JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


地方レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
南関東交流
他場交流
地方馬限定重賞
共通情報など
海外レース ...
レース検索

他場交流スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

162. 2009/11/03 JBCクラシック (Jpn1 3歳上 定量 ダ1900m 名古屋) [ 同名レースを検索 ]
|| 富士山 09/10/31(土)13:08 [ 返信 ]
馬番馬名性齢斤量騎手所属
マルヨフェニックス牡557尾島徹笠松
スパイナルコード牡557西川敏高知
メイショウトウコン牡757藤田伸栗東
タガノシャンハイ牡757木村健兵庫
ヴァーミリアン牡757武豊栗東
ワイティタッチ牡557山本茜愛知
ブルーコンコルド牡957幸英明栗東
マヤノグレイシー牡1057吉原寛愛知
ウイニングウインド牡857吉田稔愛知
10マコトスパルビエロ牡557安藤勝栗東
11トミノダンディ牡557東川公笠松
12ワンダースピード牡757小牧太栗東

休み明けでもヴァーミリアンの中心は動かない。ここからの始動は例年通り。帝王賞も終わってみればフリオーソを全く寄せ付けずのワンサイドゲームだった。他にG1格のレースを勝っている馬はブルーコンコルドだけという、昨年より余程楽な組み合わせ。何事もなければ3連覇濃厚だろう。名古屋コースも何ら問題がない。ついにG1格8勝の壁が破られるか。
対抗はマコトスパルビエロ。ジリっぽい印象だったが、マーキュリーCではスマートファルコンを撃破し、前走の日本テレビ盃もゴール前でフェラーリピサをキッチリ差し切って2連勝。目下絶好調といってよい。左回りでの動きがよく、初コースで右回りの名古屋に課題は残るが、なんといってもその先行力は魅力。速い時計にも対応できる。世代交代へ。
ワンダースピードも有力馬の1頭であることは間違いないが、ヴァーミリアンを逆転するかとなると、ちょっと力関係がはっきりしてしまった感がある。ただそれでも他の馬たちに見劣るわけではない。実際に東海Sではマコトスパルビエロを完封している。名古屋も2回走っている。一叩きで巻き返し。
メイショウトウコンブルーコンコルドは今年の内容から見るにやや下降線か。メイショウトウコンは一息明けがカギになりそう。ブルーコンコルドは休み明けとはいえ得意の南部杯で見せ場がなかった。叩いてどこまで上積みがあるか。
地方勢では笠松の雄・マルヨフェニックスに期待が集まる。帝王賞はヴァーミリアンから3秒負けているが、スタートで大きな不利があった。川崎・スパーキングサマーCでルースリンド以下を一蹴し、充実の5歳秋を迎えている。この枠だけに最内強襲に活路を見出すか。
09/11/02(月)19:52 編集
[1]. JBCクラシック結果
|| 富士山 09/11/04(水)01:23 [ 返信 ]
着順馬番馬名騎手タイム着差
ヴァーミリアン武豊2分00秒2
10マコトスパルビエロ安藤勝2分00秒2アタマ
12ワンダースピード小牧太2分00秒3クビ
メイショウトウコン藤田伸2分02秒08馬身
マルヨフェニックス尾島徹2分02秒63馬身
タガノシャンハイ木村健2分02秒72分の1馬身
ワイティタッチ山本茜2分04秒17馬身
ブルーコンコルド幸英明2分04秒1アタマ
マヤノグレイシー吉原寛2分04秒31馬身2分の1
10スパイナルコード西川敏2分05秒03馬身
1111トミノダンディ東川公2分05秒21馬身2分の1
12ウイニングウインド吉田稔2分05秒83馬身

スプリントとほぼ同じく、人気上位3頭の3連複が1.9倍と断然の支持。
スタートはヴァーミリアンが好発を切ったが、マコトスパルビエロは一歩目が遅く、外からハナは切ったものの、やや時間を要した。ヴァーミリアンが控えてインの2番手、これを閉じ込めるようにワンダースピードがピタッと張り付いた。ブルーコンコルドが掛かり気味に4番手、その後ろにマルヨフェニックスメイショウトウコンといった隊列でゆったり流れた。
1000m通過がだいたい63秒台の後半といったところで、当然勝負どころから流れが急激に速くなる。前を行く3頭が後続をみるみる突き放し、完全に3頭立ての競馬に。ブルーコンコルドは早々にバテてしまい、メイショウトウコンマルヨフェニックスの4番手争いにタガノシャンハイが加わる程度。
手応え抜群の武豊Jだが行き場がない。しかし直線わずかに開いた最内にクビをねじ込む。前を行くマコトスパルビエロ、外でワンダースピードも懸命に抵抗するが、馬体が合った時のヴァーミリアンは本当に強い。ゴール前はしっかりアタマ差抜け出し、着差以上の完勝でJBCクラシック3連覇、そしてG1級レース8勝目の偉業を達成した。
09/11/05(木)01:25 編集

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: