JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

欧州スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

821. 2011/11/12 クリテリウムドサンクルー (仏G1 芝2000m 2歳牡牝 サンクルー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/11/12(土)02:50 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
14Letsgoroundagain(IRE)2Colt57.0W.A. Carson
21Betpak Dala(GB) 2Colt57.0T. Jarnet
37Mandaean(GB)2Colt57.0M. Guyon
43Tifongo(FR)2Colt57.0F. Veron
55Tai Chi(GER) 2Colt57.0T. Thulliez
62Brocottes(FR)2Filly55.5G. Benoist
76Madam Blanche(IRE) 2Filly55.5P.J. Smullen
88Mirandola(FR)2Filly55.5P.C. Boudot

実績で頭一つ抜けているのがTai Chi。4連勝中で、前走はG3ヴィンターファヴォリテン賞を3 1/2馬身差で快勝してきた。独の馬だと力関係に悩むところはあるが、この馬はロンシャンでも勝っている。
その相手は、まだ多くをみせていない素質馬達。Godolphin−Fabre厩舎の良血Mandaeanは1戦1勝。デビュー戦は1800mを走って3馬身差で完勝した。同じく無敗は牝馬のBrocottesで、こちらは2戦2勝。前走の条件戦はやはり1800m。ただ、牝馬限定戦で僅差での勝利だった。
キャリア最多を誇るのがLetsgoroundagain。4月のデビューからこれが10戦目、重賞は1度経験しており、前走の準重賞シルヴァータンカードSで2勝目をあげてきた。Mirandolaは前走3戦目で初勝利。やはり1800m戦を勝ってきた。中1週で追加登録しての意欲の出走となる。
11/11/12(土)22:37 編集
[1]. クリテリウムドサンクルー結果
|| mazuda 11/11/16(水)01:21 [ 返信 ]
1MandaeanM. Guyon 57.02:20.20
2BrocottesG. Benoist 55.52 1/2
3Tai Chi T. Thulliez 57.03/4
4MirandolaP.C. Boudot 55.5Neck
5TifongoF. Veron 57.0Nose
6Betpak Dala T. Jarnet 57.01 3/4
7LetsgoroundagainW.A. Carson 57.01 3/4
8Madam Blanche P.J. Smullen57.010

Letsgoroundagainはスタートでやや伸び上がり後ろから。他は大体揃ったところから、Mirandola、Madam Blancheが前にでて、Mandaeanはその後ろに付く。その後Tifongo、Brocottes、Betpak Dalaが続く。最初のコーナーでMandaeanは2番手に上がり、一旦下がったTai Chiも外を回ってポジションを上げる。
Tai Chiは1頭大きく離れた外を回り、先頭に出る。Mandaeanが続き、Madam Blancheが引いて人気馬が前に並ぶ格好。Brocottesも3番手へ上がり、以降は2頭ずつが併走で続く。前から後ろまでは6馬身くらい。4コーナーでまずLetsgoroundagainが動き、4番手グループに並ぶ。そして、前ではMandaeanがTai Chiの内に並びかけてゆく。
直線に入って追い出しにかかると、MandaeanがTai Chiを抜き去り先頭。Tai Chiは食い下がろうとするが、Mandaeanがフラつきながらも引き離してゆく。Tai Chiの後ろにはBrocottes、Tifongoが追ってくるが、2番手争いでMandaeanに迫る勢いは無い。抜け出した後も更に蛇行しながら、Mandaeanが最後2番手に上がったBrocottesに2 1/2馬身差を付け1着。3着はTai Chi。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: