JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 [外] マーペッサ
英字 Marpessa
性別  牝
馬齢  189
生年 1830
毛色 鹿毛
産国 英
Muley
Clare
母父 Marmion

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ ニュース/動向を投稿 ]





特徴/履歴
1.
[1] 競走馬としては2歳時にニューマーケットナーサリーSに、3歳時はグッドウッドレーシングSに勝ちました。また、同じMuley産駒で同い年のオークスS馬Vespaとのマッチレースも制しています。  引退後はハンプトンコートにあるロイヤルスタッドで繁殖入りしました。その繁殖入りは1836年で、Glencoeとの種付けをすませ受胎しましたが、翌1837年にウィリアム4世王が亡くなり、ロイヤルスタッドの繋養馬たちは四方に分散することになりました。こうしてストラッドブローク卿に230ギニーで同馬は買い取られ、初仔として生まれたのが「繁殖牝馬の皇后」Pocahontasです。
// イギリス貴族 08/06/21(土) 03:03  
1.
 牝系3-m族。3代母のAmazonが3-m族の祖で、ダービー馬Hannibalの全姉である。母父MarmionはWhiskey産駒。現役時代には3勝を挙げている。   血統構成については、(1)Whiskeyの3×3がある。(2)母の父Marmionと父の母Eleanorが、ともにその父Whiskey、母父Diomedである。(3)父父父Beningbrough、父母父および母父父のWhiskey、母母父Gohannaと、3世代前の種牡馬が全て父父Eclipse、母父Herodである、といったあたりが特徴的で、特に(2)(3)について、血統的に似た父母を配合したといえる。     繁殖入りして10頭の産駒を得るが、その初仔がPocahontasであった。だがそのときの相手Glencoeは次のシーズンから渡米してしまったので、この組み合わせの産駒は再現しなかった。この他にIdas(2000ギニー)がいる。先述のPocahontasは3-n族の祖となり、Boarding School Missがそのほかの母系を継いだ。   1848年死亡。 
// 倫敦納豆 08/06/21(土) 02:31  
応援コメント
[ 応援コメントを投稿 ]





★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

1.
倫敦納豆 08/06/21(土) 02:32 編集 [ 追記 ]
 牝系3-m族。3代母のAmazonが3-m族の祖で、ダービー馬Hannibalの全姉である。母父MarmionはWhiskey産駒。現役時代には3勝を挙げている。
 血統構成については、(1)Whiskeyの3×3がある。(2)母の父Marmionと父の母Eleanorが、ともにその父Whiskey、母父Diomedである。(3)父父父Beningbrough、父母父および母父父のWhiskey、母母父Gohannaと、3世代前の種牡馬が全て父父Eclipse、母父Herodである、といったあたりが特徴的で、特に(2)(3)について、血統的に似た父母を配合したといえる。

 繁殖入りして10頭の産駒を得るが、その初仔がPocahontasであった。だがそのときの相手Glencoeは次のシーズンから渡米してしまったので、この組み合わせの産駒は再現しなかった。この他にIdas(2000ギニー)がいる。先述のPocahontasは3-n族の祖となり、Boarding School Missがそのほかの母系を継いだ。
 1848年死亡。
[1].
イギリス貴族 08/06/21(土) 03:03 [ 追記 ]
競走馬としては2歳時にニューマーケットナーサリーSに、3歳時はグッドウッドレーシングSに勝ちました。また、同じMuley産駒で同い年のオークスS馬Vespaとのマッチレースも制しています。
引退後はハンプトンコートにあるロイヤルスタッドで繁殖入りしました。その繁殖入りは1836年で、Glencoeとの種付けをすませ受胎しましたが、翌1837年にウィリアム4世王が亡くなり、ロイヤルスタッドの繋養馬たちは四方に分散することになりました。こうしてストラッドブローク卿に230ギニーで同馬は買い取られ、初仔として生まれたのが「繁殖牝馬の皇后」Pocahontasです。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: