JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 ガリニュール
英字 Gallinule
性別  牡
馬齢  136
生年 1884
毛色 栗毛
産国 英
アイソノミー
   
母父    

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ ニュース/動向を投稿 ]





特徴/履歴
1.
[1] まとまりの良い馬体の持ち主で、顔の左側に砂時計型の白があるのが特徴だったそうだ。半弟にセントジェームズパレスSを勝ったPioneerがいる。  鼻出血の心配のため、当初種付け数は抑えられており、初年度はわずか8頭の産駒が走っただけだったが、2世代目から早くも愛ダービー馬を輩出、その後6年で5頭の愛ダービー馬を出し、どんどん成績を伸ばして行き、リーディングまで上り詰めた。代表産駒は、英3冠牝馬Pretty Polly、英セントレジャーなどを勝ったWildfowler、英2000ギニーなどを勝ったSlieve Gallion、英セントレジャーを勝ったNight Hawk、愛ダービーを勝ったPortmarnock、Gulsabeck、Noble Howard、Oppressor、Gallinaria、Carrigavalla、愛オークスを勝ったDabchick、バーデン大賞などを勝ったHammurabi、独ダービー馬Chilperic、ジョッキークラブSなどを勝ったPhaleron、サセックスSなどを勝ったWhite Eagle、デューハーストプレートなどを勝ったGame Chick、ヨークシャーオークスなどを勝ち、英ダービー馬Spion Kopの母となったHammerkopなど。母の父としても非常に優れており、他にアスコット金杯などを勝ったFoxlaw、Willonyx、英2000ギニー馬Tournament、The Panther、英1000ギニー馬Electra、フィーニクスプレートなどを勝ったAmericus Girlらを出して、4度英リーディングBMSにもなっている。 
// mazuda 05/10/22(土) 00:40  
2.
【サイト管理情報】  URABoard「意見・要望・間違い指摘」229. 03/03/24  <馬名修正>ガリヌール→ガリニュール
// 管理者 03/10/05(日) 16:44  
1.
生涯戦績は21戦3勝(2〜5歳時にイギリス・アイルランドで出走)。2歳時にクイーンエリザベスS(5F)、ナショナルブリーダーズプロデュースS(5F)など3勝を上げたが、3歳以降は呼吸器官系の障害のため不調に終った。アイルランドで種牡馬入り。現役時代の成績に反して種牡馬としては成功し、1904年・1905年にイギリス種牡馬ランキングでリーディングになっている。
// スリーパー 02/10/21(月) 23:43  
応援コメント
[ 応援コメントを投稿 ]





★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

2.
管理者 03/10/05(日) 16:44 [ 追記 ]
【サイト管理情報】
URABoard「意見・要望・間違い指摘」229. 03/03/24
<馬名修正>ガリヌール→ガリニュール

1.
スリーパー 02/10/21(月) 23:43 [ 追記 ]
生涯戦績は21戦3勝(2〜5歳時にイギリス・アイルランドで出走)。2歳時にクイーンエリザベスS(5F)、ナショナルブリーダーズプロデュースS(5F)など3勝を上げたが、3歳以降は呼吸器官系の障害のため不調に終った。アイルランドで種牡馬入り。現役時代の成績に反して種牡馬としては成功し、1904年・1905年にイギリス種牡馬ランキングでリーディングになっている。
[1].
mazuda 05/10/22(土) 00:41 編集 [ 追記 ]
まとまりの良い馬体の持ち主で、顔の左側に砂時計型の白があるのが特徴だったそうだ。半弟にセントジェームズパレスSを勝ったPioneerがいる。
鼻出血の心配のため、当初種付け数は抑えられており、初年度はわずか8頭の産駒が走っただけだったが、2世代目から早くも愛ダービー馬を輩出、その後6年で5頭の愛ダービー馬を出し、どんどん成績を伸ばして行き、リーディングまで上り詰めた。代表産駒は、英3冠牝馬Pretty Polly、英セントレジャーなどを勝ったWildfowler、英2000ギニーなどを勝ったSlieve Gallion、英セントレジャーを勝ったNight Hawk、愛ダービーを勝ったPortmarnock、Gulsabeck、Noble Howard、Oppressor、Gallinaria、Carrigavalla、愛オークスを勝ったDabchick、バーデン大賞などを勝ったHammurabi、独ダービー馬Chilperic、ジョッキークラブSなどを勝ったPhaleron、サセックスSなどを勝ったWhite Eagle、デューハーストプレートなどを勝ったGame Chick、ヨークシャーオークスなどを勝ち、英ダービー馬Spion Kopの母となったHammerkopなど。母の父としても非常に優れており、他にアスコット金杯などを勝ったFoxlaw、Willonyx、英2000ギニー馬Tournament、The Panther、英1000ギニー馬Electra、フィーニクスプレートなどを勝ったAmericus Girlらを出して、4度英リーディングBMSにもなっている。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: