JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 ディープインパクト
性別  牡
馬齢  17
生年 2002
毛色 鹿毛
産国 日
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
母父 アルザオ

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ 参照・投稿 ]
95.
産駒が年間約74億円の賞金を獲得し、2016年の中央競馬リーディングサイアーとなった。(2012年以来5年連続)
// OT 17/01/06(金) 22:59  
94.
2010年9月20日、阪神1R2歳未勝利(芝1800)で、ヴィクトリースターが勝利。通算産駒勝利数が10勝に到達した。
// 黒百合 10/09/23(木) 14:19  
93.
今年の種付け頭数は216頭で全体の6位トップはアグネスタキオン
// ハルム 08/09/13(土) 20:06  
特徴/履歴
17.
体高はサンデーサイレンとまったく同じ160センチなのに  細身のため大きく見えませんが、  産駒は丈夫な子供が多いでしょう。    特に産駒の能力はたかいと思います。  今からわくわくして楽しみです。  素直にサンデー系の最高種牡馬と思っています。
// ルーキー 10/02/13(土) 00:37  
16.
サンデーサイレンス産駒で最多勝利(12勝)・  最多重賞勝利(10勝)・最多G1勝利(7勝)の記録を残した。  (2006年12月24日現在)
// 牛若丸三郎太 06/12/24(日) 15:55  
14.
[5] ハイチャパラルの映像をチェックしてて発見したのですが、  2003年BCターフでハイチャパラルと同着だったジョハーに、  ディープはそっくりですね。やはりセクレタリアトにも似ているのでしょうか。 
// Galileo 06/12/15(金) 15:38  
応援コメント
[ 参照・投稿 ]
502.
ドリームジャーニーを筆頭とする小型馬ステイゴールド産駒の活躍はディープ産駒の活躍も示唆するような気がします。。
// りんぐりんぐ 08/09/21(日) 22:51  
501.
[4] ディープインパクト産駒は7月15日(火)・16日(水)開催のセレクトセール当歳に36頭も上場予定。  産駒実績のあるエアトゥーレビワハイジミルグレインキッスパシオンスプリットザナイトあたりが話題を牽引するだろう。  シルクプリマドンナソニックグルーヴあたりも値が引き上がるタイプと思われる。
// カイヅカイブキ 08/06/22(日) 07:00  
501.
[3] 来月のセリでは3頭のディープ産駒が上場予定らしいですが引退から1年半とうとう2世が表舞台にでてきてディープの第2の戦いが始まりますね!
// ハルム 08/06/21(土) 13:18  
★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

17.
ルーキー 10/02/13(土) 00:37 [ 追記 ]
体高はサンデーサイレンとまったく同じ160センチなのに
細身のため大きく見えませんが、
産駒は丈夫な子供が多いでしょう。

特に産駒の能力はたかいと思います。
今からわくわくして楽しみです。
素直にサンデー系の最高種牡馬と思っています。

16.
牛若丸三郎太 06/12/24(日) 15:55 [ 追記 ]
サンデーサイレンス産駒で最多勝利(12勝)・
最多重賞勝利(10勝)・最多G1勝利(7勝)の記録を残した。
(2006年12月24日現在)

15.
牛若丸三郎太 06/06/25(日) 17:19 [ 追記 ]
サンデーサイレンス産駒でG1最多勝利。(5勝・2006/6/25現在)

14.
グルーヴ 05/11/29(火) 12:12 [ 追記 ]
31馬身伝説の名馬、セクレタリアトと走法が酷似しているという研究結果が発表された。
[1].
ティベリウス 05/11/29(火) 12:55 [ 追記 ]
出典は?
[2].
impact 05/11/29(火) 13:08 [ 追記 ]
日本ウマ科学会主催のシンポジウム「スターホースの走りを科学する」の発表より
nikkansports.comhttp://www.nikkansports.com/ns/horseracing/p-hr-tp0-051129-0004.html
[3].
Galileo 06/07/18(火) 11:48 [ 追記 ]
昔のレース映像などをチェックしてたのですが、ディープインパクトは、サンデーサイレンスよりもノーザンダンサーに似ていますね。ノーザンダンサーの白黒レース映像とかみたら、ああ・・・ディープみたい(笑) と感じました。
昔よく、スペシャルウィークは、ノーザンダンサーの血が濃いと一般的に言われてましたが、あれは嘘ですね。ノーザンダンサーにもマルゼンスキーにも似てません(笑)
ノーザンダンサーマルゼンスキーの様な、均等の取れたバランスのいい走りに、サンデーの貧弱だけど豪快な走りが+されて、飛び跳ねるような感じですね、スペシャルウィークは。娘のシーザリオの方が均等が取れて、サンデー産駒よりバランスがいいと感じます。
ともかく、本当に凱旋門賞を勝った場合、ディープインパクトノーザンダンサーと比較してもいいくらいのサラブレッドになるのではないでしょうか?
[4].
Galileo 06/07/21(金) 21:29 [ 追記 ]
あんまりノーザンダンサーを祭り上げると、父親のサンデーサイレンスがかわいそうなので、サンデーのフォローもしておきます。

上記で、サンデーは貧弱だけど豪快という表現にしてましたが、あまり適切ではなかったようです。

サンデーの特徴としては、以下の様な感じです。
決して、勝負根性で走る馬ではありません、それはたぶん今までの日本牝馬が根性だけのフォームの汚い馬だったのでしょう。

サンデーサイレンスの現役時の特徴
首が動かないw 
脚が長い
脚が柔らかい
脚が伸びるように地面を掴む
そんな感じかな
首がほぼ固定、しかも見た目いい位置で首が止まってる。
全ての方向の重心が安定していると感じる
で、長くてやわらかい脚で、地面を掴み柔軟に推進
水の上を走ってるいる様だ(((*`д´*)))
どちらかと言えば、スペシャルウィークに近いですね。
[5].
Galileo 06/12/15(金) 15:41 編集 [ 追記 ]
ハイチャパラルの映像をチェックしてて発見したのですが、
2003年BCターフでハイチャパラルと同着だったジョハーに、
ディープはそっくりですね。やはりセクレタリアトにも似ているのでしょうか。
[5].
ブライト産駒4世代 06/07/25(火) 05:33 編集 [ 追記 ]
ディープインパクトは 1.サンデーサイレンス参駒には珍しく(ブライアンズタイム参駒には多い)、特に全力疾走の時は 大変 頭の低いフォームで走る。
2.菊花賞前のNHKの特集番組によると、足の関節が極めて柔らかく一完歩が大きい。また、柔らいおかげで怪我につながりにくい。重心下に後ろ足が着地するので推進力のベクトルがより前を向き推進力が大きい。
3.加えて、心肺機能が極めて優れていて、心拍数があまり上がらず、平常時に戻るのも早い。見方にもよるが、テイエムオペラオー以上。
[6].
ブライト産駒4世代 06/08/12(土) 19:41 編集 [ 追記 ]
>菊花賞前の → 菊花賞後の
>重心下に後ろ足が着地するので → 重心下に後ろ足が着地し、かつ、指関節の柔らかさから蹴り出し方向が平均的な馬より角度が寝ており
頭の低いフォームと相まり、重心が低く上下動の少ない滑る様な走りとなる。
[7].
ブライト産駒4世代 06/09/24(日) 14:48 編集 [ 追記 ]
爪そのものの厚みは薄いが、横から見た形状が平べったい分けではない。
一完歩は大きいが、土の跳ね上げが上より後ろに行く通り、ホバークラフトの様に地表を滑る様に走る。
地面に足を取られず、雨・重は問題無いと考察される。
実際、阪神大賞典・宝塚記念で稍重を問題にしなかった。特に宝塚記念は雨が降り続き、滑って走りにくい、勝負服が泥だらけになる様な実質重馬場だった。
[6].
ブライト産駒4世代 06/08/09(水) 22:04 [ 追記 ]
弱点は爪が薄く蹄鉄をくぎで打ちにくい事だが、接着により装着する特殊技法で解決した。

13.
夏神 05/09/29(木) 16:13 編集 [ 追記 ]
ディープインパクトの兄弟
1996: Glint in Her Eye (牝 アラジ) 7戦0勝 母Wind in Her Hairがアラルポカル(独-G12400M)を勝ったときに受胎していた馬。
1997: Veil of Avalon (牝 サンダーガルチ) 19戦7勝 デラローズH-米G3
1998: レディブロンド (牝 Seeking the Gold) 6戦5勝
1999: スターズインハーアイズ (牝 Woodman
2000: ライクザウインド (牝 デインヒル) 4戦0勝
2001: ブラックタイド (牡 サンデーサイレンス) 現3勝 スプリングS-G2
2002: ディープインパクト (牡 サンデーサイレンス) 現6勝 日本ダービー-G1、皐月賞-G1 神戸新聞杯-G2 弥生賞-G2
2003: オンファイア(牡 サンデーサイレンス)
2004:馬名未定(牡 アグネスタキオン)
2005:馬名未定(牝 アグネスタキオン)

Wind in Her Hairは、5頭続けて牝馬のあと、4頭続けて牡馬を生み、現当歳は牝馬。同じ性別を続け生んでいるんですね。また、アラジを除いて、ミスプロ系を4頭、SS系を5頭続けて交配されている点が特徴的か。今までのところ、デインヒルとの相性はよくなかったみたいですね。
参考
http://homepage2.nifty.com/bunny-z/harem/meikan/w/wind_in_her_hair.html

http://www.asahi-net.or.jp/~IJ3N-HRI/horse/1990a/wind_in_her_hair.html
[1].
イギリス貴族 06/01/30(月) 05:53 [ 追記 ]
兄弟で思い出しましたがこの馬は父と同じ3/25生まれだそうです。

12.
macky 05/09/17(土) 13:05 [ 追記 ]
気性の矯正のために、角馬場で他馬を前後に置いたりした運動を滞在先の札幌競馬場で行っていたとのこと。効果の一環であろうが、あまり尻っぱねをしなくなったという。

11.
ウインウイン 05/08/02(火) 20:10 編集 [ 追記 ]
ネオユニヴァース以来、20頭目の皐月、ダービー2冠馬。

10.
まっき〜提督 05/05/29(日) 16:18 [ 追記 ]
ミホノブルボン以来13年ぶりとなる無敗の2冠馬。
欠点という欠点は「出遅れぐらい」と評価され、鞍上の武豊騎手もその出遅れを「大したビハインドではない」と一蹴するほどの高い評価を与えられている。
[1].
まっき〜提督 05/05/30(月) 10:16 [ 追記 ]
日本ダービーにおけるディープインパクトの単勝支持率73.4%は、昭和48年の怪物ハイセイコー(単勝1.1倍で3着に敗れてしまっている)の66.6%を超えて最高記録となった。同じく単勝110円も平成6年の3冠馬ナリタブライアンの120円を抜いて歴代最低配当となった。
それほどの支持をたった4戦の結果で集めてしまったことになる。

9.
まっき〜提督 05/05/25(水) 10:29 編集 [ 追記 ]
デビュー戦直前の調教では「古馬でも滅多に出せない猛時計」(池江泰調教師談)を軽々と叩き出したことで有名だが、この際に測定されたVハートレートMAXの数値はその後、皐月賞までのいずれのレースの追い切りにおける算出値と比較しても最高値(16.30)であったようだ。
ちなみに皐月賞時が16.03。
弥生賞時が15.75
若駒ステークス時が15.0

参考までに記述すると、VハートレートMAXとは時計(スピード)と心拍数から算出される最高速度持久力の指数であり、3歳以上の競走馬の平均値が14.3±1.4とされており、高い値であるほど良いと言われている。
強い馬は強いスピード負荷をかけても心拍数が上がらないことや、落ち着きも早いという仮説を元に、走研などで学術的に研究されている。
また
1.体重は軽ければ軽いほど心臓にも足元にも負担は軽い
2.有酸素運動が上手くいけば乳酸の代謝が円滑に行われ、疲労が蓄積しにくい
という事実は一般的な話として挙げられ、この事は同馬が順調に戦歴を重ねてこれたことへの裏付けとなる。
数字等の主なソースは競馬ブック、栗東厩舎探訪記。
[1].
まっき〜提督 05/05/27(金) 11:38 [ 追記 ]
デビュー直前の調教で早すぎる時計を出してしまったことを懸念した陣営は、担当の栗東開業獣医師・牛屋重人氏にメディカルチェックを依頼している。
獣医師は「ひと通り診察したが筋肉の張りや、心臓が速くなっている様子もなかった。『15―15程度の調教だったのかな?』と思って引き揚げた。しかし、翌日の新聞で古馬も含めた1番時計を出していたので驚いた」とコメントしている。
また常識すら覆してしまうパフォーマンスの原動力となる驚異の心臓と充実した筋肉を「よどみなく同じペースでキレのいい心音を打つ。心臓は大きく、加えて弁が力強く動いていると感じる。 外は柔らかいのに中身がギュッと詰まっている感じなんです」とまで評価したとのこと。
ソースはスポニチ
[2].
まっき〜提督 05/05/28(土) 22:57 [ 追記 ]
〜逸話を追加〜

装蹄師がディープインパクトと通常の馬の蹄鉄を比較して、その擦り減り具合が均一であることを評価した。
これは走法のバランスが取れており、蹄への負担が上手に分散されていることを証明する事実。

無事是名馬になりうる素因がまた浮き上がってきた。

8.
カンパーリ 05/04/20(水) 12:45 [ 追記 ]
未来を拓く馬
ディープインパクト」を宇宙と地上から観測
今年の7月3日、NASAの彗星探査機ディープインパクトは、
テンペル彗星の中心核にインパクター(衝突機)を打ち込む。
このミッションの目的は、彗星の中心核の内部構造や物質の化学組成に関する詳細なデータを得ることである。 以上日本惑星協会より
 
この計画と同名の 馬ディープインパクトにも競馬界の未来を切り拓いてもらいたいものです。 昔イーストリバーのファンだった者・・より
      
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: