JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 トウショウボーイ
性別  牡
馬齢  46
生年 1973
毛色 鹿毛
産国 日
テスコボーイ
ソシアルバターフライ
母父 ユアホスト

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ 参照・投稿 ]
1.
[1] フジノテンビーの母父ですね。
// おいおいおい・・・ 01/03/21(水) 21:02  
1.
この馬、以外に母父としてがんばってますね。たしか2000年のリーディングブルードメアサイヤーで、ノーザンテーストマルゼンスキーに次ぐ3位。
// ぶー 01/03/16(金) 11:01  
特徴/履歴
6.
ウオッカスイープトウショウの祖母の父です。
// TOM 07/05/29(火) 21:17  
5.
昭和48年 4月15日生 北海道静内郡静内町 藤正牧場生産 15戦10勝 総収得賞金280,774,800円
// 北崎秀 02/11/18(月) 20:11  
4.
ハイペリオンの3×4(18.75%)俗に言う「奇跡の血量」の持ち主です。
// ぬんさ 01/05/16(水) 18:25  
応援コメント
[ 参照・投稿 ]
4.
[1] 最強世代かは別にしても、確かにドラマチックな世代でした。  #その世代を語ろうと思えば、500行くらいは書けそう・・    TTGの3頭で決まったレースは3つあり、3頭それぞれが勝ったのですが、全てが名場面と思います。  その一つ、トウショウボーイが勝った宝塚記念は、彼のベストレースと私は確信しています。  天皇賞でついに戴冠したテンポイントでも、全く歯が立たなかった圧倒的なスピード・・・    引退して大種牡馬になったトウショウボーイ。  海外に挑む直前に無念の故障で世を去ったテンポイント。  2頭が去った後も走り続け、天皇賞、有馬記念を制し、ライバルの名を決して汚さなかったグリーングラス。    人間の勝手な思い入れとは承知しつつも、こんなドラマがまたいつか見られるのだろうか?
// seabird 01/11/07(水) 19:33  
4.
現3歳世代は強いと言われるが、僕にいわせればまだまだ・・・やっぱり最強はTTG世代でしょう。そこで実力NO1だった君は日本競馬史上最強の名馬だーー 
// ノブゾー 01/10/26(金) 23:49  
3.
今年の3歳世代はブルードメアサイアーがトウショウボーイの馬が好調ですね、テスコボーイはすごいなあ
// saku 01/04/09(月) 21:56  
★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

6.
TOM 07/05/29(火) 21:17 [ 追記 ]
ウオッカスイープトウショウの祖母の父です。

5.
北崎秀 02/11/18(月) 20:11 [ 追記 ]
昭和48年 4月15日生 北海道静内郡静内町 藤正牧場生産 15戦10勝 総収得賞金280,774,800円

4.
ぬんさ 01/05/16(水) 18:25 [ 追記 ]
ハイペリオンの3×4(18.75%)俗に言う「奇跡の血量」の持ち主です。

3.
Derby 00/01/11(火) 01:58 [ 追記 ]
TTGの一角。中距離では絶対の強さを誇った。特に4歳秋の神戸新聞杯(2000m)では当時2分を切ることは至難の業であったところを1分58秒9という超絶時計で圧勝した。また、G1馬6頭立てとなった宝塚記念(テンポイントグリーングラスクライムカイザーホクトボーイ、アイフルが出走)でも見事に逃げ切りを演じており、2200mくらいまでなら無敵。今のように1600m以下のレースが整備されておればトウショウボーイの評価はさらに上であったであろう。しかし3200mの天皇賞ではホクトボーイに、3000mの菊花賞ではグリーングラスに、そして引退レース2500mの有馬記念ではテンポイントに一歩譲るように距離が伸びるとやや信頼性に欠くようである。これは産駆にもいえることで主にマイル以下の距離で活躍する子供が多い。惜しくも1992年に死亡してしまったが、三冠と天皇賞を勝ったミスターシービーをはじめ、安田記念のダイイチルビー、マイルCSのパッシングショット、桜花賞馬シスタートウショウアラホウトク、朝日杯3歳Sのサクラホクトオーなど外国からの輸入種牡馬全盛の時代にもかかわらず優秀な子供を送りつづけた功績はその輝かしい競争成績と同様に素晴しかった。

2.
FUKU 00/01/10(月) 22:01 [ 追記 ]
代表産駒に4冠馬ミスターシービー、安田記念・スプリンターズS勝ちのダイイチルビー他多数。1992年に急逝。

1.
いけ 00/01/10(月) 03:24 [ 追記 ]
昭和48年〜平成4年/4〜5歳時15戦10勝/皐月賞、有馬記念、宝塚記念、京都新聞杯、神戸新聞杯、高松宮杯、東京優駿2着、有馬記念2着、菊花賞3着/1976年度 年度代表馬、殿堂馬

"天馬"と称された鹿毛のエリートホース。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: