JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]

[レース]
日付 レース名 開催 距離 斤量 資格 馬場 1着賞金
(万円)
2002/11/10 秋風S 中山 芝1200 OP 3上混  2400

着順
馬名 英字名 性別 馬齢 生年 毛色 産国 斤量 タイム 偏差値
1200〜 距離 〜3200
実績
実績
Point
距離
Point

(外) サーガノヴェル

1999 栗毛53 1. 07. 1 61 ===--------141 417 抹消

サニングデール

1999 黒鹿55 1. 07. 1 62 ==---------401 999 抹消
ナムラマイカ

1997 鹿毛52 1. 07. 2 60 ==---------62 703 抹消

サイキョウサンデー

1996 栗毛56 1. 07. 4 61 ===--------158 523 抹消
ハッピーマキシマム

1997 栗毛52 1. 07. 5 58 ====-------20 163 抹消
(外) シベリアンメドウ

1999 栗毛53 1. 07. 6 58 ===--------60 431 抹消
[地] オーソリティー

1994 鹿毛54 1. 07. 9 57 ==========-40 222 抹消
(地) ジョーディシラオキ

1997 鹿毛52 1. 08. 0 55 ===--------60 327 抹消
キシュウファンタジ

1997 鹿毛50 1. 08. 1 53 =----------0 90 抹消
10 ホーマンウイナー

1999 鹿毛52 1. 08. 4 52 ====-------53 91 抹消
(外) スターエルドラード

1999 青鹿54 取消
=====------97 464 抹消

レース回顧
 [ レースBoard ]
秋風S [ ☆レース回顧 ]
|| 富士山 02/11/10 (日)18:20  
ゲートが開くと、ハッピーマキシマムキシュウファンタジがガリガリと競り合って32秒6のHペース。人気のサーガノヴェルは離れた3番手につけ、その後ろにナムラマイカサイキョウサンデーサニングデールはその後ろで、シベリアンメドウと併走する形に。
直線に入ると、まずキシュウファンタジが失速。ラチ沿いをハッピーマキシマムが一杯に逃げ粘るも、坂の途中でサーガノヴェルが先頭に立つ。間を割ってナムラマイカが差を詰めるも届きそうになく、この2頭で決まったかと思われた。しかし大外から黄色い帽子のサニングデールが飛んで来る。ナムラマイカを捕らえ、サーガノヴェルをも飲み込んだかに見えたが、ギリギリハナだけサーガノヴェルが粘って4勝目を挙げた。勝ちタイムはレコードに0秒1差と迫る1分7秒1(サクラバクシンオーと同タイム)。
4着には差して来たサイキョウサンデーが入り、2番人気のハッピーマキシマムは5着。

サーガノヴェル・・・このタイムなら僅差も仕方なしか。前がHペースで引っ張ってくれるという流れもこの馬に向いた。手綱が横山騎手に戻ったこともプラスだったし、やはり左回りより右回りの方が向いている感じ。
サニングデール・・・持ち時計の無さから高速決着に不安を持たれていたが、それを一蹴するかのような素晴らしい末脚を使った。本当に生粋のスプリンター(1400はダメ)なのだろう。
ナムラマイカ・・・中山1200だと本当に安定感がある。勝ち鞍こそないものの、これでこのコースは5戦してすべて4着以内。ただ他の競馬場ではポツリ、ポツリとしか走らず、非常に狙いどころが難しい。今回好走したからといって次もどうかと言えば・・・。
サイキョウサンデー・・・力通り。56キロのトップハンデ・不得手な高速決着という点を考えれば好走の部類か。やはりベストはもう少し時計のかかる馬場。
ハッピーマキシマム・・・さすがにラップが速過ぎたか。やや馬場荒れの1番枠も向かなかった感じ。どうもこの所適鞍に恵まれていない。もう少し走れる馬なのだが・・・。
シベリアンメドウ・・・陣営のコメントにもあるように、現時点ではダート向き。今回は時計も速過ぎた。霜月Sに出た方が良かった気がする。

[0.09]



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: