JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 [地] ゴールドチェスト
性別  牡
馬齢  28
生年 1990
毛色 鹿毛
産国 日
ダイナミックリーダー
エナルク
母父 バーバー

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ ニュース/動向を投稿 ]





特徴/履歴
1.
所属厩舎:蓬田稔(浦和)→太田勝雄(上山)→山岡恒一(高知)→松下博昭(高知)  馬主:山田敏之(浦和時代)→須藤俊子(上山時代)→土居節男(高知時代)→山崎泰男(高知時代)  生産者:福岡清  生年月日:1990年3月21日  主な勝ち鞍:浦和記念(94年と95年)     1992年10月14日、旧3歳の秋にデビューして2着、次のレースで初勝利を挙げた。ただしこの後はなかなか勝てず、南関東クラシックとも無縁だった。転機になったのが旧4歳の9月14日の旧4歳限定の特別戦で、4番人気ながら3馬身差で快勝した。   このときの桑島孝春騎手とはこのレース限りだったが、その後は1着か2着を続けて昇級していく。重賞初挑戦の東京盃での大敗で連続連対は止まったが、同じ94年の暮れの浦和記念で重賞初勝利となる。その後はしばらく勝てないでいたが、95年の浦和記念も制覇、連覇となった。   その後3戦してあまり成果なく、上山へ、さらに高知に戦いの場を移すも、上山で18戦0勝、高知で19戦2勝にとどまる。     2018年9月24日のオーバルスプリントの日に、浦和競馬70周年を記念して、オーバルスプリント(第11レース)以外の11のレースを、名馬の名を冠した特別レースとした。本馬の名は第4レースに使われている。 
// 倫敦納豆 18/09/30(日) 23:35  
応援コメント
[ 応援コメントを投稿 ]





★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

1.
倫敦納豆 18/10/02(火) 13:25 編集 [ 追記 ]
所属厩舎:蓬田稔(浦和)→太田勝雄(上山)→山岡恒一(高知)→松下博昭(高知)
馬主:山田敏之(浦和時代)→須藤俊子(上山時代)→土居節男(高知時代)→山崎泰男(高知時代)
生産者:福岡清
生年月日:1990年3月21日
主な勝ち鞍:浦和記念(94年と95年)

 1992年10月14日、旧3歳の秋にデビューして2着、次のレースで初勝利を挙げた。ただしこの後はなかなか勝てず、南関東クラシックとも無縁だった。転機になったのが旧4歳の9月14日の旧4歳限定の特別戦で、4番人気ながら3馬身差で快勝した。
 このときの桑島孝春騎手とはこのレース限りだったが、その後は1着か2着を続けて昇級していく。重賞初挑戦の東京盃での大敗で連続連対は止まったが、同じ94年の暮れの浦和記念で重賞初勝利となる。その後はしばらく勝てないでいたが、95年の浦和記念も制覇、連覇となった。
 その後3戦してあまり成果なく、上山へ、さらに高知に戦いの場を移すも、上山で18戦0勝、高知で19戦2勝にとどまる。

 2018年9月24日のオーバルスプリントの日に、浦和競馬70周年を記念して、オーバルスプリント(第11レース)以外の11のレースを、名馬の名を冠した特別レースとした。本馬の名は第4レースに使われている。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: