JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

欧州スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

592. 2009/06/16 セントジェームズパレスS (英G1 芝8F 3歳牡 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/06/16(火)00:20 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
16Born To Be King(USA)3Colt126C. O'Donoghue
210Delegator(GB)3Colt126J. Fortune
33Evasive(GB)3Colt126R. Moore
44Intense Focus(USA) 3Colt126K.J. Manning
59Lord Shanakill(USA) 3Colt126J. Crowley
68Mastercraftsman(IRE)3Colt126J. Murtagh
77Orizaba(IRE)3Colt126L. Dettori
81Pure Poetry(IRE) 3Colt126D. O'Neill
92Set Sail(IRE) 3Colt126J.A. Heffernan
105Soul City(IRE) 3Colt126R. Hughes

愛2,000ギニー馬Mastercraftsmanが実績で断然。ベストパフォーマンスでも無論そうだが、それは全て愛でのもの、英では休み明けの2,000ギニー5着と微妙な結果。人気程の差があるのか、真価が試される。
Delegatorは2,000ギニーでMastercraftsmanに先着する2着。愛2,000ギニーでは見せ場無く惨敗したが、コースと酷い道悪が堪えたとみえ、ここは巻き返しを狙う。デューハーストSでDelegatorらを破っているG1馬Intense Focusは、G3愛2,000ギニートライアル2着以来。状態のフレッシュさでは有利だが、ちょっと間隔が空いたか。Evasiveは休み明けで2,000ギニー6着、Mastercraftsmanとは僅差だった。今回それ以来でこちらも余力は充分。
愛2,000ギニーで休み明けも3着に食い込んだSoul City、G3ポールドモーサック賞3着を一叩きして臨むOrizabaも上位をうかがう。
[1]. セントジェームズパレスS結果
|| mazuda 09/06/19(金)01:26 [ 返信 ]
1Mastercraftsman126J. Murtagh 1:39.21
2Delegator126J. Fortune Neck
3Lord Shanakill 126J. Crowley 1 1/2
4Evasive126R. Moore 1 3/4
5Intense Focus 126K.J. Manning 1 1/2
6Pure Poetry 126D. O'Neill 1 1/4
7Orizaba126L. Dettori 7
8Soul City 126R. Hughes 10
9Born To Be King126C. O'Donoghue 12
10Set Sail 126J.A. Heffernan6

Mastercraftsman、Soul Cityが好スタートを見せるが、外からSet Sailが押してゆき、レースを先導する。Mastercraftsmanが2番手、Born To Be Kingが続き、Soul City、Lord ShanakillがいてDelegatorは中団、Evasiveは後ろから。
コーナーを回ってゆくと隊列がかわり、1、2番手はそのままだが、3番手はLord Shanakillがリードする3頭横並び、Delegatorがその直後でDelegatorは内を綺麗に回って抜け出す隙を狙っている。
直線を向くとすぐMastercraftsmanSet Sailをかわして先頭、その直ぐ外へ持ち出したLord Shanakillが付いて、2頭が追い比べに入る。そこへ、Delegatorが迫り、2頭の間に出来たスペースを割って出ると、残り1FではDelegatorが先頭に立つ。しかし、Mastercraftsman、Lord Shanakillも粘り、Mastercraftsmanはしつこく食い下がった末、ゴール前でDelegatorを差し返すと首だけ前に出てゴール。

Mastercraftsmanは愛2,000ギニーからの連勝でG1は4勝目。9年前に同レースを制した厩舎の先輩Giant's Causewayを思い起こさせるような闘志を、O'Brien師も絶賛。距離延長も大丈夫、と10F戦への参戦も示唆した。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: