JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


中央レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
障害
平地
共通情報など
地方レース ...
海外レース ...
レース検索

障害スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

78. 2010/10/16 東京ハイジャンプ (J-GII 障害3歳以上 (混合)別定 東京芝3300m) [ 同名レースを検索 ]
|| MOTHERLAND 10/10/16(土)02:16 [ 返信 ]
馬番馬名性齢斤量騎手
エイシンボストン牡860.0西谷誠
テイエムトッパズレ牡761.0佐久間寛志
ギルティストライクセ660.0山本康志
ショウリュウケン牡560.0植野貴也
アイズオブゾロセ460.0穂苅寿彦
マイネルネオス牡760.0五十嵐雄祐
タイキレーザー牡760.0横山義行
トーワベガ牡661.0北沢伸也
タマモサプライズセ560.0林満明
10イコールパートナー牝558.0中村将之
11バシケーン牡560.0蓑島靖典
12ディアディアー牡560.0柴田大知
13ビコーフェザーセ660.0白浜雄造
14コウエイトライ牝958.0小坂忠士

さすがJ-GIIだけあって好メンバーが揃った。実績馬は多いが、ここは夏が終わってターフに戻ったギルティストライクが筆頭。6月の東京ジャンプSでは今回と同じ東京芝3300メートルでコウエイトライを完封。陣営もG1制覇への想いを新たにしたと思われる。
障害重賞8勝を挙げたコウエイトライは相変わらず58キロ出走で明らかに有利な一戦だが、今回はテイエムトッパズレとの兼ね合いがカギとなる。
その他にもトーワベガショウリュウケンなど勝負圏内と思しき馬が多数で目移り必至。波乱前提ならマイネルネオスタイキレーザーの一発に要警戒。
[1]. 東京ハイジャンプ 結果
|| MOTHERLAND 10/11/12(金)21:59 [ 返信 ]
着順馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差
10イコールパートナー牝558.0中村将之3分39秒1
トーワベガ牡661.0北沢伸也3分39秒1クビ
13ビコーフェザーセ660.0白浜雄造3分39秒1アタマ
14コウエイトライ牝958.0小坂忠士3分39秒84馬身
ショウリュウケン牡560.0植野貴也3分39秒8アタマ
テイエムトッパズレ牡761.0佐久間寛志3分40秒01馬身4分の1
マイネルネオス牡760.0五十嵐雄祐3分40秒0アタマ
エイシンボストン牡860.0西谷誠3分40秒21馬身2分の1
ギルティストライクセ660.0山本康志3分40秒3クビ
1011バシケーン牡560.0蓑島靖典3分40秒62馬身
11タイキレーザー牡760.0横山義行3分41秒02馬身2分の1
12タマモサプライズセ560.0林満明3分41秒0クビ
13アイズオブゾロセ460.0穂苅寿彦3分42秒710馬身
1412ディアディアー牡560.0柴田大知3分44秒310馬身

テイエムトッパズレが好枠の利でハナを切るが、これを大外から上がっていって先手を奪ったのがコウエイトライ。しかし1週目ホームストレッチで再度テイエムトッパズレがこれを奪い返す。あまり差がなく3番手集団はトーワベガ、タマモサプライズ、イコールパートナー、ギルティストライクなどがひしめき合って、レースは淡々と進行。
最後の直線の入り口でテイエムトッパズレコウエイトライが外へ膨らんだ所で、終始内目を追走したトーワベガが、最後もインコースを狙って追い出し、最終障害飛越で抜け出した。ところがその更に内を突いたイコールパートナーが登坂で鋭伸、結果トーワベガをアタマ差捕らえてゴールイン。中村将之騎手と共に重賞初勝利を飾った。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: