JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

欧州スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

814. 2011/10/15 チャンピオンS (英G1 芝10F 3歳上 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/14(金)01:57 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
11Cirrus Des Aigles(FR)5Gelding129C. Soumillon
211Green Destiny(IRE) 4Gelding129K. Fallon
37Ransom Note(GB) 4Colt129M. Hills
49So You Think(NZ) 5Horse129R. Moore
55Sri Putra(GB) 5Horse129N. Callan
68Twice Over(GB) 6Horse129I. Mongan
74Wigmore Hall(IRE) 4Gelding129J. Spencer
83Midday(GB)5Mare126T. Queally
92Snow Fairy(IRE) 4Filly126O. Peslier
106Casamento(IRE)3Colt124R. Hughes
1112Dubai Prince(IRE) 3Colt124L. Dettori
1210Nathaniel(IRE)3Colt124W. Buick

中距離路線のトップを走るSo You Thinkと、3歳長距離の大将格Nathaniel、凱旋門賞でみたかったがここで対戦が実現しそう。So You Thinkは前走の凱旋門賞4着に終わったが、勝ち馬以外との差は僅かで、適正より少し長い距離、不向きな展開の中でまあまあの健闘。中距離での評価を落とす必要は無い。Nathanielはメンバーの揃ったG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスSを快勝している。こちらは勝ち鞍が全て長距離で、中距離戦を戦ったことが無いのが気になるところ。
Snow Fairyは前走凱旋門賞3着。So You Thinkに先着したのは道中の位置取りの分だろうが、2戦続けてSo You Thinkと渡り合った内容から、それ以前とは出来が違う感じ。Snow Fairyに対して分が良いMiddayはG1ナッソーSに勝利。牡馬の一線級にははね返されているが、それでも連対は外していない。引き続き、主戦のQueallyはこちらの手綱をとる。Middayの僚馬Twice Overは前走のG1英国際SでMiddayに勝った。2連勝で復調気配をみせている。このレースは2連覇中だが、今年はアスコットに移ったので相性を云々は出来ない。Cirrus Des Aiglesは今年全て重賞で9戦して着外ゼロ、G1でも2着するなど本格化してきた。前走はG2ドラール賞2着。Godolphinの3歳馬Dubai Princeは3戦3勝、1年前にG3キラヴランSを完勝したが、今年は前半戦を棒に振り、1ヶ月前に漸く復帰。下級戦での一叩きは流石に力の違いをみせて勝ってきた。
Green DestinyはストレンソールS、アークトライアルとG3を連勝、急激に伸びてきた。CasamentoはG1レーシングポストトロフィーの勝ち馬だが、前走のG3プランスドランジュ賞で漸く今年の初勝利をあげている。
11/10/14(金)01:59 編集
[1]. チャンピオンS結果
|| mazuda 11/10/18(火)01:48 [ 返信 ]
1Cirrus Des Aigles129C. Soumillon2:02.52
2So You Think 129R. Moore 3/4
3Snow Fairy 126O. Peslier 1/2
4Midday126T. Queally 2
5Nathaniel124W. Buick Short Head
6Green Destiny 129K. Fallon 1 1/2
7Sri Putra 129N. Callan 2 1/4
8Ransom Note 129M. Hills 2 1/4
9Wigmore Hall 129J. Spencer Short Head
10Twice Over 129I. Mongan 3/4
11Casamento124M. Barzalona3 1/2
12Dubai Prince 124L. Dettori 69

Dubai Prince、So You Thinkは好スタート。外からNathaniel、真ん中からRansom Noteが出てゆき、2頭が並んで前。So You Thinkは3番手に付け、その後ろにDubai Prince、Twice OverCirrus Des AiglesSnow Fairyは中団、Middayは中団より後ろで、Green Destinyが最後方から。
前は2頭雁行状態が続く。2馬身差でSo You Think。好位はCirrus Des Aiglesが単独4番手となり、直後にSnow Fairy、その後に馬群の塊が出来る。Middayは後ろから3、4番手。最後のコーナーにかかってくると、Nathanielがリードし始め、So You ThinkTwice Overも徐々に接近する。Snow FairyCirrus Des Aiglesはまだその内で大人しくしている。
直線を向いて、NathanielSo You Thinkが迫る。その外には、Snow FairyTwice Overの間が空いたCirrus Des Aiglesが上手く抜け出してくる。Snow FairySo You Thinkの後を追い、4頭が追い比べを演じる。残り300、So You ThinkNathanielをとらえて先頭に立つが、Cirrus Des Aiglesがすかさず並んでくる。残り1F、So You ThinkCirrus Des Aiglesの叩き合いが続くが、ラスト30でCirrus Des Aiglesがグイと前に出ると、そのまま3/4馬身リードして1着。2着So You ThinkSnow Fairyも追いすがったが3着まで。
11/10/19(水)00:31 編集


813. 2011/10/15 クイーンエリザベス2世S (英G1 芝8F 3歳上 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/14(金)01:56 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
14Bullet Train(GB) 4Colt129I. Mongan
25Dick Turpin(IRE) 4Colt129R. Hughes
31Poet's Voice(GB) 4Colt129L. Dettori
48Side Glance(GB) 4Gelding129J. Fortune
53Dubawi Gold(GB) 3Colt126J. Murtagh
67Excelebration(IRE)3Colt126J. Spencer
72Frankel(GB)3Colt126T. Queally
86Immortal Verse(IRE)3Filly123G. Mosse

若きマイル王Frankelが今季の締め括りを迎える。デビューから8戦無敗、前走はCanford Cliffsを5馬身突き放し、真っ向からこの馬を止められそうな存在は見当たらない。敢えて不安を挙げるなら、暴走気味に走り今年最も詰め寄られたG1セントジェームズパレスSと同じ舞台というところだが、前走のような走りが出来れば問題は無い。
相手は紅一点のImmortal Verseか。G1連勝中で、前走のG1ジャックルマロワ賞では女王Goldikovaをあっという間に抜き去り快勝。その末脚は、Frankelが脚を鈍らせた場合に大きな武器になる。Excelebrationは人気に応えて前走G1ムーランドロンシャン賞を勝ち、2連勝。セントジェームズパレスSでのFrankelに最後まで詰められなかったところは差を感じるが、ひと夏越えた成長をみせたい。
Dick Turpinは前走G1ヴィットーリオディカプア賞を勝った。ただ、英仏のG1では今年良いところが無い。アスコットは合っていて今年もG2サマーマイルを勝っている。Dubawi Goldは英愛の2,000ギニー2着馬。前々走のG2セレブレーションマイルで漸く重賞を勝ったが、前走のムーラン賞ではExcelebrationとやや差があった。昨年この舞台でRip Van Winkleを破ったPoet's Voiceだが、今年はドバイでの緒戦以外結果が出ていない。
[1]. クイーンエリザベス2世S結果
|| mazuda 11/10/18(火)01:47 [ 返信 ]
1Frankel126T. Queally 1:39.45
2Excelebration126J. Spencer 4
3Immortal Verse123G. Mosse 3 1/2
4Dubawi Gold 126J. Murtagh Neck
5Dick Turpin 129C. Soumillon3/4
6Poet's Voice 129L. Dettori 1/2
7Side Glance 129J. Fortune Head
8Bullet Train 129I. Mongan 2 3/4

Bullet Trainが飛び出しペースを作る。Dick Turpinが続き、Dubawi Gold、ExcelebrationときてFrankelは引っ張りながら5番手。Poet's Voiceがその後ろに居て、最後方からImmortal Verse
Bullet Trainは後続をどんどん引き離してゆく。2Fを過ぎてFrankelはたまらず上がってゆき2番手へ。Dick Turpinは外埒沿いへ1頭馬群を離れる。ExcelebrationFrankelの直後に付け、Immortal VersePoet's Voiceの後ろで一つ順番を上げる。残り3Fを切ってBullet Trainのリードがみるみる縮まってゆく。Dick Turpinは早くも手が激しく動き、後退気味。
残り300付近でBullet Trainはつかまり、Frankelが先頭に出る。Excelebrationが追ってゆき、内からはImmortal Verseも脚を伸ばす。Excelebrationはしばし食らい付いたが、残り1FでFrankelに引き離される。Immortal Verseも更に後れ、Frankelが勝負を決めた。最後は4馬身差を付けて、Frankelの完勝。2着Excelebration、3着Immortal Verse


812. 2011/10/09 グランクリテリウム (伊G1 芝1600m 2歳牡牝 サンシーロ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/08(土)02:14 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
14Lo Zoccolo Duro(IRE)2Colt56.0U. Rispoli
27Lui E La Luna(GB) 2Colt56.0D. Vargiu
31Nayarra(IRE)2Filly54.5M. Dwyer
42Rosa Eglanteria(GB) 2Filly54.5M. Demuro
56Royal Approval(ITY) 2Colt56.0L. Maniezzi
65Vedelago(IRE)2Colt56.0M. Esposito
73Vola E Va(GB) 2Colt56.0F. Branca

G3プリミパッシ賞を完勝しているVedelagoが主役。プリミパッシ賞で破ったSalureは、G1ジャンリュクラガルデール賞で大逃げを打ちあわやの3着となった。夏休み明けの前走も3 1/2馬身の楽勝、1500mでも問題無かった。
Lui E La Lunaは、3連勝で準重賞のルモン賞を勝ってきた。その前走は2着に5馬身差を付ける圧勝で、有力馬に急浮上した。
Nayarraは未勝利馬だが、G3プレスティジSでは勝ち馬から1/2馬身差、前走のオーソーシャープSも3/4馬身差の3着と、重賞でも相手なりに好走している。Lui E La Lunaと同厩のRosa Eglanteriaは牝馬の準重賞クールモア賞を4 1/2馬身差で勝ってきた。主戦のVargiuはLui E La Lunaに乗るが、こちらはDemuroを確保出来た。
[1]. グランクリテリウム結果
|| mazuda 11/10/14(金)01:55 [ 返信 ]
1Nayarra54.5M. Dwyer 1:35.70
2Rose Eglanteria54.5M. Demuro 1/2
3Vedelago56.0M. EspositoNeck
4Vola E Va 56.0F. Branca 2 3/4
5Lui E La Luna 56.0D. Vargiu 3
6Lo Zoccolo Duro56.0U. Rispoli 8
7Royal Approval 56.0L. Maniezzi6

Lo Zoccolo Duroが飛ばしてゆく。2番手Nayarra、3番手にRose Eglanteria、Vola E Vaと居て、Lui E La Luna、Vodelagoは後ろから。
Lo Zoccolo Duroはどんどんリードを広げ、2番手との差は12、3馬身。その後はほぼ一かたまりの馬群を形成している。直線を向いてもそのリードは変わらず、だが残り600を切ってくると、後続が前へ押し寄せる。
2番手に居たNayarraが真っ先にLo Zoccolo Duroに迫ってゆく。Rose Eglanteriaが追いかけ、内を突いたVedelagoがそこに並んでくる。外からはVola E Vaが追い上げる。残り200の手前でNayarraが先頭に変わる。2番手争いはRose EglanteriaとVedelagoとなるが、Rose Eglanteriaが制してNayarraに詰め寄ってゆく。しかし、Nayarraは最後までリードを守り、1/2馬身差で1着。2着Rose Eglanteria、3着Vedelago。


811. 2011/10/08 デューハーストS (英G1 芝7F 2歳牡牝 ニューマーケット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/07(金)00:25 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
11Bronterre(GB)2Colt127R. Hughes
27Ektihaam(IRE)2Colt127R. Hills
38Factory Time(IRE) 2Colt127C. Catlin
46Most Improved(IRE) 2Colt127M. Dwyer
53Parish Hall(IRE) 2Colt127K.J. Manning
69Power(GB)2Colt127R. Moore
72Red Duke(USA) 2Colt127T. Eaves
84Spiritual Star(IRE)2Colt127J. Fortune
95Trumpet Major(IRE) 2Colt127J. Murtagh

G1愛ナショナルSの勝ち馬Powerが実績で一枚上。ここまで5戦4勝2着1回と、申し分の無い歩みできている。ミドルパークSでは影の薄いO'Brien厩舎、こちらはものにしたい。Bronterreはデビュー2戦2勝の馬、前走の準重賞スターダムSではミドルパークSに出るJustineoを5馬身千切ってきた。重賞未経験だが、素質は高そう。Ektihaamも同じく2戦2勝。こちらはステークスも未経験だが、前走の一般戦は4馬身差の圧勝と、能力の高さをうかがわせる。
Spiritual Starは前走の未勝利戦は同じコースで6馬身差の圧勝、1勝馬とはいえ侮れない。同様なのがMost Iproved、デビュー戦2着の後、ニューマーケットの未勝利戦を5馬身差で勝ってきた。Red DukeはG2スーパーレイティヴの勝ち馬。その後もG2に出て、しっかり入着している。
[1]. デューハーストS結果
|| mazuda 11/10/12(水)01:33 [ 返信 ]
1Parish Hall 127K.J. Manning1:23.81
2Power127R. Moore 1/2
3Most Improved 127L. Dettori Head
4Bronterr e 127R. Hughes 1/2
5Trumpet Major 127J. Murtagh Neck
6Factory Time 127C. Catlin 2 1/2
7Spiritual Star127J. Fortune Neck
8Red Duke 127T. Eaves M. Core
9Ektihaam127R. Hills 4 1/2

Most Improvedの飛び出しが良いが、Spiritual Starがハナを切ってゆく。そこへParish Hallも付いてくる。Bronterreは1頭馬群と離れて内を進む。Powerも好位を追走、Ektihaamはその後ろに居る。
Bronterreが徐々に外へ行き馬群に合流する。前はSpiritual Starで、それにBronterreが続く。Parish Hallも差が無く3番手で追ってゆく。各馬追い出しにかかり、Spiritual Starは後退。Parish Hallが抜け出し、それをMost Improvedが追って、Bronterreが食らい付く。Powerはその後ろまだ4、5番手。Parish Hallが前に出て、Most Improved、Bronterreを振り切ろうとしたところへPowerが突っ込んでくるが、それも2番手まで。Parish Hallが1/2馬身リードを守って1着。2着Power、3着Ektihaam。
11/10/14(金)02:11 編集


810. 2011/10/08 ミドルパークS (英G1 芝6F 2歳牡 ニューマーケット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/07(金)00:24 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
13Arnold Lane(IRE) 2Colt124S. Hitchcott
21Balty Boys(IRE) 2Colt124M. Hills
316Bapak Chinta(USA) 2Colt124P. Makin
415B Fifty Two(IRE) 2Colt124S. Sanders
52Burwaaz(GB)2Colt124R. Hills
67Caspar Netscher(GB) 2Colt124R. Winston
78Crusade(USA)2Colt124J.A. Heffernan
812Family One(FR) 2Colt124O. Peslier
914Justineo(GB)2Colt124K. Fallon
1011Lilbourne Lad(ORE) 2Colt124R. Hughes
114Rebellious Guest(GB) 2Colt124T. Queally
1213Reply(IRE)2Colt124R. Moore
135Saigon(GB)2Colt124J. Murtagh
149Samminder(IRE)2Colt124W. Buick
156Tough As Nails(IRE) 2Colt124G.F. Carroll
1610West Leake Diman(IRE)2Colt124L. Dettori

4勝馬で重賞を2勝、G1モルニ賞でも2着しているFamily Oneが先ず有力。勝つ時は2着に差を付け、これまで連対を外していない。Caspar Netscherはこれが9戦目とキャリア豊富。最近2戦はG2を連勝、上昇を続けてきた。一方Bapak Chintaは2戦2勝、少ないキャリアで実績を積んでいる。今回は前走のG2ノーフォークSを勝ってから2ヶ月半ぶり。
Lilbourne LadはG2レイルウェイSの勝ち馬、G1フィーニクスSは4着だった。前々走のG2ジムクラックSでCaspar Netscherの2着となっている。BurwaazはジムクラックSで3着、前走のG2フライングチルダーズSでは2着となり、Lilbourne Ladに先着した。Justineoはジムクラックでは4着、Lilbourne Ladとは1馬身くらいの差だった。前走は準重賞のスターダムSに出て2着。
Samminderはデビュー勝ちのあと、下級戦2着から来て、ステークスはこれが初めて。Crusadeは前走のG3タタソールズSが4着、未勝利勝ちと同じ6Fに戻るのは良いか。Tough As NailsはG1を2度経験し、フィーニクスSではLilbourne Ladに先着している。ここ2戦はもう一つだが、こちらも距離を縮めて巻き返したい。Saigonは前走がG2ミルリーフS3着、Caspar Netscherとは1馬身以内の差だった。Replyは前走ドンカスターで2勝目をあげている。
[1]. ミドルパークS
|| mazuda 11/10/12(水)01:30 [ 返信 ]
1Crusade124J.A. Heffernan1:10.75
2Lilbourne Lad 124R. Hughes 3/4
3Reply124R. Moore Head
4Balty Boys 124M. Hills Head
5Caspar Netscher 124R. Winston Head
6Saigon124J. Murtagh Short Head
7West Leake Diman124L. Dettori 1
8B Fifty Two 124S. Sanders 1
9Tough As Nails 124G.F. Carroll Neck
10Family One 124O. Peslier 1/2
11Justineo124K. Fallon Head
12Samminder124W. Buick 1 3/4
13Rebellious Guest124T. Queally 2 1/4
14Arnold Lane 124S. Hitchcott Neck
15Burwaaz124R. Hills Head
16Bapak Chinta 124P. Makin 18

Crusadeが好スタート。そのまま前に行くが、West Leake Dimanが出てゆき、外ではB Fifty Twoが先行、Balty Boysは1頭だけ馬群を離れて内埒沿いを進む。Reply、Bapak Chinta、Lilborne Ladらが好位に付け、Family One、Burwaazらが中団、その後ろにCaspar Netscherといった順。馬群は横に広がったまま直線コースを進んでゆく。
B Fifty Twoが先頭で、それをReply、Lilbourne Ladが追う。真ん中ではCrusadeがWest Leake Dimanに接近、内ではBalty Boysが前を進む。中盤になると、馬場の真ん中へ集まる馬群も外に後れなくなり、West Leake Diman、CrusadeとReply、Lilbourne Lad、そして
Balty Boysが並んでくる。そこから抜け出してきたのは真ん中のCrusade。West Leake Dimanを振り切って、Balty Boys、Replyとの馬体を大きく離した追い比べを制し、Crusadeが3/4馬身リードして1着。2着Lilborune Lad、3着Reply


809. 2011/10/02 オペラ賞 (仏G1 芝2000m 3歳上牝 ロンシャン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/01(土)01:45 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
15Announce(GB)4Filly58M. Guyon
22I'm A Dreamer(IRE) 4Filly58N. Partant
31Nahrain(GB)3Filly56L. Dettori
48Banimpire(IRE)3Filly56K.J. Manning
59Sandy's Charm(FR) 3Filly56O. Peslier
64Shamardanse(IRE)3Filly56F.-X. Bertras
711Haya Landa(FR) 3Filly56F. Blondel
83Julie's Love(GB) 3Filly56M. Barzalona
96Djumama(IRE)3Filly56A. Helfenbein
1010Glorious Sight(IRE)3Filly56G. Mosse
117Epic Love(IRE) 3Filly56S. Pasquier

格で言えばジャンロマネ賞を勝ってきたG1馬Announceが上位。SarafinaCirrus Des Aiglesと差の無い競馬をしてきただけのことはある。G1は勝っていないが、Banimpireは今年重賞を5勝、古馬相手や牡馬相手にも勝っている。G1では愛オークスで短頭差2着がある。しかしこれが今年11戦目、どこまで余力があるか。
Sandy's Charmは1600ばかり走っているが、G3リューレイ賞では5馬身差の圧勝を演じた。前走はG3クインシー賞2着。同様にマイルばかり走っているのはNahrain。前走は準重賞コーラルディスタフを勝った。ここまで3戦無敗、キャリアの少なさから先が楽しみな1頭だ。Glorious SightはBanimpire以上にタフに使われ、プーリッシュ2着、ディアーヌ賞3着がある。前走はG3プシュケ賞で9着と崩れたが、立て直すことができるか。Epic LoveはG1サンタラリ賞の2着馬。今年のサンタラリ賞はレヴェルが疑問だが、前走はG3ノネット賞2着で来ている。Djumamaは独からの参戦、あちらでは重賞を2勝している。ディアーナ賞ではDancing Rainの2着だった。前走はG3バーデン牝馬賞2着。
[1]. オペラ賞結果
|| mazuda 11/10/06(木)00:54 [ 返信 ]
1Nahrain56L. Dettori 2:02.74
2Announce58M. Guyon Nose
3Banimpire56K.J. Manning 1 1/2
4Sandy's Charm 56O. Peslier 1
5Djumama56A. HelfenbeinShort Neck
6Epic Love 56S. Pasquier Short Neck
7Haya Landa 56F. Blondel Short Neck
8Julie's Love 56M. Barzalona 2 1/2
9Glorious Sight56G. Mosse 1/2
10Shamardanse56F.-X. Bertras1 3/4
Non Runner: I'm A Dreamer

Shamardanseがペースを作る。Banimpireが2番手Nahrainが3番手に付け、好位にGlorious Sight、Announceが居る。Sandy's Charmは中団の外、Djumamaは中団より後ろ、最後方からEpic Love。
Shamardanseのリードは1馬身から1馬身半。2番手Banimpireも単独となり、Glorious Sightが3番手に上がってここが3頭並ぶ。真ん中の5番手がAnnounce。先頭から最後方までは7馬身くらいの馬群で進んでゆく。
直線入り口で先ず動いたのはBanimpire。追い出しにかかってShamardanseに並ぶ。残り300でBanimpireが抜け出し、Announce、Glorious Sightが追ってくる。Nahrainは最内に居たが、Banimpireが抜けた後の隙間を抜けてAnnounceに並んでくる。Glorious Sightはここで一杯となり、Sandy's CharmやEpic Loveはまだ差がある。抜け出した3頭の中で、Banimpireも後れ始め、最後はNahrainとAnnounceの追い比べ。馬体が完全に並び、最後は首の上げ下げでの勝負となる。結果は、Nahrainが鼻差前に出ていた。2着Announce、3着Banimpire。
11/10/06(木)00:56 編集


808. 2011/10/02 凱旋門賞 (仏G1 芝2400m 3歳上 ロンシャン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/01(土)01:44 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
18Workforce(GB)4Colt59.5R.L. Moore
26St Nicholas Abbey(IRE)4Colt59.5J.P. O'Brien
315Silver Pond(FR) 4Colt59.5T. Thulliez
41Hiruno D'Amour(JPN) 4Colt59.5S. Fujita
516Nakayama Festa(JPN) 5Horse59.5M. Ebina
614So You Think(NZ) 5Horse59.5J.A. Heffernan
713Sarafina(FR)4Filly58.0C.-P. Lemaire
811Snow Fairy(IRE) 4Filly58.0L. Dettori
912Treasure Beach(GB) 3Colt56.0C. O'Donoghue
1010Meandre(FR)3Colt56.0M. Guyon
115Masked Marvel(GB) 3Colt56.0W. Buick
127Reliable Man(GB) 3Colt56.0G. Mosse
139Shareta(IRE)3Filly54.5T. Jarnet
143Testosterone(IRE)3Filly54.5S. Pasquier
152Danedream(GER)3Filly54.5A. Starke
164Galikova(FR)3Filly54.5O. Peslier

So You Thinkは2011年欧州競馬の顔の1頭、コックスプレートに凱旋するプランもあったが、最終的にはここへ出てきた。今年5戦4勝2着1回でG1を3勝、申し分の無い成績だ。ただ、5戦全て得意の中距離を使われている。G1メルボルンC3着もあったが、この距離でギリギリの戦いとなった時体力がもつか。
一方地の利というものもあって、それを先ず受けるのがSarafina。昨年のこのレースで、もう無理というところから3着まで追い上げた。今年はG1ガネー賞2着の後3連勝、G1サンクルー大賞、前哨戦のG2フォワ賞を勝った。しかし、今回勝負となるような実力馬とはあまりやっていない。
昨年の勝ち馬Workforceは、今年はG3を1つ勝っただけ。但しG1エクリプス賞でSo You Thinkと僅差の競馬をしている。G1キングジョージ6世&クイーンエリザベスSからは、昨年それで勝っているのでケチを付ける程でもない。Goldikovaの半妹Galikovaは前哨戦シリーズの内牝馬のG1ヴェルメイユ賞勝ちから。そちらは軽めのメンバーだったが、その前は好メンバーのG2ギョームドルナーノ賞を完勝しており、ポテンシャルの高さを窺わせる。凱旋門賞への王道といえばG2ニエル賞から、今年はG1ジョッキークラブ賞勝ち馬、G1パリ大賞勝ち馬がワンツーを決めて、揃って出てきたのだが、前評判はそれ程でもない。Reliable Manはパリ大賞の負けっぷりが、Meandreは叩き上げの泥臭さが引っ掛かるのか。しかしReliable Manはこの舞台が如何にも合いそうなタイプだ。Masked MarvelはセントレジャーSの勝ち馬。ダービーSでは8着だったが、ここ4戦では3勝、充実してきている。Snow Fairyは今年勝っていないが、前走のG1愛チャンピオンSではSo You Thinkに1/2馬身まで迫った。あれだけの走りが出来るなら、瞬発力の活きるレースでは楽しみが大きい。Danedreamはベルリン大賞、バーデン大賞とG1を連勝中。独競馬はやや落ちるところだが、昨年のチャンピオン相手に5馬身、6馬身千切る競馬を続けているだけに、やれそうな気配を感じる。
ヒルノダムールはフォワ賞でSarafinaと短首差の競馬をして、そこそこの評価を得た。昨年のナカヤマフェスタと似た流れで、遠征緒戦であの競馬なら期待が持てるところ。そのナカヤマフェスタはフォワ賞4着。9ヶ月ぶりの実戦では着順は二の次、一度叩いて良くなってくれば、昨年2着があるだけにチャンスはありそう。
[1]. 凱旋門賞結果
|| mazuda 11/10/06(木)00:54 [ 返信 ]
1Danedream54.5A. Starke 2:24.49
2Shareta54.5T. Jarnet 5
3Snow Fairy 58.0L. Dettori Neck
4So You Think 59.5J.A. Heffernan1/2
5St Nicholas Abbey59.5J.P. O'Brien Short Neck
6Meandre56.0M. Guyon Short Neck
7Sarafina58.0C.-P. Lemaire Short Neck
8Silver Pond 59.5T. Thulliez 3/4
9Galikova54.5O. Peslier 4
10Hiruno D'Amour 59.5S. Fujita 3/4
11Nakayama Festa 59.5M. Ebina 2 1/2
12Workforce59.5R. Moore Neck
13Testosterone54.5S. Pasquier 1
14Treasure Beach 56.0C. O'Donoghue 2 1/2
15Reliable Man 56.0G. Mosse 6
16Masked Marvel 56.0W. Buick

先ず出て行ったのがTreasure Beach。こちらがBallydoyleの先導役か。2番手はShareta、TestosteroneとSt Nicholas Abbeyも前での競馬となる。ヒルノダムールもスタート良く、5番手に付ける。外にはMeandre、その後は馬込みとなる。中団にDanedreamGalikovaSnow Fairyが居て、Reliable Manは大きく外へ持ち出している。Sarafinaも外で後方4番手、その内にWorkforceSo You Thinkが居て、ナカヤマフェスタは後方から2頭目を進む。
Treasure Beachは4−5馬身リードをとってレースを引っ張る。2番手Sharetaも変わらずだが、コーナーを回ってゆくとSt Nicholas Abbeyが内から並びかける。その後も2馬身空いて好位以下の隊列が続く。フォルスストレートに近付くとTreasure Beachのリードが無くなってくる。フォルスストレートTreasure Beachはつかまり、St Nicholas Abbeyが先頭に変わる。So You Thinkは前にスペースが出来て少しポジションを上げてゆく。
直線を向いてSharetaがSt Nicholas Abbeyに並ぶ。ヒルノダムールは外へ出してSharetaを追う。ヒルノダムールの直後を上がってきたDanedreamが一気に加速すると、ヒルノダムールが下がったスペースから抜け出し、残り300で前をとらえる。Danedreamの後ろからはSnow Fairy、更に後ろにSo You Think、外ではMeandre、更に大外へ出したSarafinaが追い上げてくるが、先頭に出たDanedreamが残り200から後続を突き放し、独走態勢に入る。SharetaとSt Nicholas Abbeyが粘り、Snow FairySo You ThinkSarafinaがそこへ突っ込んでくるが、それらを後目にDanedreamが5馬身差で圧勝。2着はSharetaが残り、3着にはSnow Fairyが入った。

Danedreamは3戦連続G1制覇。独調教馬としてはStar Appeal以来36年ぶりに凱旋門賞を制した。残り400で素晴らしい手応えだった、追い出してからは夢をみているようだった、と鞍上Starke。Shiergen師は、競馬人生で最も素晴らしい瞬間だ、と喜びを顕にした。


807. 2011/10/02 フォレ賞 (仏G1 芝1400m 3歳上 ロンシャン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/01(土)01:43 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
18Marchand D'Or(FR)8Gelding58.0D. Bonilla
25Worthadd(IRE)4Colt58.0L. Dettori
36Dream Ahead(USA) 3Colt57.0W. Buick
47Surfrider(IRE)3Colt57.0C.-P. Lemaire
54Bewitched(IRE)4Filly56.5J.P. Murtagh
63Dever Dream(GB) 4Filly56.5R. Hughes
71Flash Dance(IRE) 5Mare56.5M. Barzalona
82Goldikova(IRE)6Mare56.5O. Peslier

女王GoldikovaのBCマイルへの壮行レースは今年もここ。昨年はこのレースをきっちり勝って、1400でも問題無いところを示した。今年は昨年程の迫力にはないが、常に勝負に絡んでおり、連続連対は足掛け2年、11戦にまで達した。
今回はまたGoldikovaと未対戦の有力馬が居る。Dream Aheadがそれ。昨年はFrankelのライヴァルとも目されたが、どうやらスプリンターだったようで、この夏からはスプリントに専念しG1を2勝。ただ勝ち鞍は全て6Fで、この条件でGoldikovaに対抗出来るか。
伊ダービー馬Worthaddは、G1ロイヤルロッジSでCanford Cliffsの2着となり、母国のG2カルロヴィッタディーニ賞は貫禄の完勝。前走のG1ジャックルマロワ賞は9着でGoldikovaからは大きく後れ、巻き返しを期す。Bewitchedは前走G3ルネサンスSを勝って重賞3勝目をあげた。スプリンターだが、こちらは7Fにも実績があり、6FのG1で結果が出なかったことからしてこの条件の方が良いかもしれない。ベテランMarchand D'Orは前々走のG1モーリスドゲスト賞で3着、前走はG3モートリー賞を勝ち、元気なところをみせている。
[1]. フォレ賞結果
|| mazuda 11/10/06(木)00:53 [ 返信 ]
1Dream Ahead 57.0W. Buick 1:18.10
2Goldikova56.5O. Peslier Head
3Surfrider57.0C.-P. Lemaire6
4Bewitched56.5J.P. Murtagh 1 3/4
5Worthadd58.0L. Dettori 2
6Marchand D'Or58.0D. Bonilla 1/2
7Flash Dance 56.5M. Barzalona 9
-Dever Dream 56.5R. Hughes -

Worthadd、Flash Danceが出てゆくが、先頭に出たのはFlash Dance。Worthaddが2番手で、Goldikovaは3番手。その後にDream Aheadが付ける。Dever Dream、Surfriderと続いて、BewitchedとMarchand D'Orが後方から。
残り300、Flash Danceの仕事はここまでで、内からGoldikova、外からWorthaddがかわしてゆく。Dream AheadWorthaddの外へ出してこれに付いてゆく。最内へ突っ込んでBewitched、Dream Aheadの後ろにはSurfriderもやって来る。やがてWorthaddも後れ始め、Goldikovaに今度はDream Aheadが勝負を挑む。Surfriderも突っ込んできて3番手に上がるが、GoldikovaDream Aheadが叩き合って突き放す。2頭の馬体が並んだ状態でゴールを迎えるが、僅かに頭差、外Dream AheadGoldikovaの前に出ていた。3着Surfrider。


806. 2011/10/02 ジャンリュクラガルデール賞 (仏G1 芝1400m 2歳牡 ロンシャン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/01(土)01:42 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
11American Devil(FR)2Colt57M. Guyon
25Veneto(FR)2Colt57T. Jarnet
37Fort Bastion(IRE) 2Colt57R. Hughes
44Salure(GB)2Colt57D. Vargiu
52Dabirsim(FR)2Colt57L. Dettori
66Mac Row(IRE) 2Colt57C.-P. Lemaire
73Sofast(FR)2Colt57O. Peslier

デビュー4連勝でG1モルニ賞を完勝したDabirsimが主役。重賞も既に2勝しており、前走は2着に3馬身差を付ける内容で、これを負かすのは簡単ではない。
相手はSofastか。モルニ賞では4着だったが、その後前哨戦のG3ロシェット賞を勝ってきた。ロンシャンで借りを返すことが出来るか。ロシェット賞の2、3着馬Mac Row、American Devilも有力馬に挙げられるだろう。Fort Bastionは未勝利馬だが、重賞も含めて2着が3回、経験は侮れない。
[1]. ジャンリュクラガルデール賞結果
|| mazuda 11/10/06(木)00:53 [ 返信 ]
1Dabirsim57L. Dettori 1:19.85
2Sofast57O. Peslier 3/4
3Salure57D. Vargiu Short Head
4Veneto57T. Jarnet Nose
5American Devil57M. Guyon 3/4
6Mac Row 57C.-P. Lemaire1 1/4
7Fort Bastion 57R. Hughes Neck

Salureがかかり気味に飛ばしてゆく。2番手American Devil、3番手Veneto、その後Fort BastionとSofastが並び、Dabirsimは最後方から。
Salureはコーナーで大きく膨れながら、5馬身、6馬身とリードを広げる。2番手以下は別の競馬をしているかのよう。3番手以下は一団となる。
直線を向いてもSalureのリードは変わらず。残り200でもまだ5馬身リードしていたが、ここから後続が押し寄せる。Salureのリードは一気に無くなるが、ここで良い脚を使ったのが最内を通ったDabirsimと、2頭を挟んで外を進んだSofast。しかし、先に前にでたDabirsimが一気に先頭に立つと、Sofastの追撃を首差抑えて1着。3着にはSalureが残った。


805. 2011/10/02 マルセルブサック賞 (仏G1 芝1600m 2歳牝 ロンシャン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/10/01(土)01:41 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
12Rajastani(IRE)2Filly56S. Pasquier
25Falls Of Lora(IRE) 2Filly56K.F. Fallon
36Yellow Rosebud(IRE)2Filly56P.J. Smullen
41Fire Lily(IRE) 2Filly56W.M. Lordan
53Elusive Kate(USA) 2Filly56W. Buick
64Zantenda(GB)2Filly56O. Peslier

2戦2勝でG3オーマール賞を勝ったZantendaと3連勝でカルヴァドス賞を勝っているElusive Kateの一騎打ちムードか。どちらもPeslierが手綱をとっていたが、Elusive Kateの方はBuickに戻る。無敗と、ロンシャンで勝っている点でZantendaがやや上か。だが勝ちっぷりではElusive Kateも負けない。
後は横一線に近いが、Yellow RosebudとFire Lilyは愛の重賞でMaybeの2着があり、Rajastaniはデビュー2連勝の後、オーマール賞でZantendaの2着。然程劣ってはいない。
[1]. マルセルブサック賞結果
|| mazuda 11/10/06(木)00:52 [ 返信 ]
1Elusive Kate 56W. Buick 1:38.10
2Fire Lily 56W.M. Lordan 3
3Zantenda56O. Peslier 1 1/4
4Yellow Rosebud56P.J. Smullen1 3/4
5Falls Of Lora 56K.F. Fallon 1/2
Non Runner: Rajastani

Elusive Kateがハナを切ってゆく。Fire Lily、Yellow Rosebudと続き、Zantendaは4番手、Rajastaniと並んで殿となる。
Elusive Kateは1馬身半程のリードで単騎逃げ。Fire Lilyはその差のまま付いてゆく。Yellow Rosebudは上がってきたRajastaniと並び、1頭Zantendaが最後方となる。
直線を向いて、Elusive Kateは外へ出し、Fire Lilyとの追い比べ。Zantendaは空いた内へ突っ込み、4頭とは離れた埒沿いを進む。一旦はElusive KateにZantendaが迫ったが、更に外へ流れながらElusive Kateがもう一伸び。残り100から再度リードを広げ、Elusive Kateが快勝した。2着はFire Lily、3着Zantenda。


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: