JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2018/ 4/15 皐月賞 中山 芝2000 G1 3歳国  11000

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


エポカドーロ

2015 黒鹿57 2. 00. 8 58 ---==------132 204

サンリヴァル

2015 鹿毛57 2. 01. 1 56 ---==------79 286

ジェネラーレウーノ

2015 青鹿57 2. 01. 4 55 ---==------66 197

ステルヴィオ

2015 鹿毛57 2. 01. 4 55 --===------128 191

キタノコマンドール

2015 鹿毛57 2. 01. 4 55 ----==-----30 114

グレイル

2015 黒鹿57 2. 01. 4 55 ---==------33 142

ワグネリアン

2015 鹿毛57 2. 01. 6 54 ---==------71 172

アイトーン

2015 鹿毛57 2. 01. 8 52 ---==------24 126
(外) ジャンダルム

2015 黒鹿57 2. 01. 8 52 --===------80 194
10
タイムフライヤー

2015 鹿毛57 2. 01. 9 52 ---==------101 189
11
ケイティクレバー

2015 鹿毛57 2. 02. 0 51 ----==-----35 129
12
オウケンムーン

2015 鹿毛57 2. 02. 2 50 ---==------38 63
13
マイネルファンロン

2015 青鹿57 2. 02. 3 50 ---==------14 75
14 [地] ダブルシャープ

2015 鹿毛 57 2. 02. 5 49 =====------32 114
15
ジュンヴァルロ

2015 栗毛57 2. 03. 1 46 ----=------0 55
16
スリーヘリオス

2015 黒鹿57 2. 04. 4 39 =====------0 18

 [ 登録馬一覧・詳細 ]

レース回顧
 [ レースBoard ]
皐月賞 [ ☆レース回顧 ]
|| 倫敦納豆 18/04/16 (月)00:12  
 牡馬クラシック第1弾、皐月賞である。朝日杯と弥生賞を勝ったダノンプレミアムが不動の本命、との声が強かったが、調整に難があったようで回避した。一気に混戦ムードとなり、前夜から当日朝までの雨がさらに怪しいムードを煽った。なお、レース時点での馬場は稍重である。
 人気はワグネリアン(3.5倍)、ステルヴィオ(3.7倍)、キタノコマンドール(6.3倍)、ジャンダルム(9.6倍)、オウケンムーン(9.7倍)とここまで10倍以内、以下タイムフライヤーエポカドーロジェネラーレウーノが10倍台である。なおフルゲートは18頭だが、今回の出走は16頭である。

 12.6-11.0-11.9-11.5-12.2―11.9-12.4-12.4-12.7-12.2

 今回の皐月賞の特徴として、(近走から判断して)逃げそうな馬が多かったことが挙げられる。内枠から順にアイトーンエポカドーロケイティクレバージェネラーレウーノサンリヴァルジュンヴァルロが考えられた。そうなると速いペースが予想されるが、今挙げた馬の中に単勝10倍以内の馬は入っていない。
 スタートでまずジェネラーレウーノが前へ出かかったが、内からアイトーン、外からジュンヴァルロが出てくる。1角で既にこの3頭が先団を形成していた。
 先頭はアイトーン。そのすぐ後ろにジェネラーレウーノジュンヴァルロ。離れてエポカドーロ、続いてケイティクレバーサンリヴァル、さらにマイネルファンロンスリーヘリオスタイムフライヤーダブルシャープと続く。その後にようやくオウケンムーンジャンダルムワグネリアングレイルステルヴィオキタノコマンドールが最後方である。人気馬の多くが後ろに位置取る形になった。前半1000mは59:2、向正面では先頭と4番手の間に約2秒の差がついている。
 3角でも前の3頭と後続の差は詰まらず、4角に入ってからようやく徐々に差が詰まり始めた。直線に入ってまず先行勢からジュンヴァルロが後退、ジェネラーレウーノは先頭に迫る。後続集団からはエポカドーロと、その後ろに内からケイティクレバー、外からサンリヴァルが追う。ステルヴィオワグネリアンキタノコマンドールが外に回って前を狙うがまだ後方だ。ジェネラーレウーノが残り200mで先頭に立つがここでエポカドーロが急追。ジェネラーレウーノを捕えてそのまま突き抜けた。2着も一緒にやってきたサンリヴァル、3着はジェネラーレウーノが粘り切った。

 エポカドーロは先頭が大きく離れた後の後続グループを引っ張る形となった。先頭グループに逃げ切られるプレッシャーを強く感じる場所であり、しかも後続グループの他の馬たちからは目標にされる。私の認識では、非常に苦しい場所である。
 ここでエポカドーロの動きを振り返りたい。前の3頭がいなかったと仮定すると、ややスロー程度のペースで逃げ、残り600mで自分からペースを上げてそのまま後続を完封した、という形になる。実際の競馬でもそれなりにあり得る形だ。その上で、逃げ残りを図るジェネラーレウーノを捕えてもいる。馬自身の強さもあるだろうが、戸崎騎手がものすごい好騎乗をしたと思っている。
 後方待機で人気に答えられなかったステルヴィオキタノコマンドールワグネリアンといった馬たちについてだが、たしかに後方待機が損だったのは事実だろう。だが稍重とはいえ上がりタイムが極限まで速かったわけでもない。人気にふさわしい力を持っていれば、勝つまでは無理でも勝ち馬に迫る位置まで来ることは可能だったはずだ。足りない部分が適性なのか地力なのかはわからないが、今回は完敗である。

[0.10]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: