JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 アメリカス
英字 Americus
性別  牡
馬齢  127
生年 1892
毛色 鹿毛
産国 米
Emperor of Norfolk
   
母父    

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ ニュース/動向を投稿 ]





特徴/履歴
2.
HerodDiomedLexingtonとアメリカ競馬黎明期に大きく影響を与えた系統です。  Herod(1758)〜Florizel(1768)〜Diomed(1777)〜Sir Archy(1805)〜Timoleon(1814)〜Boston(1833)〜Lexington(1850)〜Norfolk(1861)〜Emperor Of Norfolk(1885)
// イギリス貴族 06/05/30(火) 19:41  
1.
愛、伊、独で種牡馬として供用され、後の馬産に、スピードとタフさの面で大きな影響を残した馬。  当初は、Rey del Carreres(走者の王)という名前で走っていた。但し、スペルミスにより途中まではRey del Carredesであったと言われる。  高いスプリント能力を示し、2歳時は3勝を、3歳時はブルックウッドH、カルヴァーSなど10勝を上げ、同期のプリークネスS馬、ベルモントS馬を相手にせず、Domino相手に善戦した。4歳から英でレースに使おうということになり、その際にAmericusと改名された。  4歳時は2戦して2着1回に終わったが、5歳時には13戦を消化、リドルズダウンプレート、サウスダウンプレートに勝利した。  6−7歳時は愛で種牡馬生活を送るがパッとせず、8歳でターフに戻り、4戦してガトウィックS勝ち、ペガサスC2着。9歳でも7戦し、ジュライC3着などがある。  10歳から、本格的に種牡馬入りしたAmericusは、初年度愛で供用の後、伊、愛、独とリース・売却によって各地を転々とし、18歳で亡くなっているが、初年度からAmericus Girlという名牝を輩出。計38頭が勝ち上がり、7頭がステークスウィナーとなった。Americus Girlの仔Lady Josephineからは、現代につながる重要な牝系が発展している。
// mazuda 03/02/24(月) 23:27  
応援コメント
[ 応援コメントを投稿 ]





★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

2.
イギリス貴族 06/05/30(火) 19:41 [ 追記 ]
HerodDiomedLexingtonとアメリカ競馬黎明期に大きく影響を与えた系統です。
Herod(1758)〜Florizel(1768)〜Diomed(1777)〜Sir Archy(1805)〜Timoleon(1814)〜Boston(1833)〜Lexington(1850)〜Norfolk(1861)〜Emperor Of Norfolk(1885)

1.
mazuda 03/02/24(月) 23:27 [ 追記 ]
愛、伊、独で種牡馬として供用され、後の馬産に、スピードとタフさの面で大きな影響を残した馬。
当初は、Rey del Carreres(走者の王)という名前で走っていた。但し、スペルミスにより途中まではRey del Carredesであったと言われる。
高いスプリント能力を示し、2歳時は3勝を、3歳時はブルックウッドH、カルヴァーSなど10勝を上げ、同期のプリークネスS馬、ベルモントS馬を相手にせず、Domino相手に善戦した。4歳から英でレースに使おうということになり、その際にAmericusと改名された。
4歳時は2戦して2着1回に終わったが、5歳時には13戦を消化、リドルズダウンプレート、サウスダウンプレートに勝利した。
6−7歳時は愛で種牡馬生活を送るがパッとせず、8歳でターフに戻り、4戦してガトウィックS勝ち、ペガサスC2着。9歳でも7戦し、ジュライC3着などがある。
10歳から、本格的に種牡馬入りしたAmericusは、初年度愛で供用の後、伊、愛、独とリース・売却によって各地を転々とし、18歳で亡くなっているが、初年度からAmericus Girlという名牝を輩出。計38頭が勝ち上がり、7頭がステークスウィナーとなった。Americus Girlの仔Lady Josephineからは、現代につながる重要な牝系が発展している。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: