JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

欧州スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

192. 2004/08/18 ヨークシャーオークス (英G1 3歳以上牝馬 芝11F198Y ヨーク) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/08/16(月)20:03 [ 返信 ]
出馬表
No.HorseAgeTrainerJockeyDraw
1Pongee4 L Cumani J Fortune Drawn 8
2Summitville4 J Given D Holland Drawn 5
3 Danelissima (IRE) 3 J Bolger W Supple Drawn 1
4 Hazarista (IRE) 3 John M Oxx M J Kinane Drawn 9
5 Menhoubah (USA)3 C Brittain S Sanders Drawn 4
6 Ouija Board3 E Dunlop J Murtagh Drawn 6
7Punctilious3 Saeed bin Suroor L Dettori Drawn 10
8Quiff3 Sir Michael Stoute K Fallon Drawn 3
9 Royal Tigress (USA) 3 A O'Brien J P Spencer Drawn 2
10Sahool3M Tregoning R Hills Drawn 7
※空欄は騎手未定
04/08/18(水)07:47 編集
[1]. ヨークシャーオークス展望
|| ヨッシー 04/08/17(火)17:04 [ 返信 ]
古牝馬の強豪の名は見当たらず、8頭が出走予定の3歳勢が断然優勢なメンバー構成。特に愛オークス上位3頭が揃ってエントリーしており、その再戦ムードが濃厚だ。
その中でも1999年Ramruma以来の英・愛・ヨークシャーオークス3連勝を目指すOuija Boardが今回も大本命に推されることは間違いない。ただ主戦のK・ファロンが同レース3連覇のかかるスタウト厩舎の英G2リブルスデイルS3着Quiffに騎乗するため、J・ムルタが代打で手綱を執ることに。テン乗りとなるムルタは17日の調教で同馬に跨り感触を確かめるほか、過去のレースをチェックするなど準備に余念が無い。
ゴドルフィンのPunctiliousは英オークスではOuija Boardに歯が立たなかったものの、前走の愛オークスでは1馬身差2着と接戦を演じており、3度目の対決へ向けて期待感も高まっている。Ouija Board陣営が馬場悪化への懸念を表明しているのに対し、英G3ミュジドラS圧勝の実績から道悪適性の高さを示しているのは強みだ。
愛オークスではPunctiliousから更に3/4馬身差の3着に踏ん張ったのがオックス厩舎-アガカーン殿下のコンビが送り出すHazarista。前記2頭と比べて実績で劣るだけに地味な印象は拭えないが、夏場に入って急激に地力を強化していることは間違いなく今回も上位争いに加わる可能性は高い。
伊オークス馬Menhoubahはその後のG1で2戦続けて大敗と力不足を露呈。愛オークスで6,7着に終わったDanelissima、Royal Tigressも通用は疑問。ランカシャーオークス、リブルスデイルSともに2着のSahoolは前走の準重賞で今季初勝利を上げて勢いに乗ってのG1初挑戦となる。
劣勢の古馬勢は昨年のこのレースで3着に食い込んだSummitvilleと英G2ランカシャーオークスを制したPongeeの4歳2頭がエントリー。両馬の比較では近況内容などからPongeeの方を上位と見るが、G1では入着が精一杯か。
[2]. ヨークシャーオークス結果
|| ヨッシー 04/08/19(木)19:22 [ 返信 ]
1stQuiff3 K Fallon7-22:38.30
2ndPongee4 J Fortune 10-111
3rd Hazarista (IRE) 3 M J Kinane 9-21-1/2
4thPunctilious3 L Dettori6-49
5thSahool3R Hills 7-18
6th Danelissima (IRE)3 W Supple 33-14
7th Royal Tigress (USA) 3 J P Spencer 33-121
8th Menhoubah (USA) 3 S Sanders33-15
Non Runner: Summitville, Ouija Board

動向が注目されたOuija Boardは前日から更に馬場状態が悪化したことを受けてSummitvilleと共に直前に出走を取り消した。レースは1番人気に推されたPunctiliousとDanelissimaが先行争いを展開するも、好位からQuiffが残り3Fで先頭に立つとあとは同馬の独壇場に。道悪に苦しむ他馬を尻目にグングンとリードを広げていくと、最後は11馬身もの大差をつけて圧勝した。
Quiffは4戦2勝、重賞初制覇をG1で飾りファロン-スタウト師のコンビは同レース3連覇の偉業を達成。道悪、Ouija Boardの取消と陣営が思い描いていた通りの状況になったことがやはり大きかったようだ。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: