JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 プリティーポリー
英字 Pretty Polly
性別  牝
馬齢  119
生年 1901
毛色 栗毛
産国 愛
ガリニュール
アドミレイション
母父 サラバンド

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ ニュース/動向を投稿 ]





特徴/履歴
1.
[1] 1901年、馬主兼生産者のEustace Loder ユースタス・ローダーによって愛国で生まれた。Peter Gilpin ピーター・ギルピン師に預けられ2〜5歳までの間、英・仏で走り通算成績24戦22勝・2着2回、連対率100%という成績を残した。  主な勝ち鞍は英1000ギニー(芝8F)、英オークス(芝12F10Y)、英セントレジャー(芝15F)、コロネーションC(芝12F10Y)、英チャンピオンS(芝10F)、シャンペンS(芝7F)、ジョッキークラブC(芝19F)。  父はGallinuleで母は2勝馬AdmirationStockwellの4×5×5のクロスを持ち甥に愛ダービー馬King Johnがいる。  Pretty Pollyのデビュー戦は衝撃的だった。抜群のスタートを切り、そのまま2着との差が100mと圧勝。その後も楽に勝ちつづけミドルパークSでは後の英ダービー馬St.Amantを破り9戦9勝でシーズンを終えた。  3歳初戦の英1000ギニーをレコードで快勝すると英オークスでは4頭立てとなり楽勝、牝馬二冠を達成。2連勝で英セントレジャーに向かうとこのレースには牡馬二冠馬St. Amantも出走してきて三冠馬誕生に最も近い歴史的な一戦となるも、直線で楽に先頭を奪ったPretty Pollyのレコード勝ち、無敗のまま三冠馬となった2日後には早くも次のレースを馬なりで勝つという無敵のヒロインに国内で敵はいなかった。  しかし渡仏するとレースの数時間前に到着、そんな最悪な条件の下Pretty Pollyは初めてPrestoの2着と敗れたが帰国しSt. Amantを再度下して調子を戻した。  4歳になりコロネーションCをレコードで連覇すると、英チャンピオンS、ジョッキークラブGCを含む4戦4勝。  5歳も現役を続けコロネーションCを3連覇し全く力の衰えが無かったPretty Pollyも引退レースを迎えた。アスコットゴールドC、もちろん1番人気に推されたが有終の美を見届けようと集まった観客の目の前でPretty Pollyは失速し、Bachelor's Buttonの2着と生涯2度目にして最後の敗戦を喫した。  20世紀初頭に活躍し負ける場面が想像できない「史上最強牝馬・伝説の怪物牝馬」と呼ばれたPretty Pollyは24戦22勝で引退。  繁殖入りしてから直仔には恵まれず1931年8月17日死亡したが、孫が大活躍しSpike Island(愛ダービー、愛2000ギニー)、Zodiac(愛ダービー)、Spelthorne(愛セントレジャー)、Arabella(英シャンペンS)などを輩出した母系は今も発展を続けている。
// 兎馬 04/04/30(金) 12:26  
1.
英オークス、英1000ギニー、英セントレジャーなど24戦22勝。
// YUKI 01/06/03(日) 21:54  
応援コメント
[ 参照・投稿 ]
1.
恐らく20世紀の欧州最強牝馬にして不世出の名馬。
// Dix 01/12/03(月) 15:37  
★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

1.
YUKI 01/06/03(日) 21:54 [ 追記 ]
英オークス、英1000ギニー、英セントレジャーなど24戦22勝。
[1].
兎馬 04/04/30(金) 12:26 [ 追記 ]
1901年、馬主兼生産者のEustace Loder ユースタス・ローダーによって愛国で生まれた。Peter Gilpin ピーター・ギルピン師に預けられ2〜5歳までの間、英・仏で走り通算成績24戦22勝・2着2回、連対率100%という成績を残した。
主な勝ち鞍は英1000ギニー(芝8F)、英オークス(芝12F10Y)、英セントレジャー(芝15F)、コロネーションC(芝12F10Y)、英チャンピオンS(芝10F)、シャンペンS(芝7F)、ジョッキークラブC(芝19F)。
父はGallinuleで母は2勝馬AdmirationStockwellの4×5×5のクロスを持ち甥に愛ダービー馬King Johnがいる。
Pretty Pollyのデビュー戦は衝撃的だった。抜群のスタートを切り、そのまま2着との差が100mと圧勝。その後も楽に勝ちつづけミドルパークSでは後の英ダービー馬St.Amantを破り9戦9勝でシーズンを終えた。
3歳初戦の英1000ギニーをレコードで快勝すると英オークスでは4頭立てとなり楽勝、牝馬二冠を達成。2連勝で英セントレジャーに向かうとこのレースには牡馬二冠馬St. Amantも出走してきて三冠馬誕生に最も近い歴史的な一戦となるも、直線で楽に先頭を奪ったPretty Pollyのレコード勝ち、無敗のまま三冠馬となった2日後には早くも次のレースを馬なりで勝つという無敵のヒロインに国内で敵はいなかった。
しかし渡仏するとレースの数時間前に到着、そんな最悪な条件の下Pretty Pollyは初めてPrestoの2着と敗れたが帰国しSt. Amantを再度下して調子を戻した。
4歳になりコロネーションCをレコードで連覇すると、英チャンピオンS、ジョッキークラブGCを含む4戦4勝。
5歳も現役を続けコロネーションCを3連覇し全く力の衰えが無かったPretty Pollyも引退レースを迎えた。アスコットゴールドC、もちろん1番人気に推されたが有終の美を見届けようと集まった観客の目の前でPretty Pollyは失速し、Bachelor's Buttonの2着と生涯2度目にして最後の敗戦を喫した。
20世紀初頭に活躍し負ける場面が想像できない「史上最強牝馬・伝説の怪物牝馬」と呼ばれたPretty Pollyは24戦22勝で引退。
繁殖入りしてから直仔には恵まれず1931年8月17日死亡したが、孫が大活躍しSpike Island(愛ダービー、愛2000ギニー)、Zodiac(愛ダービー)、Spelthorne(愛セントレジャー)、Arabella(英シャンペンS)などを輩出した母系は今も発展を続けている。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: