JSE - 中央競馬データベース -




Profile
馬名 ボールドルーラー
英字 Bold Ruler
性別  牡
馬齢  65
生年 1954
毛色 黒鹿毛
産国 米
ナスルーラ
ミスディスコ
母父 ディスカヴァリー


【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ 投稿 ]





特徴/履歴
2.
[1] >今だ牡馬でのクラシック、BCを制覇した馬はなかなかでない。    というのがボールドルーラー系全体を指しているのかエーピーインディを指しているのかわかりませんが、ボールドルーラー系全体なら今年VindicationがBCを勝ちました。近年では他は1996年のボストンハーバーでしょうか。その前はたぶんエーピーインディ。    >徐々にではあるが衰退の一途を辿っている。  シアトルスルー系以外は衰退してますね。ただ、逆にシアトルスルー系としてみると、逆にこれから発展の可能性がある系統ともいえると思います。 
// Fureki 02/12/12(木) 00:16  
2.
初代社台ファーム総帥、故吉田善哉氏は70年代から積極的にボールドルーラー系の種牡馬・繁殖牝馬や、セリで購買したボールドルーラー最後の傑作ワジマを購入したが、日本では思ったほど産駒は走らず、過剰な購買は一時期経営危機になり、破産寸前まで追い詰められたことがある。  日本で大レースを輩出した種牡馬といえばステューペンタス(ダービー馬ラッキールーラー、宝塚記念馬カツアール)がいるが、他のボールドルーラー系の種牡馬成績は伸び悩んでいた。  現在のボールドルーラー系全体の一流馬産駒も、成績が伸び悩んでいる。  今のところシアトルスルー産駒のエーピーインディが健闘しているが、  今だ牡馬でのクラシック、BCを制覇した馬はなかなかでない。  徐々にではあるが衰退の一途を辿っている。 
// メルトダウン 02/12/11(水) 15:44  
1.
同期にラウンドテーブルギャラントマンアイアンリージニアークティックがいた、アメリカ競馬における最強世代の中で、4歳時に年度代表馬となり、名馬の地位を確固たるものにする。通算33戦23勝で引退、種牡馬入りした後、わずか2世代で北米リーディングサイアーとなり、7年連続でその座を守った。
// mazuda 00/06/17(土) 20:34  
応援コメント
[ 投稿 ]





★レースに関する投稿はレースBoard
★競馬全般の話題はWhite Board II
★DBについてのご意見・ご要望はURA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

2.
メルトダウン 02/12/11(水) 15:48 編集 [ 追記 ]
初代社台ファーム総帥、故吉田善哉氏は70年代から積極的にボールドルーラー系の種牡馬・繁殖牝馬や、セリで購買したボールドルーラー最後の傑作ワジマを購入したが、日本では思ったほど産駒は走らず、過剰な購買は一時期経営危機になり、破産寸前まで追い詰められたことがある。
日本で大レースを輩出した種牡馬といえばステューペンタス(ダービー馬ラッキールーラー、宝塚記念馬カツアール)がいるが、他のボールドルーラー系の種牡馬成績は伸び悩んでいた。
現在のボールドルーラー系全体の一流馬産駒も、成績が伸び悩んでいる。
今のところシアトルスルー産駒のエーピーインディが健闘しているが、
今だ牡馬でのクラシック、BCを制覇した馬はなかなかでない。
徐々にではあるが衰退の一途を辿っている。
[1].
Fureki 02/12/12(木) 00:32 編集 [ 追記 ]
>今だ牡馬でのクラシック、BCを制覇した馬はなかなかでない。

というのがボールドルーラー系全体を指しているのかエーピーインディを指しているのかわかりませんが、ボールドルーラー系全体なら今年VindicationがBCを勝ちました。近年では他は1996年のボストンハーバーでしょうか。その前はたぶんエーピーインディ

>徐々にではあるが衰退の一途を辿っている。
シアトルスルー系以外は衰退してますね。ただ、逆にシアトルスルー系としてみると、逆にこれから発展の可能性がある系統ともいえると思います。

1.
mazuda 00/06/17(土) 20:34 [ 追記 ]
同期にラウンドテーブルギャラントマンアイアンリージニアークティックがいた、アメリカ競馬における最強世代の中で、4歳時に年度代表馬となり、名馬の地位を確固たるものにする。通算33戦23勝で引退、種牡馬入りした後、わずか2世代で北米リーディングサイアーとなり、7年連続でその座を守った。
<< 前のページ
 
次のページ >>



TOP 詳細検索
重賞日程 参加型馬DB
レースBoard WhiteBoard
URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: