JSE - 中央競馬データベース -




Profile
馬名 カーバイン
英字 Carbine
性別  牡
馬齢  135
生年 1885
毛色 鹿毛
産国 新
Musket
   
母父    


【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ 投稿 ]





特徴/履歴
2.
[1] 父系をたどると、  Eclipse(1764)〜Pot 8 o's(1773)〜Waxy(1790)〜Whalebone(1807)〜Camel(1822)〜Touchstone(1831)〜Ithuriel(1841)〜Longbow(1849)〜Toxophilite(1855)〜Musket(1867)  このようにエクリプスの血を受けています。
// イギリス貴族 06/01/16(月) 01:02  
3.
かつて、サラブレッドの理想的な体形を学ぶにあたり、その一番の早道はカーバインの写真を常にポケットに持ち歩く事だと言われた。そして、馬を見る際にその写真をポケットから取り出し、目の前の馬と見比べなさいと。写真と見比べて、もし、頭から首に至るラインがカーバインの物と似ていれば、そこがその馬の長所である。もし、腰のあたりの肉付きがカーバインの物と違っていたら、そこがその馬の短所であると。そのようにして常にカーバインの姿を頭に入れておく事により、やがては相馬眼を習得する事が出来ると。つまり、本馬はその優秀な競争成績だけでなく、その姿の美しさからサラブレッドの理想とされた馬である。
// Carbine 01/07/21(土) 13:19  
2.
1885年ニュージーランド生まれ。父はマスケット(Masket)母はマーシー(Mersey)、母の父はノウスリー(Knowsley)。生涯戦績は43戦33勝2着6回3着3回4着1回の超堅実派。3歳時は5戦全勝。4歳時は13戦9勝。5歳時は14戦9勝。6歳時は11戦10勝。主な勝ち鞍は、AJCプレート(4800m)3連覇、カンバーランドS(3200m)3連覇、オールエイジドS(1600m)2連覇ほか一杯(^^)。父のマスケットは、英国でアスコットSなど9勝の馬。種牡馬としては英国2000ギニ−の勝ち馬ペトロネル、ニュージーランドに渡ってからは、メルボルンCの勝ち馬マティーニヘンリーなどを出している。母のマーシーは英国からの輸入馬。産駒は本馬のほかにカーネイジ(ヴィクトリア・ダービー優勝)がいる。現役時代のカーバインのもっとも注目すべきレースは1890年のメルボルンC。出走頭数39頭、カーバインのハンデは65.8kg。ハンデ2番手の馬の斤量より24.1kgも重いのであった。この65.8kgというハンデは同レースの今に至るまでの最重量である。しかし、終わってみれば、3200mを3分28秒の豪州レコードで優勝。2着馬に2.1/2馬身差。耳が濡れるのを嫌がったとも、鼻面が濡れるのを嫌がったとも言われる。気性はかなり素直な馬だったらしく、賢い馬でもあったようだ。レースでは勝負所で自ら動くと言うところがあったそうである。種牡馬になってからは、豪州で大成功を収めたあと、英国に輸出されて英国ダー...(続く)
// sman 00/04/28(金) 13:21  
応援コメント
[ 投稿 ]





★レースに関する投稿はレースBoard
★競馬全般の話題はWhite Board II
★DBについてのご意見・ご要望はURA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

3.
Carbine 01/07/21(土) 13:19 [ 追記 ]
かつて、サラブレッドの理想的な体形を学ぶにあたり、その一番の早道はカーバインの写真を常にポケットに持ち歩く事だと言われた。そして、馬を見る際にその写真をポケットから取り出し、目の前の馬と見比べなさいと。写真と見比べて、もし、頭から首に至るラインがカーバインの物と似ていれば、そこがその馬の長所である。もし、腰のあたりの肉付きがカーバインの物と違っていたら、そこがその馬の短所であると。そのようにして常にカーバインの姿を頭に入れておく事により、やがては相馬眼を習得する事が出来ると。つまり、本馬はその優秀な競争成績だけでなく、その姿の美しさからサラブレッドの理想とされた馬である。

2.
sman 00/04/28(金) 13:21 [ 追記 ]
1885年ニュージーランド生まれ。父はマスケット(Masket)母はマーシー(Mersey)、母の父はノウスリー(Knowsley)。生涯戦績は43戦33勝2着6回3着3回4着1回の超堅実派。3歳時は5戦全勝。4歳時は13戦9勝。5歳時は14戦9勝。6歳時は11戦10勝。主な勝ち鞍は、AJCプレート(4800m)3連覇、カンバーランドS(3200m)3連覇、オールエイジドS(1600m)2連覇ほか一杯(^^)。父のマスケットは、英国でアスコットSなど9勝の馬。種牡馬としては英国2000ギニ−の勝ち馬ペトロネル、ニュージーランドに渡ってからは、メルボルンCの勝ち馬マティーニヘンリーなどを出している。母のマーシーは英国からの輸入馬。産駒は本馬のほかにカーネイジ(ヴィクトリア・ダービー優勝)がいる。現役時代のカーバインのもっとも注目すべきレースは1890年のメルボルンC。出走頭数39頭、カーバインのハンデは65.8kg。ハンデ2番手の馬の斤量より24.1kgも重いのであった。この65.8kgというハンデは同レースの今に至るまでの最重量である。しかし、終わってみれば、3200mを3分28秒の豪州レコードで優勝。2着馬に2.1/2馬身差。耳が濡れるのを嫌がったとも、鼻面が濡れるのを嫌がったとも言われる。気性はかなり素直な馬だったらしく、賢い馬でもあったようだ。レースでは勝負所で自ら動くと言うところがあったそうである。種牡馬になってからは、豪州で大成功を収めたあと、英国に輸出されて英国ダービー馬スペアミントを世に送り出した。現在はカーバインの骨格がメルボルンの博物館に展示されているそうだ。
[1].
イギリス貴族 06/01/16(月) 01:02 [ 追記 ]
父系をたどると、
Eclipse(1764)〜Pot 8 o's(1773)〜Waxy(1790)〜Whalebone(1807)〜Camel(1822)〜Touchstone(1831)〜Ithuriel(1841)〜Longbow(1849)〜Toxophilite(1855)〜Musket(1867)
このようにエクリプスの血を受けています。
<< 前のページ
 
次のページ >>



TOP 詳細検索
重賞日程 参加型馬DB
レースBoard WhiteBoard
URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: