JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

欧州スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

852. 2012/07/07 エクリプスS (英G1 芝10F7Y 3歳上 サンダウン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/07/06(金)01:43 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
13Cityscape(GB)6Horse133J. Doyle
21City Style(USA) 6Gelding133A. Ajtebi
35Crackerjack King(IRE)4Colt133R. Moore
410Farhh(GB)4Colt133L. Dettori
58Monterosso(GB)5Horse133M. Barzalona
64Nathaniel(IRE)4Colt133W. Buick
79Sri Putra(GB) 6Horse133N. Callan
87Twice Over(GB) 7Horse133T. Queally
96Bonfire(GB)3Colt122J. Fortune
102Cogito(USA)3Colt122R. Hughes

昨年のキングジョージを完勝したNathanielが復帰する。その時の内容は誇れるものだが、実績は長距離に集中し、G1英チャンピオンSでは5着に止まった。休み明けと、中距離での競馬のしかたが課題。Farhhは前走のG1プリンスオヴウェールズSで3着だった。2着Carlton Houseとは半馬身差で、キャリアまだ4戦ということを考えると、ここでも楽しみな存在。
Cityscapeは今年のG1ドバイデューティフリーを圧勝した。前走香港のG1チャンピオンズマイルでは10着と大敗し、巻き返しを期す。欧州でも重賞3勝をあげるが、この距離は初めて。3歳のBonfireは前走のダービー6着。距離か、或いは馬場が合わなかったか。G2ダンテSを勝った内容からすると、斤量差を活かして勝負は出来そう。Monterossoは今年のドバイワールドCを圧勝した。英ではG2キングエドワード7世S勝ちがあり、適性よりはどれだけ力を付けたかの問題か。昨年の伊ダービー馬Crackerjack Kingは、今年2戦2勝で前走G1伊共和国大統領賞を完勝した。ただ、国内では無敵でも、遠征してこれだけの相手となるとどうか。実績では最上位のTwice Overは昨年もG1英国際Sを勝ったが、今年は未勝利、前走のG3ゴードンリチャーズSでは大敗し、過度な期待は出来ない。
[1]. エクリプスS結果
|| mazuda 12/07/10(火)01:27 [ 返信 ]
1Nathaniel133W. Buick 2:06.94
2Farhh133L. Dettori 1/2
3Twice Over 133T. Queally 2 3/4
4Cityscape133J. Doyle 5
5Crackerjack King133R. Moore 3 1/4
6Bonfire122J. Fortune 7
7Sri Putra 133N. Callan 1/2
8Monterosso133M. Barzalona14
9City Style 133A. Ajtebi 17
Non Runner: Cogito

City Styleがハナに立ち、Nathanielが2番手。Crackerjack King、Cityscapeが好位に付け、外にMonterosso、その後Bonfire、Twice Over、Farhhが続く。
City Styleのリードは1馬身無く、Nathanielがピタリと付いてくる。中盤でMonterossoが3番手に上がり、Nathanielを追う。Farhh、Twice Overはややポジションを上げる。前がゆったりなので、後ろまであまり縦長にはならない展開。
直線を向くと直ぐにNathanielが先頭に変わる。内から再び上がってきたCityscapeが2番手に上がり、その後Twice Over、Crackerjack King、外からはFarhhが追ってくる。Cityscapeは手応えも良くNathanielを追ってゆくが、残り300でNathanielが振り切る。そこへ外からFarhhが迫ってくる。最後の1FはNathanielとFarhhが馬体を並べての追い比べとなるが、Nathanielが粘り腰を発揮して1/2馬身リードを守り1着。2着Farhh、3着Twice Over


851. 2012/07/01 プリティポリーS (愛G1 芝10F 3歳上牝 カラ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/07/01(日)01:21 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
13Bible Belt(IRE) 4Filly135F.M. Berry
25I'm A Dreamer(IRE)5Mare135J.P. Murtagh
31Izzi Top(GB) 4Filly135W. Buick
42Sapphire(IRE)4Filly135P.J. Smullen
56Maybe(IRE)3Filly124J.P. O'Brien
67Up(IRE)3Filly124C. O'Donoghue
74Was(IRE)3Filly124J.A. Heffernan

Ballydoyleが2歳女王と今年の英オークス馬を並べる。英オークス馬Wasは人気薄での勝利だったが、実績が無かっただけとも言える。現在3戦2勝、キャリアは浅く、伸びる余地は大きそうだ。2歳女王Maybeは今年未勝利、オークスは5着だったが、そう大きく離されたわけでもなく、距離短縮で前進したい。コロネーションSを回避して、こちらにエントリーしてきたということで、陣営には成算がありそう。
一方古馬では、重賞3連勝中のIzzi Topが主力。昨年のオークス3着馬だが、その後は負け無し。今年はG3ダーリアS、G2ミドルトンSを快勝している。Sapphireも連勝中で、前走は今季初戦のG3ノブレスSを4 3/4馬身差で完勝した。
[1]. プリティポリーS結果
|| mazuda 12/07/04(水)00:54 [ 返信 ]
1Izzi Top 135W. Buick 2:15.05
2Sapphire135P.J. Smullen 1 1/4
3I'm A Dreamer135J.P. Murtagh 1/2
4Up124C. O'Donoghue1/2
Non Runners: Bible Belt, Maybe, Was

O'Brien厩舎の人気2騎は回避。
Sapphireがハナを切り、2番手にIzzi Top。その後I'm A Dreamer、Upと続く。4頭でペースが速いわけでもないが、前から後ろまでは5−6馬身とやや伸びた展開。
直線を向いて、先に仕掛けたのはIzzi Top。その後Sapphireが追い出したが、Izzi Topは全力で追われる前にSapphireに並びかける。そこからラストスパートで抜け出したIzzi Topが、Sapphireに1 1/4馬身差を付けて1着。


850. 2012/07/01 独ダービー (独G1 芝2400m 3歳牡牝 ハンブルク) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/30(土)00:27 [ 返信 ]
出馬表
No.BoxHorseAgeSexWgt.Jockey
18Novellist(IRE)3Colt58E. Pedroza
29Black Arrow(IRE) 3Colt58L. Dettori
37Salon Soldier(GER) 3Colt58F. Minarik
45Feuerblitz(GER)3Colt58R. Havlin
515Pastorius(GER)3Colt58T. Hellier
612Munic Boy(USA) 3Colt58F. Tylicki
76Girolamo(GER)3Colt58A. Starke
810Baltic Rock(IRE) 3Colt58G. Hind
94Mano Diao(GB) 3Colt58F. Johansson
1014Andolini(GER)3Colt58J. Bojko
1111Nostro Amico(GER) 3Colt58A. Best
123Milord(GER)3Colt58A. de Vries
132Russian Song(GER) 3Colt58E. Frank
1413Anakin Skywalker(GER)3Colt58D. Porcu
151Macao(IRE)3Colt58A. Pietsch

4戦無敗、G3春季賞を6馬身差、G2ウニオンレネンを5馬身差で圧勝しているNovellistが断然。とにかく無敗で底がみえず、後続を全く寄せ付けない勝ちっぷりで、同世代では抜けている。
2番手はBlack Arrow。準重賞のハノーヴァーダービートライアルを完勝し、前走のG3バーヴァーリアンクラシックは小差2着、その時の勝ち馬はここに居ない。鞍上にはDettoriを配し、万全の構え。ハノーヴァーダービートライアルでBlack Arrowの2着だったFeuerbtlizは、前走G2伊ダービーを勝ってきた。Salon Soldierはバーヴァーリアンクラシックの3着馬。Black Arrowとの差は僅かに首だった。Baltic Rockは前走準重賞のブレーメンダービートライアルを勝ってきた。相手の手薄な前哨戦だったが、良化しているのは間違いない。
Pastoriusは昨秋G3ラティボアレネンでBlack Arrowに勝っているが、今年に入ってもう一つ。Munic Boyはウニオンレネン2着、Novellistには完敗したが、他の多くのライバルには先着している。距離にも不安は無い。Girolamoはステークスで結果を出せていないが、未勝利は11馬身差で圧勝している。厩舎の主戦でダービー5勝のStarkeが手綱をとるのもプラス。
[1]. 独ダービー結果
|| mazuda 12/07/04(水)00:53 [ 返信 ]
1Pastorius58T. Hellier 2:32.23
2Novellist58E. Pedroza 1/2
3Girolamo58A. Starke Short Head
4Baltic Rock 58G. Hind 1
5Black Arrow 58L. Dettori 1 1/4
6Andolini58J. Bojko 3 1/2
7Salon Soldier 58F. Minarik Head
8Nostro Amico 58A. Best Neck
9Anakin Skywalker58D. Porcu 1/2
10Feuerblitz58R. Havlin Head
11Macao58A. Pietsch 8
12Milord58A. De Vries 3
13Russian Song 58E. Frank 20
14Mano Diao 58F. Johansson10
Non Runner: Munic Boy

Anakin Skywalkerは前を挟まれ、Salon Soldierもゲートがもう一つで後ろから。まずMano Diaoが出てゆき、Macao、Feuerblitz、Black Arrowらも前へ。Salon Soldierは盛り返して、好位馬群の殿に。Novellistは控えて、その後ろ中団を進む。
最初のコーナーでMano Diaoは外へ膨れ、流れが落ち着いたところでMacaoが先頭に変わる。Black Arrowが3番手、その後ろにFeuerblitz。Novellistは11番手で外を回る。最後のコーナーにかかると、Feuerblitzが2番手に上がり、Macaoに迫る。内ピッタリを回ったSalon Soldierも4−5番手まで上がってくる。Novellistは大外、内から8−9等分くらい離れたところを回して前を追う。
大きく横に広がり、直線を向いて全馬追い出しにかかる。ここで先頭はFeuerblitz。内からSalon Soldier、外からGirolamo、Baltic Rockが追ってくる。Novellistはまだその後ろ。残り200を迎えるところでNovellistがついに前を差し切ろうか、というところまで来たが、そこへNovellistの後ろに居て直線で更に外へ持っていったPastoriusが伸びてくる。Novellistが内の馬をかわしたと思う間も無く外のPastoriusが先頭に変わり、1/2馬身差を付けて1着。2着Novellist、3着Girolamo。


849. 2012/07/01 ジャンプラ賞 (仏G1 芝1600m 3歳牡牝 シャンティイ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/30(土)00:26 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
13French Fifteen(FR) 3Colt58T. Thulliez
21Arnold Lane(IRE) 3Colt58M. Harley
35Aesop's Fables(USA)3Colt58M. Guyon
44Gregorian(IRE)3Colt58M. Barzalona
58Coup De Theatre(FR)3Colt58C.-P. Lemaire
67Xanadou(IRE)3Colt58C. Soumillon
72Caspar Netscher(GB)3Colt58S.W. Kelly
86Sofast(FR)3Colt58O. Peslier

G1クリテリウム国際の勝ち馬で、英2,000ギニーではCamelotと僅差の競馬をしたFrench Fifteen。ジョッキークラブ賞では10着に終わったが、1600の距離なら能力が活きるか。巻き返しを狙う。Xanadouはここまで1敗だけ、前走のG3ポールドムサック賞を快勝し、主要場で通じる力を示すと共に、このコースで結果を出した。Caspar NetscherはG1でこそ苦戦しているが、今年もG3グリーナムS、独2,000ギニーを勝つなど重賞で活躍、経験豊富だ。Gregorianは前走のG1セントジェームズパレスSで1馬身差の3着に来た。プーランでも5着とはいえ勝ち馬と半馬身差で、この距離ならかなりやれる。
Sofastは前走のジョッキークラブ賞11着。こちらもマイル前後なら安定し、G1ジャンリュクラガルデール賞でDabirsimの2着もある。Coup De Theatreは準重賞のオムニウム賞で、後にプーランを勝つLucayanを破った。しかしその後は低迷、浮上のきっかけをつかみたい。
12/06/30(土)00:26 編集


848. 2012/06/30 愛ダービー (愛G1 芝12F 3歳牡牝 カラ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/30(土)00:25 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
15Akeed Mofeed(GB) 3Colt126W. Buick
24Astrology(IRE)3Colt126J.A. Heffernan
32Born To Sea(IRE) 3Colt126J.P. Murtagh
43Camelot(GB)3Colt126J.P. O'Brien
51Imperial Monarch(IRE) 3Colt126C. O'Donoghue
67Light Heavy(IRE) 3Colt126K.J. Manning
76Speaking Of Which(IRE)3Colt126P.J. Smullen

英ダービーを完勝、無敗で2冠を達成したCamelotが今度は英愛ダービー制覇に臨む。前走のダービーは2着に5馬身差を付け、ここまで同世代では一枚抜けた存在。愛を拠点としながらカラは初出走という難はあるものの、4度目のG1制覇の可能性は高い。
挑むのは連勝中の馬達。Speaking Of Whichは未勝利、G3ガリニュールSと連勝、ガリニュールSは2着に9馬身差を付ける圧勝だった。Light Heavyは3連勝で、G3バリサックスS、G2デリンズタウンダービートライアルSを勝ってきた。G3ディーSを11馬身差で圧勝したAstrologyはダービーでCamelotの3着、しかし、前走のG2キングエドワード7世Sでは4着に終わり、巻き返しを期す。Imperial Monarchはデビュー2連勝でG3サンダウンクラシックトライアルを勝った後、ジョッキークラブ賞で8着。荒れたレースだったので、1戦だけでは見限れない。
[1]. 愛ダービー結果
|| mazuda 12/07/03(火)00:26 [ 返信 ]
1Camelot126J.P. O'Brien 2:43.96
2Born To Sea 126J.P. Murtagh 2
3Light Heavy 126K.J. Munning 9
4Akeed Mofeed126W. Buick 7 1/2
5Astrology126J.A. Heffernan33
Non Runners: Imperial Monarch, Speaking Of Which

Astrologyが飛ばしてゆく。2番手はAkeed Mofeed、その外にLight Heavyが並ぶ。Camelotは4番手、最後方からBorn To Sea
Astrologyはリードを広げるが、後続は落ち着いたもの。特に動きも無く淡々と追走してゆく。丘を登りきる辺りから後続がAstrologyとの差を縮め、4馬身から3馬身。直線を向くと間も無くAstrologyは一杯となる。
Akeed MofeedとLight Heavyが先頭を争うが、その直後に持ったままでCamelotがやってくる。追い出しにかかるとCamelotがあっさり前をとらえ、先頭に変わる。一旦抜け出すと、Camelotの優位は動かない。Born To SeaCamelotを追ってゆくが、離されないものの詰め寄ることも出来ず、そのままCamelotが2馬身差で1着。2着Born To Sea、Light Heavyが3着。


847. 2012/06/24 サンクルー大賞 (仏G1 芝2400m 3歳上 サンクルー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/23(土)04:55 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
12Cirrus Des Aigles(FR)6Gelding58.0C. Soumillon
25Meandre(FR)4Colt58.0M. Guyon
34Shareta(IRE)4Filly56.5C.-P. Lemaire
41Danedream(GER)4Filly56.5A. Starke
53Galikova(FR)4Filly56.5O. Peslier
[1]. サンクルー大賞結果
|| mazuda 12/07/03(火)00:25 [ 返信 ]
1Meandre58M. Guyon 2:31.50
2Shareta56.5C.-P. Lemaire1 1/4
3Galikova56.5O. Peslier 1 1/2
4Danedream56.5A. Starke 1/2
Non Runner: Cirrus Des Aigles

Sharetaがハナを切り、2番手にDanedreamMeandreが続き、殿はGalikova
4頭一団、2馬身半程の隊列で淡々とレースは進む。Meandreはやや行く気が勝っているのか、Danedreamに並んでゆくが、馬順は変わることなく勝負所へ。
直線を向いて、Galikova、次いでMeandreの手が動きだす。その後Danedreamが満を持して追い出すが、反応が鈍い。Meandreはジリジリ伸びて、Sharetaをとらえるが、Danedreamは置いてゆかれ、伸びを欠いたままGalikovaにもかわされる。Meandreは残り200でSharetaとの追い比べにケリを付け、そのまま1 1/4馬身のリードをとって1着。2着SharetaDanedreamは最下位に終わった。


846. 2012/06/23 ゴールデンジュビリーS (英G1 芝6F 3歳上 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/22(金)01:24 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
12Genki(IRE)8Gelding130G. Baker
23Hitchens(IRE)7Gelding130F.M. Berry
39Jimmy Styles(GB) 8Gelding130R. Hughes
44Krypton Factor(GB) 4Gelding130K. Fallon
510Pastoral Player(GB) 5Gelding130D. Holland
614Royal Rock(GB) 8Gelding130T. Durcan
71Sirius Prospect(USA)4Gelding130S. Kelly
813Society Rock(IRE) 5Horse130J. Murtagh
98Soul(AUS)5Gelding130L. Dettori
106The Cheka(IRE) 6Gelding130T. Queally
1115Black Caviar(AUS) 6Mare127L. Nolen
125Moonlight Cloud(GB) 4Filly127T. Jarnet
1312Bogart(GB)3Colt123P. Makin
147Es Que Love(IRE) 3Colt123S. De Sousa
1511Restiadargent(FR)3Filly120M. Guyon
[1]. ゴールデンジュビリーS
|| mazuda 12/06/23(土)04:47 [ 返信 ]
オセアニアの最強ヒロインがいよいよ北半球に登場。Black Caviarが欧州での初戦を迎える。ここまで無敗で連勝街道を突っ走り、しかも短距離では決定的といえる差を、この路線の層が厚い豪州で付け続けている。遠征と馬場に苦しむことがなければ、その力をここでも見せ付けることだろう。
一方、欧州勢の筆頭はMoonlight Cloud。昨夏のG1モーリスドゲスト賞を4馬身差で圧勝し、ここ4戦で3勝。前走はG3パレロワイヤル賞を2馬身差で勝った。ただ、アスコットでは昨秋のG2ブリティッシュチャンピオンズスプリントSで敗れている。昨年の勝ち馬Society Rockは、昨秋には大敗が続いたが、今季初戦の前走G2デュークオヴヨークSでは勝ち馬と半馬身差の3着、持ち直してきた感がある。
G1ドバイゴールデンシャヒーンの勝ち馬Krypton Factorは、前走G1クリスフライヤースプリントで5着。芝では合成馬場程ではないかもしれない。また、欧州では実に1年9ヶ月ぶりの出走となる。Pastoral Playerは、前走G3ジョンオヴゴーントSを快勝、The Chekaは昨年のジョンオヴゴーントS勝ち馬で、前走のデュークオヴヨークSで頭差2着に来た。
[2]. ゴールデンジュビリーS結果
|| mazuda 12/06/30(土)00:23 [ 返信 ]
1Black Caviar 127L. Nolen 1:14.10
2Moonlight Cloud127T. Jarnet Head
3Restiadargent120M. Guyon Neck
4Soul130L. Dettori 3/4
5Society Rock 130J. Murtagh 3/4
6Krypton Factor 130K. Fallon Head
7Sirius Prospect130S. Kelly Neck
8Royal Rock 130T. Durcan 1 1/4
9Es Que Love 123S. De Sousa1/2
10Pastoral Player130D. Holland 1 1/2
11Genki130G. Baker 1/2
12The Cheka 130T. Queally 1 3/4
13Jimmy Styles 130R. Hughes 7
14Bogart123P. Makin 1
Non Runner: Hitchens

Soulがまず前に出て、Es Que Love、Jimmy Stylesが続く。外からはBogartとBlack Caviarが前へ。Moonlight Cloudは内の馬群の好位を進む。その隣にKrypton Factor、Society Rockは後方からの競馬。
BogartはSoulに並び、中外離れて2頭が引っ張る展開。Black CaviarはBogartの直後をピタリ追走する。やがて列が一つに合流したところで、先頭はSoul。Black CaviarはBogartにいつでも並べる位置で3番手を進む。Krypton Factorが好位に居て、Moonlight Cloudは後ろを回しBlack Caviarの外に持ってゆく。
各馬追い出しにかかってもBlack Caviarはまだ動かず。それでも2番手に上がり、追い出されると残り300で一気に先頭に出る。しかしそこからの伸びがもう一つ。Moonlight CloudがRestiadargentと叩き合いで伸びてくると、Black Caviarとの差が縮まってゆく。ゴール直前では、ついに馬体が並んだが、決勝線ではBlack Caviarが頭差、Moonlight Cloudの追撃を凌いだ。3着Restiadargent。
12/06/30(土)00:24 編集


845. 2012/06/22 コロネーションS (英G1 芝8F 3歳牝 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/21(木)00:58 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
19Bugie D'Amore(GB) 3Filly126M. Guyon
27Cardigan(IRE)3Filly126P. Hanagan
38Elusive Kate(USA) 3Filly126O. Peslier
411Fallen For You(GB) 3Filly126W. Buick
52Homecoming Queen(IRE)3Filly126J.P. O'Brien
63Intense Pink(GB) 3Filly126C. Catlin
71Irish History(IRE) 3Filly126M. Barzalona
86Laugh Out Loud(GB) 3Filly126L. Dettori
912Maybe(IRE)3Filly126J.P. O'Brien
1010Russelliana(GB)3Filly126R. Moore
114Samitar(GB)3Filly126M. Harley
125Starscope(GB)3Filly126J. Fortune
[1]. コロネーションS
|| mazuda 12/06/22(金)01:23 [ 返信 ]
英愛の1,000ギニー馬と、1,000ギニー1番人気馬が一堂に会する。1,000ギニーを勝ったHomecoming Queenは、その時の圧勝ぶりが光る。ただ、愛1,000ギニーは4着に終わり、嵌った感もあることは否めない。愛1,000ギニーを勝ったのはSamitar。年明け2戦の内容が悪かったが、復調した。元々G1で僅差2着があった馬。アスコットでは1年前にG3アルバニーSを勝っている。2歳女王のMaybeは1,000ギニー3着で、その後はオークスへ向かい5着。アスコットでは準重賞のチェシャムSを完勝がある。
昨年4連勝でG1マルセルブサック賞を勝ったElusive Kateは、ここが今季初戦、BCジュヴナイルフィリーズターフ8着以来の競馬となる。ブサック賞は3馬身差の完勝で、順調ならギニー馬とそん色ない力があるはずだが。Laught Out Loudは1,000ギニー8着の後連勝で、G2サンドリンガム賞を勝ってきた。年明けデビューで、ここ5戦の内4勝と勢いはある。Fallen For YouはG2メイヒルSでLyric Of Lightと僅差の2着がある。今季は初戦の条件戦を3 1/4馬身差で快勝してきた。
[2]. コロネーションS結果
|| mazuda 12/06/30(土)00:23 [ 返信 ]
1Fallen For You 126W. Buick 1:42.95
2Starscope126J. Fortune 3 1/4
3Irish History 126M. Barzalona2 1/4
4Samitar126M. Harley 2
5Bugie D'Amore 126M. Guyon Nose
6Laugh Out Loud 126L. Dettori 5
7Intense Pink 126C. Catlin 3/4
8Homecoming Queen126J.P. O'Brien3 1/4
9Russelliana126R. Moore 12
10Cardigan126P. Hanagan 30
Non Runners: Elusive Kate, Maybe

好スタートのLaugh Out Loudを制し、Homecoming Queenがハナへ行く。Samitarも前へ行き、4番手にIrish History。その後ややあってStarscope、Fallen For Youは後方2番手を進む。
Homecoming Queenは無理して逃げるとはいかないが、馬群はやや縦長になる。2番手はLaugh Out Loudがキープし、その内にSamitar、4番手のIrish Historyまでは一団といった感じで進む。直線を向くと馬群が詰まってきて、外からStarscopeも先行集団に迫る。
Laugh Out Loudは先に脚が上がってしまい、替わってSamitarとIrish HistoryがHomecoming Queenに迫る。後方から大外に回したFallen For YouはStarscopeに馬体を併せて追う。残り300、Homecoming Queenも止まったところでIrish Hisotryが先頭に立つが、それも束の間、外からFallen For Youが飛んできて、先頭を奪う。数10mの内に一気にリードを奪ったFallen For Youが、Irish Historyを制してジリジリ伸びてきたStarscopeに3 1/4馬身差を付けて快勝。3着はIrish History。


844. 2012/06/21 ゴールドC (英G1 芝20F 4歳上 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/20(水)00:28 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
17Askar Tau(FR) 7Gelding128G. Baker
22Bridge Of Gold(USA)6Horse128R. Moore
38Caucus(GB)5Gelding128W. Buick
41Fame And Glory(GB) 6Horse128J.P. O'Brien
59Nehaam(GB)6Gelding128P. Hanagan
63Opinion Poll(IRE) 6Horse128M. Barzalona
75Colour Vision(FR) 4Gelding126L. Dettori
86Gulf Of Naples(IRE)4Colt126S. De Sousa
94Saddler's Rock(IRE)4Colt126J. Murtagh
[1]. ゴールドC
|| mazuda 12/06/21(木)00:57 [ 返信 ]
連覇を狙うFame And Gloryが中心。昨夏の連敗が気になったが、いずれもカラの14F、距離は長い方が内容が良いし、アスコットは2戦2勝だ。休み明けの前走準重賞ヴィンテージクロップSも1着で、無難な立ち上がりをみせた。
追いかけるのは、これも昨年2着のOpinion Poll。その時から丸一年、連対を外しておらず、今はG3ドバイゴールドC、G3ヘンリー2世Sと重賞連勝中。そのOpinion Pollをこの1年で最も手酷く負かしたのがSaddler's Rock。G2ドンカスターCで4馬身差を付けた。前走の準重賞サヴァルベグSは2着に敗れたが、こちらも距離が伸びた方が良いクチか。Colour Visionは1年前から超長距離に転向、今季初戦の前走G3サガロSで重賞初制覇を果たした。
[2]. ゴールドC結果
|| mazuda 12/06/29(金)01:41 [ 返信 ]
1Colour Vision 126L. Dettori 4:42.05
2Opinion Poll 128M. Barzalona1/2
3Saddler's Rock126J. Murtagh Neck
4Gulf Of Naples126S. De Sousa 1
5Askar Tau 128G. Baker 3
6Nehaam128P. Hanagan 1
7Fame And Glory128J. Spencer 2 1/2
8Caucus128W. Buick 3
9Bridge Of Gold128R. Moore 48

Opinion Pollが好スタートを切るが、外からGulf Of Naplesがハナへ。Colour Vision、Saddler's Rock、Nehaamが続き、その後内にFame And Glory、その外にOpinion Pollの順。
ゆっくりしたペースで馬群は詰まり、Nehaam、Caucusが外から上がってゆく一方、内ではSaddler's Rockが前に詰まる場面も。Fame And Gloryは控えて7番手に下がる。後は、そのまま大きな動きも無く淡々と進んでいったが、残り7F、2番手NehaamがGulf Of Naplesに競りかけ、2頭が後続をやや引き離す。最終コーナーではColour Vision、Saddler's Rockも追い始めるが、Fame And Gloryは6番手に上がるも、まだ動かず。
直線を向いて、前2頭の追い比べにColour Visionが絡んでくる。Fame And Gloryは外へ出すが、追われてから思った程伸びない。一方、一旦Fame And Gloryに置かれたOpinion Pollが直線に入って伸びてきて、Colour Visionをとらえる。Nehaamは既に一杯、Gulf Of Naplesも分が悪くなっており、Opinion Pollが一旦先頭に出るが、Colour VisionはDettoriの檄に応えて差し返す。最後は再びColour Visionが1/2馬身前に出て1着。2着Opinion Poll、3着Saddler's Rock。


843. 2012/06/20 プリンスオヴウェールズS (英G1 芝10F 4歳上 アスコット) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/20(水)00:27 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
110Big Blue Kitten(USA)4Colt126J. Murtagh
22Carlton House(USA) 4Colt126R. Moore
311City Style(USA) 6Gelding126M. Barzalona
44Colombian(IRE)4Colt126W. Buick
55Farhh(GB)4Colt126L. Dettori
61Planteur(IRE)5Horse126C. Soumillon
79Reliable Man(GB) 4Colt126G. Mosse
85Robin Hood(IRE) 4Colt126J.A. Heffernan
97So You Think(NZ) 6Horse126J.P. O'Brien
103Sri Putra(GB) 6Horse126N. Callan
116Wigmore Hall(IRE) 5Gelding126J. Spencer

G1タタソールズゴールドCで健在ぶりを示したSo You Thinkが抜けている。前走は6馬身差、相手が軽かったとはいえ、力の違いはしっかりみせた。
Carlton Houseは休み明けのG3ブリガディアジェラードSを勝って、1年ぶりの勝利をあげた。ダービーで1番人気にも推された素質馬が気を吐くか。Farhhは3戦無敗、前走はハンデ戦だが、2着に6馬身差を付ける圧勝を果たし、Dettoriを背にいきなりG1に挑む。前走G1イスパーン賞3着のPlanteur、ジョッキークラブ賞の勝ち馬で、今年はG1ガネー賞3着があるReliable Manも2番手争いの中か。
City Styleは今春ドバイのG1で続けて入着。ColombianはG3ゴードンリチャーズSを完勝している。
[1]. プリンスオヴウェールズS結果
|| mazuda 12/06/29(金)01:41 [ 返信 ]
1So You Think 126J.P. O'Brien 2:03.86
2Carlton House 126R. Moore 2 1/4
3Frahh126L. Dettori 1/2
4Reliable Man 126G. Mosse Neck
5Sri Putra 126N. Callan 1 1/4
6City Style 126M. Barzalona 3/4
7Planteur126C. Soumillon 1/2
8Colombian126W. Buick 1 3/4
9Wigmore Hall 126J. Spencer Short Head
10Big Blue Kitten126J. Murtagh 6
11Robin Hood 126J.A. Heffernan22

Robin Hoodがペースを作り、Big Blue Kitten、So You Thinkが続く。Carlton Houseは中団に付け、その後ろにPlanteur、Reliable Man、Farhhは後方から。
Robin Hoodは飛ばしてゆくが、Big Blue Kittenはそう離されず追走、その後やや間が空いてSo You Thinkという形になってくる。直線を向くとRobin Hoodは一杯。Big Blue Kittenが先頭に立ち、直後にSo You Think、外からWigmore Hallと上がってくる。
持ったままのSo You ThinkがBig Blue Kittenをとらえにかかるが、内の空いたところからCarlton Houseが伸びてくる。先頭に立ったCarlton Houseと、追い出したSo You Thinkが2頭で後続を引き離す。暫く2頭で追い比べとなったが、残り300程でSo You Thinkが抜け出し、Carlton Houseを置いてゆく。そのまま最後はリードを2 1/4馬身に広げてSo You Thinkが1着。2着Carlton House、3着Frahh。


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: