JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 [外] バードキャッチャー
英字 Birdcatcher
性別  牡
馬齢  187
生年 1833
毛色 栗毛
産国 愛
Sir Hercules(1826)
Guiccioli
母父 Bob Booty

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ ニュース/動向を投稿 ]





特徴/履歴
4.
[1] 現在の競走馬の95%が父系にEclipseを持ちますが、そのほとんどがPot 8o'sWhalebone)系、そしてさらにほとんどがこのBirdcatcher系となります。  この系統も2つに分かれていて、主流はThe BaronのラインでPhalarisTeddy、もう一つはOxfordのラインでSwynfordを子孫に出し現在にもその父系は残っています。  産国は父と同じアイルランド、馬主はWilliam Disney(愛)。 
// イギリス貴族 06/06/01(木) 16:15  
4.
5代父がEclipse。3大始祖の一頭、Darley Arabianから9代目にあたり、ナスルーラ系やノーザンダンサー系、ネイティヴダンサー系、今日本で流行しているロイヤルチャージャーの系統につながる大種牡馬の一頭です。
// ミリオンストーン 04/01/19(月) 19:03  
3.
流星と、左後肢の長いソックスが特徴的で、均整のとれた好馬体の持ち主であったそうだ。  2歳から4歳まで走って、マドリッドS、ミルタウンS、ピールS、キルデアS、ロイヤルプレート、ウェリントンS(ウォークオーヴァー)などを勝った。通算15戦7勝。  英クラシック馬を出した、史上初めての愛国産馬で、産駒は英クラシックを7勝、1852、1856年の英リーディングサイアー。代表産駒は、英セントレジャー、セザーレウィチSを勝ち、Stockwellの父となったThe Baron、英ダービー、セントジェームズパレスSを勝ったDaniel O'Rourke、ドンカスターC、英セントレジャーを勝ったChanticleer、英セントレジャーを勝ったKnight of St. George、英オークス馬Songstressなど。 
// mazuda 03/05/09(金) 23:52  
応援コメント
[ 参照・投稿 ]
1.
 この時代のアイルランド産馬でありながらリーディングサイヤーになったと言うのは驚きですね。今の感覚でいうと、田舎から単身で都会に出てきて大活躍する少年漫画の主人公みたいなものでしょうか。
// 倫敦納豆 06/01/20(金) 01:04  
★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

4.
ミリオンストーン 04/01/19(月) 19:03 [ 追記 ]
5代父がEclipse。3大始祖の一頭、Darley Arabianから9代目にあたり、ナスルーラ系やノーザンダンサー系、ネイティヴダンサー系、今日本で流行しているロイヤルチャージャーの系統につながる大種牡馬の一頭です。
[1].
イギリス貴族 06/06/03(土) 20:45 編集 [ 追記 ]
現在の競走馬の95%が父系にEclipseを持ちますが、そのほとんどがPot 8o'sWhalebone)系、そしてさらにほとんどがこのBirdcatcher系となります。
この系統も2つに分かれていて、主流はThe BaronのラインでPhalarisTeddy、もう一つはOxfordのラインでSwynfordを子孫に出し現在にもその父系は残っています。
産国は父と同じアイルランド、馬主はWilliam Disney(愛)。

3.
mazuda 03/05/09(金) 23:59 編集 [ 追記 ]
流星と、左後肢の長いソックスが特徴的で、均整のとれた好馬体の持ち主であったそうだ。
2歳から4歳まで走って、マドリッドS、ミルタウンS、ピールS、キルデアS、ロイヤルプレート、ウェリントンS(ウォークオーヴァー)などを勝った。通算15戦7勝。
英クラシック馬を出した、史上初めての愛国産馬で、産駒は英クラシックを7勝、1852、1856年の英リーディングサイアー。代表産駒は、英セントレジャー、セザーレウィチSを勝ち、Stockwellの父となったThe Baron、英ダービー、セントジェームズパレスSを勝ったDaniel O'Rourke、ドンカスターC、英セントレジャーを勝ったChanticleer、英セントレジャーを勝ったKnight of St. George、英オークス馬Songstressなど。

2.
絹路 03/05/07(水) 14:23 [ 追記 ]
バードキャッチャー白斑の元祖。
隔世遺伝で稀にこの馬と同じ白斑模様が出てくるらしい。
国内で言えば・・・忘れた・・・
[1].
絹路 03/05/09(金) 18:34 [ 追記 ]
昭和45年東京新聞杯の勝ち馬マスミノル号が有名、薄い茶色の馬体に白っぽい斑点が広がり、当時『粕鹿毛』と登録されていたらしいです。

1.
きたざわ 00/10/30(月) 19:44 [ 追記 ]
バードキャッチャー(birdcatcher)、
馬主が警察に殺してくれといって銃で殺された馬
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: