JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


中央レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
障害
平地
共通情報など
地方レース ...
海外レース ...
レース検索

障害スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

63. 2009/12/12 三木ホースランドパークジャンプS (OP 障害3歳以上 (混合)別定 阪神芝3900m) [ 同名レースを検索 ]
|| MOTHERLAND 09/12/11(金)20:34 [ 返信 ]
馬番馬名性齢斤量騎手
ショウリュウケン牡461.0植野貴也
スリーエリシオ牡860.0南井大志
マンノレーシング牡661.0西谷誠
メジロスパイダー牡760.0石神深一
レオスターライト牡860.0平沢健治
チョウラブラブ牝458.0黒岩悠
コウヨウウェーブ牡561.0五十嵐雄祐
ニューヨーカー牡460.0高野和馬
キクノインプルーブセ560.0林満明
10メイショウダンディ牡660.0菊地昇吾
11トーワベガ牡561.0北沢伸也
12ハリーコマンドセ960.0白浜雄造
13ウォータートリトン牡660.0佐久間寛志
14マッキーケインズ牡460.0高野容輔
昨年同様難しいレースだが、一応の中心は今年絶好調の五十嵐雄祐騎手率いるコウヨウウェーブか。今回は比較的楽に逃げられそうなメンバー構成。ただし前走、スタート・飛越ともに内容が以前より劣化。前年は長丁場を逃げて3着という好成績を残したが、今年はどこまでやれるのか。
となると障害オープンで安定した成績を残しているショウリュウケン、トーワベガあるいはマンノレーシングが相対的に魅力を増してくる。
穴は、前走大凡走も叩き良化で見限れないメイショウダンディ。関西なら巻き返しも十分ありうる。潜在能力ではハリーコマンドも捨てがたいが、近走がパッとしないうえ、阪神コースとの相性が悪く、強くは推せない。

※富士山さん、ご指摘ありがとうございました。
09/12/12(土)03:12 編集
[1]. 三木ホースランドパークジャンプS 結果
|| MOTHERLAND 09/12/14(月)23:38 [ 返信 ]
着順馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差
ショウリュウケン牡461.0植野貴也4分22秒8
11トーワベガ牡561.0北沢伸也4分22秒8クビ
マンノレーシング牡661.0西谷誠4分23秒43馬身2分の1
メジロスパイダー牡760.0石神深一4分23秒71馬身4分の3
コウヨウウェーブ牡561.0五十嵐雄祐4分23秒91馬身4分の1
14マッキーケインズ牡460.0高野容輔4分24秒21馬身4分の3
チョウラブラブ牝458.0黒岩悠4分24秒32分の1馬身
13ウォータートリトン牡660.0佐久間寛志4分24秒3クビ
キクノインプルーブセ560.0林満明4分27秒9大差
1010メイショウダンディ牡660.0菊地昇吾4分28秒64馬身
1112ハリーコマンドセ960.0白浜雄造4分28秒6クビ
12ニューヨーカー牡460.0高野和馬4分29秒98馬身
13スリーエリシオ牡860.0南井大志4分30秒22馬身
14レオスターライト牡860.0平沢健治4分31秒37馬身

1番人気を背負ったのは今年好調トーワベガ(単勝オッズ3.1倍)。以下ショウリュウケン(4.3倍)、コウヨウウェーブ(4.4倍)、マンノレーシング(4.9倍)とあまり差がなく続いて、5番人気以降が単勝オッズ10倍以上。
しばらくチョウラブラブが逃げやや縦長の展開となるが、2周目のたすきコースでコウヨウウェーブが先手を奪った。同時に後続勢も前との距離を詰めはじめる。
最終コーナーではコウヨウウェーブ、チョウラブラブ、トーワベガ、マンノレーシングの4頭がほぼ一団。そこへ道中中団で脚を溜めていたショウリュウケンが迫る。が、植野騎手が4コーナー終点のゴチャつくところで馬群に進入、さらに強引に右に舵を切った結果コウヨウウェーブが急ブレーキ。ショウリュウケンは直線では最内を伸びて優勝。クビ差2着がトーワベガ、少し離れてマンノレーシングコウヨウウェーブは5着だった。
勝ったショウリュウケンの鞍上が無理な進路変更で過怠金を取られ後味が悪いレースではあるが、それぞれ持つ能力は示した。順当な結果だろう。
[1]. 三木ホースランドパークジャンプS
|| 富士山 09/12/12(土)00:52 [ 返信 ]
>MOTHERLANDさん
このレースは重賞ではなくてオープン特別ですよ〜。
まあ突っ込みだけだと無粋なので予想も。

コウヨウウェーブ
マンノレーシング
▲トーワベガ
△ショウリュウケン
△ニューヨーカー

珍しく逃げ馬がほとんど見当たらない組み合わせ。これならコウヨウウェーブがマイペースの逃げに持ち込んで押し切れる。昨年このレース3着で実績は十分。1勝馬が多い組み合わせで恵まれた。
相手は阪神巧者のマンノレーシングと、一気の距離延長に不安はあるが絶好調のトーワベガ。
押さえは前走62キロが少し重かったショウリュウケンの巻き返しと、大穴で距離合いそうなニューヨーカーの大駆け。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: