JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2018/10/21 菊花賞 京都 芝3000 G1 3歳国  12000

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


フィエールマン

2015 鹿毛57 3. 06. 1 50 ---========310 273

エタリオウ

2015 青鹿57 3. 06. 1 50 ------=====172 245

ユーキャンスマイル

2015 鹿毛57 3. 06. 3 50 -----======96 256

ブラストワンピース

2015 鹿毛57 3. 06. 5 49 ---=======-161 138

グローリーヴェイズ

2015 黒鹿57 3. 06. 6 49 ---========152 195

タイムフライヤー

2015 鹿毛57 3. 06. 7 48 ---=======-105 84

シャルドネゴールド

2015 栗毛57 3. 06. 9 48 ---=======-14 67 抹消

エポカドーロ

2015 黒鹿57 3. 06. 9 48 ---====----226 50

ジェネラーレウーノ

2015 青鹿57 3. 07. 1 47 ----==-----129 33
10
グレイル

2015 黒鹿57 3. 07. 4 46 ---====----47 16
11
ステイフーリッシュ

2015 鹿毛57 3. 07. 5 46 ----===----148 16
12
アフリカンゴールド

2015 栗毛57 3. 07. 8 45 ----======-0 16
13
グロンディオーズ

2015 黒鹿57 3. 07. 9 45 --========-0 16
14
メイショウテッコン

2015 青鹿57 3. 08. 0 44 ---=====---143 50
15
コズミックフォース

2015 鹿毛57 3. 08. 1 44 ----===----86 16
16
アイトーン

2015 鹿毛57 3. 09. 6 39 --===------33 16
17
カフジバンガード

2015 鹿毛57 3. 09. 9 38 --===------13 16
18
オウケンムーン

2015 鹿毛57 3. 11. 2 34 ---====----43 16

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
菊花賞 [ ☆レース回顧 ]
|| マラ男 18/10/21 (日)20:21  
さらっと書きます。
ダービー馬がいないなら、皐月賞馬。皐月賞馬がいないならダービー馬。両方いなければダービーの2着馬か、皐月ダービーの1番人気という評価になる。だが、今回はそれに当てはまらない。皐月賞馬エポカドーロ(5.5)で、逆転でブラストワンピース(3.4)、エタリオウ(3.6)、ジェネラーレウーノ(11.2)。ダービー馬ワグネリアンは天皇賞秋向かったのが回避。

馬場は緩め。京都の何時もの硬い馬場ではない。

ラップ:12.8 - 11.9 - 12.5 - 12.9 - 12.6 - 12.4 - 13.3 - 13.0 - 12.8 - 12.7 - 12.8 - 12.2 - 12.2 - 10.7 - 11.3

ジェネラーレウーノが先手。スタンド前でペースダウンするとエタリオウが後方3番手から中団。ブラストワンピースは中団。勝ち馬となるフィエールマンは後方からエタリオウをマークしている。向正面に掛かるとブラストワンピースが追走に苦しんでいる。そして、下り坂から直線で大きく馬群が広がり、最内は3頭空けての直線勝負。
エタリオウが抜け出すが、そこにフィエールマンが外からゴール直前で差しハナ先着。3着がユーキャンスマイル、4着ブラストワンピース

ルメールのコメントはエタリオウをマークしていたこと。勝ち馬は関東馬、7月からラジオNIKKEI賞以来の4戦目である。関東馬の勝利は17年振り。マンハッタンカフェ以来。その3戦目は小回り福島で豪脚を披露したが、レース間隔が空いていることで7番人気。最終追切は美浦、栗東ではない。こういう馬が関東馬における秋華賞や菊花賞勝てない現実があった。
エタリオウはミルコが焦った。自分で動けば末脚が甘くなるのは誰もが知っていた。そして、人気馬だからマークもされることも(秋華賞は自分がルメールをマークしていたからこそ)。ハナ差で負ける屈辱的な騎乗ミスである。
ブラストワンピースは母系のアルナスナインの鈍重さが出たか。ハービンジャー産駒は京都得意だが、硬い馬場は苦手。去年は台風の影響で最初から最後まで緩い馬場だった。そして、今回緩い馬場だったからこそ印を回されたとも思えたが…。

1着から6着までが「ノーザンファーム育成馬」。グローリーヴェイズのレイクヴィラファームは旧メジロ牧場(50年以上まえから吉田勝己と岩崎はマブダチ)が、現在はノーザンの下部組織といっていい扱い。その下部組織扱いが一口馬主のキャロットとシルク。キャロットやシルクも社台ノーザンの馬中心に一口馬主を行って、日高産もあるが育成はほぼ全てノーザン育成。その育成が中央競馬芝ダートトップを走っている。「ノーザンファーム」名義だけでなく、外国産馬もおり、例えばダービー馬ワグネリアン馬主金子真人所有外国産馬もノーザン育成。それにあやかりたいと一口に憧れる人、個人馬主、一口馬主事業、調教師が増えてきた。実際にワグネリアンエタリオウの友道厩舎はノーザン専門の調教師。誤解してほしくないが、友道厩舎は10年以上まえから専門調教師をやっており、育成と調教とのチームワークが馬の育て方に適しているからこそ、専門という立場に甘んじている。実際に友道厩舎のように専門やっても、最終仕上げは調教師の腕前。簡単に1勝もできる人間はいない。その流れにあやかりたい調教師には「活」を入れたい。

雑談
去年の秋華賞回顧で「何故10月の京都のGIは関東馬が勝てないのか」を疑問視し、今年は京都GI2連勝。
一応の回答として、馬場が硬すぎて関東馬が対応できてないと言った。今のところ、答えを得ることはまだできてない。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: