JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 ヒシミラクル
性別  牡
馬齢  21
生年 1999
毛色 芦毛
産国 日
サッカーボーイ
シュンサクヨシコ
母父 シェイディハイツ

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ 参照・投稿 ]
40.
[1] 阿部オーナー個人所有のまま、秋にレックススタッドで種牡馬入りすることが発表された。ソースはサンスポ。
// FAVS 05/07/26(火) 07:57  
40.
[1] 5月20日(金)付で競走馬登録を抹消し、今後は早来町の田口トレーニングファームにて種牡馬になる予定。 
// ハカセ 05/05/18(水) 18:12  
40.
引退が正式に決定。  ソースはJRAより。
// Pestarochi 05/05/18(水) 18:03  
特徴/履歴
16.
通算成績:中央28戦6勝。主な勝ち鞍:02年菊花賞、03年天皇賞・春、03年宝塚記念。03年最優秀父内国産馬  馬名の通りのミラクルを3度起こした記憶に残る名馬。それゆえファンも非常に多かった。  そもそも、短距離馬を多数輩出している佐山厩舎だったこともあり、最初は短距離戦ばかり使われたが勝ちきれず。  転機となったのが中長距離への変更。もともと胴長ではなく短距離馬だと思われていたが脚が長く、ズブイがバテない脚を持つことからステイヤーとしての資質があることを見抜いた角田晃一騎手の判断からだった。  未勝利を勝つまで新馬から10戦目を要し、ようやく勝利した日はダービーと同日だった。  しかし500万下は2戦目で、1000万下は3戦目で勝ちあがり、軌道に乗り始める。特に500万下(売布特別)のタイムは同年の宝塚記念の勝ち馬ダンツフレームの勝ちタイムより0.3秒早いタイ...(続く)
// マチカネ 05/05/10(火) 23:37  
15.
関西のG1では無敗。さらに京都ではすべて複勝圏内という抜群の安定性を誇る。おまけに今回のメンバーではG13勝の実力は圧倒的ともいえる。1番人気にならないで‥ 
// タムショウ 05/04/18(月) 19:49  
13.
[3] 2004年の天皇賞(秋)とジャパンカップ、去年の京都大賞典を見ている限り「先行脚質」を身に付け始めた。それ以前は後方から捲くってスタミナで押し切る競馬を得意としていたが、この形なると緩いペースでは後方に取り残され(02年有馬記念)瞬発力ある馬には分が悪い。しかしスタミナを用いて積極果敢な先行脚質を身に付けたとなるとペース次第で中距離もこなせると思う。書いている時点では次走有馬記念だが、人気に関わらず注意したい。(馬券を買う人に言わせれば人気より人気薄で来る馬ですが…) 
// マラ男 04/12/15(水) 09:13  
応援コメント
[ 参照・投稿 ]
142.
外国の超一流調教師に言わせれば完全な短距離馬の体系といわれていますが、実際は本当のステイヤーですよね。よっぽど心臓が丈夫なのでしょうが、もしそうなると子供からスプリンターで活躍する父の父のような産駒が誕生すれば面白いし、これまた血の不思議のなせる業ですよね。
// ネアルコ 05/09/23(金) 06:42  
141.
レックススタッドでの種牡馬入り、おめでとうございます。  ナリタトップロードとともにサッカーボーイの良い後継種牡馬になってほしいです。  お父さんに似て、個性的で大舞台に強い子が生まれ、新しいミラクルを見せてくれるのを楽しみにしています。
// リーフ 05/07/28(木) 13:41  
140.
[1] (父)の馬は大好きでいつも応援していましたが  最後のG1となってしまった宝塚記念は本当に強いレースでした  あんなレースが出来るのは現役ではタップダンスくらいかなぁと思います  個人的には一瞬の切れ味に賭ける馬より、中盤からぐんぐんまくっていく馬のほうが好きなので
// もふ 05/07/03(日) 10:59  
★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

16.
マチカネ 05/05/11(水) 01:28 編集 [ 追記 ]
通算成績:中央28戦6勝。主な勝ち鞍:02年菊花賞、03年天皇賞・春、03年宝塚記念。03年最優秀父内国産馬
馬名の通りのミラクルを3度起こした記憶に残る名馬。それゆえファンも非常に多かった。
そもそも、短距離馬を多数輩出している佐山厩舎だったこともあり、最初は短距離戦ばかり使われたが勝ちきれず。
転機となったのが中長距離への変更。もともと胴長ではなく短距離馬だと思われていたが脚が長く、ズブイがバテない脚を持つことからステイヤーとしての資質があることを見抜いた角田晃一騎手の判断からだった。
未勝利を勝つまで新馬から10戦目を要し、ようやく勝利した日はダービーと同日だった。
しかし500万下は2戦目で、1000万下は3戦目で勝ちあがり、軌道に乗り始める。特に500万下(売布特別)のタイムは同年の宝塚記念の勝ち馬ダンツフレームの勝ちタイムより0.3秒早いタイムだった。
神戸新聞杯では6着に敗退、菊花賞は抽選になる。この抽選を突破し、200万のクラシック追加登録料を支払って挑んだ菊花賞で最初のミラクル
02年菊花賞は1番人気のノーリーズンがスタート直後落馬するといういきなり大波乱の展開。
道中は後方から早めスパートをかけたヒシミラクルメガスターダムとの叩き合いを制し、最後はファストタテヤマの追込みをハナ差しのぎ10番人気ながら見事優勝。
その後、有馬記念11着、阪神大章典12着、大阪杯7着と不完全燃焼が続いた後で挑んだ03年天皇賞(春)。主役不在の大混戦だったのもかかわらず評価は上がらず7番人気に過ぎなかった。
しかし、中団で脚を溜めると直線鮮やかに抜け出しGI2勝目。2度目のミラクルを起こす。
3度目のミラクルは次走の03年宝塚記念。この年はシンボリクリスエスネオユニヴァースをはじめ超豪華メンバーがそろった。
これらを相手に廻して挑んだ6番人気ヒシミラクルは中団から直線ロングスパートをかけ、先に抜け出したタップダンスシチーネオユニヴァースを交わして優勝。3度目のミラクル
そして何よりヒシミラクルの単勝を1222万円購入し2億円の払い戻しを受けたいわゆる「2億円おじさん」が話題になった。
しかし、ここまでだった。京都大章典2着後右前繋靭帯炎を発症。1年以上の休養を余儀なくされる。その後復帰したものの4度目のミラクルを見せることなく、05年天皇賞(春)後、右前繋靭帯炎を再発。そのまま引退となった。

15.
タムショウ 05/04/18(月) 19:51 編集 [ 追記 ]
関西のG1では無敗。さらに京都ではすべて複勝圏内という抜群の安定性を誇る。おまけに今回のメンバーではG13勝の実力は圧倒的ともいえる。1番人気にならないで‥

14.
dian 03/10/13(月) 23:39 [ 追記 ]
G1を3勝した現在もオープンクラスのレースで1番人気になったことがない。1番人気になったのは、特別での3レースのみ。

13.
マラ男 03/07/16(水) 18:35 [ 追記 ]
ナスルーラの5×5×6×6の近親配合だが、プリンスリーギフトネヴァーベンドボールドルーラーグレイソヴリンレッドゴッド以外のナスルーラ5大系統の内の4つを持っている珍しい馬。自身芦毛を見ると母方のスタミナが強く受け継がれているがナスルーラの影響か、腹が胴詰まりな短距離向けの馬体で、スピードに乗れば最大の力を発揮する。ただ追ってからの切れる脚(瞬発力)に欠ける所があるので、距離は当然長いほうがいい。瞬発力が要求される府中のGI・天皇賞(秋)、ジャパンカップでは上がりが掛かる力馬場で行われ、且つ得意な淀みのないペースであれば秋の中長距離路線完全制覇も決して夢ではない。
[1].
あふぇー 03/07/16(水) 21:55 編集 [ 追記 ]
5×5×6×6は近親配合になるんでしょうか・・・。
[2].
マラ男 03/08/08(金) 18:50 [ 追記 ]
近親配合とは言えませんね、これは訂正させて貰います。とにかく無尽蔵のスタミナを生かすためには、(道中速いペースで付いていく)→(後半上がりが掛かり、瞬発力が問われない)ですね。ただ捲くり気味に上がっていく様は、無駄の肉がない胴詰まりの腹と、日頃の反路調教でスピード面を補っている所が大きいです。菊花賞→天皇賞(春)→宝塚記念を挟んで馬が軌道に乗っていて充実期を迎えています。
[3].
マラ男 04/12/15(水) 11:29 編集 [ 追記 ]
2004年の天皇賞(秋)とジャパンカップ、去年の京都大賞典を見ている限り「先行脚質」を身に付け始めた。それ以前は後方から捲くってスタミナで押し切る競馬を得意としていたが、この形なると緩いペースでは後方に取り残され(02年有馬記念)瞬発力ある馬には分が悪い。しかしスタミナを用いて積極果敢な先行脚質を身に付けたとなるとペース次第で中距離もこなせると思う。書いている時点では次走有馬記念だが、人気に関わらず注意したい。(馬券を買う人に言わせれば人気より人気薄で来る馬ですが…)

12.
ABBA 03/06/29(日) 20:05 [ 追記 ]
サッカーボーイ産駆が京都以外のGIを勝ったのは初めてだね。
[1].
アツシオブキングス 03/06/29(日) 22:51 編集 [ 追記 ]

[2].
アツシオブキングス 03/06/29(日) 22:49 [ 追記 ]
隠れたサッカーボーイ産駒、キョウトシチーが大井の東京大賞典、浦和の浦和記念、名古屋の名古屋大賞典を制しています。
[2].
3強 03/06/29(日) 22:21 [ 追記 ]
当時はG1じゃないじゃん!
[3].
アツシオブキングス 03/06/29(日) 22:52 [ 追記 ]
失礼しました。ブリーダーズゴールドカップを制したのはプレジデントシチーでした。
訂正させていただきました。

11.
ダイナー 03/06/29(日) 16:26 [ 追記 ]
葦毛馬は年齢を重ねるごとに真っ白に近づいていく
白さが成長段階を示すともよく言われる
オグリキャップメジロマックイーンも例に漏れずそうである
菊花賞時はメジロマックイーンと似て真っ黒に近い葦毛
しかしこの春になってもヒシミラクルは真っ黒に近い葦毛である
これはまだまだ成長途上ということか?それともあんま白くならない葦毛なのか?
今後の活躍と毛色の変遷が注目である
[1].
サマンサ 03/06/29(日) 23:25 [ 追記 ]
葦毛=芦毛?
[2].
ダイナー 03/06/29(日) 23:42 [ 追記 ]
すんません、変換ミスりました。芦毛ですね

10.
ローマ帝国 03/06/19(木) 01:04 [ 追記 ]
この馬の血統を見ていくと、父系ではファイントップノーザンテースト、母系では、ミルリーフグレイソヴリン(かなり遠いのだとヒンドスタン)など、日本にも合う「スタミナ」のある血統がそろってますよね。
今の日本のスピードレースにはちょっと合わないかもしれませんが、2400m以降のロングディスタンスのレースでは力がフルに発揮される血統だと思います。(そう考えると今度の宝塚はどーなんだろー?)
ちなみに井崎脩五郎氏もスーパー競馬で言っていましたが、使われて良くなっていくタイプの馬ですね。

9.
じん2 02/12/24(火) 18:08 [ 追記 ]
有馬は最初前についていけなかった4角も大外にまわしたから神戸新聞杯みたいな結果になったのかもしれない
[1].
忘れな草 02/12/25(水) 17:33 [ 追記 ]
むしろ佐渡特別(1000万下)のときに似てますね!!  あの時のレース後のジョッキーのコメントに「他の馬も4角で動き出し、ついていけなかった」というコメントがありました。
今回はファインモーションや結果的には逃げたタップダンスシチーをとらえに全馬が4角で動き出したし、尚且つ、有馬のレース前に「縦長の展開で距離ロス少なくいけたら」というコメントもありましたし、アレだけ大外を回されると……。完全に無理な展開でしたね。
まあ実力はありますし来春の阪神大賞典(G2)か日経賞(G2)あたりで復帰でしょうし、本番(天皇賞春)はシンボリクリスエスファインモーションもいないでしょうから、狙いはやっぱりそこですね。そして秋にはスピードつけてシンボリ破って最強馬になる!!!!!!!!はずだが…………でもまず怪我しないでいて欲しい、怪我するとどうしようもないですからね!!!!!!!

8.
ブライアン最強! 02/12/18(水) 05:54 [ 追記 ]
この馬は初勝利までに10戦かかりましたが、これはグレード制導入後2番目に遅い記録だそうです。普通はこんなに勝てなかったら地方に行くか引退かになるんでしょうけど、そうしなかったのは、関係者のみなさんが内に光るものを見ていたからでしょうかね。
[1].
ないき 02/12/18(水) 14:47 [ 追記 ]
グレード制導入後で、後のG1勝ち馬の中では、初勝利までのレース数がかかった、という意味である、という注釈をつけておきます。
[2].
meny 02/12/18(水) 20:05 [ 追記 ]
1番はシルクジャスティスですか?
[3].
匿名 02/12/18(水) 20:51 [ 追記 ]
シルクジャスティスは7戦。
最多はキョウワサンダー(エリザベス女王杯)で13戦。
情報の出所はおそらく日刊スポーツだと思われます。
http://www.nikkansports.com/news/horserace/p-hr-tp0-021217-09.html
[2].
ブライアン最強! 02/12/18(水) 19:24 [ 追記 ]
ありがとうございます。

7.
中谷 02/11/28(木) 15:30 [ 追記 ]
菊花賞は超ハイペース、土砂降りの馬場を克服しての勝利。スタミナ万点のタフさが売りで、3連続開催というタフな条件になる有馬記念では好走が期待できる。
[1].
メルトダウン 02/12/11(水) 14:07 編集 [ 追記 ]
サッカーボーイ特有のリズムとして、夏から上昇してきた上がり馬は、暮れの12月まで調子を持続させやすい。
同じサッカーボーイ産駒のティコティコタックや父サッカーボーイも暮れのレースで3着しており、(※サッカーボーイは3着繰り上がり)ヒシミラクルも有馬記念の馬券に絡むことは十分に考えられる。しかしこの母系から輩出しているアカネテンリュウは有馬記念連続2着・・・詰めの甘さがでそう。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: