JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 エルバジェ
英字 Herbager
性別  牡
馬齢  62
生年 1958
毛色 鹿毛
産国 仏
ヴァンダル
フラゲット
母父 エスカミロ

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ ニュース/動向を投稿 ]





特徴/履歴
2.
L・パラ夫人の生産で1956年、仏国に生まれる。デル・ドゥカ夫人所有馬としてピエール・ぺラ調教師に預けられ2・3歳の間走り8戦6勝。1959年には仏最優秀3歳馬を受賞。  主な勝ち鞍にジョッケクルブ賞[仏ダービー](仏G1・芝2400m)・サンクルー大賞(仏G1・芝2500m)・グレフュール賞(仏G2・芝2100m)・オカール賞(仏G2・芝2400m)・プランスドランジュ賞(仏G3・芝2400m)がある。  父はVandale、母Flagetteは未出走馬といった並みの血統でPhalarisの4×5×5、Firdaussiの3×3のクロスを持つ。  ギイ・シャンスリエ騎手を背にクラシックディスタンスを得意とし、戦術も逃げから差しまで万能だった。  デビュー戦を快勝し、2歳戦の最高峰グランクリテリウムに挑戦、5着に敗れ2歳シ−ズンを終える。  3歳になり初戦のグレフュール賞では3馬身差の楽勝、オカール賞は2馬身差の勝利。前2走を評価されジョッケクルブ賞[仏ダービー]では圧倒的な1番人気を背負ったHerbagerは、楽な手応えのまま最後の直線を進み、内から伸びてきたDan Cupidとの一騎打ちを短首差で制した。次走のサンクルー大賞では、Shantungをアタマ差で封じ、世代の頂点に立った。  そして秋の大目標、凱旋門賞制覇を目指し前哨戦にプランスドランジュ賞を選びMarinoに2馬身半差をつけて優勝。無敗のまま凱旋門賞を迎え1.7倍の圧倒的な1番人気に支持されたものの、直線に入っても伸びず10着に惨敗。レース後に跛行が見られ、左前肢の腱を痛めていたため、結局凱旋門賞が引退レースとなり種牡馬入りした。  アメリカへ渡り、米最優秀3歳牝馬Our Mimsなどを送り出した。  母の父としてもRainbow QuestDevil's Bagなどの名馬を輩出した。1976年、この世を去りました。 
// 兎馬 04/02/09(月) 11:25  
1.
現役時、仏ダービー優勝など8戦6勝。
// どら 02/05/31(金) 22:54  
応援コメント
[ 応援コメントを投稿 ]





★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

2.
兎馬 04/02/09(月) 11:25 編集 [ 追記 ]
L・パラ夫人の生産で1956年、仏国に生まれる。デル・ドゥカ夫人所有馬としてピエール・ぺラ調教師に預けられ2・3歳の間走り8戦6勝。1959年には仏最優秀3歳馬を受賞。
主な勝ち鞍にジョッケクルブ賞[仏ダービー](仏G1・芝2400m)・サンクルー大賞(仏G1・芝2500m)・グレフュール賞(仏G2・芝2100m)・オカール賞(仏G2・芝2400m)・プランスドランジュ賞(仏G3・芝2400m)がある。
父はVandale、母Flagetteは未出走馬といった並みの血統でPhalarisの4×5×5、Firdaussiの3×3のクロスを持つ。
ギイ・シャンスリエ騎手を背にクラシックディスタンスを得意とし、戦術も逃げから差しまで万能だった。
デビュー戦を快勝し、2歳戦の最高峰グランクリテリウムに挑戦、5着に敗れ2歳シ−ズンを終える。
3歳になり初戦のグレフュール賞では3馬身差の楽勝、オカール賞は2馬身差の勝利。前2走を評価されジョッケクルブ賞[仏ダービー]では圧倒的な1番人気を背負ったHerbagerは、楽な手応えのまま最後の直線を進み、内から伸びてきたDan Cupidとの一騎打ちを短首差で制した。次走のサンクルー大賞では、Shantungをアタマ差で封じ、世代の頂点に立った。
そして秋の大目標、凱旋門賞制覇を目指し前哨戦にプランスドランジュ賞を選びMarinoに2馬身半差をつけて優勝。無敗のまま凱旋門賞を迎え1.7倍の圧倒的な1番人気に支持されたものの、直線に入っても伸びず10着に惨敗。レース後に跛行が見られ、左前肢の腱を痛めていたため、結局凱旋門賞が引退レースとなり種牡馬入りした。
アメリカへ渡り、米最優秀3歳牝馬Our Mimsなどを送り出した。
母の父としてもRainbow QuestDevil's Bagなどの名馬を輩出した。1976年、この世を去りました。

1.
どら 02/05/31(金) 22:54 [ 追記 ]
現役時、仏ダービー優勝など8戦6勝。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: