JSE - 中央競馬データベース -




Profile
馬名 [外] ウェイオブライト
英字 Way of Light
性別  牡
馬齢  24
生年 1996
毛色 黒鹿毛
産国 米
ウッドマン
サルチャウ
母父 ニジンスキー


【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ 参照・投稿 ]
1.
[2] シャトル種牡馬として渡豪していたが、馬房の関係で帰国することはなくなった。 
// カイヅカイブキ 06/01/15(日) 08:18  
1.
[1] 8月10日に豪国へ輸出されました
// 兎馬 04/09/11(土) 09:59  
1.
今年初年度産駒がデビュー。現在は門別のブリーダーズスタリオンステーションで繋養されている。 
// セイウン 04/05/20(木) 00:34  
特徴/履歴
1.
[2] 生年月日・産国:1996年3月8日、米国ケンタッキー州産   生産者:Flaxman Holdings Ltd. フラックスマン・ホールディングス   馬主:Niarchos Family ニアルコス・ファミリー  所属厩舎:仏国・Pascal F.Bary パスカル・バリー厩舎   主戦騎手:Cash B. Asmussen キャッシュ・アスムッセン騎手  獲得賞金:1,450,000フラン  血統背景:父は大種牡馬Woodman、母SalchowNative Dancerの4×5×5・Menowの5×5のクロスを持つ米国血統。叔父にMachiavellianやジャックルマロワ賞馬Exit to Nowhere、叔母に仏G1馬Coup de Genieがいる良血馬。   距離の適正:芝8F(約1600m)   レースでの特徴:デビュー3戦目の仏グランクリテリウムでRed Seaを破り1.52.5のタイムで優勝、この勝利で一気に仏2歳馬の頂点に立った。   3歳初戦のG3・フォンテンブロー賞はIndian Danehillの5着と敗れるも、仏2000ギニーでは1番人気。しかしSendawarの4着に敗れ、続くジャンプラ賞もGolden Snakeの5着と見せ場無く敗れた。  それでもマイル戦線を進み古馬との対決、ジャックルマロワ賞では武豊騎手を鞍上にDubai Millenniumの4着、ムーランドロンシャン賞はSendawarの7着と完敗した。  超早熟だったのか、その後格を下げたレースでも結局勝てずに引退となった。  代表産駒:2004年に初年度産駒がデビュー 
// 兎馬 04/09/23(木) 14:20  
1.
[1] 生涯成績10戦2勝。  Grand Criterium (仏GI)勝ちがある。
// 兎馬 03/09/15(月) 11:14  
1.
98年仏2歳牡馬チャンピオン!
// コスモ 02/01/27(日) 22:01  
応援コメント
[ 投稿 ]





★レースに関する投稿はレースBoard
★競馬全般の話題はWhite Board II
★DBについてのご意見・ご要望はURA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

1.
コスモ 02/01/27(日) 22:01 [ 追記 ]
98年仏2歳牡馬チャンピオン!
[1].
兎馬 03/09/15(月) 11:14 [ 追記 ]
生涯成績10戦2勝。
Grand Criterium (仏GI)勝ちがある。
[2].
兎馬 04/09/23(木) 14:21 編集 [ 追記 ]
生年月日・産国:1996年3月8日、米国ケンタッキー州産 
生産者:Flaxman Holdings Ltd. フラックスマン・ホールディングス 
馬主:Niarchos Family ニアルコス・ファミリー
所属厩舎:仏国・Pascal F.Bary パスカル・バリー厩舎 
主戦騎手:Cash B. Asmussen キャッシュ・アスムッセン騎手
獲得賞金:1,450,000フラン
血統背景:父は大種牡馬Woodman、母SalchowNative Dancerの4×5×5・Menowの5×5のクロスを持つ米国血統。叔父にMachiavellianやジャックルマロワ賞馬Exit to Nowhere、叔母に仏G1馬Coup de Genieがいる良血馬。
距離の適正:芝8F(約1600m) 
レースでの特徴:デビュー3戦目の仏グランクリテリウムでRed Seaを破り1.52.5のタイムで優勝、この勝利で一気に仏2歳馬の頂点に立った。 
3歳初戦のG3・フォンテンブロー賞はIndian Danehillの5着と敗れるも、仏2000ギニーでは1番人気。しかしSendawarの4着に敗れ、続くジャンプラ賞もGolden Snakeの5着と見せ場無く敗れた。
それでもマイル戦線を進み古馬との対決、ジャックルマロワ賞では武豊騎手を鞍上にDubai Millenniumの4着、ムーランドロンシャン賞はSendawarの7着と完敗した。
超早熟だったのか、その後格を下げたレースでも結局勝てずに引退となった。
代表産駒:2004年に初年度産駒がデビュー
<< 前のページ
 
次のページ >>



TOP 詳細検索
重賞日程 参加型馬DB
レースBoard WhiteBoard
URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: