JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 クイル
英字 Quill
性別  牝
馬齢  63
生年 1956
毛色 栗毛
産国 米
プリンスキロ
クイックタッチ
母父 カウントフリート

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ ニュース/動向を投稿 ]





特徴/履歴
1.
[1] 生年月日・産国:1956年米国産   所属厩舎:米国・Lucien Laurin ルシアン・ローリン厩舎   オーナーブリーダー:R.N.Webster    通算成績:2〜5歳まで走り、通算26戦14勝・2着4回・3着2回   主な勝ち鞍:マザーグースS(ダ9F)、エイコーンS(ダ8F)、ガーデニアS(ダ8.5F)、メイトロンS(ダ6F)、デラウェアH(ダ9F)、ニューキャッスルS(ダ8.5F)。   獲得賞金:382,041ドル(当時)   受賞歴:1958年度エクリプス賞最優秀2歳牝馬   血統背景:父は名種牡馬Princequillo、母はQuick TouchPersimmonの5×5のクロスを持つ。半弟にCount Amber、甥にTrafficやHunka Papaがいる。   距離の適正:ダート6F〜10F(約1200m〜2000m)   レースでの特徴:デビュー戦勝ちを含む2連勝でスカイラーヴィルSとスピナウェーSに出走、両方ともRich Traditionの3着に敗れた。1戦挟んだメイトロンSでRich Traditionに雪辱を果たすとガーデニアSまで3連勝で2歳シーズンを終えた。  3歳になり2戦目のエイコーンSをCobulに6・1/2馬身つける圧勝すると、続くマザーグースSも1番人気に応えTolueneを3・1/2馬身離して1.49.4のタイムで快勝した。CCAオークスとデラウェアオークスで共にResacaに敗れ休養に入った。   4歳初戦は約1年振りのレースとなったものの快勝。トップフライトHとモリーピッチャーHでRoyal Nativeの2着を含む3戦1勝でニューキャッスルSに1番人気で臨み、Indian Maidを1・1/4馬身つけた1.43.2で優勝。連闘ながらデラウェアHでRoyal Nativeに9馬身差のリベンジを果たしたが、ダイアナHではTemptedに7馬身つけられた2着と敗れた。  5歳も現役続行、2戦して8・14着と大敗が続いたがその後は2連勝。ニューキャッスルS〜デラウェアHで連覇を狙ったが人気を裏切りAirmans Guideの11着・9着と勝てず引退した。   繁殖入りしてからは、直仔のOne for All(加チャンピオン)やCaucasus(愛セントレジャー)が活躍。他にBanderilla、Shillマルゼンスキーの母)、Last Feather(ムシドラS・Limber Dancer・Precious Featherの母)、Euryanthe(Barkervilleの母)、First Feather(米芝チャンピオンRun the Gantlet・Head of the River・Lightning Leapの母)、Twill(Staff Writerの母)と輩出した。 
// 兎馬 04/07/28(水) 09:52  
1.
アメリカの最優秀2歳牝馬。
// 競馬研究会会長? 03/07/31(木) 11:36  
応援コメント
[ 応援コメントを投稿 ]





★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

1.
競馬研究会会長? 03/07/31(木) 11:36 [ 追記 ]
アメリカの最優秀2歳牝馬。
[1].
兎馬 04/07/28(水) 09:57 編集 [ 追記 ]
生年月日・産国:1956年米国産 
所属厩舎:米国・Lucien Laurin ルシアン・ローリン厩舎 
オーナーブリーダー:R.N.Webster  
通算成績:2〜5歳まで走り、通算26戦14勝・2着4回・3着2回 
主な勝ち鞍:マザーグースS(ダ9F)、エイコーンS(ダ8F)、ガーデニアS(ダ8.5F)、メイトロンS(ダ6F)、デラウェアH(ダ9F)、ニューキャッスルS(ダ8.5F)。 
獲得賞金:382,041ドル(当時) 
受賞歴:1958年度エクリプス賞最優秀2歳牝馬 
血統背景:父は名種牡馬Princequillo、母はQuick TouchPersimmonの5×5のクロスを持つ。半弟にCount Amber、甥にTrafficやHunka Papaがいる。 
距離の適正:ダート6F〜10F(約1200m〜2000m)
レースでの特徴:デビュー戦勝ちを含む2連勝でスカイラーヴィルSとスピナウェーSに出走、両方ともRich Traditionの3着に敗れた。1戦挟んだメイトロンSでRich Traditionに雪辱を果たすとガーデニアSまで3連勝で2歳シーズンを終えた。
3歳になり2戦目のエイコーンSをCobulに6・1/2馬身つける圧勝すると、続くマザーグースSも1番人気に応えTolueneを3・1/2馬身離して1.49.4のタイムで快勝した。CCAオークスとデラウェアオークスで共にResacaに敗れ休養に入った。 
4歳初戦は約1年振りのレースとなったものの快勝。トップフライトHとモリーピッチャーHでRoyal Nativeの2着を含む3戦1勝でニューキャッスルSに1番人気で臨み、Indian Maidを1・1/4馬身つけた1.43.2で優勝。連闘ながらデラウェアHでRoyal Nativeに9馬身差のリベンジを果たしたが、ダイアナHではTemptedに7馬身つけられた2着と敗れた。
5歳も現役続行、2戦して8・14着と大敗が続いたがその後は2連勝。ニューキャッスルS〜デラウェアHで連覇を狙ったが人気を裏切りAirmans Guideの11着・9着と勝てず引退した。 
繁殖入りしてからは、直仔のOne for All(加チャンピオン)やCaucasus(愛セントレジャー)が活躍。他にBanderilla、Shillマルゼンスキーの母)、Last Feather(ムシドラS・Limber Dancer・Precious Featherの母)、Euryanthe(Barkervilleの母)、First Feather(米芝チャンピオンRun the Gantlet・Head of the River・Lightning Leapの母)、Twill(Staff Writerの母)と輩出した。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: