JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

欧州スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

296. 2005/09/25 オイロパ賞 (独G1 芝2400m 3歳上 ケルン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/09/23(金)00:02 [ 返信 ]
出馬表
No.BoxHorseAgeWgt.Jockey
13Birkspiel(GER)460T. Hellier
21Malinas(GER)460W. Mongil
35Simonas(GER)660E. Pedroza
42Day Walker(GB) 355.5A. Starke
58Nicaron(GER)355.5D. Bonilla
66Salutino(GER)355.5A. Suborics
77Gonbarda(GER)353.5F. Minarik
84North Queen(IRE) 353.5T. Mundry
[1]. オイロパ賞
|| mazuda 05/09/23(金)23:51 [ 返信 ]
独G1シリーズの最後を飾るレース。国外からの遠征馬はいなくなったが、今年国内のG1で活躍した馬に上がり馬も含めて8頭とまずまずのメンバー。
人気の中心はGonbarda。ディアーヌ賞4着後はドイツ賞1着、バーデン大賞2着と立て続けに大レースで好走、今年ドイツ馬の中では最も良績を上げており、ここで軽視する理由は無い。有力な遠征馬不在で緩い流れになり脚を余すことだけが不安といえば不安か。
これを追うのは3歳の上がり馬2頭。Day Walkerは今年のバイエリシェスツフトレネンを勝ったSoldier Hollowの半弟で、前走フィルシュテンベルクレネンを快勝して来た。2400mは初となる点が課題だが、陣営は問題無いと見ている。そのフィルシュテンベルクレネンで1番人気に推されたSalutinoはデビューから1年足らずでキャリアわずかに3戦。しかし、その分伸びしろがある。鞍上には再度Suboricsを確保した。
古馬では昨年のダービー2着馬Malinasに期待が掛かる。今年は間隔を開けながらのレースでこれが3走目。前走はラインラントポカルで3着、今回は今年1番の状態で臨めるとのこと。調教での動きも良い。Simonasは独古馬でトップクラスの実力馬ではあるが、前走バーデン大賞で最下位と惨敗、さすがに負け過ぎで同じことの繰り返しは無いとみるが、ここに来ての上積みも望み薄。
Nicaronはダービー優勝後ラインラントポカル4着、バーデン大賞8着で人気を落としてしまったが、今回は鞍上をBonillaに戻し、馬場状態も合っていそうで巻き返しを期す。North Queenはディアーヌ賞で2着とGonbardaに先着。前走も重賞を勝っているが、Gonbardaと違って牡馬相手に結果を出しておらず、ここはあくまでダークホース的存在か。Birkspielは厩舎の期待馬であったが、怪我による休養でここまでこれといった実績も無く大穴。
[2]. オイロパ賞結果
|| mazuda 05/09/27(火)00:09 [ 返信 ]
1Gonbarda(7)3F. Minarik 2:33.78
2Simonas(5)6E. Pedroza Head
3Salutino(6)3A. de Vries3
4Nicaron(8)3D. Bonilla Head
5Malinas(1)4W. Mongil 1
6Birkspiel(3)4T. Hellier 6
7North Queen(4)3T. Mundry 10
8Day Walker (2)3A. Starke 12

Salutinoは負傷によりSuboricsからde Vriesに乗り替わり。
スタート前にGonbardaが2度ゲートを破って飛び出し、不穏な空気が漂う。このトラブルで落ち着きを無くしたか隣のNicaronは出負け。
レースはBirkspielが引っ張りまずまずのペースで流れる。Gonbardaは2番手で積極的な競馬、Simonasは最後方に控えた。
4コーナーでSimonasは内からスルスルと上がって行く。残り2FでGonbardaがBirkspielを交わしたところ、Simonasが一気に先頭を奪いそのまま押し切りを図り残り1F。しかし、最後はSimonasの脚が上がり、追い上げて来たGonbardaがゴール前できっちりSimonasを差し返し頭差で勝利、今季ドイツNo.1を証明した。3着にはSalutinoがダービー馬Nicaronを抑えて入線。直線で進路が狭くなる場面があり、それさえなければ前2頭との差はもっと詰まっていたと思われ、キャリア4戦目という未熟さを考えると来年に期待が持たれる。

Gonbardaはこれで9戦5勝、G1は2勝目となる。年内で引退する予定で、この後はジャパンC、香港ヴァーズへの出走に意欲を見せている。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: