JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2018/ 6/ 3 安田記念 東京 芝1600 G1 3上国  11000

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

(外) モズアスコット

2014 栗毛58 1. 31. 3 67 -==--------193 380

アエロリット

2014 芦毛56 1. 31. 3 66 --==-------320 678

スワーヴリチャード

2014 栗毛58 1. 31. 4 67 --======---405 260

サトノアレス

2014 黒鹿58 1. 31. 5 66 -===-------159 421

サングレーザー

2014 青鹿58 1. 31. 5 66 -====------319 553

ペルシアンナイト

2014 黒鹿58 1. 31. 7 65 --=====----259 506

ウインガニオン

2012 黒鹿58 1. 32. 0 63 -==--------101 368 抹消

リスグラシュー

2014 黒鹿56 1. 32. 1 61 --====-----383 676

レッドファルクス

2011 芦毛58 1. 32. 1 62 ===--------389 478
10 [外] ウエスタンエクスプレス Western Express

2012 栗毛58 1. 32. 3 61 -==--------0 223
11 (外) キャンベルジュニア

2012 鹿毛58 1. 32. 4 60 ====-------62 297
12
レーヌミノル

2014 栗毛56 1. 32. 5 59 ===--------195 504
13
ヒーズインラブ

2013 鹿毛58 1. 32. 7 59 --=--------39 290
14 (外) ダッシングブレイズ

2012 栗毛58 1. 32. 7 59 -====------115 395
15 リアルスティール

2012 鹿毛58 1. 32. 7 59 ---=======-363 322 抹消
16
ブラックムーン

2012 鹿毛58 1. 32. 8 58 --==-------105 538

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
安田記念 [ ☆レース回顧 ]
|| 倫敦納豆 18/06/04 (月)00:25  
 春の東京GIシリーズの最後は安田記念。大阪杯を勝ったスワーヴリチャードが早々にこのレースへの参戦を表明していた。おそらく春天を目指しても有力馬扱いされただろうが、こちらの方が種牡馬価値を高めやすいと見たか。
 人気はそのスワーヴリチャード(2.8倍)、ペルシアンナイト(6.1倍)、サングレーザー(6.4倍)、リアルスティール(9.0倍)とここまでが10倍以内、以下アエロリットリスグラシューサトノアレスレッドファルクスモズアスコットまでが10倍以内である。9番人気と10番人気の間が大きかったので、まずはこの9頭までと見られていたか。

 12.2-10.8-11.2―11.3-11.3-11.4-11.4-11.7

 スタートでサトノアレスが出遅れ、ブラックムーンも下げた。まずはレーヌミノルが出かけたが、外からウインガニオンが出て、逃げる形になった。順番はウインガニオンレーヌミノルの後はアエロリットキャンベルジュニア、その後にスワーヴリチャードウエスタンエクスプレス、さらにペルシアンナイトサングレーザーダッシングブレイズリアルスティールモズアスコット。そしてヒーズインラブリスグラシューサトノアレスレッドファルクス、最後にブラックムーン
 直線でもウインガニオンのリードは2〜3馬身ある。これを追うのはアエロリットレーヌミノルが徐々に後退。そこへスワーヴリチャードが、その外からサングレーザーサトノアレスが迫る。
 直線半ばで先頭はアエロリットに替わる。ここでスワーヴリチャードの後ろにいたモズアスコットが、スワーヴリチャードが外によれた隙に前へ進出して猛追、ゴール前でアエロリットを捕えて優勝した。

 モズアスコットは登録時点では出走順で19位、つまり除外対象だった。そのため1週前の安土城Sに出ての賞金上積みを試み(※)、2着に敗れたために上積みに失敗していた。ただしムーンクエイクタワーオブロンドンスターオブペルシャが回避し、出走できることになった。幸運である。(とはいえ連闘となった)
 もう一つ幸運だったのは、直線で前にいたスワーヴリチャードがまっすぐ走らずによれており、その隙を狙って前へ出られたことだ。スワーヴリチャードのデムーロ騎手はレース後のインタビューで「直線では馬場の良いところを探しながら乗った」と言っており、意図的だったのかもしれない。どちらにせよ外に出しては届かなかった可能性が高く、不確かな幸運を期待して内を選んだのは正しかったのだろう。

 ところでこの日曜の東京5Rの2歳新馬戦で、グランアレグリアが1:33:6の好時計で新馬勝ちを飾った。高速馬場とはいえ、2歳6月で、未勝利でなく新馬戦と考えると非常に速い(私が知らないだけで前例がありましたらツッコミください)。さすがにこの安田記念のタイムと比べると最下位よりも遅い。だがこの馬が17頭目として(54キロで)出走した場合、最下位にならなかった可能性は比較的高かったのではないか、それくらいの価値は感じた。今後さらに伸びてくると決まったわけではないが。

 (※)ウインズで視聴していたところ、放送でそのような発言があった。ただ、1週前の賞金によって出走可能順位を変えられるのかどうかは記憶がない。

[0.08]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: