JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 ブライアンズタイム
英字 Brian's Time
性別  牡
馬齢  34
生年 1985
毛色 黒鹿毛
産国 米
ロベルト
ケリーズディ
母父 グロースターク

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ 参照・投稿 ]
10.
4日、右後大腿骨骨折の為、繋養先のアロースタッドで死亡した。28歳。
// mazuda 13/04/06(土) 01:32  
9.
 3月30日、4歳上500万下のダート1800mでトーセントゥルーが勝ち、産駒1300勝を達成。
// 倫敦納豆 08/04/09(水) 01:04  
8.
今年の京成杯をマイネルチャールズが勝ち、産駒16年連続重賞勝利となりました。
// 北崎秀 08/01/21(月) 23:33  
特徴/履歴
6.
1985年米産旧3〜5歳時21戦5勝フロリダダービー、ペガサスH、ジムダンディS(G2)  フロリダダービーでは人気薄であったが3歳チャンピオンのフォーティーナイナーを破りケンタッキーダービーの有力馬となったが仕掛けが遅れて6着に敗れた。プリークネスSではRisen Starから1馬身4分の1差で2着、ベルモントSはRisen StarWinning Colorsに続いて3着(14馬身4分の3+2馬身差と大差だったが…)で三冠を終えた。  秋にペガサスHを勝ち古馬になってから期待されたがまったく揮わなかった。JCを目指して芝のレースも使われたりもしたがだめで引退。日本で種牡馬入りする。  日本で種牡馬入り後は初年度からナリタブライアンチョウカイキャロルを出しその後も2年目のマヤノトップガンなどG1ホースを立て続けに出し大成功を収めた。
// あつ 04/03/20(土) 15:05  
5.
2002年皐月賞馬ノーリーズンの父  2002年日本ダービー馬タニノギムレットの父
// 北崎秀 02/10/21(月) 12:51  
4.
一時期の勢いはないものの、トーホウシデンなどの活躍馬も多い  ノーザンダンサーブラッシンググルームとの相性はいい  代表馬として挙げられる馬は・・・  母父ノーザンダンサー系の場合、サニーブライアンナリタブライアン等  ブラッシンググルーム系の場合、マヤノトップガントーホウシデン等  来年は是非ワンスウエドと配合して欲しいものである  当たり外れはあるだろうが、オペラオー以上の強い馬を期待したい
// ダスキン 00/11/23(木) 02:32  
応援コメント
[ 参照・投稿 ]
16.
[1] 今年の皐月賞はマイネルチャールズ中心になりそうですね。  ブライアンズタイムも凄い種牡馬です。
// 北崎秀 08/03/24(月) 22:28  
16.
SS産駒新馬がいなくなった昨年からアグネスタキオンクロフネ世代など若い種牡馬が主役となりつつありますが昨年のヴィクトリー、今年のマイネルチャールズなどBT産駒は頑張ってますね。またBT産駒らしい大物出現を期待してます。
// りんぐりんぐ 08/03/09(日) 18:54  
14.
[5] ヴィクトリー に期待。
// ナリタブライアン 07/01/07(日) 04:16  
★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

6.
あつ 04/03/20(土) 15:05 [ 追記 ]
1985年米産旧3〜5歳時21戦5勝フロリダダービー、ペガサスH、ジムダンディS(G2)
フロリダダービーでは人気薄であったが3歳チャンピオンのフォーティーナイナーを破りケンタッキーダービーの有力馬となったが仕掛けが遅れて6着に敗れた。プリークネスSではRisen Starから1馬身4分の1差で2着、ベルモントSはRisen StarWinning Colorsに続いて3着(14馬身4分の3+2馬身差と大差だったが…)で三冠を終えた。
秋にペガサスHを勝ち古馬になってから期待されたがまったく揮わなかった。JCを目指して芝のレースも使われたりもしたがだめで引退。日本で種牡馬入りする。
日本で種牡馬入り後は初年度からナリタブライアンチョウカイキャロルを出しその後も2年目のマヤノトップガンなどG1ホースを立て続けに出し大成功を収めた。

5.
北崎秀 02/10/21(月) 12:51 [ 追記 ]
2002年皐月賞馬ノーリーズンの父
2002年日本ダービー馬タニノギムレットの父

4.
ダスキン 00/11/23(木) 02:32 [ 追記 ]
一時期の勢いはないものの、トーホウシデンなどの活躍馬も多い
ノーザンダンサーブラッシンググルームとの相性はいい
代表馬として挙げられる馬は・・・
母父ノーザンダンサー系の場合、サニーブライアンナリタブライアン
ブラッシンググルーム系の場合、マヤノトップガントーホウシデン
来年は是非ワンスウエドと配合して欲しいものである
当たり外れはあるだろうが、オペラオー以上の強い馬を期待したい

3.
片桐 展伸 00/08/22(火) 13:00 [ 追記 ]
芝・ダート兼用のトップサイア−として確固たる地位を築いている背景には、母系と父系の融合の妙がある。父ロベルトは万能の芝適性を、母系に入るフラワーボウルローマン(日本でも馴染みのブレイヴェストローマンの父)の血が、タフなダートへの適性を伝えている。同馬の産駒に、芝でこそという競走馬は非常に少ないことが、同じ系統のリアルシャダイと大きく異なる点である。産駒は活躍の幅が広がるため、芝では今一つでもダートでは大レースで主役を演じるような仔も期待できる。スピードよりもパワーと底力の勝ったタイプの種牡馬で、芝で一流馬を出すには、母系の助けが不可欠なため、代表産駒であるナリタブライアンマヤノトップガンファレノプシスシルクプリマドンナなどの成功例を教科書にするのが基本。米国のダート血統を多く携えた牝馬との配合では、芝での成功は難しいとみる。

2.
ク−ルモア 00/04/18(火) 16:54 [ 追記 ]
最近は盛り返してきましたが、去年の終わりごろは芝は全然勝てなかった。
芝の重賞では終わりかけてるかも

1.
ガイチ 00/01/07(金) 02:23 [ 追記 ]
ブライアンズタイム産駒といえば中長距離に良績が集まる馬と思われがちですが、1000〜1200mでの勝率、連対率、複勝率の方が1700〜2000mのそれが全て上回っています。(近二年、芝ダート両方含む)因みに、一番良績が集中している距離範囲は、1400〜1600mで14.1%/27.5%/38.0%となっています。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: