JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

欧州スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

736. 2010/11/13 クリテリウムドサンクルー (仏G1 芝2000m 2歳牡牝 サンクルー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/11/12(金)00:59 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
14Kreem(GB)2Colt57.0M. Guyon
22Rigolleto(IRE)2Colt57.0O. Peslier
39Prairie Star(FR) 2Colt57.0A. Crastus
411Quinndo(GER)2Colt57.0E. Pedroza
57Obligation(FR)2Colt57.0C. O'Donoghue
63Exodus(GB)2Colt57.0J.A. Heffernan
76Recital(FR)2Colt57.0J.P. Murtagh
810Figli Fanesi(IRE)2Colt57.0D. Vargiu
98Bubble Chic(FR) 2Colt57.0S. Pasquier
101Flinch Cat(FR) 2Colt57.0F. Lefebvre
115Creyente(IRE)2Filly55.5R. Marchelli

実績上位はG3コンデ賞を勝っているPrairie Star。4戦3勝で1800の重賞を勝っている点で、他よりやや抜けている。ただ、前走は小差で凌いできており、優位はそう大きくもない。コンデ賞の2、3着馬、Bubble Chic、Kreemにもチャンスはある。2走前の条件戦では、デビュー戦となったKreemがBubble Chicを半馬身差降している。
O'Brien厩舎は3頭出し。その中でMurtagh騎乗は1戦1勝のRecital。前走はそこまで目立つ結果ではないが、それだけ期待されているということか。経験からすると4戦崩れ無し、準重賞エアフィールドS2着のObligation。Exodusは3戦目で初勝利をあげたばかりだが、良血馬が9馬身差で圧勝してきたとなると面白い。
前走圧勝となると、ブレーメンの未勝利戦を10馬身差で勝ってきた独馬Quinndo、ミラノの未勝利戦を12馬身差で勝ってきた伊馬Figli Fanesiも気になるところ。
[1]. クリテリウムドサンクルー結果
|| mazuda 10/11/16(火)00:46 [ 返信 ]
1Recital57.0J.P. Murtagh 2:24.80
2Bubble Chic 57.0S. Pasquier 5
3Prairie Star57.0A. Crastus 2
4Exodus57.0J.A. Heffernan6
5Quinindo57.0E. Pedroza Neck
6Cryente55.5R. Marchelli Short Neck
7Kreem57.0M. Guyon 3/4
8Obligation57.0C. O'Donoghue 2 1/2
9Figli Fanesi57.0D. Vargiu 20
10Rigolleto57.0O. Peslier Distance
Non Runner: Flinch Cat

Rigolletoが好スタートから前に出て、Exodusが追随する。外からはQuinindoも上がってゆき、Quinindoがハナへ。2番手Exodus、3番手Rigolleto、更に4頭が固まって続き、そこにPrairie Star、Bubble Chic、Kreemが居る。やや離れてRecitalは後ろから3頭目、後はObligation、Creyente。
コーナーを回ってくると、内のRigolletoが出てくる。Exodusがピタリとその外に付く。Prairie Starはやや下げて内へ入れる。後続が接近し、徐々に一団の馬群となってくる。Prairie Starは6番手、その後ろにRecital。3コーナーに入ると後続が横に広がりだし、Obligationが外からポジションを上げてゆく。直ぐ内のQuinindo、Figli Fanesiがそれに応じて動き、Quinindoが再び先頭に出る。Recitalは外に出して、上がってゆく馬達の直後に付ける。
直線を向きQuinindo先頭、その外へは間を抜けたRecitalが迫ってくる。残り400を切ってRecitalが先頭に替わり、内からPrairie Star、外からBubble Chicが追ってくる。しかし、スピードに乗ったRecitalは2頭を突き放して独走態勢。そのまま5馬身差を付けて、Recitalが完勝した。2着はBubble Chic、3着Prairie Star。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: