JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


中央レースBoard 〜 レースに関する情報共有と、レース回顧をDB蓄積するための掲示板 〜

中央レース(OP以上) [今週]
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
中央レース(OP以上) [先週]

15/04/11(土) ニュージーランドT ( G2 3歳・馬齢 中山 芝1600m )
[ 出走馬一覧・詳細 ] [ レース結果 ]

着順 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16



























































































































性齢 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牝3
斤量 56.0 56.0 56.0 56.0 56.0 56.0 56.0 56.0 56.0 56.0 56.0 56.0 56.0 56.0 56.0 54.0










































実績
距離
近走
総合
的中倍率3210.30.20.1
投稿者予想 印単
位点
的中
ポイント
とわ 14.9 335
ノットリダマス 16.7 284
ふみーゆ 14.9 254
シャドウ 14.3 237
印ポイント合計 18 6 16 0 1 1 0 10 0 0 1 5 0 3 9 0

[ 戻る ]


1. ★レース予想
SYSTEM 15/04/11(土)03:32
レース予想は「予想投稿」ボタンからお願いします。
[1]. ★レース予想
シャドウ 15/04/11(土)15:19 [ 過去予想 ]
ヤマカツエース
アクティブミノル
マテンロウハピネス
ヤングマンパワー
アルマワイオリ
グランシルク
ダイトウキョウ

ヤマカツエースの差しに期待。前走のファルコンSでは、内の狭いところを抜けていい脚を見せた。マイル以上では実績がないものの、アーリントンCでは厳しい位置取りから0秒2差と大きく負けていない。小回り中山ならこなしてくれるのではないか。
アクティブミノルは函館王者ながら距離延長にも対応してきている。朝日杯FSは、楽ではない競馬で見せ場を作り、ファルコンSでは番手から抜け出す柔軟性を見せた。コース適性もありそうで、期待が持てる1頭だろう。
マテンロウハピネスは新馬直後のアーリントンCが逃げてあわやの3着、次走の自己条件フローラルウォーク賞では、重賞1番人気に押された逸材ダッシングブレイズを下す白星。逃げたい馬が何頭かおり、控えても競馬ができるかが鍵になるが、実力は確かで注目したい存在だ。
ヤングマンパワーはアーリントンCが完璧なレースだっただけに、それを再現できるかは何とも言えないが、安定感は抜群。コース実績もあるだけに軽視はできない。
アルマワイオリは脚力だけなら間違いなくトップだろうが、器用さがないタイプで、テクニカルな中山がどうか。不安は少なくなく、押さえ評価に留めたい。
後は、充実一途の上がり馬、グランシルクダイトウキョウを押さえておきたい。
[1]. ★レース予想
ノットリダマス 15/04/11(土)14:31 [ 過去予想 ]
アルマワイオリ・・・朝日杯2着馬。タイム差無し2着だった前走から斤量差も無くなり、地力最上位の本領発揮を期待。
ヤマカツエース・・・ファルコンSでは唯一の35秒台の末脚。他の人気馬と遜色無い実績ながら、人気がさほど無いのが良い。
ビヨンジオール・・・前走は競馬になっておらず、1200ながら規格外の末脚を発揮した得意の中山に戻って再度狙いたい。
[1]. ★レース予想
ふみーゆ 15/04/11(土)09:26 [ 過去予想 ]
アルマワイオリ 勝浦正
ヤマカツエース 池添謙
ヤングマンパワー 丸山元
タケルラムセス 江田照
マテンロウハピネス 松田大
ダイトウキョウ 吉田豊

アルマワイオリは現状、世代トップクラスのマイラーであると予測する。
朝日杯FS、休み明けのアーリントンCと続けて2着を確保している。
輸送があるとはいえ、2戦目なら取りこぼしがあったとしても好勝負が期待できる。
渋った馬場も坂のあるコースもこなせる下地があるヤマカツエースが対抗。
前走ファルコンSは前残りの展開でタイム差なし3着まで追い込んできた点は評価できる。
毎度しっかりと伸びてきており、力を出し切れば重賞勝ちも。
アーリントンCでハナ差重賞勝ちをしたヤングマンパワーも引き続き好走できそうではある。
中山に戻るのはプラスだが、乗り替わりと大外枠を嫌っての三番手に。
タケルラムセスは前走スタートから既にヤル気を失っていた。
今回は距離短縮やチークピーシズ装着など工夫が加えられるので一変に警戒。
デビュー2戦目のアーリントンCで3着に粘ったマテンロウハピネスも侮れない。
ダイトウキョウはデビュー戦でダノンプラチナに完勝し、からまつ賞ではショウナンアデラに僅差敗れた。
2歳G1馬両頭に互角以上の走りをしてきた馬なら重賞初挑戦でも侮れない。
[1]. ★レース予想
とわ 15/04/11(土)03:32 [ 過去予想 ]
グランシルク デビュー2戦は平凡な走りも特に前走は中身の濃い内容で同じような競馬ができれば
ヤマカツエース マイルでは差し届かずも確実に末脚は使ってきて好調の父産駒に母父は先週の重賞勝ちで
ヤングマンパワー 前走重賞勝ちも高レベルとは言い切れないも今の中山の馬場には適しているはずで再度
マテンロウハピネス 展開に恵まれた感もある近2走だがここも単騎で行けそうでマイペースならチャンスも
アルマワイオリ 実績ではメンバー中上位も明らかな大箱向きで折り合いも難しく人気なら評価を下げて
アクティブミノル 番手で粘りこんだ前走はハイペースなだけに価値はありこのレース先行馬は短距離血統が良く


[ 戻る ]


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: