JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

欧州スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

819. 2011/10/30 クリテリウムアンテルナシオナル (仏G1 芝1600m 2歳牡牝 サンクルー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/29(土)02:40 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
111Vasco Bere(FR) 2Colt57.0T. Jarnet
25Ice Cool(FR) 2Colt57.0M. Barzalona
34Saint Pellerin(GER)2Colt57.0G. Benoist
43Salair Haut(IRE) 2Colt57.0C. Soumillon
58Veneto(FR)2Colt57.0S. Pasquier
61Bonfire(GB)2Colt57.0J. Fortune
710Learn(IRE)2Colt57.0C. O'Donoghue
89French Fifteen(FR) 2Colt57.0T. Thulliez
97Pakal(GER)2Colt57.0O. Peslier
106Swing Alone(IRE) 2Colt57.0R. Winston
112Kendam(FR)2Filly55.5M. Guyon

実績からするとまずSaint Pellerin。デビュー2戦目から3連勝で、準重賞の欧州生産者基金クリテリウムを快勝。前走はG3シェーヌ賞で3/4馬身差の2着だった。ただ、主戦のLemaireは来日中で、豪州行きも控えており、鞍上は交代となる。紅一点のKendamは5戦目で初勝利をあげた後、G3アランベール賞2着、そして前走はG3エクリプス賞を勝っている。こちらは距離未経験なのが気になるところ。
先週のレーシングポストトロフィーもそうだったが、このくらいの顔ぶれだと勝ち上がったばかりの素質馬にも目が行く。Soumillonが手綱をとるのが1戦1勝のSalair Haut。同コースの未勝利戦を2馬身差で快勝してきた。同じく1戦1勝はBonfire。こちらは英調教馬で、ソールズベリの未勝利戦をやはり2馬身差で勝っている。
French Fifteenはメンバー中最多の4勝をあげる。未勝利から4連勝で、西部クリテリウムを勝っている。ここまではローカル回りだったが、前走のG3トマスブリオン賞でも2着に来た。O'Brien厩舎はLearnを単独で送り込む。レーシングポストトロフィーではCamelotのペースメイカー扱いだったが、未勝利の圧勝ぶりは侮れない。Pakalは独から。ここまで6戦着外無し、G3ツークンフツレネンで2着となっている。
11/11/01(火)02:15 編集
[1]. クリテリウムアンテルナシオナル結果
|| mazuda 11/11/01(火)02:15 [ 返信 ]
1French Fifteen57.0T. Thulliez 1:43.50
2Pakal57.0O. Peslier 1 1/4
3Bonfire57.0J. Fortune 1/2
4Learn57.0C. O'DonoghueShort Head
5Kendam55.5M. Guyon 3/4
6Veneto57.0S. Pasquier 2 1/2
7Saint Pellerin57.0G. Benoist Short Neck
8Vasco Bere 57.0T. Jarnet Neck
9Ice Cool 57.0M. Barzalona Short Neck
10Swing Alone 57.0R. Winston 2
11Salair Haut 57.0C. Soumillon 1 1/2

Pakalが好スタート。KendamやSaint Pellerinも上手く出る。しかし、その間からSwing Aloneが上がって前へ行き、外からLearnもそこへ並んでくる。Pakalもその間で先行争いに加わる。Saint Pellerinはかかり気味に好位から、その後ろにKendam。Salair Hautは外に向けつつ中団に付け、French Fifteenは後方から。
PakalとSwing Aloneが並んでレースを引っ張る。前から後ろまでは7、8馬身程。4コーナーにかかり、外のLearnが前に並びかける。内のSwing Aloneも前に出ようとして、Pakalがやや後れる。
しかし、ラストスパートに入るとSwing Aloneは一杯となり、前はLearnにPakalが食らい付く形。直後をSaint Pellerin、Kendamが追いかける。French Fifteen、Bonfireは馬群の中へ突っ込み、進路を探る。外にスペースが空いてそこへ出したFrench Fifteenは残り300を切って前に迫る。PakalがLearnを抜き返し、一旦前が詰まったBonfireも空いた所から抜け出してくるが、ゴール前でまとめて内をかわしたFrench Fifteenが全て抑えて1着。2着はPakal、3着Bonfire。


818. 2011/10/23 リディアテシオ賞 (伊G1 芝2000m 3歳上牝 カパネッレ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/22(土)02:15 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
12Beatrice Aurore(IRE) 3Filly55.5M. Demuro
23Djumama(IRE)3Filly55.5D. Vargiu
35Elle Shadow(IRE) 4Filly57.0A. Starke
48Kapitale(GER)3Filly55.5J. Victoire
56Malagenia(IRE)3Filly55.5C. Demuro
67Modeyra(GB)4Filly57.0L. Dettori
79Night Of Dubai(IRE) 3Filly55.5M. Esposito
810Not For Sale(GER) 4Filly57.0E. Frank
911Oeuvre D'Art(IRE) 3Filly55.5U. Rispoli
101Quiza Quiza Quiza(GB)5Mare57.0F. Branca
1112Shamal Sally(USA) 4Filly57.0Z. Smida
124She Is Great(IRE) 4Filly57.0P. Convertino

伊G1では良くあることだが、独からG1をと狙ってきた馬が有力な勢力となる。Djumamaは今年のG1ディアーナ賞2着馬。前走はG1オペラ賞に出てそれ程負けていない5着で、相手が軽くなるここは楽しみが大きい。同じディアーナ賞で6着だったのがKapitale。Djumamaとは差があったが、前走はG3ケルナーヘルプスト牝馬賞を勝って、成長の跡をみせている。古馬のElle Shadowは重賞3勝をあげており、今年はG1バイエリシェスツフトレネンで3着となった。前走はG3貯蓄銀行金融グループ賞で4着と人気を裏切っており、巻き返しを図る。
英国からはG3クロエ賞の勝ち馬Beatrice Aurore。他にも準重賞ハイトオヴファッションSを勝っている。意外と良馬場向きか。そしてGodolphinのModeyra。故国とはいえ、Dettoriを起用してくるからにはそれなりの意気込みだろう。この夏以降は準重賞で連続2着、そして前走のG2ロワイヤリュー賞は半馬身差の3着と、重賞でもやれそうなところはみせている。
地元勢ではQuiza Quiza Quiza。今年G1共和国大統領賞で3着に入り、前走は準重賞のアルキダミア賞を勝ってきた。
[1]. リディアテシオ賞結果
|| mazuda 11/10/26(水)01:16 [ 返信 ]
1Quiza Quiza Quiza57.0F. Branca
2Beatrice Aurore 55.5M. Demuro 1/2
3Kapitale55.5J. Victoire 1 1/2
4Djumama55.5D. Vargiu 2 1/2
5Elle Shadow 57.0A. Starke Short Head
6Not For Sale 57.0E. Frank 1/2
7Modeyra57.0L. Dettori 5
8Night Of Dubai 55.5M. Esposito 2 1/2
9Oeuvre D'Art 55.5U. Rispoli Neck
10Malagenia55.5C. Demuro 1
11Shamal Sally 57.0Z. Smida 1 1/4
12She Is Great 57.0P. Convertino4 1/4

Elle Shadowがまず飛び出すが控えて、外からNight Of Dubaiがハナに立つ。Kapitaleが2番手で続き、Djumama、Modeyraが好位から。その後ろにElle Shadowが居り、Quiza Quiza Quizaはその後ろ、Beatrice Auroreは後方から。
Modeyraが中盤で2番手に上がり、Night Of Dubaiにピタリと付く。一方Djumamaは前が詰まったか最初のコーナーで鞍上が立ち上がるように引っ張り、位置取りを下げる。Night Of DubaiをKapitaleとModeyraが並んで追い、外からは各馬追い上げ体勢に入る。
直線を向いて馬群は横に大きく広がる。KapitaleがNight Of Dubaiをとらえて先頭に立ち、外からModeyra、Elle Shadowが追う。Kapitaleの後ろからはDjumamaも来ているが、Kapitaleは粘る。しかし、好位からの追撃を振り切ったところへ、最内からBeatrice Aurore、外からQuiza Quiza Quizaが伸びてくる。残り200、Beatrice AuroreがKapitaleをとらえて先頭に出たところへ、外のQuiza Quiza Quizaが襲い掛かり、ゴール前でBeatrice AuroreをかわしてQuiza Quiza Quizaが1着。1/2馬身差の2着にBeatrice、3着Kapitale。


817. 2011/10/23 ロイヤルオーク賞 (仏G1 芝3100m 3歳上 ロンシャン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/22(土)02:15 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
16Silver Valny(FR) 5Gelding59.0T. Messina
214Cavalyman(GB)5Horse59.0M. Barzalona
34Electrolyser(IRE)6Gelding59.0I. Mendizabal
410Celtic Celeb(IRE) 4Colt59.0T. Jarnet
511Balaythous(FR)5Gelding59.0F. Prat
613Tres Rock Danon(FR)5Horse59.0A. Suborics
77Gentoo(FR)7Gelding59.0O. Peslier
85Tac De Boistron(FR)4Gelding59.0C. Soumillon
912Shamanova(IRE)4Filly57.5J.P. Murtagh
108Be Fabulous(GER) 4Filly57.5M. Guyon
111Gradara(GB)4Filly57.5S. Pasquier
129Maria Royal(IRE) 4Filly57.5G. Benoist
132Shankardeh(IRE)3Filly53.5C.-P. Lemaire
143Miss Lago(IRE) 3Filly53.5A. Crastus

カドラン賞からは5頭が出走。2着から6着までは団子であったので、そこでの順番は参考程度か。実績的には6着だったGentoo。このレース連覇がかかっている。今年未勝利で、前走も着順が悪いが、良化の兆しはみせた。一応最先着は2着だったTres Rock Danon。これまで独では重賞を勝っても仏では成績が上がってこなかったが、前走で漸く力を出した。Silver Valnyは5着でGentooに僅かに先着した。ハンデ戦上がりで、まだこのクラスでの経験が浅い。前走からどの程度上積み出来るか。Maria Royalは前走Gentooと少し離れた7着。昨年のこのレースは4着で、距離が短くなるのは良いだろう。Celtic Celebは昨年2着だったが、今年は良いところが無い。
別路線組では、3歳の前哨戦G2ショードネ賞の上位。Shankardehは少ないキャリアの中で重賞でも常に好走し、前走でショードネを勝ち重賞初勝利。まだこれからが期待出来そうな馬だ。頭差2着だったMiss Lagoはこれで3戦連続2着。未勝利の1勝しかしていないが、堅実に走ってくる。
Cavalrymanは一昨年のパリ大賞勝ち馬で、実績では上位だが、今年は準重賞フレッドアーチャーSで2着に来た以外は散々。距離延長が活路となるか。
[1]. ロイヤルオーク賞結果
|| mazuda 11/10/26(水)01:08 [ 返信 ]
1Be Fabulous 57.5M. Guyon 3:21.47
2Miss Lago 53.5A. Crastus 1 3/4
3Shankardeh53.5C.-P. LemaireHead
4Tac De Boistron59.0C. Soumillon Nose
5Cavalryman59.0M. Barzalona 2
6Shamanova57.5J.P. Murtagh Neck
7Electrolyser59.0I. Mendizabal1 1/2
8Tres Rock Danon59.0A. Suborics 2
9Silver Valny 59.0T. Messina Short Neck
10Gentoo59.0O. Peslier 4
11Maria Royal 57.5G. Benoist 1 1/2
12Gradara57.5S. Pasquier 1/2
13Celtic Celeb 59.0T. Jarnet 8
14Balaythous59.0F. Prat 10

Shamanovaは出負け。まずElectrolyserがハナに行き、Tac De Boistronが続く。内からShankardehも前、外からはTres Rock DanonとCavalrymanが上がってゆき、Tres Rock Danonが2番手に付ける。
最初のコーナーを回り、Cavalrymanがたまらずといった感じで外から上がってゆくと、一気に先頭を奪いリードを広げる。Electrolyserがそれを追いかけ気味で、2頭が後続を引き離してゆく。馬群を先導するのはTres Rock Danon、Shankardehは5番手をキープしている。その外にはBe Fabulous、Celtic Celebが居て、Gentooは中団外、その内にMiss Lago、後はSilver Valny、Maria Royalが続く。
途中、Cavalryman1頭が大きくリードする場面があり、Electrolyserと3番手以下の差は徐々に縮まってゆく。Cavalrymanのリードもコーナーを回る内に小さくなり、フォルスストレートでは3馬身程。馬群ではBe FabulousとCeltic Celebがポジションを上げ、前を追う態勢に入る。
直線を向いて先頭はCavalryman。再び突き放してリードをとる。Electrolyserは一杯で、Tac De Boistronが並んでくる。そこへ外から伸びたのがBe Fabulous。Tac De Boistronと馬体を併せてCavalrymanに迫り、残り200でTac De Boistronの前に出ると、その勢いでCavalrymanも抜き去り、追い上げてきたMiss Lago、Shankardehも難なく退け1 3/4馬身差で1着。2着Miss Lago、3着Shankardeh。


816. 2011/10/22 レーシングポストトロフィー (英G1 芝8F 2歳牡牝 ドンカスター) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/21(金)01:18 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
16Camelot(GB)2Colt126J.P. O'Brien
23Encke(USA)2Colt126L. Dettori
34Fencing(USA)2Colt126W. Buick
41Learn(IRE)2Colt126C. O'Donoghue
52Talwar(IRE)2Colt126J. Fortune
65Zip Top(IRE)2Colt126K.J. Manning

G1で実績をあげている馬が居ないので、キャリアの浅い馬が注目を集めている。
中でもBallydoyleの1戦1勝馬Camelotが人気となりそう。デビュー戦を2馬身差で人気に応えて快勝し、それ以来3ヶ月ぶりの競馬となる。同じく1勝馬の良血Fencingは、初勝利を準重賞のワシントンシンガーSであげてきた。こちらも2 1/2馬身差の快勝。Enckeはドンカスターでデビューし、2戦目の未勝利戦は4 1/2馬身差で完勝している。
Zip Topも1勝馬だが、重賞の経験がある。前走はG3サマヴィルタタソールSで3着となってきた。LearnはCamelotの僚馬で、勝負に徹するかどうかわからないが、デビューから徐々に良化して、前走の未勝利戦は5馬身差で勝った。Talwarは3連勝でG3ソラリオSに勝ち、G1愛ナショナルSでも人気の一角であった、実績最上位馬。しかし、愛ナショナルSが不甲斐無い競馬で、前走のタタソールズミリオン2歳トロフィーも7着と低迷気味。
[1]. レーシングポストトロフィー結果
|| mazuda 11/10/26(水)01:07 [ 返信 ]
1Camelot126J.P. O'Brien 1:38.58
2Zip Top126K.J. Manning 2 1/4
3Fencing126W. Buick Neck
4Learn126C. O'Donoghue2 1/2
5Talwar126J. Fortune 6
Non Runner: Encke

Learnがハナを切ってゆく。2番手にZip Topが付け、その内にTalwar。CamelotとFencingが後方から。
Learnのリードは2馬身程、Talwarはかかり気味で2番手に上がる。Zip Topが馬体を併せて、そこから1馬身差でFencing、Camelotが殿を進む。残り3Fを切るとLearnのリードが小さくなってくる。Fencingが最内へ追い出しをかけ、前2頭に並んできて残り2F。
Learnのリードは無くなり、Zip Topが先頭に出て、Fencingがそこへ迫る。Camelotはまだ後ろでジッとしているが、残り1F手前で外へ出すと、持ったまま進出。Zip TopとFencingの叩き合いを横目にアッサリ抜け出して、Camelotが2 1/4馬身差で楽勝。2着はZip Top、3着Fencing。


815. 2011/10/16 ジョッキークラブ金杯大賞 (伊G1 芝2400m 3歳上 サンシーロ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/15(土)02:52 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
12Arrigo(GER)3Colt56.5T. Hellier
23Campanologist(USA)6Horse59.0L. Dettori
35Figli Fanesi(IRE) 3Colt56.5U. Rispoli
41Lord Chaparral(IRE)4Colt59.0M. Demuro
56Sneak a Peek(ITY) 3Colt56.5D. Vargiu
64Voila Ici(IRE) 6Horse59.0C. Demuro

実績上位はCampanologistとVoila Ici。Campanologistは前走G1オイロパ賞を勝ってきた。ただ、独ではG1を3勝しているのに対し、同コースのG1ミラノ大賞ではJakkalberryに完敗しており、相性という点ではどうか。Voila Iciは今年のミラノ大賞を勝っている。久々のG1制覇で、独年度代表馬Scaloを破って中身もあったが、今回は乗り替わり。
前哨戦のG2フェデリコテシオ賞でG1馬2頭を破ってきたのが3歳のSneak a Peek。今年の伊ダービーでは、後の凱旋門賞馬Danedreamと2 1/4馬身差の4着だった。昨年このレース2着のLord Chaparralは、前走準重賞ヴィラボルゲーゼ賞を勝ってきた。Voila Iciと同じ陣営で、Rispoliが手綱をとるのがFigli Fanesi。今年の伊ダービーが6着で、前走は準重賞ドゥカダオスタ賞をを2馬身差で快勝。Arrigoは独からの参戦で、独ダービーでは最下位だったが、その前にはG2ウニオンレネンを勝っている。
[1]. ジョッキークラブ金杯大賞結果
|| mazuda 11/10/19(水)00:24 [ 返信 ]
1Campanologist59.0L. Dettori2:27.40
2Arrigo56.5T. Hellier1 1/4
3Lord Chaparral59.0M. Demuro Neck
4Voila Ici 59.0C. Demuro 1
5Figli Fanesi 56.5U. Rispoli3
6Sneak A Peek 56.5D. Vargiu 2 1/2

Lord Chaparral、Sneak A Peekが飛び出し、Voila Iciが3番手。ややあってCapanologistが4番手、Figli Fanesiが続き、最後方からArrigo。
2頭の先行争いからLord Chaparralが1頭内に離れてハナに立つ。前半は前3頭と後ろ3頭という感じで分かれていたが、徐々に前がバラけ、後続が接近する。3コーナーに近付くと、Sneak A PeekがLord Chaparralに並びかけてゆき、Voila Iciも差を詰める。Campanologistはまだジッとしている。
直線を向くと、前は3頭が並び、Campanologistもその直後へやって来る。残り600、Lord Chaparralが再びリードをとり、Sneak A Peekは後退する。そこへ後続が押し寄せ、外からVoila IciとCampanologist、内からFigli Fanesiが接近、そしてCampanologistが残り300でLord Chaparralをとらえ先頭に出る。Voila Iciはここで離され、大外からはArrigoが追い上げて2番手に上がるが、Campanologistには届かない。最後はCampanologistが1 1/4馬身差を付け1着。2着Arrigo、3着Lord Chaparral。


814. 2011/10/15 チャンピオンS (英G1 芝10F 3歳上 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/14(金)01:57 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
11Cirrus Des Aigles(FR)5Gelding129C. Soumillon
211Green Destiny(IRE) 4Gelding129K. Fallon
37Ransom Note(GB) 4Colt129M. Hills
49So You Think(NZ) 5Horse129R. Moore
55Sri Putra(GB) 5Horse129N. Callan
68Twice Over(GB) 6Horse129I. Mongan
74Wigmore Hall(IRE) 4Gelding129J. Spencer
83Midday(GB)5Mare126T. Queally
92Snow Fairy(IRE) 4Filly126O. Peslier
106Casamento(IRE)3Colt124R. Hughes
1112Dubai Prince(IRE) 3Colt124L. Dettori
1210Nathaniel(IRE)3Colt124W. Buick

中距離路線のトップを走るSo You Thinkと、3歳長距離の大将格Nathaniel、凱旋門賞でみたかったがここで対戦が実現しそう。So You Thinkは前走の凱旋門賞4着に終わったが、勝ち馬以外との差は僅かで、適正より少し長い距離、不向きな展開の中でまあまあの健闘。中距離での評価を落とす必要は無い。Nathanielはメンバーの揃ったG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスSを快勝している。こちらは勝ち鞍が全て長距離で、中距離戦を戦ったことが無いのが気になるところ。
Snow Fairyは前走凱旋門賞3着。So You Thinkに先着したのは道中の位置取りの分だろうが、2戦続けてSo You Thinkと渡り合った内容から、それ以前とは出来が違う感じ。Snow Fairyに対して分が良いMiddayはG1ナッソーSに勝利。牡馬の一線級にははね返されているが、それでも連対は外していない。引き続き、主戦のQueallyはこちらの手綱をとる。Middayの僚馬Twice Overは前走のG1英国際SでMiddayに勝った。2連勝で復調気配をみせている。このレースは2連覇中だが、今年はアスコットに移ったので相性を云々は出来ない。Cirrus Des Aiglesは今年全て重賞で9戦して着外ゼロ、G1でも2着するなど本格化してきた。前走はG2ドラール賞2着。Godolphinの3歳馬Dubai Princeは3戦3勝、1年前にG3キラヴランSを完勝したが、今年は前半戦を棒に振り、1ヶ月前に漸く復帰。下級戦での一叩きは流石に力の違いをみせて勝ってきた。
Green DestinyはストレンソールS、アークトライアルとG3を連勝、急激に伸びてきた。CasamentoはG1レーシングポストトロフィーの勝ち馬だが、前走のG3プランスドランジュ賞で漸く今年の初勝利をあげている。
11/10/14(金)01:59 編集
[1]. チャンピオンS結果
|| mazuda 11/10/18(火)01:48 [ 返信 ]
1Cirrus Des Aigles129C. Soumillon2:02.52
2So You Think 129R. Moore 3/4
3Snow Fairy 126O. Peslier 1/2
4Midday126T. Queally 2
5Nathaniel124W. Buick Short Head
6Green Destiny 129K. Fallon 1 1/2
7Sri Putra 129N. Callan 2 1/4
8Ransom Note 129M. Hills 2 1/4
9Wigmore Hall 129J. Spencer Short Head
10Twice Over 129I. Mongan 3/4
11Casamento124M. Barzalona3 1/2
12Dubai Prince 124L. Dettori 69

Dubai Prince、So You Thinkは好スタート。外からNathaniel、真ん中からRansom Noteが出てゆき、2頭が並んで前。So You Thinkは3番手に付け、その後ろにDubai Prince、Twice OverCirrus Des AiglesSnow Fairyは中団、Middayは中団より後ろで、Green Destinyが最後方から。
前は2頭雁行状態が続く。2馬身差でSo You Think。好位はCirrus Des Aiglesが単独4番手となり、直後にSnow Fairy、その後に馬群の塊が出来る。Middayは後ろから3、4番手。最後のコーナーにかかってくると、Nathanielがリードし始め、So You ThinkTwice Overも徐々に接近する。Snow FairyCirrus Des Aiglesはまだその内で大人しくしている。
直線を向いて、NathanielSo You Thinkが迫る。その外には、Snow FairyTwice Overの間が空いたCirrus Des Aiglesが上手く抜け出してくる。Snow FairySo You Thinkの後を追い、4頭が追い比べを演じる。残り300、So You ThinkNathanielをとらえて先頭に立つが、Cirrus Des Aiglesがすかさず並んでくる。残り1F、So You ThinkCirrus Des Aiglesの叩き合いが続くが、ラスト30でCirrus Des Aiglesがグイと前に出ると、そのまま3/4馬身リードして1着。2着So You ThinkSnow Fairyも追いすがったが3着まで。
11/10/19(水)00:31 編集


813. 2011/10/15 クイーンエリザベス2世S (英G1 芝8F 3歳上 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/14(金)01:56 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
14Bullet Train(GB) 4Colt129I. Mongan
25Dick Turpin(IRE) 4Colt129R. Hughes
31Poet's Voice(GB) 4Colt129L. Dettori
48Side Glance(GB) 4Gelding129J. Fortune
53Dubawi Gold(GB) 3Colt126J. Murtagh
67Excelebration(IRE)3Colt126J. Spencer
72Frankel(GB)3Colt126T. Queally
86Immortal Verse(IRE)3Filly123G. Mosse

若きマイル王Frankelが今季の締め括りを迎える。デビューから8戦無敗、前走はCanford Cliffsを5馬身突き放し、真っ向からこの馬を止められそうな存在は見当たらない。敢えて不安を挙げるなら、暴走気味に走り今年最も詰め寄られたG1セントジェームズパレスSと同じ舞台というところだが、前走のような走りが出来れば問題は無い。
相手は紅一点のImmortal Verseか。G1連勝中で、前走のG1ジャックルマロワ賞では女王Goldikovaをあっという間に抜き去り快勝。その末脚は、Frankelが脚を鈍らせた場合に大きな武器になる。Excelebrationは人気に応えて前走G1ムーランドロンシャン賞を勝ち、2連勝。セントジェームズパレスSでのFrankelに最後まで詰められなかったところは差を感じるが、ひと夏越えた成長をみせたい。
Dick Turpinは前走G1ヴィットーリオディカプア賞を勝った。ただ、英仏のG1では今年良いところが無い。アスコットは合っていて今年もG2サマーマイルを勝っている。Dubawi Goldは英愛の2,000ギニー2着馬。前々走のG2セレブレーションマイルで漸く重賞を勝ったが、前走のムーラン賞ではExcelebrationとやや差があった。昨年この舞台でRip Van Winkleを破ったPoet's Voiceだが、今年はドバイでの緒戦以外結果が出ていない。
[1]. クイーンエリザベス2世S結果
|| mazuda 11/10/18(火)01:47 [ 返信 ]
1Frankel126T. Queally 1:39.45
2Excelebration126J. Spencer 4
3Immortal Verse123G. Mosse 3 1/2
4Dubawi Gold 126J. Murtagh Neck
5Dick Turpin 129C. Soumillon3/4
6Poet's Voice 129L. Dettori 1/2
7Side Glance 129J. Fortune Head
8Bullet Train 129I. Mongan 2 3/4

Bullet Trainが飛び出しペースを作る。Dick Turpinが続き、Dubawi Gold、ExcelebrationときてFrankelは引っ張りながら5番手。Poet's Voiceがその後ろに居て、最後方からImmortal Verse
Bullet Trainは後続をどんどん引き離してゆく。2Fを過ぎてFrankelはたまらず上がってゆき2番手へ。Dick Turpinは外埒沿いへ1頭馬群を離れる。ExcelebrationFrankelの直後に付け、Immortal VersePoet's Voiceの後ろで一つ順番を上げる。残り3Fを切ってBullet Trainのリードがみるみる縮まってゆく。Dick Turpinは早くも手が激しく動き、後退気味。
残り300付近でBullet Trainはつかまり、Frankelが先頭に出る。Excelebrationが追ってゆき、内からはImmortal Verseも脚を伸ばす。Excelebrationはしばし食らい付いたが、残り1FでFrankelに引き離される。Immortal Verseも更に後れ、Frankelが勝負を決めた。最後は4馬身差を付けて、Frankelの完勝。2着Excelebration、3着Immortal Verse


812. 2011/10/09 グランクリテリウム (伊G1 芝1600m 2歳牡牝 サンシーロ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/08(土)02:14 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
14Lo Zoccolo Duro(IRE)2Colt56.0U. Rispoli
27Lui E La Luna(GB) 2Colt56.0D. Vargiu
31Nayarra(IRE)2Filly54.5M. Dwyer
42Rosa Eglanteria(GB) 2Filly54.5M. Demuro
56Royal Approval(ITY) 2Colt56.0L. Maniezzi
65Vedelago(IRE)2Colt56.0M. Esposito
73Vola E Va(GB) 2Colt56.0F. Branca

G3プリミパッシ賞を完勝しているVedelagoが主役。プリミパッシ賞で破ったSalureは、G1ジャンリュクラガルデール賞で大逃げを打ちあわやの3着となった。夏休み明けの前走も3 1/2馬身の楽勝、1500mでも問題無かった。
Lui E La Lunaは、3連勝で準重賞のルモン賞を勝ってきた。その前走は2着に5馬身差を付ける圧勝で、有力馬に急浮上した。
Nayarraは未勝利馬だが、G3プレスティジSでは勝ち馬から1/2馬身差、前走のオーソーシャープSも3/4馬身差の3着と、重賞でも相手なりに好走している。Lui E La Lunaと同厩のRosa Eglanteriaは牝馬の準重賞クールモア賞を4 1/2馬身差で勝ってきた。主戦のVargiuはLui E La Lunaに乗るが、こちらはDemuroを確保出来た。
[1]. グランクリテリウム結果
|| mazuda 11/10/14(金)01:55 [ 返信 ]
1Nayarra54.5M. Dwyer 1:35.70
2Rose Eglanteria54.5M. Demuro 1/2
3Vedelago56.0M. EspositoNeck
4Vola E Va 56.0F. Branca 2 3/4
5Lui E La Luna 56.0D. Vargiu 3
6Lo Zoccolo Duro56.0U. Rispoli 8
7Royal Approval 56.0L. Maniezzi6

Lo Zoccolo Duroが飛ばしてゆく。2番手Nayarra、3番手にRose Eglanteria、Vola E Vaと居て、Lui E La Luna、Vodelagoは後ろから。
Lo Zoccolo Duroはどんどんリードを広げ、2番手との差は12、3馬身。その後はほぼ一かたまりの馬群を形成している。直線を向いてもそのリードは変わらず、だが残り600を切ってくると、後続が前へ押し寄せる。
2番手に居たNayarraが真っ先にLo Zoccolo Duroに迫ってゆく。Rose Eglanteriaが追いかけ、内を突いたVedelagoがそこに並んでくる。外からはVola E Vaが追い上げる。残り200の手前でNayarraが先頭に変わる。2番手争いはRose EglanteriaとVedelagoとなるが、Rose Eglanteriaが制してNayarraに詰め寄ってゆく。しかし、Nayarraは最後までリードを守り、1/2馬身差で1着。2着Rose Eglanteria、3着Vedelago。


811. 2011/10/08 デューハーストS (英G1 芝7F 2歳牡牝 ニューマーケット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/07(金)00:25 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
11Bronterre(GB)2Colt127R. Hughes
27Ektihaam(IRE)2Colt127R. Hills
38Factory Time(IRE) 2Colt127C. Catlin
46Most Improved(IRE) 2Colt127M. Dwyer
53Parish Hall(IRE) 2Colt127K.J. Manning
69Power(GB)2Colt127R. Moore
72Red Duke(USA) 2Colt127T. Eaves
84Spiritual Star(IRE)2Colt127J. Fortune
95Trumpet Major(IRE) 2Colt127J. Murtagh

G1愛ナショナルSの勝ち馬Powerが実績で一枚上。ここまで5戦4勝2着1回と、申し分の無い歩みできている。ミドルパークSでは影の薄いO'Brien厩舎、こちらはものにしたい。Bronterreはデビュー2戦2勝の馬、前走の準重賞スターダムSではミドルパークSに出るJustineoを5馬身千切ってきた。重賞未経験だが、素質は高そう。Ektihaamも同じく2戦2勝。こちらはステークスも未経験だが、前走の一般戦は4馬身差の圧勝と、能力の高さをうかがわせる。
Spiritual Starは前走の未勝利戦は同じコースで6馬身差の圧勝、1勝馬とはいえ侮れない。同様なのがMost Iproved、デビュー戦2着の後、ニューマーケットの未勝利戦を5馬身差で勝ってきた。Red DukeはG2スーパーレイティヴの勝ち馬。その後もG2に出て、しっかり入着している。
[1]. デューハーストS結果
|| mazuda 11/10/12(水)01:33 [ 返信 ]
1Parish Hall 127K.J. Manning1:23.81
2Power127R. Moore 1/2
3Most Improved 127L. Dettori Head
4Bronterr e 127R. Hughes 1/2
5Trumpet Major 127J. Murtagh Neck
6Factory Time 127C. Catlin 2 1/2
7Spiritual Star127J. Fortune Neck
8Red Duke 127T. Eaves M. Core
9Ektihaam127R. Hills 4 1/2

Most Improvedの飛び出しが良いが、Spiritual Starがハナを切ってゆく。そこへParish Hallも付いてくる。Bronterreは1頭馬群と離れて内を進む。Powerも好位を追走、Ektihaamはその後ろに居る。
Bronterreが徐々に外へ行き馬群に合流する。前はSpiritual Starで、それにBronterreが続く。Parish Hallも差が無く3番手で追ってゆく。各馬追い出しにかかり、Spiritual Starは後退。Parish Hallが抜け出し、それをMost Improvedが追って、Bronterreが食らい付く。Powerはその後ろまだ4、5番手。Parish Hallが前に出て、Most Improved、Bronterreを振り切ろうとしたところへPowerが突っ込んでくるが、それも2番手まで。Parish Hallが1/2馬身リードを守って1着。2着Power、3着Ektihaam。
11/10/14(金)02:11 編集


810. 2011/10/08 ミドルパークS (英G1 芝6F 2歳牡 ニューマーケット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/07(金)00:24 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
13Arnold Lane(IRE) 2Colt124S. Hitchcott
21Balty Boys(IRE) 2Colt124M. Hills
316Bapak Chinta(USA) 2Colt124P. Makin
415B Fifty Two(IRE) 2Colt124S. Sanders
52Burwaaz(GB)2Colt124R. Hills
67Caspar Netscher(GB) 2Colt124R. Winston
78Crusade(USA)2Colt124J.A. Heffernan
812Family One(FR) 2Colt124O. Peslier
914Justineo(GB)2Colt124K. Fallon
1011Lilbourne Lad(ORE) 2Colt124R. Hughes
114Rebellious Guest(GB) 2Colt124T. Queally
1213Reply(IRE)2Colt124R. Moore
135Saigon(GB)2Colt124J. Murtagh
149Samminder(IRE)2Colt124W. Buick
156Tough As Nails(IRE) 2Colt124G.F. Carroll
1610West Leake Diman(IRE)2Colt124L. Dettori

4勝馬で重賞を2勝、G1モルニ賞でも2着しているFamily Oneが先ず有力。勝つ時は2着に差を付け、これまで連対を外していない。Caspar Netscherはこれが9戦目とキャリア豊富。最近2戦はG2を連勝、上昇を続けてきた。一方Bapak Chintaは2戦2勝、少ないキャリアで実績を積んでいる。今回は前走のG2ノーフォークSを勝ってから2ヶ月半ぶり。
Lilbourne LadはG2レイルウェイSの勝ち馬、G1フィーニクスSは4着だった。前々走のG2ジムクラックSでCaspar Netscherの2着となっている。BurwaazはジムクラックSで3着、前走のG2フライングチルダーズSでは2着となり、Lilbourne Ladに先着した。Justineoはジムクラックでは4着、Lilbourne Ladとは1馬身くらいの差だった。前走は準重賞のスターダムSに出て2着。
Samminderはデビュー勝ちのあと、下級戦2着から来て、ステークスはこれが初めて。Crusadeは前走のG3タタソールズSが4着、未勝利勝ちと同じ6Fに戻るのは良いか。Tough As NailsはG1を2度経験し、フィーニクスSではLilbourne Ladに先着している。ここ2戦はもう一つだが、こちらも距離を縮めて巻き返したい。Saigonは前走がG2ミルリーフS3着、Caspar Netscherとは1馬身以内の差だった。Replyは前走ドンカスターで2勝目をあげている。
[1]. ミドルパークS
|| mazuda 11/10/12(水)01:30 [ 返信 ]
1Crusade124J.A. Heffernan1:10.75
2Lilbourne Lad 124R. Hughes 3/4
3Reply124R. Moore Head
4Balty Boys 124M. Hills Head
5Caspar Netscher 124R. Winston Head
6Saigon124J. Murtagh Short Head
7West Leake Diman124L. Dettori 1
8B Fifty Two 124S. Sanders 1
9Tough As Nails 124G.F. Carroll Neck
10Family One 124O. Peslier 1/2
11Justineo124K. Fallon Head
12Samminder124W. Buick 1 3/4
13Rebellious Guest124T. Queally 2 1/4
14Arnold Lane 124S. Hitchcott Neck
15Burwaaz124R. Hills Head
16Bapak Chinta 124P. Makin 18

Crusadeが好スタート。そのまま前に行くが、West Leake Dimanが出てゆき、外ではB Fifty Twoが先行、Balty Boysは1頭だけ馬群を離れて内埒沿いを進む。Reply、Bapak Chinta、Lilborne Ladらが好位に付け、Family One、Burwaazらが中団、その後ろにCaspar Netscherといった順。馬群は横に広がったまま直線コースを進んでゆく。
B Fifty Twoが先頭で、それをReply、Lilbourne Ladが追う。真ん中ではCrusadeがWest Leake Dimanに接近、内ではBalty Boysが前を進む。中盤になると、馬場の真ん中へ集まる馬群も外に後れなくなり、West Leake Diman、CrusadeとReply、Lilbourne Lad、そして
Balty Boysが並んでくる。そこから抜け出してきたのは真ん中のCrusade。West Leake Dimanを振り切って、Balty Boys、Replyとの馬体を大きく離した追い比べを制し、Crusadeが3/4馬身リードして1着。2着Lilborune Lad、3着Reply


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: