JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 ナスルーラ
英字 Nasrullah
性別  牡
馬齢  79
生年 1940
毛色 鹿毛
産国 英
ネアルコ
マムタズビガム
母父 ブレニムII

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ ニュース/動向を投稿 ]





特徴/履歴
6.
ナスルーラ産駒の母系はノーザンダンサー系やヘイロー系と違ってばらばら。ノーザンダンサー系だったら、テディ系、ヘイロー系だったら、マームードのインブリード、といった具合に並ぶ傾向にあるのだが。ナスルーラ同士や、セントサイモン系との結びつきはよく目にする。 
// yuiker 07/06/05(火) 20:00  
5.
1940年3月2日、馬主でもあるHis Highness The Aga Khan アガ=カーン殿下が自ら生産して愛国に生まれた。Frank Butters フランク・バタース師に預けられ、2・3歳時英国で走り通算成績10戦5勝・2着1回・3着3回。  主な勝ち鞍は英チャンピオンS(芝10F)、コヴェントリーS(芝6F)、グレートブラドリーS(芝6F)、チャタリスS(芝8F)、ケヴェナムS(芝10F)。  父はFederico Tesio フェデリコ・テシオ氏の「最高傑作」14戦14勝の伊ダービー馬Nearco、母はMumtaz BegumSainfoinの5×5のクロスを持ち全妹にジュライS勝ちのRivazがいる。甥にRoyal Charger、従兄弟にMahmoudなど。  幼少時より高い評価を得ていたNasrullahはデビューから3戦して2勝、しかし生まれつきの頑固さが災いしたのか2歳チャンピオン決定戦のミドルパークSではRibbonのクビ差に泣いた。  第二次世界大戦が本格化し、素質を上手く出せずにいたNasrullahも3歳となり初戦を快勝すると英2000ギニーへ向かう。1番人気に支持されるがKingswayの4着、続くニューダービーでは人気を落とし2000ギニーと同じようなレース内容でStraight Dealの3着に敗れた。1戦してセントレジャーに挑戦するも見せ場なくHerringboneの6着に惨敗、しかし陣営は英チャンピオンSに向かうことを表明。このレースには有力馬が多数集まるも戦法を変えたの...(続く)
// 兎馬 04/04/29(木) 01:15  
4.
この馬自身、素晴らしい快速馬だった  そのスピードは仔達にも受継がれ  近代スピード競馬の祖と言われる  ただし激しい気性難も有名
// AF 01/03/07(水) 05:55  
応援コメント
[ 参照・投稿 ]
4.
ダビスタではこの馬のインブリードに泣かされました。
// たじま 02/08/16(金) 22:08  
3.
よっ!!スピード競馬の父!!!!!
// 杉田 純 02/02/23(土) 14:22  
2.
直線の脚はケタチガイだった  凄い馬だった
// モリP 01/03/05(月) 15:50  
★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

6.
yuiker 07/06/05(火) 23:36 編集 [ 追記 ]
ナスルーラ産駒の母系はノーザンダンサー系やヘイロー系と違ってばらばら。ノーザンダンサー系だったら、テディ系、ヘイロー系だったら、マームードのインブリード、といった具合に並ぶ傾向にあるのだが。ナスルーラ同士や、セントサイモン系との結びつきはよく目にする。

5.
兎馬 04/04/29(木) 01:15 [ 追記 ]
1940年3月2日、馬主でもあるHis Highness The Aga Khan アガ=カーン殿下が自ら生産して愛国に生まれた。Frank Butters フランク・バタース師に預けられ、2・3歳時英国で走り通算成績10戦5勝・2着1回・3着3回。
主な勝ち鞍は英チャンピオンS(芝10F)、コヴェントリーS(芝6F)、グレートブラドリーS(芝6F)、チャタリスS(芝8F)、ケヴェナムS(芝10F)。
父はFederico Tesio フェデリコ・テシオ氏の「最高傑作」14戦14勝の伊ダービー馬Nearco、母はMumtaz BegumSainfoinの5×5のクロスを持ち全妹にジュライS勝ちのRivazがいる。甥にRoyal Charger、従兄弟にMahmoudなど。
幼少時より高い評価を得ていたNasrullahはデビューから3戦して2勝、しかし生まれつきの頑固さが災いしたのか2歳チャンピオン決定戦のミドルパークSではRibbonのクビ差に泣いた。
第二次世界大戦が本格化し、素質を上手く出せずにいたNasrullahも3歳となり初戦を快勝すると英2000ギニーへ向かう。1番人気に支持されるがKingswayの4着、続くニューダービーでは人気を落とし2000ギニーと同じようなレース内容でStraight Dealの3着に敗れた。1戦してセントレジャーに挑戦するも見せ場なくHerringboneの6着に惨敗、しかし陣営は英チャンピオンSに向かうことを表明。このレースには有力馬が多数集まるも戦法を変えたのが当たり直線で差しきって優勝、そのまま引退した。
「先頭に立ったら走る気を無くす」という性格ゆえに大レースを逃してきたNasrullahも英・愛国で種牡馬入りしてから初年度産駒で愛ダービー馬Nathooを出し、その後Never Say Die(英ダービー・セントレジャー)、Musidora(英1000ギニー・英オークス)、Nearula(英2000ギニー)、Belle of All(英1000ギニー)などを輩出。
1951年に英愛リーディングサイヤーに輝くと、米国・クレイボーンファームで併用されNashua(プリークネスS・ベルモントS)、Bold Ruler(プリークネスS)、Jaipur(ベルモントS)、Nasram(Kジョージ6世&QエリザベスS)、Bald EagleNever BendRed Godなどを出した。北米リーディングサイヤーにも輝き、芝・ダート・距離を問わず一流馬を輩出し大活躍したが1959年5月26日に大動脈破裂のため死亡した。

4.
AF 01/03/07(水) 05:55 [ 追記 ]
この馬自身、素晴らしい快速馬だった
そのスピードは仔達にも受継がれ
近代スピード競馬の祖と言われる
ただし激しい気性難も有名

3.
どら 00/10/15(日) 06:11 [ 追記 ]
秋の東京開幕週の00毎日王冠は、トゥナンテアドマイヤカイザーナスルーラ系が上位独占。サンデーと同じ瞬発力系ではあるがサンデーよりは平均の足を使えるタイプ。

2.
mazuda 00/06/21(水) 01:30 [ 追記 ]
父が大種牡馬ネアルコ、祖母がマームードロイヤルチャージャーを出したマムタズマハルということで大いに期待されたが、たいへん気難しく、先頭に立つと走る気をなくすことが災いして、大レースは唯一本気で走ったと言われるチャンピオンSしか勝っていない。しかし、種牡馬入りしてからはネヴァーセイダイボールドルーラーナシュアなどを生み、史上始めて英、米でリーディングサイアーとなる大成功をおさめた。

1.
さの 00/04/15(土) 14:55 [ 追記 ]
気性の激しい馬。そのスピードは代を経ても受け継がれている。ボールドルーラープリンスリーギフトの父。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: