すでに引退)からの世界賞金王を日本馬が奪取することができた。主な見解は

(1.9)キタサンブラック …絶好1枠引いた。引退戦、疲れはどうか。
(4.5)スワーヴリチャード …外枠とハーツクライ産駒マイナス。だが、鞍上が怖い。
(6.7)シュヴァルグラン …JC圧勝の余韻に乗るかどうか。
(9.8)サトノクラウン …宝塚は有馬へ繋がる。
(19.6)ミッキークイーン …去年5着と同様のローテが良い。
(24.6)ヤマカツエース …去年4着の豪脚。大敗続きも、右回り坂あるコース良い。
(29.6)シャケトラ …日経賞の勝利がここで爆発か。

キタサンvs外国人騎手の上位人気で、3連系でミッキー、ヤマカツ、シャケトラレインボーライン(44.7)で穴狙い…本命党も穴党も想定はこんな感じだったと思う。
ただ、去年4番人気の多大な支持を集めたサウンズオブアース(132.9)はラッパ吹かずの弱々しい。ミルコ兄とクリスチャン弟の大レースの勝負強さの差がでたか。一番買う材料が乏しかったのはクイーンズリング(33.1)だったかもしれない(自分が本命にして何を言うのかと。内枠しか好材料がなかった)。
馬場は力のいる馬場で、固い馬場ではなかった。

ラップ:6.8 - 11.6 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 13.3 - 13.2 - 12.8 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.2 - 12.3

スタート切られると注文通り、キタサンブラックが先頭へ。ルージュバックが出遅れ。外からシャケトラカレンミロティック、内からヤマカツエースクイーンズリングトーセンビクトリーサトノクロニクルブレスジャーニーサクラアンプルールサトノクラウンレインボーラインシュヴァルグランミッキークイーンスワーヴリチャードルージュバックサウンズオブアース。1000m通過は60秒。1.2コーナーで息を入れるキタサン。ここで「誰かつかっけるのか※」と考えられたが、誰もつっかけず。3.4コーナーでキタサンがピッチを上げていく。隊列に変化がない。シュヴァルとスワーヴが外からまくっていく。直線入るとキタサン先頭。外からシュヴァルとスワーヴが追いかけていく、勢いが感じられない。キタサンも突き放す勢いもない、そのまま、キタサンが11/2馬身差でゴール。2着に牝馬のクイーンズリングが入り中波乱となった。

キタサンがマイペースで逃げ切った。2008年のダイワスカーレット以来。ただ、ダイワの時、去年もそうだったが、※誰もつっかけなかった。ルメールやミルコ辺りがやりそうな予想もあった(前日NHKでダービー特集の影響もあり)。やれなかった理由として
1.去年、そしてダービーもやった。やったら総捲くりになり、自滅。
2.力馬場だったから、できなかった。
の2点だろう。理由がスローで折り合いを欠いたから…はとらない。自分は2.を取る。
ダイワスカーレットヴィクトワールピササトノダイヤモンド時は固い馬場。今年は力馬場で、スピードが相殺、馬が下を気にするなどがある。固い・力馬場という表現で説明しきれないところがある。時間が経てば説明しきれる部分が増えると思います。

最後に上手くいけば掲示板は載れたサクラアンプルールの事象についてですが、内のクイーンズリング、外のシュヴァルグランスワーヴリチャードサクラアンプルールトーセンビクトリーが挟まれた。私が言えることは騎手一人一人でなく、全員で注意をすれば防げます。

[0.13]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: