JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

欧州スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

599. 2009/06/28 愛ダービーS (愛G1 芝12F 3歳牡牝 カラ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/06/27(土)01:29 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
19Byzantine(GB)3Colt126J.P. O'Brien
21Drumbeat(IRE)3Colt126P.J. Smullen
312Fame And Glory(GB) 3Colt126J. Murtagh
48Gan Amhras(IRE) 3Colt126K.J. Manning
57Golden Sword(GB) 3Colt126C. O'Donoghue
64Hail Caesar(IRE) 3Colt126D. McCabe
75Loch Long(IRE) 3Colt126P. Shanahan
83Masterofthehouse(IRE)3Colt126J.A. Heffernan
910Mourayan(IRE)3Colt126F.M. Berry
102Recharge(IRE)3Colt126C.D. Hayes
1113Rockhampton(IRE)3Colt126S.M. Levey
1211Sea The Stars(IRE) 3Colt126M.J. Kinane
136The Bull Hayes(IRE) 3Colt126D.P. McDonogh

英2冠馬Sea The Starsがエントリーしてきた。出否は馬場との相談もあるだろうが、ダービーSで見せた力の差からすると、出てくればここも最有力。カラでもG2ベレスフォードS勝ちがある。
ダービーSで僅差の2着争いをした中から、2着Fame And Glory、3着Masterofthehouse、5着Golden Swordが参戦、いずれも今回7頭出しとなるO'Brien厩舎の馬。英ダービー時は鞍上の配役に首をひねる部分があったが、今回はBallydoyleの主戦MurtaghがFame And Gloryで序列通り。Fame And GloryはG2愛ダービートライアルを圧勝、MasterofthehouseとGolden SwordはG3チェスターヴァーズの2、1着馬である。
2,000ギニーSでSea The Starsの3着だったGan Amhrasはダービーで11着と大敗。しかし血統的には距離伸びて良さそうなだけに、1戦で見限るのは早計か。Mourayanは愛ダービートライアルでFame And Gloryの2着。しかし5馬身離され、G3バリサックスSに続く連敗とFame And Gloryに対し分が悪い。Rechargeは愛2,000ギニー4着から。こちらはデビューから全て8Fを使われており、実力以前に距離を克服する必要ありか。
[1]. 愛ダービーS結果
|| mazuda 09/06/30(火)03:03 [ 返信 ]
1Fame And Glory 126J. Murtagh 2:30.87
2Golden Sword 126C. O'Donoghue 5
3Mourayan126M.J. Kinane 1
4Masterofthehouse126J.A. Heffernan10
5Recharge126C.D. Hayes 8
6Gan Amhras 126K.J. Manning 2 1/2
7The Bull Hayes 126F.M. Berry 1/2
8Loch Song 126P. Shanahan Short Head
9Rockhampton126S.M. Levey 3
10Byzantine126J.P. O'Brien 25
11Drumbeat126P.J. Smulllen 13
Non Runner: Hail Caesar, Sea The Stars

Rockhamptonが飛ばしてGolden Swordが2番手、Gan Amhras、Mourayanが続き、Fame And Gloryは中団、その直後にMasterofthehouseの展開。
Rockhamptonのリードは大きく広がり6馬身、Golden Swordもポツンと単騎でその後ろは更に4馬身、その後ろは序盤馬群となっていたが、コーナーを回ってゆく内Gan AmhrasとMourayanが更に後ろを引き離しかなり縦長に。しかしFame And Gloryは慌てず徐々に差を縮めてゆく。
Rockhamptonは勝負所で流石に一杯、Golden Swordがかわして先頭でラストスパートをかけ、Mourayan、Gan Amhrasが続くが、Gan Amhrasは余力が無いのか分が悪い。Fame And GloryはMourayanの直後まで接近、前を追う。
Golden Swordが先頭で直線に入り、Mourayanが2番手、そのすぐ外にFame And Glory、Masterofthehouseが後ろに続く。ここから1頭Fame And Gloryが際立った末脚を披露、残り2FでMourayanを苦も無く抜き去ると、僚馬Golden Swordもとらえにかかる。こちらもそうてこずることなくかわし、残り1Fで勝負を決めたFame And Gloryが5馬身差を付け圧勝。2着Golden Sword、3着Mourayan。

Fame And GloryはG1初勝利。Sea The Starsの回避で一本かぶりとなった人気に応えた。RockhamptonのペースメイキングでFame And Gloryにおあつらえ向きの流れを作り出した、Ballydoyleの総合力と地の利が際立った。O'Brien師は同レース4連覇で、最多の7勝目。
[2]. 愛ダービーS結果
|| mazuda 09/07/04(土)00:17 [ 返信 ]
Fame And Gloryは昨年のクリテリウムドサンクルー以来のG1、2勝目、の間違いでした。

http://jse.jpn.org/raceboard/raceboard.pl?categ=abroad&key=eu&mode=Tree&page=571&topicno=571

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: