JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

636. 2004/10/03 クレメント・L・ハーシュ記念ターフ選手権S (G1 3歳以上 芝10F サンタアニタ) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/10/02(土)07:59 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseAgeSexWgtJockey
1The Tin Man (KY) 6Gelding124Mike E. Smith
2 Puerto Banus (KY)5Horse124 Victor Espinoza
3 Ballingarry (IRE)5Horse124 Rene R. Douglas
4Sarafan (KY)7Gelding124 Corey S. Nakatani
5Star Over the Bay (FL) 6Gelding124 Tyler Baze
6 Bayamo (IRE) 5Gelding124 David Romero Flores
7 Vangelis (KY)5Horse124Jose Valdivia, Jr.
[1]. クレメント・L・ハーシュ記念ターフ選手権S展望
|| ヨッシー 04/10/02(土)20:16 [ 返信 ]
G1エディーリードH2着のBayamoは夏場まで4戦使い込まれたこともあり、前走後は一息入れてリフレッシュ。その後は当初の予定通りにここを目標に入念な調整を積んできた。最適距離は9Fでも1F程度の延長なら十分守備範囲と陣営は見ており、3度目のG1挑戦での初制覇へ機は熟した。
G2サンセットH、G2デルマーHと連勝中のStar Over the Bayは粘り強さが持ち味。ここ2戦はいずれも2着馬に一旦は交わされながらゴール前で差し返す粘り腰を発揮しての重賞連覇で、今季は7戦4勝と成績も急上昇。ここはThe Tin Manを前に見ながら2番手からレースを進める可能性が高い。
エディーリードH、デルマーHでともに2着のSarafanは7歳の秋を迎えて一時の不振を脱したで近走は安定しており、今回も堅実に上位争いに加わるか。逆に長期休養明けを2度叩かれたThe Tin Manは一昨年このレースを制した時の調子には程遠いが、単騎逃げに持ち込めばやはり怖い存在。
アーリントンミリオン5着VangelisマンノウォーS6着Ballingarryは末脚勝負型で前崩れの展開待ち。約半年ぶりのPuerto Banusをここを叩いてハリウッドの芝重賞が目標だろう。
[2]. クレメント・L・ハーシュ記念ターフ選手権S結果
|| ヨッシー 04/10/04(月)16:56 [ 返信 ]
1 Star Over the Bay (Baze, T.)1241:58.70
2Sarafan (Nakatani, C.S.)1243/4
3Vangelis (Valdivia, Jr., J.) 1243/4
4 The Tin Man (Smith, M.E.)1243/4
5Ballingarry (IRE) (Douglas, R.R.)1244-1/2
6 Puerto Banus (Espinoza, V.) 1241-1/2
- Bayamo (IRE) (Flores, D.R.) 124中止
Fractional Times: 24.27, 47.02, 1:11.08, 1:35.19, 1:58.70

The Tin Manを制してスタート後から今回も先手を奪ったStar Over the Bayはバックストレッチで後続に最大8馬身差をつける大逃げを打ち、直線ではSarafanVangelis以下に差を詰められながらも見事な逃走劇を演じ切った。なお1番人気のBayamoは3角過ぎに故障発症し競走中止、左前脚靭帯断裂で競走能力喪失となりこのまま引退する模様。
Star Over the Bayは39戦9勝、重賞3連勝でG1初制覇となった。次は10/30G1BCターフへ向かう。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: