JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

679. 2005/04/16 ブルーグラスS (米G1 3歳 ダート9F キーンランド) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/04/15(金)23:34 [ 返信 ]
PostHorseAgeSexWgtJockey
1Mr. Sword(FL) 3colt123J.D. Bailey
2Closing Argument(FL)3colt123C. Velasquez
3Spanish Chestnut(FL)3colt123G.L. Stevens
4Consolidator(KY)3colt123R. Bejarano
5High Limit(KY) 3colt123R.A. Dominguez
6Sun King(KY) 3colt123E.S. Prado
7Bandini(KY)3colt123J.R. Velasquez
[1]. ブルーグラスS
|| mazuda 05/04/15(金)23:45 [ 返信 ]
キーンランドで行われる伝統のダービープレップは有力馬が多く混戦模様。
G3タンパベイダービーを楽勝したSun Kingは昨年もG1シャンペンS、BCジュヴナイルで3着と一線級に伍していたが、今年に入って成長著しいと陣営は自信を見せる。このレースをここ3年で2勝しているE・プラドが手綱をとるのも心強い。
ここまで3戦無敗のHigh Limitは、底を見せていない上最も伸びしろが期待できる。前走はG2ルイジアナダービーを4馬身差で逃げ切り。スピードが武器の馬だがハナには拘らず出たなりの競馬をするとのこと。
Consolidatorはメンバー中唯一のG1馬、それもここキーンランドの8.5Fで行われたブリーダーズフューチュリティを勝っている点が強調材料。G2サンヴィセンテSでは4着と不本意な競馬だったが、前走G2サンフェリペSは6馬身半差の圧勝、調子を取り戻している。
父が新進気鋭のFusaichi Pegasus、母系も優秀とあって注目を集めるBandiniは、前走G3ファウンテンオヴユースSでフロリダダービーを快勝したHigh Flyの2着に入った。本番の出走を確実にするにはここで賞金を上積みする必要があり、本気度は高い。
G3ホーリーブルSを勝って頭角を表したClosing Argument、こちらも是非とも賞金を稼いでおきたいクチだが、Successful Appeal×Mr. Greeleyという血統はスプリンターのそれ。9F戦は克服済みも相手が強化されて対応できるかどうか。
Spanish ChestnutはG2サンラファエルSの勝ち馬。Consolidator以外でキーンランドを走ったことがあるのはこの馬だけで、経験を生かして上位をうかがう。
Mr. Swordは今年に入って3勝を上げているが、重賞ではG2レーンズエンドSの3着がある程度でさすがに敷居が高いか。
[2]. ブルーグラスS結果
|| mazuda 05/04/18(月)00:23 [ 返信 ]
1BandiniJ.R. Velasquez1231:50.16
2High Limit R.A. Dominguez1236
3Closing ArgumentC. Velasquez 1233
4Sun King E.S. Prado 123Neck
5ConsolidatorR. Bejarano 1234
6Spanish ChestnutG.L. Stevens 1231/2
7Mr. Sword J.D. Bailey 1237 1/4
Times: :23.41, :46.65, 1:10.56, 1:36.76, 1:50.16

キーンランド競馬場レコードとなる大観衆のもと行われたブルーグラスS、
最終的な1番人気はHigh Limitで、BandiniConsolidator、Sun Kingが差なく続くことに。

レースは枠順を利してSpanish Chestnutが先手を奪い、High LimitBandiniが外から2番手、3番手を追走、
Sun Kingは最後方からの競馬。
Mr. Swordが遅れて行く他は勝負所でおもむろに差を詰めるだけ、
Spanish Chestnutは3コーナーを回った時点で手応えが見劣り、4コーナーではHigh LimitBandini外から並びかける。
一旦High Limitが先頭に立つが、直線を向くとあっさりBandiniが交わし、High Limitを6馬身ちぎり捨てた。
その後は4番手内から脚を伸ばしたClosing Argumentと後方からようやく追いあげて来たSun Kingが馬体を併せて入線。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: