JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 ヒサトモ
性別  牝
馬齢  86
生年 1934
毛色 鹿毛
産国 日
トウルヌソル
ホシトモ
母父 サーマーチン

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ ニュース/動向を投稿 ]





特徴/履歴
[ 参照・投稿 ]
4.
「関西馬」としてはじめてダービーを制したのがこの馬。さらに、牝馬でのダービー1,2着はこの年のみ(2着はサンダーランド)。
// スリーパー 02/08/24(土) 19:48  
3.
子孫からトウカイローマントウカイテイオーとクラシックホースが出ています。
// たいやき 01/09/07(金) 11:55  
2.
牝馬でダービーと天皇賞を共に制したのはこの馬のみ。
// TETZ 01/07/31(火) 23:08  
応援コメント
2.
ヤマニンシュクルが阪神JFを勝ちました。これで貴女の血の継承が1代先まで伸びましたのです。できればトウカイナチュラルの牝馬が残って欲しいのですが、シュクルの子供達が活躍することを祈ります。
// シンザンと同級生 03/12/07(日) 17:15  
1.
[3] ヒサトモの命日は昭和24年11月29日、枯葉散る浦和競馬場でひっそりと息を引き取ったそうです。ダービーと天皇賞を勝った名牝の最期にしてはあまりにも悲惨な運命です。人の無能さを実感します。   ヒサトモ以外のダービー牝馬はクリフジ(昭和18年、ダービー、オークス、菊花賞)のみ。  ヒサトモの第6回(昭和12年)ダービーの逃げ馬はなんと初代ミスターシービーで、このレースの1,2着馬(サンダーランド)とも牝馬であり、1,2,3,4着ともに関西場でした。ヒサトモの騎手=中島時一とコーネルランサー(第43回、昭和49年ダービー馬)の騎手=中島啓之は、史上初の父子ダービーJK(他2組)です。ヒサトモブリューリボン、〜、トウカイミドリトウカイナチュラル(半妹トウカイローマン)そしてトウカイテイオー誕生までの半世紀にわたる名血のドラマには感動です。クリフジが顕彰馬ならヒサトモも顕彰馬になっても良いのではないでしょうか?     
// シンザンと同級生 02/06/16(日) 14:42  
1.
[2] お墓どこにあるのですか?できれば、教えてください。
// 禿 00/10/24(火) 16:14  
★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



応援コメント
 馬への応援コメントを投稿してください。 ファン同士で意見交換を行う場合には、応援の趣旨を逸脱しないように配慮してください。

<< 前のページ
 
次のページ >>

2.
シンザンと同級生 03/12/07(日) 17:15 [ 追記 ]
ヤマニンシュクルが阪神JFを勝ちました。これで貴女の血の継承が1代先まで伸びましたのです。できればトウカイナチュラルの牝馬が残って欲しいのですが、シュクルの子供達が活躍することを祈ります。

1.
禿 00/10/06(金) 11:33 [ 追記 ]
牝馬、初のダービー馬がトウカイテイオーの先祖なんですね!!なんか感動しました。受胎がしにくく、競走馬に復帰しそして、調教中に死んでしまった馬。なんか物語っぽくていいです。
[1].
ポポイ 00/10/06(金) 11:36 [ 追記 ]
先週、お墓参りに行きました。
[2].
禿 00/10/24(火) 16:14 [ 追記 ]
お墓どこにあるのですか?できれば、教えてください。
[3].
シンザンと同級生 02/06/16(日) 15:13 編集 [ 追記 ]
ヒサトモの命日は昭和24年11月29日、枯葉散る浦和競馬場でひっそりと息を引き取ったそうです。ダービーと天皇賞を勝った名牝の最期にしてはあまりにも悲惨な運命です。人の無能さを実感します。   ヒサトモ以外のダービー牝馬はクリフジ(昭和18年、ダービー、オークス、菊花賞)のみ。
ヒサトモの第6回(昭和12年)ダービーの逃げ馬はなんと初代ミスターシービーで、このレースの1,2着馬(サンダーランド)とも牝馬であり、1,2,3,4着ともに関西場でした。ヒサトモの騎手=中島時一とコーネルランサー(第43回、昭和49年ダービー馬)の騎手=中島啓之は、史上初の父子ダービーJK(他2組)です。ヒサトモブリューリボン、〜、トウカイミドリトウカイナチュラル(半妹トウカイローマン)そしてトウカイテイオー誕生までの半世紀にわたる名血のドラマには感動です。クリフジが顕彰馬ならヒサトモも顕彰馬になっても良いのではないでしょうか?    
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: