JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 ミエスク
英字 Miesque
性別  牝
馬齢  35
生年 1984
毛色 鹿毛
産国 米
ヌレイエフ
パサドブル
母父 プルーヴアウト

【広告】
【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ 参照・投稿 ]
1.
20日、老衰の為繋養先のケンタッキーLane's End Farmで死亡した。27歳。
// mazuda 11/01/24(月) 01:34  
特徴/履歴
6.
BCマイル連覇などGI10勝の飛びぬけた競争実績に加え、繁殖入り後も大成功。なんでも一番じゃないと気がすまない性質かw  掛け値なしの、まさに稀代の名牝。    ★2〜5歳までの3年間で16戦12勝(2着3回、3着1回)    【2歳時...4戦(3-0-1-0)】  獲得GI=サラマンドル賞(*)、マルセル・ボゥサック賞  表彰 =仏最優秀2歳牝馬     【3歳時...8戦(6-2-0-0)】  獲得GI=英1000G,仏1000G,ジャック・ル・マロワ賞,ムーラン・ド・ロンシャン賞,BCマイル  表彰 =仏国最優秀3歳牝馬 仏国最優秀マイラー       英国最優秀3歳牝馬 英国最優秀マイラー       英国最優秀芝牝馬     【4歳時...4戦(3-1-0-0)】  獲得GI=イスバーン賞,ジャック・ル・マロワ賞,BCマイル  表彰 =仏国最優秀古馬牝馬 仏国最優秀マイラー       英国最優秀芝牝馬    サラマンドル賞(芝1400M)とイスバーン賞(1850M)以外の8つのGI勝ちはマイル戦。  欧州競馬のマイルの王道レースをほとんど独り占め状態。欧州でのレースっぷりにはあまりインパクトがないのだが、BCになるとやたら強い。3歳のときは3馬身1/2差のレコード勝ち。翌年、現役最後の引退レースに選んだチャーチル・ダウンズのBCでは4馬身の差をつけて圧勝。かなり前にアーカイヴ映像を見たのだが、実況は...(続く)
// ミソノブルボン 03/12/17(水) 00:26  
3.
[1] デビュー戦リジー賞を勝利。しかし2戦目のGIモルニ賞でサクラレイコの3着に敗退。しかし続くGIサラマンドル賞でサクラレイコを2着に退け優勝。続くGIマルセルブーサック賞ではミリグラムを2着に沈め優勝。    3歳初戦のアンプルダンス賞を快勝し、英2000ギニーでは再度ミリグラムを退け、仏2000ギニーではサクラレイコを2着に沈め優勝。2100Mの仏オークスにも挑戦するが、さすがに名牝インディアンスキマーの2着だった。その2ヵ月後のジャックルマロワ賞を快勝、ムーランドロンシャン賞ではソヴィエトスターを退け優勝。その20日後のクイーンエリザベスIISではミリグラムのまさかの2着に敗退。しかし続くBCマイルでは勝利。  4歳初戦のイスパーン賞を勝利後のジャクルマロワ賞ではウォーニングを破り連覇。これまた連覇を狙ったムーランドロンシャン賞だが、ここはソヴィエトスターの2着。しかしBCマイルではスティンレンを退け連覇達成。    マイルGIは8勝の間違いですね。
// 競馬研究会会長? 03/08/02(土) 14:42  
5.
[1] ダビスタですね。80年代の欧州最強マイラー。  産駒にエルコンドルパサーの父キングマンボ、欧州GTのイーストオブ  ザムーンがいる。
// 北味の秘書 01/12/22(土) 14:40  
応援コメント
[ 参照・投稿 ]
1.
[1] ミエスクが勝ったGTの勝利数は10勝ですよ。でもミエスクのように自身が大活躍して子供のキングマンボイーストオブザムーンがGT勝ってしまうんだから相当の名牝ですよね。
// 北味の秘書 02/06/22(土) 09:25  
1.
このミエスクはGTを7勝したらしいです。  だからキングマンボという良い馬が生まれた  のでしょうね
// ヒデ 02/06/21(金) 20:14  
★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

6.
ミソノブルボン 03/12/17(水) 00:26 [ 追記 ]
BCマイル連覇などGI10勝の飛びぬけた競争実績に加え、繁殖入り後も大成功。なんでも一番じゃないと気がすまない性質かw
掛け値なしの、まさに稀代の名牝。

★2〜5歳までの3年間で16戦12勝(2着3回、3着1回)

【2歳時...4戦(3-0-1-0)】
獲得GI=サラマンドル賞(*)、マルセル・ボゥサック賞
表彰 =仏最優秀2歳牝馬
 
【3歳時...8戦(6-2-0-0)】
獲得GI=英1000G,仏1000G,ジャック・ル・マロワ賞,ムーラン・ド・ロンシャン賞,BCマイル
表彰 =仏国最優秀3歳牝馬 仏国最優秀マイラー
     英国最優秀3歳牝馬 英国最優秀マイラー
     英国最優秀芝牝馬

【4歳時...4戦(3-1-0-0)】
獲得GI=イスバーン賞,ジャック・ル・マロワ賞,BCマイル
表彰 =仏国最優秀古馬牝馬 仏国最優秀マイラー
     英国最優秀芝牝馬

サラマンドル賞(芝1400M)とイスバーン賞(1850M)以外の8つのGI勝ちはマイル戦。
欧州競馬のマイルの王道レースをほとんど独り占め状態。欧州でのレースっぷりにはあまりインパクトがないのだが、BCになるとやたら強い。3歳のときは3馬身1/2差のレコード勝ち。翌年、現役最後の引退レースに選んだチャーチル・ダウンズのBCでは4馬身の差をつけて圧勝。かなり前にアーカイヴ映像を見たのだが、実況は「miesque,miesque」の連呼。そして、確かレースは12,3頭の多数頭で、ミエスクのゴール後に後続が一団となってゴールしてきたので、着差以上に段違いの強さがより際立って見えた。引退するまでチャンピオン、引退してからも繁殖の世界でチャンピオン。挫折を知らない馬ですな。

(*)サラマンドル賞は数年前にレース名を「クリテリウム・アンテルナシオナル(クリテリウム国際)」に改称。
Thoroughbred Championshttp://www.thoroughbredchampions.com/gallery/miesque.htm

5.
サク 01/12/22(土) 14:34 [ 追記 ]
サヨナラ」のモデル(わかる?)
[1].
北味の秘書 01/12/22(土) 14:40 [ 追記 ]
ダビスタですね。80年代の欧州最強マイラー。
産駒にエルコンドルパサーの父キングマンボ、欧州GTのイーストオブ
ザムーンがいる。

4.
mazuda 00/06/27(火) 20:15 [ 追記 ]
同期のソヴィエトスターとで、マイルG1を総なめにして、父ヌレイエフの価値を大きく高めた馬ですね。直接対決では勝ち越して、ソヴィエトスターより高い評価を得ました。どちらも繁殖でも成功して、日本とも関係有り。

3.
all green 00/06/27(火) 17:29 [ 追記 ]
16戦12勝GT10勝!うちマイルGT7勝〜英仏1000ギニー・ジャックルマロワ賞(2)・ムーランドロンシャン賞・ブリーダーズカップマイル(2)というマイルクイーン!繁殖としてもキングマンボ・イーストオブザムーンなどを輩出!!!
[1].
競馬研究会会長? 03/08/02(土) 14:42 [ 追記 ]
デビュー戦リジー賞を勝利。しかし2戦目のGIモルニ賞でサクラレイコの3着に敗退。しかし続くGIサラマンドル賞でサクラレイコを2着に退け優勝。続くGIマルセルブーサック賞ではミリグラムを2着に沈め優勝。

3歳初戦のアンプルダンス賞を快勝し、英2000ギニーでは再度ミリグラムを退け、仏2000ギニーではサクラレイコを2着に沈め優勝。2100Mの仏オークスにも挑戦するが、さすがに名牝インディアンスキマーの2着だった。その2ヵ月後のジャックルマロワ賞を快勝、ムーランドロンシャン賞ではソヴィエトスターを退け優勝。その20日後のクイーンエリザベスIISではミリグラムのまさかの2着に敗退。しかし続くBCマイルでは勝利。
4歳初戦のイスパーン賞を勝利後のジャクルマロワ賞ではウォーニングを破り連覇。これまた連覇を狙ったムーランドロンシャン賞だが、ここはソヴィエトスターの2着。しかしBCマイルではスティンレンを退け連覇達成。

マイルGIは8勝の間違いですね。

1.
ナパ 00/06/26(月) 11:36 [ 追記 ]
BCマイル連覇。キングマンボの母。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: