JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 サッカーボーイ
性別  牡
馬齢  34
生年 1985
毛色 栃栗毛
産国 日
ディクタス
ダイナサッシュ
母父 ノーザンテースト

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ 参照・投稿 ]
6.
7日、蹄葉炎の為供用先の北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで死亡した。26歳。
// mazuda 11/10/08(土) 02:20  
5.
サッカーボーイはシンジケートの解散に伴い、社台SS荻伏で種牡馬を続けることになった。
// カイヅカイブキ 06/12/07(木) 22:10  
4.
ブルーイレヴンが関屋記念を勝利した事により、マイルGI2勝の同馬の産駒で初のマイル重賞勝ち馬が誕生。
// dian 04/08/02(月) 11:46  
特徴/履歴
12.
自身の成績はマイル〜中距離で勝っているが、種牡馬としては  ナリタトップロードヒシミラクルアイポッパーといったステイヤー、ワンモアマイラインキョウトシチーアブクマドリームといったダート馬を多数輩出している。  恐らくステイヤーのディクタスの影響だろう。
// 魔法マイル 08/09/22(月) 23:15  
11.
種牡馬としては母父を選ばない点に非常に好感が持てる。  ナリタトップロードの母父はアファームドティコティコタックの母父はブライアンズタイムといずれも実績のある種牡馬だが、ヒシミラクルの母父はOP馬はメガミゲラン以外は出す事のできなかったシェイディハイツゴーゴーゼットの母父は中央での産駒重賞勝ちはニチドウサンダー1頭に留まったニチドウアラシ、他にも母父ニゾンキョウトシチー、母父ナオキのサウンドバリアーなど、失敗に終わった種牡馬が母父でも全く無関係と言っていいほどの万能ぶりである。
// ないき 04/05/25(火) 20:09  
10.
あまり強く出ていないが実は尾花栗毛。  なので栃栗毛と表記されたりもする。  派手な尾花栗毛の馬はゴールドシチートウショウファルコなど。
// Schwein 03/02/11(火) 15:33  
応援コメント
[ 参照・投稿 ]
16.
コンゴウ頑張れ!
// SADA 09/04/14(火) 19:48  
15.
アイポッパー海外か……  まずは無事に、だけど…  いい結果期待したい・・・  サッカーボーイの子が海外で  なんて…うれしいな…まだ出てないけど・・・ 
// 05/09/07(水) 06:35  
14.
不思議なぐらい自分と似通った産駒が出てきませんね。強いてあげればブルーイレブンぐらいで、殆どが中長距離のスタミナの塊のような馬が多いですよね。元々サイアーライン的にはサッカーボーイ自身完全なフランスのステイヤー血統でしたが、気性の問題でマイラーとして出てしましいましたね。マイルチャンピオンシップで、あの杉本清さんに『これは恐ろしい馬です』といわせたような産駒が生まれれば楽しみですね。
// ネアルコ 05/09/05(月) 12:54  
★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

12.
魔法マイル 08/09/22(月) 23:15 [ 追記 ]
自身の成績はマイル〜中距離で勝っているが、種牡馬としては
ナリタトップロードヒシミラクルアイポッパーといったステイヤー、ワンモアマイラインキョウトシチーアブクマドリームといったダート馬を多数輩出している。
恐らくステイヤーのディクタスの影響だろう。

11.
ないき 04/05/25(火) 20:09 [ 追記 ]
種牡馬としては母父を選ばない点に非常に好感が持てる。
ナリタトップロードの母父はアファームドティコティコタックの母父はブライアンズタイムといずれも実績のある種牡馬だが、ヒシミラクルの母父はOP馬はメガミゲラン以外は出す事のできなかったシェイディハイツゴーゴーゼットの母父は中央での産駒重賞勝ちはニチドウサンダー1頭に留まったニチドウアラシ、他にも母父ニゾンキョウトシチー、母父ナオキのサウンドバリアーなど、失敗に終わった種牡馬が母父でも全く無関係と言っていいほどの万能ぶりである。

10.
Schwein 03/02/11(火) 15:33 [ 追記 ]
あまり強く出ていないが実は尾花栗毛。
なので栃栗毛と表記されたりもする。
派手な尾花栗毛の馬はゴールドシチートウショウファルコなど。

9.
富士山 02/12/19(木) 18:12 [ 追記 ]
その強烈な末脚からついたあだ名が「弾丸シュート」。
デビュー戦から弥生賞までは内山正博が、それ以降は河内洋が手綱を取った。
デビュー戦でトウショウマリオ(後に重賞2勝)を9馬身ちぎり捨てて衝撃のデビューを飾ると、3戦目のもみじ賞ではラガーブラック(後のシンザン記念馬)に10馬身差をつけ圧勝。さらに続く阪神3歳Sではデイリー杯を完勝したダイタクロンシャンに8馬身差をつけ、なおかつ1分34秒5の鮮烈レコード。同じようなローテ、同じ栗毛から「テンポイントの再来」と言われた。
しかし4歳春はツキに見放される。弥生賞はSペースに泣かされての3着。さらに皐月賞への調整中に石を踏んで爪が割れ、そこから雑菌が入って飛節炎となってしまい、皐月賞を回避。強引にNHK杯に間に合わせるも1番人気を裏切り4着。続くダービーでも1番人気に推されながら15着と大敗した。
しかしようやくこの後調子が上向いてくる。中日スポーツ賞4歳Sで皐月賞馬・ヤエノムテキを半馬身差し切って復活ののろしを上げると、続く函館記念ではメリーナイス(2着)・シリウスシンボリ(4着)といった歴戦の古馬相手に5馬身差をつけて圧勝。タイムはなんと1分57秒8。日本で初めて1分58秒の壁を破り、異次元へと飛び出した。
しかしサッカーボーイを再度悲劇が襲う。秋初戦に予定していた京都新聞杯の直前に右前脚を捻挫。菊花賞・天皇賞をともに回避し、マイルCSに向かわざるを得なくなった。しかしマイルCSでは、プラス18キロという万全な状態でないながらも、ホクトヘリオスに4馬身差をつけ圧勝。続く有馬記念でもゲートで暴れて鼻血を出しながら3着(3着入線のスーパークリークが失格)。翌年の活躍が期待されたが、復帰予定のマイラーズCを前に骨折。秋にも脚部不安を発症し、そのまま引退した。

8.
ワラウカド 02/03/29(金) 05:33 [ 追記 ]
現役時代は鋭い差し脚でマイルから中距離で活躍したが、種牡馬となってからは、ゴーゴーゼットナリタトップロードなど、2000m以上のレースを息の長い末脚で勝ち上がる産駒が多く見られる。     現役時代は順調に使えなかったが、産駒は案外タフな馬が多い。   キョウトシチーみたいにダートも走る産駒がいることはいるが、ベストは芝の良馬場だろう。芝が荒れる冬場は苦手。   

7.
蹴球小僧 02/03/03(日) 22:47 [ 追記 ]
弥生賞を勝ったバランスオブゲームは近親に当たる。

6.
自衛隊 01/09/12(水) 23:22 [ 追記 ]
通算11戦6勝。マイルチャンピオンシップ(JRAG1 1600M),阪神3歳S(JRAG1 1600M),函館記念(JRAG3 2000M),中日スポーツ賞4歳S(JRAG3 1800M)
小野幸治厩舎所属。(有)社台レースホース所有。社台ファーム生産。
差し馬ながら,逃げ馬が楽に逃げたかのような,鮮やかな勝ち方をできる末脚を持っていた。ただ能力差のある相手には相応の差をつけるものの,同格の相手が揃うレースとなると案外だらしがなかったのは,ディクタス産駒らしい淡泊さゆえか。

5.
Q 007 01/05/04(金) 14:23 [ 追記 ]
祖父にあたるサンクタスハンプトン系といういかにも重厚な
血統を持ちながら気性の激しさのためスプリンター。
思えばここからサッカーボーイは始まったんですね。
ディクタスに関しても元来はステイヤー血統ながら
母系の影響でマイルからクラシックをこなす切れ味の鋭い馬・・・
それが上手く引き継がれたのがサッカーボーイ・・・
ちょっと待って・・・、この親子の特徴として
『全く似ていないじゃん』
サンクタスディクタスは母馬が栗毛なので何となく分かるけど・・・
ディクタスサッカーボーイに関しては全くの共通点が^_^;
そうか!きっと似ていない馬の方がこの馬の産駒は走るんだ!!
でもなぁ・・、似てない馬はサッカーボーイとは似ても似つかないほど
堅実だし、直線での伸びもいまいち・・・
結論的には・・・
サッカーボーイサッカーボーイ!でも寂しいなぁ・・・

4.
sman 00/04/28(金) 17:44 [ 追記 ]
きゃ〜!!!やっても〜たぁ〜!!!サッカーボーイは母に優位でした。それもディクタス12.5:ダイナサッシュ62.5〜75と圧倒的に母の方が強い!なんか、計算し間違えたようだ・・。100‐80=20なのに100-80=10としてしまう、そんなレベルの間違えです・・。もっともこれをすると、私の理論の根底から狂うことになるから、計算だけは間違えてはならないのですけど・・。ちなみに、ディクタスダイナサッシュに関しての解説は間違ってはいない。で考えてみれば、ディクタスに隔世遺伝の影響が大ならあんなにきれない産駒が多く出るわけは無いか・・。ノーザンテーストに優位のあるダイナサッシュが優位ゆえに、サッカーボーイの産駒は先行タイプが多く出ているわけだよね・・。や〜、恥ずかしくて、顔から火が出そう(^^;

3.
sman 00/04/21(金) 09:33 [ 追記 ]
サッカーボーイディクタスの産駒です。間違い無く。と言うのも、遺伝的な影響がディクタスの方が強いからです。つ〜ても、牝系と極端に差があるわけではないのですが。比率ディクタス87.5〜88:ダイナサッシュ75位でしょうか?ですから、基本的には、中距離で気性にやや難あり、でも、とても切れる脚がある。てな所でしょうか?簡単すぎますが。ディクタスは牝系に優位で母のドロニク〜その母デュルゼッタ〜さらにその母ドュルシメールに隔世遺伝的な要素があります。3代目に隔世遺伝を最大とすると、サッカーボーイデュルゼッタに隔世遺伝を見るのが妥当。この馬は牝系優位なので、ドナテルロ〜ブレニムU〜ブランドフォードと遡る長距離ラインをしっかりとした基盤にしていて、それに、ボゼットファロスファラリスと遡るスピードに革命を起こした基本的にはスタミナのあるサイアーラインを配合した馬です。これがディクタスの隔世遺伝として出るため、『中距離の種牡馬ディクタス産駒でも長距離をこなせる』と言う原因になってます。中距離要素はサンクタスのBMSがトウルビヨン系のため?一方、サッカーボーイの母方はノーザンテーストに優位が見られ、ノーザンテースト自身は牝系に優位。この点も極端に影響力に差が無いことより、サッカーボーイの産駒に影響しているとも考えられる。第一、有馬記念で我慢できたのもこの、BMSがノーザンテーストという要因が大と考えています(ダービーは距離が長いと言うのも敗因ですが、確か調整に失敗したと言う大きな原因もあります。ので、参考程度に・・。)。よ〜するに、サッカーボーイの仔だからと言って、簡単に『中距離馬』とレッテルを貼るのは、あまりよろしくないのでは。ただ、サッカーの産駒に共通しているのは、強烈な決め手の末脚は伝わらないということか?
[1].
メルトダウン 03/01/17(金) 18:18 編集 [ 追記 ]
サッカーボーイの悩みは勝ち運がないこと。
サッカーボーイ自身、GI勝ちは阪神3歳SとマイルCSのみ。大レースの皐月賞、ダービー、天皇賞(秋)は体調不良等により万全の出走ではなく、あるいは回避した。
サッカーボーイの妹の子・ステイゴールドもGI1着1回、2着4回、3着2回と6歳前は本格前とはいえ勝ちきれず、2001年の京都大賞典ではついにテイエムオペラオーに先着も、ナリタトップロードの落馬のきっかけを作った(斜行)にことにより失格。そのナリタトップロードもGI勝ちは菊花賞のみで、GIの成績は1着1回、2着2回、3着5回と勝ちきれない。同じ代表産駒のティコティコタックヒシミラクルがGI勝利が1回のみと終わる可能性も否定はできない。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: