JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

683. 2005/05/07 ケンタッキーダービー (米G1 3歳 ダート10F チャーチルダウンズ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/05/05(木)23:56 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Sort It Out(NY) B. Blanc 3Colt126
2Andromeda's Hero(KY)R. Bejarano 3Colt126
3Sun King(KY) E.S. Prado 3Colt126
4Noble Causeway(KY) G.L. Stevens 3Colt126
5Coin Silver(KY) P.A. Valenzuela3Colt126
6High Limit(KY) R.A. Dominguez 3Colt126
7Flower Alley(KY) J.F. Chavez 3Colt126
8Greater Good(KY) J. McKee 3Ridgling126
9Greeley's Galaxy(KY)K.J. Desormeaux3Colt126
10Giacomo(KY)M.E. Smith 3Colt126
11High Fly(KY) J.D. Bailey 3Colt126
12Afleet Alex(FL) J. Rose 3Colt126
13Spanish Chestnut(FL)J. Bravo 3Colt126
14Wilko(KY)C.S. Nakatani 3Colt126
15Bandini(KY)J.R. Velasquez 3Colt126
16Bellamy Road(FL) J.J. Castellano3Colt126
17Don't Get Mad(KY) T.C. Baze 3Colt126
18Closing Argument(FL)C. Velasquez 3Colt126
19Going Wild(KY) J. Valdivia Jr.3Colt126
20Buzzards Bay(FL) M. Guidry 3Colt126
05/05/05(木)23:57 編集
[1]. ケンタッキーダービー
|| mazuda 05/05/07(土)00:06 [ 返信 ]
数えて131回目となるケンタッキーダービー、今年から賞金が200万ドルに増額された。今年は前哨戦で一方的な結果が多く、その圧勝して来た馬達が順当に支持を集める。
最大の注目は1番人気が確実なBellamy Road。前走G1ウッドメモリアルではベイヤー指数120を叩き出す怪物級のパフォーマンス、再度同等の走りが出来るか否かが焦点だ。可能であれば勝ち目は無いとライバル陣営も頭を抱えるが、一世一代の大駆けである可能性も否定できない。課題も無いわけではない。先行タイプの同馬にとって、強力な先行馬が揃ったことで消耗を強いられることも考えられる。また、キャリアわずかに5戦、今年これが3戦目というのも気がかり、年明け3戦目で勝ったのは過去57年でSunny's Haloただ1頭だ。
打倒Bellamy Roadの1番手はG2アーカンソーダービーを圧勝して来たAfleet Alex。前走と同じ作戦で、前半中団で控えて後半勝負を目論む。こちらはキャリアは申し分なしだが、10Fの距離と前々走の惨敗が不安材料。
G1ブルーグラスS圧勝のBandiniはキャリア5戦しかないが、今年に入って4戦3勝、1戦毎に内容が良くなっているのが心強い。
もう1頭の人気馬、G1フロリダダービー勝ち馬High Flyは6戦5勝、高いレベルで安定しており、鞍上にBaileyを確保したのは大きなプラス。しかし、フロリダダービー以来中4週が気がかり。中4週以上でダービーを勝った馬は1956年Needlesを最後に途絶えている。Bellamy Roadと同じZito厩舎で、Zito師の期待がBellamy Roadに集まっているのも心許ない。
Zito厩舎はBellamy RoadHigh Flyとあわせて5頭出し。Sun KingはブルーグラスではBandiniに完敗したが、負けるにしても走らなさすぎ、とあれが実力でないことを強調。Noble Causewayはここに来てグングン良化、10F戦にも自信を見せる。Andoromeda's Heroはさすがに伏兵の域を出ないか。
Greater Goodはアーカンソーダービーでは発汗が酷くレースにならなかった。G2ケンタッキーJCSを勝っているチャーチルで巻き返しを図る。
キャリアわずか4戦のHigh Limitだが、Frankel師はここにピークを合わせられた、スムーズな競馬をさせたいと期待を込める。
多額の追加登録料を払って出走にこぎつけたGreeley's Galaxy、この馬もキャリア4戦で、しかも年明けデビューの馬は1882年Apollo以来勝っていない。管理するStute師は83歳でもし勝てば史上最高齢、記録ずくめの勝利となる。
G1サンタアニタダービー3着とやや復調気配を見せたWilkoはBCジュヴナイル勝ち馬として初勝利を目指す。
先週のダービートライアルを圧勝したDon't Get Mad、このローテーションは1958年のTim Tam以来本番を勝っていないが、チャーチル3戦3勝のコース相性であっと言わせるか。
[2]. ケンタッキーダービー結果
|| mazuda 05/05/09(月)00:50 [ 返信 ]
1GiacomoM.E. Smith 1262:02.75
2Closing ArgumentC.H. Velasquez 1261/2
3Afleet Alex J. Rose 1261/2
4Don't Get Mad T.C. Baze 1262 1/2
5Buzzards Bay M. Guidry 1262 3/4
6WilkoC.S. Nakatani 1261/2
7Bellamy Road J.J. Castellano126Nose
8Andromeda's HeroR. Bejarano 1263/4
9Flower Alley J.F. Chavez 126Nose
10High Fly J.D. Bailey 126Head
11Greeley's GalaxyK.J. Desormeaux126Neck
12Coin Silver P.A. Valenzuela1262 1/4
13Greater Good J. McKee 1261 1/4
14Noble Causeway G.L. Stevens 1263/4
15Sun King E.S. Prado 1262 1/2
16Spanish ChestnutJ. Bravo 1264
17Sort It Out B. Blanc 1267
18Going Wild J. Valdivia Jr.1263 1/4
19BandiniJ.R. Velasquez 1263 1/2
20High Limit R.A. Dominguez 12612
Times: :22.28, :45.38, 1:09.59, 1:35.88, 2:02.75

15万を超える大観衆で、ケンタッキーダービー史上2番目となる大盛況。しかし、アンダーカードから続く波乱の波はこのレースにも降り掛かった。

戦前から行くとみられていたSpanish Chestnutが予想通りハナを切り、好スタートを決めたGoing Wild、Flower Alleyがこれに続く。High FlyBellamy Roadはその後、Bandiniは8番手、Afleet Alexは中団につける。
1コーナーまでSpanish Chestnutに外からGoing Wildが競りかけ、ここからペースはダービー史上2番目のハイペースに。
3コーナーを回ると逃げるSpanish Chestnutに外からHigh FlyBellamy Roadが並びかけ、一拍遅れてBuzzards BayAfleet Alexも押し上げて行く。
直線へ向くと先に仕掛けた馬達は脚があがり、かわってAfleet Alexと好位の後ろでためたClosing Argumentが更に外から伸びて来る。ラスト1FでClosing Argumentが先頭、ここから一旦Afleet Alexが交わしたかに見えたが、後方に控えていたGiacomoが大外を飛んで来て、これに馬体を合わせに行ったClosing Argumentが叩き合いの形に持ち込んでもう一伸び。最後は脚色に勝るGiacomoが差し切って1着、Closing Argumentが半馬身差2着、更に半馬身遅れてAfleet Alexが3着に入った。Bellamy Roadは力は出し切ったということだが、先行して早めに仕掛ける同馬にとってはきつい展開だったか、7着に敗れた。
Giacomoは14番人気、Closing Argumentは最低人気で、単勝配当はダービー史上2番目、馬単、3連単、4連単はダービー史上最高配当となった。

Giacomoはこれで8戦2勝、重賞初勝利。1番人気で12着に敗れた父Holy Bullの雪辱を果たし、Holy Bullの手綱をとっていたSmithにとっても嬉しい勝利となった。Shirreffs師はこれがダービー初挑戦での勝利。
05/05/09(月)00:51 編集

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: