JSE - 中央競馬データベース -


参加型馬DB
お馬さんのデータベースを皆で作ろう!

【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

■ 新着記事 ■
(30投稿 or 30日以内の新着のみ)

特徴/履歴
[外]サリーマクレランド
  Sallie Mcclelland
1.
倫敦納豆 17/03/24(金) 01:32 [ 参照 ]
   牝系4-m族。2歳のときにスピナウェイSを、3歳のときにアラバマSを勝っている。
 繁殖牝馬としてAudience(ケンタッキーオークス)を出し、この馬から牝系が繁栄する。この他に牝系が繁栄したのはFrances McClellandで、子孫にCrusaderBald Eagleがいる。また、Martha GormanもMaintenantを出し、子孫にDixieland Bandがいるなどの成果を出している。この他ではSaratoga Belleの子孫にラプソデー(菊花賞、安田記念)がいる。
ファンディーナ
1.
OT 17/03/21(火) 02:05 [ 参照 ]
  所属厩舎:高野友和(栗東)
馬主:(有)ターフ・スポート
生産者:谷川牧場(浦河)
生年月日:2014年3月10日
馬名由来:Fan Dii Na=「良い夢を」(タイ語)
クラブの募集価格:4,500万円(9万円×500口)
血統背景:いとこに米G1を4勝したEmollient、3代母にモルニ賞・サラマンドル賞(共に仏G1)を勝ったCoup de Genie、その孫に凱旋門賞馬バゴがいる。6代母がNatalmaNorthern Dancerの母)。
[外]ウィンクフィールズプライド
  Winkfield's Pride
1.
倫敦納豆 17/03/18(土) 01:54 [ 参照 ]
   現役時代は2歳から5歳まで走り、1897年のドンカスターCとコンセイユミュニシパル賞を勝っているが、同年のアスコットGCではPersimmonに敗れている。
 フランスで種牡馬生活を送り、代表産駒はFinasseur(ジョッケクルブ賞、パリ大賞典、共和国大統領賞)、Quo Vadis(パリ大賞典)、Profane(ディアヌ賞、ヴェルメイユ賞)など。
 Finasseurは早世し、Quo Vadisが種牡馬生活を送ったのはロシアだった。そのためもあって、父系としてはLorlotやTracy le Valから数代伸びたが大きな発展はしていない。
ヌーヴォレコルト
1.
マラ男 17/03/17(金) 20:36 [ 参照 ]
  馬主:原禮子
生産者:社台ファーム千歳(北海道千歳市)
調教師:斎藤誠
通算成績:22戦6勝
主な勝ち鞍
2014年年度:優駿牝馬(オークス)、ローズステークス。
2015年度:中山記念。
2016年度:レッドカーペットハンデ(USAG3)
[外]ウィンクフィールド
  Winkfield
1.
倫敦納豆 17/03/12(日) 01:21 [ 参照 ]
   体高15ハンド3インチ。現役時代はセリングレースを走る程度の馬だった。全弟にアスコットGCを勝ったMorionがいる。
 種牡馬として、Bachelor's Button(アスコットGC、ドンカスターCなど)、Winkfield's Pride(ドンカスターC)、Valenza(牝、コロネーションC)を出したが、父系を継いだのはWinkfield's Prideであった。この他に、Valenzaの産んだValensが種牡馬となって成功を収めている。
[外]クリエイターII
  CreatorII
1.
マラ男 17/03/09(木) 18:45 [ 参照 ]
  所属厩舎:Steven M.Asmussen(米国)
馬主:Mt.Brilliant Broodmares I LLC
生産者:WinStar Farm LLC and Bobby Flay
生年月日:2013/3/30
通算成績:12戦3勝
主な勝ち鞍:Belmont Stakes(ベルモントステークス)、Arkansas Derby(アーカーソンダービー)。
血統背景:父TapitA.P. Indy系。母父Privately HeldはDamascus系。母Morenaの牝系はF2-o系。一族に種牡馬フェートメーカーがいる。
馬名由来:日本ではミルリーフ系の種牡馬クリエイターがおり、本馬が2頭目の種牡馬クリエイターIIとなる。
シールビーバック
2.
OT 17/03/08(水) 23:08 [ 参照 ]
  3代母に桜花賞馬タカエノカオリがいる。ファミリーナンバーはA31で、世界的に見てもかなりマイナーな牝系に属している。
[外]マダムエグレンタイン
  Madame Eglentine
1.
倫敦納豆 17/03/04(土) 23:08 [ 参照 ]
   牝系5-i族。スピードはあるが気性が悪かったらしく、何勝かしているものの「半マイルを超えるとダメ」と言われていた。重賞実績としては、2歳時にシャンペンSでの3着がある(1着はKing Of Diamonds)。
 繁殖入りして成功する。競走馬としてはMorna(シャンペンS、ナッソーS)、The Palmer(アスコットダービーS)が代表産駒だが、そのThe PalmerRosicrucianがともに種牡馬として成功する。
 また牝馬も、ChapletがアスコットGC勝ち馬のMorionを出した(ただし血統的影響としてはその全兄のWinkfieldの方が大きい)。その他にも、Chapletの牝系からはSharpen Up、Jocosaの牝系からはHoist The Flag、Frivolaの牝系からはNuageNimbus兄弟などが出ている。
[外]レディモルガン
  Lady Morgan
1.
倫敦納豆 17/03/04(土) 02:16 [ 参照 ]
   牝系5-j族。半妹にオークス・ヨークシャーオークス・セントレジャーを勝ったMarie Stuartがいる。
 繁殖牝馬としての代表産駒はRuperra(ジュライS)、Alloway(プリンスオブウェールズS)だが、牝馬のMorganetteGaltee MoreArd Patrick、Blairfindeを産み、Florence Macarthyもニュージーランドで活躍馬を出した。他にMorgianaの牝系でも、Bulandshar、Le Grand Duc兄弟がオセアニアで種牡馬として成功している。


TOP 詳細検索
重賞日程 参加型馬DB
レースBoard WhiteBoard
URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: