JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

欧州スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

847. 2012/06/24 サンクルー大賞 (仏G1 芝2400m 3歳上 サンクルー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/23(土)04:55 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
12Cirrus Des Aigles(FR)6Gelding58.0C. Soumillon
25Meandre(FR)4Colt58.0M. Guyon
34Shareta(IRE)4Filly56.5C.-P. Lemaire
41Danedream(GER)4Filly56.5A. Starke
53Galikova(FR)4Filly56.5O. Peslier
[1]. サンクルー大賞結果
|| mazuda 12/07/03(火)00:25 [ 返信 ]
1Meandre58M. Guyon 2:31.50
2Shareta56.5C.-P. Lemaire1 1/4
3Galikova56.5O. Peslier 1 1/2
4Danedream56.5A. Starke 1/2
Non Runner: Cirrus Des Aigles

Sharetaがハナを切り、2番手にDanedreamMeandreが続き、殿はGalikova
4頭一団、2馬身半程の隊列で淡々とレースは進む。Meandreはやや行く気が勝っているのか、Danedreamに並んでゆくが、馬順は変わることなく勝負所へ。
直線を向いて、Galikova、次いでMeandreの手が動きだす。その後Danedreamが満を持して追い出すが、反応が鈍い。Meandreはジリジリ伸びて、Sharetaをとらえるが、Danedreamは置いてゆかれ、伸びを欠いたままGalikovaにもかわされる。Meandreは残り200でSharetaとの追い比べにケリを付け、そのまま1 1/4馬身のリードをとって1着。2着SharetaDanedreamは最下位に終わった。


846. 2012/06/23 ゴールデンジュビリーS (英G1 芝6F 3歳上 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/22(金)01:24 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
12Genki(IRE)8Gelding130G. Baker
23Hitchens(IRE)7Gelding130F.M. Berry
39Jimmy Styles(GB) 8Gelding130R. Hughes
44Krypton Factor(GB) 4Gelding130K. Fallon
510Pastoral Player(GB) 5Gelding130D. Holland
614Royal Rock(GB) 8Gelding130T. Durcan
71Sirius Prospect(USA)4Gelding130S. Kelly
813Society Rock(IRE) 5Horse130J. Murtagh
98Soul(AUS)5Gelding130L. Dettori
106The Cheka(IRE) 6Gelding130T. Queally
1115Black Caviar(AUS) 6Mare127L. Nolen
125Moonlight Cloud(GB) 4Filly127T. Jarnet
1312Bogart(GB)3Colt123P. Makin
147Es Que Love(IRE) 3Colt123S. De Sousa
1511Restiadargent(FR)3Filly120M. Guyon
[1]. ゴールデンジュビリーS
|| mazuda 12/06/23(土)04:47 [ 返信 ]
オセアニアの最強ヒロインがいよいよ北半球に登場。Black Caviarが欧州での初戦を迎える。ここまで無敗で連勝街道を突っ走り、しかも短距離では決定的といえる差を、この路線の層が厚い豪州で付け続けている。遠征と馬場に苦しむことがなければ、その力をここでも見せ付けることだろう。
一方、欧州勢の筆頭はMoonlight Cloud。昨夏のG1モーリスドゲスト賞を4馬身差で圧勝し、ここ4戦で3勝。前走はG3パレロワイヤル賞を2馬身差で勝った。ただ、アスコットでは昨秋のG2ブリティッシュチャンピオンズスプリントSで敗れている。昨年の勝ち馬Society Rockは、昨秋には大敗が続いたが、今季初戦の前走G2デュークオヴヨークSでは勝ち馬と半馬身差の3着、持ち直してきた感がある。
G1ドバイゴールデンシャヒーンの勝ち馬Krypton Factorは、前走G1クリスフライヤースプリントで5着。芝では合成馬場程ではないかもしれない。また、欧州では実に1年9ヶ月ぶりの出走となる。Pastoral Playerは、前走G3ジョンオヴゴーントSを快勝、The Chekaは昨年のジョンオヴゴーントS勝ち馬で、前走のデュークオヴヨークSで頭差2着に来た。
[2]. ゴールデンジュビリーS結果
|| mazuda 12/06/30(土)00:23 [ 返信 ]
1Black Caviar 127L. Nolen 1:14.10
2Moonlight Cloud127T. Jarnet Head
3Restiadargent120M. Guyon Neck
4Soul130L. Dettori 3/4
5Society Rock 130J. Murtagh 3/4
6Krypton Factor 130K. Fallon Head
7Sirius Prospect130S. Kelly Neck
8Royal Rock 130T. Durcan 1 1/4
9Es Que Love 123S. De Sousa1/2
10Pastoral Player130D. Holland 1 1/2
11Genki130G. Baker 1/2
12The Cheka 130T. Queally 1 3/4
13Jimmy Styles 130R. Hughes 7
14Bogart123P. Makin 1
Non Runner: Hitchens

Soulがまず前に出て、Es Que Love、Jimmy Stylesが続く。外からはBogartとBlack Caviarが前へ。Moonlight Cloudは内の馬群の好位を進む。その隣にKrypton Factor、Society Rockは後方からの競馬。
BogartはSoulに並び、中外離れて2頭が引っ張る展開。Black CaviarはBogartの直後をピタリ追走する。やがて列が一つに合流したところで、先頭はSoul。Black CaviarはBogartにいつでも並べる位置で3番手を進む。Krypton Factorが好位に居て、Moonlight Cloudは後ろを回しBlack Caviarの外に持ってゆく。
各馬追い出しにかかってもBlack Caviarはまだ動かず。それでも2番手に上がり、追い出されると残り300で一気に先頭に出る。しかしそこからの伸びがもう一つ。Moonlight CloudがRestiadargentと叩き合いで伸びてくると、Black Caviarとの差が縮まってゆく。ゴール直前では、ついに馬体が並んだが、決勝線ではBlack Caviarが頭差、Moonlight Cloudの追撃を凌いだ。3着Restiadargent。
12/06/30(土)00:24 編集


845. 2012/06/22 コロネーションS (英G1 芝8F 3歳牝 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/21(木)00:58 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
19Bugie D'Amore(GB) 3Filly126M. Guyon
27Cardigan(IRE)3Filly126P. Hanagan
38Elusive Kate(USA) 3Filly126O. Peslier
411Fallen For You(GB) 3Filly126W. Buick
52Homecoming Queen(IRE)3Filly126J.P. O'Brien
63Intense Pink(GB) 3Filly126C. Catlin
71Irish History(IRE) 3Filly126M. Barzalona
86Laugh Out Loud(GB) 3Filly126L. Dettori
912Maybe(IRE)3Filly126J.P. O'Brien
1010Russelliana(GB)3Filly126R. Moore
114Samitar(GB)3Filly126M. Harley
125Starscope(GB)3Filly126J. Fortune
[1]. コロネーションS
|| mazuda 12/06/22(金)01:23 [ 返信 ]
英愛の1,000ギニー馬と、1,000ギニー1番人気馬が一堂に会する。1,000ギニーを勝ったHomecoming Queenは、その時の圧勝ぶりが光る。ただ、愛1,000ギニーは4着に終わり、嵌った感もあることは否めない。愛1,000ギニーを勝ったのはSamitar。年明け2戦の内容が悪かったが、復調した。元々G1で僅差2着があった馬。アスコットでは1年前にG3アルバニーSを勝っている。2歳女王のMaybeは1,000ギニー3着で、その後はオークスへ向かい5着。アスコットでは準重賞のチェシャムSを完勝がある。
昨年4連勝でG1マルセルブサック賞を勝ったElusive Kateは、ここが今季初戦、BCジュヴナイルフィリーズターフ8着以来の競馬となる。ブサック賞は3馬身差の完勝で、順調ならギニー馬とそん色ない力があるはずだが。Laught Out Loudは1,000ギニー8着の後連勝で、G2サンドリンガム賞を勝ってきた。年明けデビューで、ここ5戦の内4勝と勢いはある。Fallen For YouはG2メイヒルSでLyric Of Lightと僅差の2着がある。今季は初戦の条件戦を3 1/4馬身差で快勝してきた。
[2]. コロネーションS結果
|| mazuda 12/06/30(土)00:23 [ 返信 ]
1Fallen For You 126W. Buick 1:42.95
2Starscope126J. Fortune 3 1/4
3Irish History 126M. Barzalona2 1/4
4Samitar126M. Harley 2
5Bugie D'Amore 126M. Guyon Nose
6Laugh Out Loud 126L. Dettori 5
7Intense Pink 126C. Catlin 3/4
8Homecoming Queen126J.P. O'Brien3 1/4
9Russelliana126R. Moore 12
10Cardigan126P. Hanagan 30
Non Runners: Elusive Kate, Maybe

好スタートのLaugh Out Loudを制し、Homecoming Queenがハナへ行く。Samitarも前へ行き、4番手にIrish History。その後ややあってStarscope、Fallen For Youは後方2番手を進む。
Homecoming Queenは無理して逃げるとはいかないが、馬群はやや縦長になる。2番手はLaugh Out Loudがキープし、その内にSamitar、4番手のIrish Historyまでは一団といった感じで進む。直線を向くと馬群が詰まってきて、外からStarscopeも先行集団に迫る。
Laugh Out Loudは先に脚が上がってしまい、替わってSamitarとIrish HistoryがHomecoming Queenに迫る。後方から大外に回したFallen For YouはStarscopeに馬体を併せて追う。残り300、Homecoming Queenも止まったところでIrish Hisotryが先頭に立つが、それも束の間、外からFallen For Youが飛んできて、先頭を奪う。数10mの内に一気にリードを奪ったFallen For Youが、Irish Historyを制してジリジリ伸びてきたStarscopeに3 1/4馬身差を付けて快勝。3着はIrish History。


844. 2012/06/21 ゴールドC (英G1 芝20F 4歳上 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/20(水)00:28 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
17Askar Tau(FR) 7Gelding128G. Baker
22Bridge Of Gold(USA)6Horse128R. Moore
38Caucus(GB)5Gelding128W. Buick
41Fame And Glory(GB) 6Horse128J.P. O'Brien
59Nehaam(GB)6Gelding128P. Hanagan
63Opinion Poll(IRE) 6Horse128M. Barzalona
75Colour Vision(FR) 4Gelding126L. Dettori
86Gulf Of Naples(IRE)4Colt126S. De Sousa
94Saddler's Rock(IRE)4Colt126J. Murtagh
[1]. ゴールドC
|| mazuda 12/06/21(木)00:57 [ 返信 ]
連覇を狙うFame And Gloryが中心。昨夏の連敗が気になったが、いずれもカラの14F、距離は長い方が内容が良いし、アスコットは2戦2勝だ。休み明けの前走準重賞ヴィンテージクロップSも1着で、無難な立ち上がりをみせた。
追いかけるのは、これも昨年2着のOpinion Poll。その時から丸一年、連対を外しておらず、今はG3ドバイゴールドC、G3ヘンリー2世Sと重賞連勝中。そのOpinion Pollをこの1年で最も手酷く負かしたのがSaddler's Rock。G2ドンカスターCで4馬身差を付けた。前走の準重賞サヴァルベグSは2着に敗れたが、こちらも距離が伸びた方が良いクチか。Colour Visionは1年前から超長距離に転向、今季初戦の前走G3サガロSで重賞初制覇を果たした。
[2]. ゴールドC結果
|| mazuda 12/06/29(金)01:41 [ 返信 ]
1Colour Vision 126L. Dettori 4:42.05
2Opinion Poll 128M. Barzalona1/2
3Saddler's Rock126J. Murtagh Neck
4Gulf Of Naples126S. De Sousa 1
5Askar Tau 128G. Baker 3
6Nehaam128P. Hanagan 1
7Fame And Glory128J. Spencer 2 1/2
8Caucus128W. Buick 3
9Bridge Of Gold128R. Moore 48

Opinion Pollが好スタートを切るが、外からGulf Of Naplesがハナへ。Colour Vision、Saddler's Rock、Nehaamが続き、その後内にFame And Glory、その外にOpinion Pollの順。
ゆっくりしたペースで馬群は詰まり、Nehaam、Caucusが外から上がってゆく一方、内ではSaddler's Rockが前に詰まる場面も。Fame And Gloryは控えて7番手に下がる。後は、そのまま大きな動きも無く淡々と進んでいったが、残り7F、2番手NehaamがGulf Of Naplesに競りかけ、2頭が後続をやや引き離す。最終コーナーではColour Vision、Saddler's Rockも追い始めるが、Fame And Gloryは6番手に上がるも、まだ動かず。
直線を向いて、前2頭の追い比べにColour Visionが絡んでくる。Fame And Gloryは外へ出すが、追われてから思った程伸びない。一方、一旦Fame And Gloryに置かれたOpinion Pollが直線に入って伸びてきて、Colour Visionをとらえる。Nehaamは既に一杯、Gulf Of Naplesも分が悪くなっており、Opinion Pollが一旦先頭に出るが、Colour VisionはDettoriの檄に応えて差し返す。最後は再びColour Visionが1/2馬身前に出て1着。2着Opinion Poll、3着Saddler's Rock。


843. 2012/06/20 プリンスオヴウェールズS (英G1 芝10F 4歳上 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/20(水)00:27 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
110Big Blue Kitten(USA)4Colt126J. Murtagh
22Carlton House(USA) 4Colt126R. Moore
311City Style(USA) 6Gelding126M. Barzalona
44Colombian(IRE)4Colt126W. Buick
55Farhh(GB)4Colt126L. Dettori
61Planteur(IRE)5Horse126C. Soumillon
79Reliable Man(GB) 4Colt126G. Mosse
85Robin Hood(IRE) 4Colt126J.A. Heffernan
97So You Think(NZ) 6Horse126J.P. O'Brien
103Sri Putra(GB) 6Horse126N. Callan
116Wigmore Hall(IRE) 5Gelding126J. Spencer

G1タタソールズゴールドCで健在ぶりを示したSo You Thinkが抜けている。前走は6馬身差、相手が軽かったとはいえ、力の違いはしっかりみせた。
Carlton Houseは休み明けのG3ブリガディアジェラードSを勝って、1年ぶりの勝利をあげた。ダービーで1番人気にも推された素質馬が気を吐くか。Farhhは3戦無敗、前走はハンデ戦だが、2着に6馬身差を付ける圧勝を果たし、Dettoriを背にいきなりG1に挑む。前走G1イスパーン賞3着のPlanteur、ジョッキークラブ賞の勝ち馬で、今年はG1ガネー賞3着があるReliable Manも2番手争いの中か。
City Styleは今春ドバイのG1で続けて入着。ColombianはG3ゴードンリチャーズSを完勝している。
[1]. プリンスオヴウェールズS結果
|| mazuda 12/06/29(金)01:41 [ 返信 ]
1So You Think 126J.P. O'Brien 2:03.86
2Carlton House 126R. Moore 2 1/4
3Frahh126L. Dettori 1/2
4Reliable Man 126G. Mosse Neck
5Sri Putra 126N. Callan 1 1/4
6City Style 126M. Barzalona 3/4
7Planteur126C. Soumillon 1/2
8Colombian126W. Buick 1 3/4
9Wigmore Hall 126J. Spencer Short Head
10Big Blue Kitten126J. Murtagh 6
11Robin Hood 126J.A. Heffernan22

Robin Hoodがペースを作り、Big Blue Kitten、So You Thinkが続く。Carlton Houseは中団に付け、その後ろにPlanteur、Reliable Man、Farhhは後方から。
Robin Hoodは飛ばしてゆくが、Big Blue Kittenはそう離されず追走、その後やや間が空いてSo You Thinkという形になってくる。直線を向くとRobin Hoodは一杯。Big Blue Kittenが先頭に立ち、直後にSo You Think、外からWigmore Hallと上がってくる。
持ったままのSo You ThinkがBig Blue Kittenをとらえにかかるが、内の空いたところからCarlton Houseが伸びてくる。先頭に立ったCarlton Houseと、追い出したSo You Thinkが2頭で後続を引き離す。暫く2頭で追い比べとなったが、残り300程でSo You Thinkが抜け出し、Carlton Houseを置いてゆく。そのまま最後はリードを2 1/4馬身に広げてSo You Thinkが1着。2着Carlton House、3着Frahh。


842. 2012/06/19 セントジェームズパレスS (英G1 芝8F 3歳牡 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/20(水)00:26 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
18Arnold Lane(IRE) 3Colt126M. Harley
211Born To Sea(IRE) 3Colt126J. Murtagh
313Cogito(USA)3Colt126M. Dwyer
410Dragon Pulse(IRE) 3Colt126F.M. Berry
57Fencing(USA)3Colt126L. Dettori
66Foxtrot Romeo(IRE)3Colt126R. Hughes
71Gabrial(IRE)3Colt126J. Spencer
812Gregorian(IRE)3Colt126R. Moore
92Hermival(IRE)3Colt126G. Benoist
1014Lucayan(FR)3Colt126S. Pasquier
119Miblish(GB)3Colt126T. Queally
1215Most Improved(IRE)3Colt126K. Fallon
135Power(GB)3Colt126J.P. O'Brien
144Saigon(GB)3Colt126K. Mlczarek
153The Nile(GB) 3Colt126W. Buick
1616Wrote(IRE)3Colt126J.A. Heffernan

愛2,000ギニーの勝ち馬Powerが中心。2,000ギニー17着の惨敗から見事に立て直してきた。元々デビューから昨年一杯連対を外さなかった安定感のある馬で、アスコットでも既に勝ったことがある。良血Born To Seaは愛2,000ギニー5着。Power程ではないが、こちらも2,000ギニーからは良化した。Most ImprovedはG1デューハーストSで僅差の3着がある馬。今季初戦はG1ジョッキークラブ賞に出て14着、一叩きしたことで前進を狙う。Dragon PulseはG1愛ナショナルSでPowerと僅差の2着に来た馬。今年もG3フォンテンブロー賞でDabirsimを破ったが、前走のプールデッセデプーランは9着。とはいえ勝ち馬との差は2馬身半程で、巻き返しは狙える。
プーランを勝ったLucayanは、ここまで連を外しておらず、現在連勝中。前走は目立つレースではなかったが、力はある。愛2,000ギニーでPowerの2着だったFoxtrot Romeo、2,000ギニーでは3着とこのメンバーで最先着しているHermivalもそう差は無い。G1BCジュヴナイルターフの勝ち馬Wroteは、愛2,000ギニー7着。とはいえ、前々走からの良化はみえる。
12/06/22(金)01:23 編集
[1]. セントジェームズパレスS結果
|| mazuda 12/06/27(水)02:20 [ 返信 ]
1Most Improved126K. Fallon 1:40.14
2Hermival126G. Benoist 3/4
3Gregorian126R. Moore Head
4Born To Sea 126J. Murtagh 1
5Gabrial126J. Spencer 2
6Foxtrot Romeo126R. Hughes Nose
7Saigon126K. Milczarek 1/2
8Cogito126M. Dwyer 1
9Lucayan126S. Pasquier 1 1/4
10Miblish126T. Queally 1
11Dragon Pulse 126F.M. Berry 2 1/4
12Power126J.P. O'Brien 7
13Fencing126L. Dettori 9
14Wrote126J.A. Heffernan6
15Arnold Lane 126M. Harley Distance
-The Nile 126W. Buick -

Hermival、Foxtrot Romeoがまず出てゆき、外からWroteも前へ。そこからWroteがハナを主張。Foxtrot Romeoが続き、3番手はMost Improved。Hermivalが並び、Born To Seaは中団、その外にLucayanが付ける。そこから下がってDragon Pulse、Powerはその内、後方3番手からの競馬。
Wroteは先頭に立ってからは無理に飛ばしてゆくでもなくレースを引っ張る。中盤2番手に上がったMost ImprovedはコーナーにかかるとWroteの後をとらえ、並びかける勢い。3番手にはGregorianが上がってくる。
直線を向いて間も無くMost Improvedが先頭に踊り出る。その後をGregorianとFoxtrot Romeoが追い、Hermival、Lucayanが続く。2番手2頭がMost Improvedに追い付くかにみえたが、残り300からMost Improvedが再び体勢優位に。2番手争いはGregorianが制し、そこへ盛り返してきたHermival、差してきたBorn To Seaが加わるが、Most Improvedが最後までリードを3/4馬身守り1着。2着には最後Hermivalが上がり、Gregorianが3着。


841. 2012/06/19 キングズスタンドS (英G1 芝5F 3歳上 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/19(火)22:49 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
120Amour Propre(GB) 6Gelding130D. O'Neill
28Bated Breath(GB) 5Horse130J. Doyle
323Dinkum Diamond(IRE) 4Colt130F. Sweeney
414Hamish McGonagall(GB)7Gelding130D. Allan
516Joy And Fun(NZ) 9Gelding130B. Doyle
67Little Bridge(NZ) 6Gelding130Z. Purton
718Masamah(IRE)6Gelding130J. Spencer
83Medicean Man(GB) 6Gelding130L. Nolen
912Monsieur Joe(IRE) 5Gelding130W. Buick
1013Prohibit(GB)7Gelding130J. Crowley
1119Secret Asset(IRE) 7Gelding130G. Baker
1222Sole Power(GB) 5Gelding130J. Murtagh
136Spirit Quartz(IRE) 4Gelding130L. Dettori
1421Stone Of Folca(GB) 4Gelding130L. Morris
159Tangerine Trees(GB) 7Gelding130T. Eaves
1611Margot Did(IRE) 4Filly127H. Turner
1710Night Carnation(GB) 4Filly127J. Fortune
185Ortensia(AUS)7Mare127C.A. Williams
1915Wizz Kid(IRE) 4Filly127G. Mosse
202Bapak Chinta(USA) 3Colt124P. Makin
214Stepper Point(GB) 3Colt124M. Dwyer
2217Caledonia Lady(GB) 3Filly121P. Hanagan
231Ponty Acclaim(IRE) 3Filly121T. Durcan

まだBlack Cavierが後に控えるが、それでもスプリント戦でオセアニア勢は無視できない。豪G1馬で、ドバイでもG1アルクォズスプリントを制したOrtensiaが、実力・実績でトップを走る。後は、アスコットのようなコースでも問題なく走れるかどうか。一方欧州勢では、G1スプリントCでDream Headと微差の競馬をし、今季初戦のG2テンプルSを勝ったBated Breathが中心か。
G1でも善戦しており、今季2戦目のG2グロシェーヌ賞を勝ってきたWizz Kidもかなり有望な1頭。G1勝ち馬で、ここ3戦続けて2着、ドバイでOrtensia、テンプルSでBated Breathと小差だったSole Powerも勿論勝ちを狙える。
香港のトップスプリンターJoy And Funはもう9歳になるが、まだまだ力はある。この2月にもG1チェアマンズスプリントプライズを勝ち、アルクォズスプリントでは3着に来た。実績ではJoy And Funに劣るが、現在重賞2連勝中のLittle Bridgeも侮れない。Margot DidはG1ナンソープSの勝ち馬だが、その後4戦続けて大敗していて、浮上のきっかけが欲しい。Spirit QuartzはテンプルS3着。前走の準重賞アキレスSも勝ちきれない程勝ち味に遅いが、重賞でも非常に安定している。Tangerine Treesは昨秋のG1アベイ賞勝ち馬。前走のテンプルSは7着に終わったが、休み明けを1回叩いてどの程度上向くか。
12/06/20(水)00:25 編集
[1]. キングズスタンドS結果
|| mazuda 12/06/25(月)01:12 [ 返信 ]
1Little Bridge 130Z. Purton :59.69
2Bated Breath 130J. Doyle 3/4
3Sole Power 130J. Murtagh 1
4Medicean Man 130L. Nolen 1 1/4
5Spirit Quartz 130L. Dettori 1 1/2
6Night Carnation 127J. Fortune 3/4
7Caledonia Lady 121P. Hanagan Nose
8Tangerine Trees 130T. Eaves 1/2
9Ortensia127C.A. Williams1
10Wizz Kid 127G. Mosse 3/4
11Monsieur Joe 130W. Buick Head
12Ponty Acclaim 121T. Durcan 3/4
13Stepper Point 124M. Dwyer Neck
14Hamish McGonagall130D. Allan Head
15Prohibit130J. Crowley 2 1/4
16Joy And Fun 130B. Doyle 1 1/2
17Bapak Chinta 124P. Makin Neck
18Stone Of Folca 130L. Morris Head
19Secret Asset 130G. Baker 2 1/2
20Dinkum Diamond 130F. Sweeney Neck
21Margot Did 127H. Turner 1
22Amour Propre 130D. O'Neill 1
Non Runner: Masamah

Little Bridge、Night Carnation、Hamish McGonagall、Sole Powerなどが好スタート。しかし、まずハナに行ったのがTangerine Trees。Little Bridge、Ponty Acclaim、Hamish McGonagallらも前での競馬となる。馬群が寄り集まってくると、内が先行する形勢に。
残り2Fを切ると、Little BridgeがTangerine Treesをとらえ先頭に。そこへ追ってきたのが、Tangerine Treesの後ろからその外へ持ち出したBated Breath、内からSpirit Quartz。外の方からはSole Powerも伸びてくる。
残り1F、完全に抜け出したLittle BridgeをBated Breathが追うものの、そこから差が詰められない。結局そのまま3/4馬身のリードをLittle Bridgeが守って1着。2着Bated Breath、3着は外からSole Powerが入った。


840. 2012/06/19 クイーンアンS (英G1 芝8F 4歳上 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/19(火)22:49 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
16Bullet Train(GB) 5Horse126I. Mongan
23Excelebration(IRE)4Colt126J.P. O'Brien
38Frankel(GB)4Colt126T. Queally
410Indomito(GER)6Horse126W. Buick
511Premio Loco(USA) 8Gelding126G. Baker
64Red Jazz(USA) 5Horse126M. Hills
75Side Glance(GB) 5Gelding126J. Fortune
81Strong Suit(USA) 4Colt126R. Hughes
97Windsor Palace(IRE)7Horse126J.A. Heffernan
102Worthadd(IRE)5Horse126L. Dettori
119Helmet(AUS)4Colt125M. Barzalona

Frankelは今回もマイル戦。前走のロッキンジSでもブランクを感じさせず他を圧倒し、さして相手強化とも思われないここは確勝か。
相手もExcelebrationFrankelにこそ千切られているが、他の馬相手には力の違いをみせている。前回は実現しなかったStrong Suitの挑戦はここになった。昨秋にG2レノックスS、G2チャレンジSをいずれも完勝、本格化後にFrankelとは未対戦で、実績実力が伴う馬という点で期待はしたい。
他では、豪G1馬Helmet、伊2冠馬Worthadd、前走G3ダイオメドSを勝ってきたSide Glanceらが上位をうかがう。
[1]. クイーンアンS結果
|| mazuda 12/06/21(木)01:20 [ 返信 ]
1Frankel126T. Queally 1:37.85
2Excelebration126J.P. O'Brien 11
3Side Glance 126J. Fortune Neck
4Indomito126W. Buick 1
5Windsor Palace126J.A. Heffernan3
6Bullet Train 126I. Mongan 3/4
7Helmet125M. Barzalona Neck
8Premio Loco 126G. Baker 1 1/2
9Red Jazz 126M. Hills 3/4
10Strong Suit 126R. Hughes 1/2
11Worthadd126L. Dettori 1 1/2

Bullet Trainが先導に出るが、HelmetとExcelebrationがピタリと付いてゆく。その直後にFrankelが居て、Worthadd、Side Glanceも好位、Strong Suitは後方2番手から。
Bullet TrainとHelmetの差は1馬身も無く、ExcelebrationFrankelも離れず追走。馬群全体もそう伸びず、一団で進んでゆく。残り3Fにかかる辺りで、Helmetは手応えが悪くなり、Bullet Trainの内にExcelebrationと、その間を割ってFrankelが出る。
Bullet Trainも一杯になると、持ったままでFrankelが先頭。Excelebrationも追い出すが、Frankelはまだ馬なりで、残り2Fを過ぎ漸くスパートすると、もう後は千切るだけ。グングンリードを広げてゆくと、最後は11馬身の差を付けて、Frankelが圧勝。2着Excelebration、3着Side Glance。
12/06/21(木)01:21 編集


839. 2012/06/17 ディアーヌ賞 (仏G1 芝2100m 3歳牝 シャンティイ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/16(土)02:58 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
16Sagawara(GB)3Filly57G. Mosse
22Valyra(GB)3Filly57J.P. Murtagh
37Dalkala(USA)3Filly57C.-P. Lemaire
43Rjwa(IRE)3Filly57T. Jarnet
51Force Of Darkness(IRE)3Filly57I. Mendizabal
64Leaupartie(IRE)3Filly57G. Benoist
710Kissed(IRE)3Filly57J.P. O'Brien
811Up(IRE)3Filly57R.L. Moore
99Beauty Parlour(GB) 3Filly57C. Soumillon
105Best Of All(GER) 3Filly57A. Crastus
118Trois Lunes(FR) 3Filly57F.X. Bertras
1212Petite Noblesse(FR) 3Filly57M. Guyon
[1]. ディアーヌ賞
|| mazuda 12/06/17(日)00:18 [ 返信 ]
注目は、4戦無敗でプールデッセデプーリッシュを勝ったBeauty Parlour。前走は最後差を詰められ1馬身差の勝利だったが、危なげは無かった。距離延長さえこなせば、勝利に最も近いだろう。
無敗馬はBeauty Parlourの他にも3頭。その内、DalkalaはG3クレオパトル賞を4馬身差で完勝、昨年の英ダービー馬Pour Moiの半妹Kissedは準重賞のサルサビルSを8 1/2馬身差で圧勝してきた。共に中距離で結果を出し、しかも距離延長で良化したところが良い。プーリッシュ2着のUpも有力。勝ち味に遅いが、大崩れしない。
G1サンタラリ賞の上位3頭、Sagawara、Rjwa、Force Of Darknessに、G3ヴァントー賞でSagawaraを破っているTrois Lunes、もう1頭の無敗馬で、ここシャンティイの条件戦を3馬身差で完勝したValyraにもチャンスはあるか。
[2]. ディアーヌ賞結果
|| mazuda 12/06/22(金)01:33 [ 返信 ]
1Valyra57J.P. Murtagh 2:10.11
2Beauty Parlour 57C. Soumillon 3/4
3Rjwa57T. Jarnet 3
4Forces Of Darkness57I. Mendizabal4
5Dalkala57C.-P. LemaireNeck
6Leaupartie57G. Benoist Short Neck
7Up57R. Moore 1/2
8Sagawara57G. Mosse Neck
9Petite Noblesse 57M. Guyon 10
10Trois Lunes 57F.-X. Bertras20
11Kissed57J.P. O'Brien Distance
12Best Of All 57A. Crastus 1

Beauty Parlourも良いスタートを切るが、外からKissedがハナを主張。Beauty ParlourとSagawara、いきなり大外へ出したBest Of Allが2番手グループで、Dalkala、Trois Lunes、Forces Of Darkness、Rjwaが中団、Up、Valyraは後ろから。
Kissedは1馬身くらいのリードで逃げ、好位から中団はギッシリ、詰まった馬群となって進んでゆく。4コーナーにかかると、外へ膨れたBest Of Allがポジションを下げ、そのままフェードアウト。Beauty Parlourが2番手となり、それをTrois Lunes、Rjwaが追う展開、後方ではValyraが前へ上がってゆく。
直線を向くと間も無くBeauty Parlourが持ったままでKissedをとらえ先頭へ。Rjwa、Sagawaraが追いかけるが、Beauty Parlourのリードが広がる。そこへ、直線で好位の後ろまで上がってきていたValyraがRjwaのすぐ外から伸びてくる。残り300からグングンBeauty Parlourとの差を詰め、そこから2頭の追い比べ。Beauty Parlourも暫し抵抗したが、残り150でValyraがリードを奪うと、そのまま3/4馬身差Beauty Parlourを抑えて1着。2着Beauty Parlour、3着Rjwa。


838. 2012/06/10 ミラノ大賞 (伊G1 芝2400m 3歳上 サンシーロ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/09(土)02:57 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
16Atempo(GER)60.54ColtA. De Vries
21Earl Of Tinsdal(GER) 60.54ColtW. Buick
34Estejo(GER)60.58HorseM. Demuro
43Frankenstein(GB)60.55GeldingG. Arena
57Joshua Tree(IRE) 60.55HorseK. Adam
69Quiza Quiza Quiza(GB)59.06MareC. Demuro
72Saratoga Black(IRE) 60.55GeldingF. Branca
85Sopran Montieri(IRE) 53.53ColtD. Vargiu
98Vadamar(FR)60.54ColtC.-P. Lemaire
[1]. ミラノ大賞
|| mazuda 12/06/10(日)03:19 [ 返信 ]
Earl Of TinsdalはG1ラインラントポカルの勝ち馬。近走の実績では最上位だが、G1オイロパ賞3着、今季初戦のG2ゲルリンク賞も4着とその後は結果が思わしくない。1回使われどこまで上積みがあるか。そのゲルリンク賞を勝ったのはAtempo。ダービートライアルを勝った後姿を見せなかったが、今季2戦目で重賞初勝利をあげ、期待に応え始めた。一方、仏からはG2コンセイユドパリ賞の勝ち馬Vadamarが参戦。前走G2アルクール賞は2着で、休み明け初戦をこなしてきた。地元勢では、G1リディアテシオ賞の勝ち馬Quiza Quiza Quizaが上位か。前走の共和国大統領賞でも3着に来た。
G1加国際を勝ったこともあるJoshua Treeは、今年はG3ドバイゴールドCで2着がある。Saratoga Blackは今季G3アンブロシアーノ賞で重賞初勝利をあげたが、共和国大統領賞はブービー。今回はアンブロシアーノ賞を勝った時のBrancaとのコンビに戻る。
[2]. ミラノ大賞結果
|| mazuda 12/06/14(木)01:16 [ 返信 ]
1Earl Of Tinsdal 60.5W. Buick 2:30.00
2Quiza Quiza Quiza59.0C. Demuro 3 1/2
3Vadamar60.5C.-P. LemaireNeck
4Joshua Tree 60.5A. Kirby 1 1/2
5Sopran Montieri 53.5D. Vargiu 9
6Frankenstein60.5G. Arena 3 1/2
7Saratoga Black 60.5F. Branca 2
Non Runners: Atempo, Estejo

内からEarl Of Tinsdalが飛び出す。Quiza Quiza Quiza、Saratoga Black、Vadamarがそれに続いて前へ。Joshua Treeは後方からの競馬となる。
Quiza Quiza Quizaは一旦抑え、VadamarとSaratoga Blackの2番手争い。しかしEarl Of Tinsdalは1馬身半のリードを保ち、単騎で行く。後続は一団で、出入りのある展開になる。中盤でQuiza Quiza Quizaが再び2番手へ、その内でSaratoga Blackが付いている。
直線を向いてEarl Of Tinsdalが粘り込みを図る。Quiza Quiza Quizaが追いかけるが、差が縮まらない。残り400といったところでEarl Of Tinsdalはリードを広げにかかる。Vadamar、Joshua Treeも追ってくるものの、Earl Of Tinsdalには届きそうにない。そのままEarl Of Tinsdalが3 1/2馬身差を付け完勝。2着Quiza Quiza Quiza、3着Vadamar。


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: