JSE - 中央競馬データベース -


エスケイプ

特徴/履歴

 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

【投稿の際のお願い】
★投稿の際には、「投稿ガイドライン」に全て目を通し、ルールに則った投稿を心掛けてください。
投稿した記事は後から編集することができます。


1.
イギリス貴族 08/02/29(金) 11:19 [ 追記 ]
当時英皇太子だったジョージ・オーガスタス・フレデリック(後のジョージ4世王)がオーナーブリーダーでした。この馬はある事件で名を知られています。
1791年10/20,同馬はニューマーケットでの2マイル戦に鞍上はSkyscrapperでダービーSを制したことがあるSam Chifny騎手で出走、4頭立てでオッズが1−1(約2.0倍)と当然1番人気に推されました。しかし結果はGrey Diomedの4着とシンガリ。しかも大敗だったそうです。
しかし翌日、今度は4マイルのレースに出走(鞍上は変わらず)。6頭立ての4−1(約5.0倍)と人気は下がっていました。詳しい様子は記録されていませんが、かなり余裕のある勝ちっぷりだったようです。
どちらのレースでもオーナーである皇太子はかなりの額を賭けていたらしく、意図的に負けオッズを引き上げるようジョッキーと謀っておき次のレースで勝って大金を得ようとした(皇太子はかなりの浪費家で有名でした)のではないかという八百長疑惑が出ました。
Smolenskoの馬主で知られるC. バンベリー卿らが中心となっているジョッキークラブは皇太子に警告を出し、その結果皇太子はニューマーケットに足を運ぶことは2度とありませんでした。
ちなみにこの2戦がどうやら引退レースだったらしく、その後種牡馬入りしましたが、目立った産駒は残していません。

1. イギリス貴族 さんの記事へ 特徴/履歴を追記


お名前(HN)
HN(お名前)登録制という形はとっておりませんが、基本的に固定HNでの投稿をお願いします。HN変更は他の投稿者とHNが重複した場合など十分な理由がある場合のみ行ってください。
記事

ニュースソース
名称
URL
※ 記事に関連したページへリンクを張る場合にリンク先をご記入下さい。
※ 個人HPの宣伝目的など、関連情報を伴わないページへのリンク記入はご遠慮ください。


TOP 詳細検索
重賞日程 参加型馬DB
レースBoard WhiteBoard
URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: