JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 (外) クロフネ
性別  牡
馬齢  22
生年 1998
毛色 芦毛
産国 米
フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー
母父 クラシックゴーゴー

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ 参照・投稿 ]
133.
セレクトセールでクロフネの全弟になるブルーアヴェニューの2006(芦毛・当歳)が3億円の高値でダーレー・ジャパン(株)に落札された。 
// カイヅカイブキ 06/07/11(火) 23:26  
132.
フサイチリシャールが朝日杯フューチュリティSを制覇。クロフネ産駒のG1初制覇となった。
// さく 05/12/11(日) 21:33  
131.
フサイチリシャールが東京スポーツ杯2歳Sを制して、父クロフネに初重賞をプレゼントした。なおフサイチシャリールとプラチナローズがオープン勝利を挙げている。
// カイヅカイブキ 05/11/19(土) 16:10  
特徴/履歴
37.
[1] 01年JRA最優秀ダートホースに加え、同年ダートグレード最優秀馬も受賞。中央のみの出走だが、武蔵野S(GIII)、JCD(GI)とダートグレードを2勝し、同年川崎記念、JBCクラシックとダートGIを2勝したレギュラーメンバーを抑えての受賞である。レギュラーメンバーはJCDでクロフネに完敗しており、クロフネの上記2戦でのパフォーマンスを考えると妥当な受賞と思われる。  ちなみにこの年のNARグランプリ最優秀馬は朱鷺大賞典、東京大賞典などを制したトーホウエンペラー
// イタ 05/12/12(月) 22:05  
36.
[1] アメリカよりはるかに時計のかかる日本のダートでのこのタイムは異常。
// shalt 04/10/31(日) 06:20  
37.
[1] JRA賞も部門受賞したが、NARを含めた全国ダートでも受賞している。しかもただの1度も地方の交流重賞を走らずに受賞したことは後にも先にも異例である。  (現在までの記録)
// まっき〜提督 04/10/31(日) 01:33  
応援コメント
[ 参照・投稿 ]
565.
スリープレスナイトおめでとう!産駒はG1などからマイル以下の芝にはある程度結果を示しましたね。  これからは芝の中長距離とダートでも活躍してほしいですね。 
// りんぐりんぐ 08/10/10(金) 00:26  
564.
がんばれマゼラン
// りんぐりんぐ 08/04/27(日) 22:38  
563.
ヴァーミリアンが今年フェブラリーSと昨年のJCダートとの2冠を果たして強いなぁとは思ったんですが…  前者が1分35秒3、後者が2分6秒7…  多少の馬場差はあれどクロフネは1分33秒3と2分5秒9…  いかにクロフネが凄かったかを毎回のように感じてしまいます。
// なごやかさまつ競馬. 08/02/24(日) 17:46  
★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

37.
セイウン 04/03/24(水) 12:07 [ 追記 ]
01年の最優秀ダートホース。
[1].
イタ 05/12/12(月) 22:05 [ 追記 ]
01年JRA最優秀ダートホースに加え、同年ダートグレード最優秀馬も受賞。中央のみの出走だが、武蔵野S(GIII)、JCD(GI)とダートグレードを2勝し、同年川崎記念、JBCクラシックとダートGIを2勝したレギュラーメンバーを抑えての受賞である。レギュラーメンバーはJCDでクロフネに完敗しており、クロフネの上記2戦でのパフォーマンスを考えると妥当な受賞と思われる。
ちなみにこの年のNARグランプリ最優秀馬は朱鷺大賞典、東京大賞典などを制したトーホウエンペラー
[1].
まっき〜提督 04/10/31(日) 01:33 [ 追記 ]
JRA賞も部門受賞したが、NARを含めた全国ダートでも受賞している。しかもただの1度も地方の交流重賞を走らずに受賞したことは後にも先にも異例である。
(現在までの記録)

36.
エスペランサ 04/01/26(月) 19:26 [ 追記 ]
時計だけで比較する事はできませんが、クロフネのJCDを2000mに換算すると、ノーザンダンサーのケンタッキーダービーと、ほぼ同じタイムになります。ダートでこれだけの時計を出せる馬は、そうそう現れませんし、もしかしたら、ノーザンダンサー並みのスーパーサイアーになるかもしれませんね。
[1].
shalt 04/10/31(日) 06:20 [ 追記 ]
アメリカよりはるかに時計のかかる日本のダートでのこのタイムは異常。

35.
ようかい 02/09/03(火) 23:05 編集 [ 追記 ]
通算成績10戦6勝。1998.3.31生まれ、金子真人氏のもち馬、栗東の松田国英厩舎の所属。主な勝ち鞍…JCダート、NHKマイルC、武蔵野S、毎日杯。6勝中4勝がレコード。
新馬2戦目の京都2000は2.00.7
エリカ賞でマークした阪神2000は2.01.2
武蔵野Sの芝並みのタイム東京ダ1600は1.33.3
JCダートの別次元だった東京ダ2100は2.05.9

惜しくも屈腱炎のため引退。夢は2世へ託された

34.
セックスアピール 02/07/08(月) 14:48 [ 追記 ]
新馬戦はエイシンスペンサー(カシオペアS)に破れ2着
折り返しの新馬戦は圧勝。マイネルエスケープ(京成杯2着)
エリカ賞はダイイチダンヒル(若葉S)、チアズブライトリー(すみれS)などを下しレコード勝ち
たんぱ杯はアグネスタキオンジャングルポケットに先着を許す3着。しかし、このレースは朝日杯より上と言われる。

年が明けダービーを目標に共同通信杯の予定も歯変わりで回避。立て直した毎日杯ではもったままレコードに0.2差、5馬身差の圧勝。
そしてマイルカップ。スローペースで前残りの競馬の中、ただ一頭飛んでくるクロフネ。残り200。前を行くグラスエイコウオーのリードは5馬身ほど。そこから一歩一歩詰め寄りゴール前でキッチリ捕らえ、堂々とダービーへのきっぷを手にした。しかし肝心のダービーは雨に散った。疲れもあったのだろう。5着。

秋は1度使って天皇賞。その予定でまずは神戸新聞杯。掛かりまくり3着。そして天皇賞へ向かうはずだった…しかし規定により1年間の賞金が多いメイショウドトウアグネスデジタルが出走し、クロフネは除外の憂き目に遭う。しかたなく回った武蔵野Sで強烈なパフォーマンスを見せる。
3コーナーからまくり、4コーナーからは独走。武豊騎手も思わず後ろを見てしまう。1.33.3。芝のマイルカップが1,33,0だったことを考えるとものすごい。しかも9馬身差。
続くジャパンカップダートでも7馬身差の圧勝。2.05.9とまたもスーパーレコード。ドバイへの夢が膨らんだ。
が…浅屈腱炎で引退。
もっともっと、世界での君の走りが見たかった…

32.
ノーザンテースト 02/01/18(金) 09:17 [ 追記 ]
【記事転載により管理者削除】
転載元http://www.sponichi.co.jp/horseracing/kiji/2002/01/18/07.html

31.
GUIDE 01/12/01(土) 17:17 [ 追記 ]
DRFにクロフネの関連記事が掲載されていたが、それによると現在の世界のベストダートホースはクロフネサキー(今年の凱旋門賞馬でBCクラシックはティズナウの鼻差2着)の2頭だという。また記事中にはドバイミレニアムシガーといった名馬の名も挙げられており、先日のJCダートの勝ちっぷりを激賞している内容だ。
海外のメディアにクロフネの強さが認められたことの表れといえるだろう。
[1].
01/12/28(金) 11:23 [ 追記 ]
まあ、DRFはアメリカですからね。アメリカ産馬の彼を取り上げるのは当然でしょう。
レーシングポストはベタ記事ですね。見出しはありましたが。
レーシングポストのクロフネ記事http://www.racingpost.co.uk/horses/?MIval=rp_std_page&psection=racingpost.co.uk&page=latest1
[2].
ジェーンの中毒 01/12/29(土) 02:46 [ 追記 ]
レーシングポストの記事でも、ドバイ・ワールドカップにおける「likely favourite」となっていますから、十分評価しているのではないかと思います。

30.
KURO 01/11/25(日) 00:50 [ 追記 ]
とうとうデピュティミニスター系が日本で本領を発揮しはじめましたね〜。デヒアソルトレイクシルヴァーデピュティー・メーンミニスター・サプライズミニスター・そしてフレンチデピュティなどが海外では種牡馬として活躍してますが日本ではトーヨーシアトルトーヨーレインボーデヒアからはNHKマイルカップ2着のトーヨーデヘアなどが出ていますがその程度でいまいちでしたがこのクロフネが出たことでまた元気が出るんではないでしょうか。母系は多彩な血統でくまれており柔軟性は高いと思います。ただ大跳びでスタートが良くないのでスプリント戦には向かないと思いますが、ダートならクラシックディスタンスまで、芝なら2000ぐらいまでは大丈夫ではないでしょうか。

28.
あおふね 01/11/22(木) 06:14 [ 追記 ]
距離は、短いより、平均的に速いペースで走れる今回(JCD・ダ2100m)くらいの距離の方がいいと思います。(松田国英調教師談)
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: