JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

その他(アジア、豪州など)スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

190. 2012/12/09 香港マイル (香G1 芝1600m 3歳上 シャティン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/12/07(金)00:10 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
111Ambitious Dragon(NZ) 6Gelding126Z. Purton
24Xtension(IRE)5Horse126J. McDonald
33Glorious Days(AUS) 5Gelding126D. Whyte
46Gordon Lord Byron(IRE)4Gelding126W. Buick
52Sadamu Patek(JPN) 4Colt126Y. Take
61Grand Prix Boss(JPN) 4Colt126H. Uchida
712Pure Champion(IRE) 5Horse126M. Chadwick
85Don Bosco(FR) 5Horse126O. Peslier
97Master Of Hounds(USA) 4Colt126C. Soumillon
1010Packing Whiz(IRE) 4Gelding126B. Prebble
119Packing Ok(AUS) 6Gelding126W.C. Marwing
128Siyouma(IRE)4Filly122G. Mosse
[1]. 香港マイル
|| mazuda 12/12/09(日)01:27 [ 返信 ]
香港年度代表馬Ambitious Dragonが、今年はマイルを狙ってきた。1600のG1は昨季のステュワーズCがあるが、本格化後の実績は2000の方があり、G1チャンピオンズ&チャターC2着と長距離を使われたこともある。しかし、今季に入っては1600に専念し、G2シャティントロフィー勝ち、G2ジョッキークラブマイル2着と順調。対するは、G1連勝中の欧州馬Siyouma。実績は牝馬限定戦ばかりだが、サンチャリオットSでは混合G1で活躍するElusive Kateを捩じ伏せ、前走のE・P・テイラーSも力の違いをみせた。
地元の2番手はXtension、G1チャンピオンズマイルを連覇している。昨年のこのレースでも僅差の3着、但しAmbitous Dragon相手には分が悪い。この1年で頭角を現したGlorious Daysは、G1で2着が2度あるが、前走のジョッキークラブマイルが重賞初勝利。Ambitious Dragonとは斤量差もあったが、その勢いで頂点を窺う。Gordon Lord Byronはこの夏に急上昇、前走のフォレ賞でG1初制覇を果たした。ただ、この距離は2年以上前、未勝利戦で走って以来で、こなせるかどうか。
サダムパテックグランプリボスも差はそれ程無さそう。乱戦を乗り切れば上位も狙える。
[2]. 香港マイル結果
|| mazuda 12/12/11(火)00:14 [ 返信 ]
1Ambitious Dragon 126Z. Purton 1:34.12
2Glorious Days 126D. Whyte 3/4
3Packing Ok 126W.C. Marwing1 1/2
4Gordon Lord Byron126W. Buick Short Head
5Packing Whiz 126B. Prebble 3/4
6Sadamu Patek 126Y. Take Neck
7Xtension126J. McDonald Neck
8Pure Champion 126M. Chadwick Short Head
9Don Bosco 126O. Peslier 2 1/2
10Master Of Hounds 126C. SoumillonNeck
11Siyouma122G. Mosse 1 1/2
12Grand Prix Boss 126H. Uchida Short Head
Times: :24.88, :47.79, 1:11.09, 1:34.12

Glorious Daysが好スタートを切るが、Don Boscoがこれを制してハナへ。Packing Okが続き、Gordon Lord Byron、グランプリボスが好位から。中団にGlorious DaysサダムパテックSiyouma、Xtensionが居て、Ambitious Dragonは後方から3頭目を進む。
Don Boscoは1馬身半から2馬身程リード、2番手から中団までがかたまり、前から後ろまでは10馬身くらいの隊列。3コーナーを回って中団が詰まって横に広がり、4コーナーで前との差を詰めてゆく。後方に居たAmbitious Dragonは大外へ。
直線を向いて、Don BoscoをまずとらえたのはPacking Ok。その外にGordon Lord Byron、そしてGlorious Daysが並び、残り200でGlorious Daysが抜け出す。しかし、大外を回ってほぼ殿から追い込む形になったAmbitious Dragonが一気に差を詰めてくる。残り150でGlorious Daysの直後に取り付くと、そのままの勢いで差し切ってAmbitious Dragonが1着。2着Glorious Days、3着Packing Ok。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: