JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

785. 2006/05/06 ケンタッキーダービー (米G1 ダート10F 3歳 チャーチルダウンズ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 06/05/04(木)23:55 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Jazil(KY)F. Jara 3Colt126
2Steppenwolfer(KY)R.J. Albarado 3Colt126
3Keyed Entry(KY) P.A. Valenzuela3Colt126
4Sinister Minister(KY) V. Espinoza 3Colt126
5Point Determined(MD) R. Bejarano 3Colt126
6Showing Up(KY) C. Velasquez 3Colt126
7Bob and John(KY) G.K. Gomez 3Colt126
8Barbaro(KY)E.S. Prado 3Colt126
9Sharp Humor(NY) M. Guidry 3Colt126
10A.P. Warrior(KY) C.S. Nakatani 3Colt126
11Sweetnorthernsaint(FL)K.J. Desormeaux3Gelding126
12Private Vow(KY) S.X. Bridgmohan3Colt126
13Bluegrass Cat(KY) R.A. Dominguez 3Colt126
14Deputy Glitters(KY) J. Lezcano 3Colt126
15Seaside Retreat(KY) P. Husbands 3Colt126
16Cause to Believe(KY) R.A. Baze 3Colt126
17Lawyer Ron(KY) J. McKee 3Colt126
18Brother Derek(CA) A. Solis 3Colt126
19Storm Treasure(KY) D.R. Flores 3Colt126
20Flashy Bull(KY) R. Bejarano 3Colt126
[1]. ケンタッキーダービー
|| mazuda 06/05/06(土)14:54 [ 返信 ]
ハイレベルと言われた昨年のBCジュヴナイルの上位3頭こそ脱落したが、それぞれに魅力的な有力馬が五指に余るというレベルの高い混戦で、非常に興味深いレースとなった。
モーニングラインの示すオッズは「3強」。いずれも連勝中のBrother DerekLawyer RonBarbaroが他馬を一歩リードする格好だ。
1番人気のBrother Derekは、BCジュヴナイル4着の後2つのG1を含む重賞4連勝。2歳チャンピオンや他の西海岸の有力馬を相手にいずれもが完勝で、安定した強さが光る。Lawyer Ronは現在6連勝中、ダートは7戦無敗で、近3走はここ2年の2冠馬と同じ臨戦過程を踏んでここへやって来た。Barbaroはデビューから5戦無敗のフロリダダービー馬。派手さは無いが、確かな決め手と勝負強さが持ち味だ。
メンバー中最多の14戦を消化し、使い込んで力を付けてきたLawyer Ronと、最低限のレースを使われ過去50年勝っていない中5週での参戦となるBarbaroは好対照な臨戦過程。これに対しBrother Derekは非常に無難なローテーションで臨むことになる。枠番は不利な外を引いたBrother DerekLawyer Ronに対し、Barbaroは好枠。それでも、Hendricks師、Holthus師ともごちゃつきや激しい先行争いを避けられるこの枠を前向きにとらえている。
3頭を追いかけるのは、1位入線した4戦の合計着差が43馬身(内1回は降着)という飛ばし屋のイリノイダービー馬Sweetnorthernsaint、東海岸の最重要プレップ・ウッドメモリアルを勝って来たBob and John、サンタアニタダービーでBrother Derekの2着に入ったPoint Determined、ブルーグラスSで後続を12 3/4馬身千切り捨てたSinister Minister、サンフェリペSでBob and JohnとPoint Determinedを破ったA.P. Warrior。この辺りまではどれが勝ってもおかしくない。
Bob and John、Point Determined、Sinister MinisterはいずれもBaffert厩舎。勝てばBaffert師は史上2位タイのダービー5勝目となる。Bob and JohnSinister Ministerの最終プレップに騎乗したGomez騎手は、先行不利の展開と読んだかBob and Johnを選択した。SweetnorthernsaintとSinister Ministerはどちらかと言うとワンペースの馬だが、他の3頭は前崩れの展開は寧ろ望むところだろう。
テンのスピードがメンバー中一、二を争うSinister MinisterとG2ハチスンSを逃げ切ったKeyed Entryが内のしかも隣同士の枠、更にそこへフロリダダービーで逃げて2着のSharp Humorが絡んで行くことが予想され、序盤から厳しいペースとなるのは必至と見られる。Brother DerekLawyer Ron陣営が外枠を悲観していないのもここに巻き込まれてはたまったものではないからだ。但しBrother Derekの鞍上Solisは、無理に控えることはしない、この馬の走り易いように走らせる、とのこと。
また、先行馬総崩れの展開を読んで、後方18番手から差し切った昨年のGiacomoの再現を狙う陣営もある。アーカンソーダービーでLawyer Ronの2着に突っ込んだSteppenwolfer、カリフォルニアダービーでSinister Ministerを差したCause to Believe、ウッドメモリアルで後方から2着に入ったJazil、ブルーグラスSの2着馬Storm Treasureなどがそれだ。
06/05/06(土)23:44 編集
[2]. ケンタッキーダービー結果
|| mazuda 06/05/07(日)23:53 [ 返信 ]
1BarbaroE.S. Prado 1262:01.36
2Bluegrass Cat R.A. Dominguez 1266 1/2
3SteppenwolferR.J. Albarado 1262
4(DH)JazilF. Jara 1261
4(DH)Brother DerekA. Solis 126-
6Showing Up C. Velasquez 1261/2
7SweenorthernsaintK.J. Desormezux1263
8Deputy Glitters J. Lezcano 1261
9Point Determined R. Bejarano 1261 1/4
10Seaside Retreat P. Husbands 126Head
11Storm Treasure D.R. Flores 1264 1/2
12Lawyer Ron J. McKee 1261 3/4
13Cause to Believe R.A. Baze 126Nose
14Flashy Bull M.E. Smith 1263
15Private Vow S.X. Bridgmohan1262 1/2
16Sinister Minister V. Espinoza 1262 3/4
17Bob and John G.K. Gomez 1261 1/2
18A.P. Warrior C.S. Nakatani 126Neck
19Sharp Humor M. Guidry 1261 1/2
20Keyed Entry P.A. Valenzuela1267 1/2
Times: :22.63, :46.07, 1:10.88, 1:37.02, 2:01.36

昨年を上回る史上2位の157,536人が詰め掛けたケンタッキーダービー。直前まではBarbaroが1番人気だったが、最終的な1番人気は意外にもSweetnorthernsaint。外を引いた先行有力馬は大分嫌われたようだ。
Sinister Ministerが好発を決め予想通り逃げるかと思われたが、内のKeyed Entryが引き下がらない。最初のホームストレッチでの競り合いから、最初のターンを利して結局Keyed Entryがハナを切りSinister Ministerが2番手。2番人気のBarbaroは出は良くなかったものの直ぐに外の4番手に付け、Lawyer Ronが外々を周って8番手、Brother Derekが9番手、Point Determinedが10番手。SweetnorthernsaintはスタートでPrivate Vowとぶつかって行き脚が付かず、向正面では11番手に付けたがややロスの大きい序盤戦となった。
序盤でKeyed EntryとSinister Ministerが競った為、前半2Fが:22.63、4F:46.07とハイペース。しかし先行馬に厳しいことは厳しいが、消耗戦に強い先行馬にとっては寧ろ有利にも働き得る微妙なラップの難しい流れ。そして、これを活かし切ったのはBarbaroだった。
半分を過ぎて、勝負所の前にKeyed EntryをSinister Ministerが交わして先頭に立つが、Barbaroは即座にこれに反応して追随、あっさりSinister Ministerから先頭を奪い、更にリードをとる。Sinister Ministerも抵抗を試み、好位グループのShowing Up、Bluegrass Catも追いかけようとするが、Barbaroのリードは2馬身、3馬身と広がって行く。
直線を向いて完全に独走態勢となったBarbaroはそのまま後続を寄せ付けることなく、6 1/2馬身差で圧勝した。2着は好位グループからBluegrass Catが抜け出し、その2馬身後ろには後方18番手から徐々に差を詰めて来ていたSteppenwolferが入った。
Brother Derekは終始外を周らされたが何とかJazilと同着の4着に持ち込んだ。Sweetnorthernsaintは7着、Point Determinedは9着、Lawyer Ronは12着、Sinister Ministerは16着に終わった。

Barbaroはこれで6戦6勝。Smarty Jones以来2年ぶり6頭目の無敗のケンタッキーダービー馬誕生となった。手綱を緩めたらロケットのように飛び出した、この馬には何の疑いも持たなかった、Matz師は素晴らしい仕事をした、とPrado騎手。Matz師、Prado騎手はともにダービー初勝利。これで4年連続して管理馬がダービー初出走の調教師が勝利したことになる。この後は3冠を目指し、プリークネスSに向かう。
06/05/08(月)23:46 編集

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: