JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2001/ 7/ 1 函館スプリントS 函館 芝1200 G3 3上混  4300

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point


メジロダーリング

1996 鹿毛54 1. 09. 5 61 =----------219 773 抹消
(外) タイキトレジャー

1996 鹿毛56 1. 09. 9 60 ===--------271 710 抹消

ブレイクタイム

1997 鹿毛56 1. 10. 3 58 ===--------238 399 抹消
(外) テネシーガール

1997 栗毛54 1. 10. 4 57 ==---------177 521 抹消

マサラッキ

1993 栗毛58 1. 10. 4 58 ==---------381 1082 抹消
(外) ブロードアピール

1994 黒鹿56 1. 10. 4 57 ===--------365 941 抹消

ディヴァインライト

1995 鹿毛56 1. 10. 5 57 =====------162 528 抹消
(外) トキオパーフェクト

1995 鹿毛56 1. 10. 7 56 ====-------203 778 抹消
(外) フィールドスパート

1998 青鹿53 1. 10. 8 54 ===--------40 320 抹消
10
テンザンデザート

1998 鹿毛51 1. 10. 9 53 ===--------88 387 抹消
11 (外) シンボリスウォード

1995 青鹿56 1. 11. 5 52 =----------179 654 抹消
12
アドマイヤコジーン

1996 芦毛56 1. 12. 0 50 ===--------366 508 抹消
13 ラムジェットシチー

1996 鹿毛56 1. 12. 5 48 ===--------36 228 抹消
14 (外) ダイワカーソン

1997 黒鹿56 1. 12. 6 47 ===--------38 119 抹消
(外) ゴーストソルジャー

1994 芦毛56 取消
===--------10 190 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
函館スプリントS [ ☆レース回顧 ]
 5番人気メジロダーリングが外枠好スタートから直線も楽に逃げ切り優勝。 重賞初制覇を飾った。 最後2着争いの集団を抜け出した1番人気タイキトレジャーが2馬身半の2着まで。 2番人気のブロードアピールは追い込み不発で6着に終わった。
函館スプリントS [ ☆レース回顧 ]
|| ケイ 01/07/01 (日)16:23  
テネシーガールが好スタートを切るもメジロダーリングが外から互角のスタート。
メジロダーリングがハナを奪いテネシーガールは2.3番手。シンボリスウォードブレイクタイムあたりも前につけディヴァインライトタイキトレジャーは中団、ブロードアピールは後方から。メジロダーリングが4コーナーで後続を突き放しそのままセーフティリードを保って逃げ切り。外から伸びてきた1番人気タイキトレジャーが2着死守。3着以下は団子状態で結局3着ブレイクタイム4着テネシーガール5着マサラッキでした。ディヴァインライトは前走の反動が出たのか伸びず、ブロードアピールもダート時のキレがなくイマイチ。メジロダーリングがきれいに逃げ切りました。

P.S ブロードアピール馬場が渋れば浮上と思っていたけどやや重ではダメでした。やはりダートに専念したほうがいいのでは?
函館スプリントS [ ☆レース回顧 ]
|| 一味唐辛子 01/07/01 (日)18:52  
雨が降ったんですね、函館。どうりでタイムが悪いと思ったら。
メジロダーリングは4角での手応えがテネシーガールとは違いすぎました。函館をうまく生かしきっての競馬。
タイキトレジャーはなぜか後ろから。最後いい脚で来てるだけにもう少し前に付けられていれば差は詰まった。
ブレイクタイムもまずまずの競馬。も少し積極的に行ってもよかったが。
テネシーガールは粘り切れず。崩れてはいないが、もう一息。マサラッキは久々で5着は立派。
ブロードアピールは芝ではダートのような絶対的な強さはない。函館も合わない。なんで使ったの?
シンボリスウォードは前からあてにならない。
ディヴァインライトは2走ボケか?
函館スプリントS [ ☆レース回顧 ]
|| ヨッシー 01/07/01 (日)22:01  
メジロダーリングの勝ち時計が1分9秒5。多少時計のかかる函館の芝、しかも雨が降って微妙な馬場状態。これを考えるとこの勝ち時計は十分予想できた。ただ意外だったのは予想以上に着差がついてしまったこと。このくらいの時計ならどのオープン馬でも走れるはず。したがってもっと混戦になると予想していたのだが。
メジロダーリングは好スタート。外枠もよかった。競り合ったのは初めの1Fだけで、あとはマイペースに。3F33秒5とやや速いペースで推移。陣営はペースが速いのを心配していたようだが、出来の良さと勝負所で後続を突き放すうまい騎乗で見事に押し切った。
タイキトレジャーはスタートが失敗。道中はブロードアピールと並んで最後方に位置し、しかも馬群でもまれる最悪の展開。それでも4角では馬群に突っ込み、アドマイヤコジーンと接触するなど強引な部分も目立ったが馬群をさばいて直線へ向かい、外から差してきて2着。ただ乗り方は決して誉められたものではない。今日のところは馬の地力に助けられた印象だ。
ブレイクタイムはスタートで挟まれる不利があり、中団に位置。持ち前のスピードを生かすためにも、もっと前へ行きたかったはずだろう。直線はインへ突っ込み激戦の3着争いは制した。
テネシーガールメジロダーリングにハナを奪われる厳しい展開だったが、一叩きされたことで出来がよくなっていた。好走といえる。
マサラッキは休み明けとしては上々の内容。反動さえでなければ次走は要注意。
ブロードアピールはこの小回りで道中最後方では何もできない。大外を回ったのもロスが大きい。切れ味タイプなだけに力の要る函館の芝も合わない印象。しかしこれで芝がだめだとは思わない。他の競馬場なら変わり身はあるはず。ただベストはやはりダート。
ディヴァインライトは直線で伸びを欠いた。プラス10キロだったので太めという見方もできなくもないし、2走ボケという可能性もある。ただ調教の動きは確実によかったしパドックの気配も悪くはなかった。馬場状態が敗因の一つではないだろうか。次走は叩き3戦目となるので真価が問われる。良馬場なら巻き返し必至だろう。
シンボリスウォードは直線で失速。両隣の馬が1,4着と好走していることを考えると、同じ脚質のこの馬も十分好走できたはず。それがあの失速ぶり。あてにならない面が出てしまった。とにかく藤沢和厩舎の馬は才気と狂気を併せ持った馬が多いので予想が難しいよ。

[0.07]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: