JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 [外] エクレールオショコラ
英字 Eclair Au Chocolat
性別  牡
馬齢  86
生年 1935
毛色 鹿毛
産国  
Bubbles
Honey Sweet
母父 Kircubbin

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ ニュース/動向を投稿 ]





特徴/履歴
1.
大富豪ロスチャイルド一族の分家であり、Brantomeの馬主であるEdouard de Rothschild エドゥアール・ド・ロトシールが所有する、仏国・モートリ牧場Haras de Meautryで1935年生まれました。Lucien Robert ルシアン・ロバート調教師に預けられ2・3歳と仏国で走り通算8戦5勝2着1回でした。  主な勝ち鞍は、凱旋門賞(仏G1・芝2400m)・ロワイヤルオーク賞(仏G1・芝3000m)・ヴィシー大賞典(仏G3・2000m)  父はサンクルー大賞典を勝ち、1938年の仏リーディングサイアーBubbles、母がHoney Sweet。Sans Souci3×4、St.Simon5×5×5のクロスを持つ。  Eclair Au Chocolat(エクレール・オ・ショコラ)とはチョコレートショコラ」という意味で、母名と馬体から名づけられました。伊国でNearcoがクラシックを総なめにする頃、仏国ではCillasが名を挙げていました。ジョッケクルブ賞[仏ダービー]をCillasが優勝した時、Eclair Au Chocolatは10着でした。夏になり本格化、ヴィシー大賞を制して、凱旋門賞の前哨戦ロワイヤルオーク賞では2馬身差で逃げ切りました。凱旋門賞は無敗のNearcoも仏最強古馬Victrixも引退してしまい本命がいないままEclair Au Chocolatが1番人気に推され、レースでは好位置につけたまま2着に2馬身差をつけて快勝しました。  そのまま引退し種牡馬入り、しかし歴史的背景が彼の種牡馬生活を突如終わらせたのです。  当時は世界大戦を前に世界が緊張し、ドイツのヒトラー総督がヨーロッパを震撼させ始めていました。  開戦後の1940年、ヒトラーはEclair Au ChocolatBubblesを含むロトシールの所有馬をすべて徴収してしまい、ドイツ政府所有のグラディッツ牧場Graditz Studに送られました。1944年までは生存が確認せれたものの、その後行方が分からなくなり二度とロトシールの元に戻ることはありませんでした。ソ連に送られたなど諸説はありますが、真相は未だに謎のままです。  
// 兎馬 04/02/16(月) 10:07  
応援コメント
[ 応援コメントを投稿 ]





★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

1.
兎馬 04/02/16(月) 10:11 編集 [ 追記 ]
大富豪ロスチャイルド一族の分家であり、Brantomeの馬主であるEdouard de Rothschild エドゥアール・ド・ロトシールが所有する、仏国・モートリ牧場Haras de Meautryで1935年生まれました。Lucien Robert ルシアン・ロバート調教師に預けられ2・3歳と仏国で走り通算8戦5勝2着1回でした。
主な勝ち鞍は、凱旋門賞(仏G1・芝2400m)・ロワイヤルオーク賞(仏G1・芝3000m)・ヴィシー大賞典(仏G3・2000m)
父はサンクルー大賞典を勝ち、1938年の仏リーディングサイアーBubbles、母がHoney Sweet。Sans Souci3×4、St.Simon5×5×5のクロスを持つ。
Eclair Au Chocolat(エクレール・オ・ショコラ)とはチョコレートショコラ」という意味で、母名と馬体から名づけられました。伊国でNearcoがクラシックを総なめにする頃、仏国ではCillasが名を挙げていました。ジョッケクルブ賞[仏ダービー]をCillasが優勝した時、Eclair Au Chocolatは10着でした。夏になり本格化、ヴィシー大賞を制して、凱旋門賞の前哨戦ロワイヤルオーク賞では2馬身差で逃げ切りました。凱旋門賞は無敗のNearcoも仏最強古馬Victrixも引退してしまい本命がいないままEclair Au Chocolatが1番人気に推され、レースでは好位置につけたまま2着に2馬身差をつけて快勝しました。
そのまま引退し種牡馬入り、しかし歴史的背景が彼の種牡馬生活を突如終わらせたのです。
当時は世界大戦を前に世界が緊張し、ドイツのヒトラー総督がヨーロッパを震撼させ始めていました。
開戦後の1940年、ヒトラーはEclair Au ChocolatBubblesを含むロトシールの所有馬をすべて徴収してしまい、ドイツ政府所有のグラディッツ牧場Graditz Studに送られました。1944年までは生存が確認せれたものの、その後行方が分からなくなり二度とロトシールの元に戻ることはありませんでした。ソ連に送られたなど諸説はありますが、真相は未だに謎のままです。 
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: