JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


中央レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
障害
平地
共通情報など
地方レース ...
海外レース ...
レース検索

障害スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

83. 2010/12/25 中山大障害 (J-GI 障害3歳以上 (混合)別定 中山芝4100m) [ 同名レースを検索 ]
|| MOTHERLAND 10/12/24(金)21:25 [ 返信 ]
馬番馬名性齢斤量騎手
ジャイアンツエール牡863.0穂苅寿彦
トーセンジョーカー牡763.0五十嵐雄祐
イコールパートナー牝561.0今村康成
テイエムトッパズレ牡763.0佐久間寛志
マルカラスカル牡863.0西谷誠
タマモグレアーセ663.0林満明
トウカイポリシー牡763.0浜野谷憲尚
バシケーン牡563.0蓑島靖典
トーワベガ牡663.0北沢伸也
10メルシーエイタイム牡863.0横山義行
11ナドレ牝461.0宗像徹
12マイネルネオス牡763.0柴田大知

今年も末の大一番の時期を迎えた。ランヘランバがここをパスしたので、当然ながら8歳のJG1馬2頭が中心となる。メルシーエイタイムは春のJG1では不運の落馬。大事無かったのが幸いで、例年同様に平地を叩いてここまで順調に来られたのは大きい。一方でマルカラスカルは2年間の長期休養明けから平地を一度使っての参戦。たとえ飛越が問題なくとも、レース勘と息保ちに不安を残す。
この2頭相手に、トーワベガが世代交代を挑む。中山グランドジャンプ3着の実績もさることながら、重量を背負ってスピード決戦にも対応するこの馬は、JG1を制するに相応しい能力の持ち主。秋2戦は他馬との斤量差があったが、ここは同条件。仕上げも及第点で脅威。
一発があるならどの馬か。まずは前目で粘り込みを狙う新星タマモグレアー。未勝利戦こそ3着に止まったが、その後は3連勝。どれも完勝というのはなかなか出来る芸当では無い。平地も1600万クラスまで上がった馬だけにJG1でも侮れない。差し脚勝負ならばトウカイポリシーあるいはマイネルネオス。地味ながら力はあり、波乱なら差し込んでもおかしくない。
10/12/25(土)01:37 編集
[1]. 中山大障害 結果
|| MOTHERLAND 11/07/18(月)22:17 [ 返信 ]
着順馬番馬名性齢斤量騎手タイム着差
バシケーン牡563.0蓑島靖典4分46秒1
タマモグレアーセ663.0林満明4分46秒1ハナ
12マイネルネオス牡763.0柴田大知4分46秒84馬身
テイエムトッパズレ牡763.0佐久間寛志4分46秒8クビ
10メルシーエイタイム牡863.0横山義行4分47秒22馬身2分の1
11ナドレ牝461.0宗像徹4分48秒69馬身
マルカラスカル牡863.0西谷誠4分48秒81馬身4分の1
トーセンジョーカー牡763.0五十嵐雄祐4分49秒75馬身
ジャイアンツエール牡863.0穂苅寿彦4分50秒44馬身
10トーワベガ牡663.0北沢伸也4分51秒03馬身2分の1
中止トウカイポリシー牡763.0浜野谷憲尚

中止イコールパートナー牝561.0今村康成


中団でレースを進めたバシケーンが直線タマモグレアーとの競り合いを制して優勝。これが重賞初勝利。人気のトーワベガマルカラスカルはレース中に故障を生じて馬群に飲み込まれた。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: