JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

欧州スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

921. 2013/06/01 コロネーションC (英G1 芝12F10Y 4歳上 エプソム) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/05/31(金)00:04 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
11Chamonix(IRE)4Colt126J.A. Heffernan
24Chapter Seven(GB) 4Gelding126H. Bentley
35Dunaden(FR)7Horse126J. Spencer
42Joshua Tree(IRE) 6Horse126R. Moore
53St Nicholas Abbey(IRE)6Horse126J. O'Brien

今年も既にG1ドバイシーマクラシックで結果を出しているSt Nicholas Abbeyが断然。このレースは昨年完勝しており、相手関係、頭数からしても死角は無い。
DunadenはシーマクラシックでSt Nicholas Abbeyの4着、前走のG1ガネー賞は3着、追い込み脚質なのでとりこぼしも多く、エプソムも合うかどうか。Joshua Treeは英でも結果を出しているが、前走のG2ヨークシャーCは6着と振るわなかった。Chamonixは昨秋準重賞を2勝、いずれも完勝だった。今季はこれが初戦で、昨年からどれだけ力を付けているか。
[1]. コロネーションC結果
|| mazuda 13/06/05(水)00:23 [ 返信 ]
1St Nicholas Abbey126J. O'Brien 2:37.76
2Dunaden126J. Spencer 3 3/4
3Joshua Tree 126R. Moore 7
4Chapter Seven 126H. Bentley 5
5Chamonix126J.A. Heffernan18

まず出ていったのはChapter Seven。Chamonixも上がってゆき、2頭が前で併走。以下、Joshua TreeSt Nicholas AbbeyDunadenの順で続く。
前の2頭が競っている以外は、2−3馬身おきに並び、前から後ろまでは8馬身程度。コーナーで内のChamonixが前に出て、Chapter Sevenが付いてゆく形になり、前2頭のリードが広がる一方、後ろ3頭は詰まってくる。最終コーナーでChapter Sevenが再び前に出て、St Nicholas AbbeyJoshua Treeをとらえて3番手へ。
直線抜け出したChapter Sevenにしかし、後方の3頭が一気に迫ってくる。その筆頭はSt Nicholas Abbeyで、残り2Fの手前で持ったままでChapter Sevenをかわす。Dunadenが追いかけてくるが、St Nicholas Abbeyに付いてゆくのがやっと。そのままSt Nicholas AbbeyDunadenに3 3/4馬身差を付け1着。3着Joshua Tree


920. 2013/05/31 オークス (英G1 芝12F10Y 3歳牝 エプソム) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/05/31(金)00:04 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
15Banofree(IRE)3Filly126K. Fallon
210Gertrude Versed(GB)3Filly126W. Buick
37Liber Nauticus(IRE)3Filly126R. Moore
411Madame Defarge(IRE)3Filly126T. Queally
58Miss You Too(GB) 3Filly126I. Mongan
62Moth(IRE)3Filly126J. O'Brien
79Roth(GB)3Filly126J. Murtagh
84Say(IRE)3Filly126J.A. Heffernan
91Secret Gesture(GB) 3Filly126J. Crowley
103Talent(GB)3Filly126R. Hughes
116The Lark(GB) 3Filly126J. Spencer

注目は、Secret Gesture。前走の準重賞オークストライアルSで2着以下を10馬身千切る圧勝、重賞経験も無しにG1級の評価を得た。Liber Nauticusは2戦無敗で、前哨戦のG3ミュジドラSを断然人気に応えて勝ってきた。BallydoyleのエースはMoth、1勝馬だが、前走の1,000ギニーSでは勝ち馬から2馬身差の3着に入って、血統も筋が通っている。Banofreeはもう1頭の無敗馬、こちらも2戦2勝で、前走は準重賞のチェシャーオークスを勝った。
O'Brien厩舎のもう1頭、SayはMothのサポート役だろうが、血統は超一流、前走は未勝利とはいえ9馬身差の圧勝で、距離適性もありそうだ。Talentは連勝中で、前走今季初戦の準重賞プリティポリーSを勝っている。
[1]. オークス結果
|| mazuda 13/06/05(水)00:22 [ 返信 ]
1Talent126R. Hughes 2:42.00
2Secret Gesture126J. Crowley 3 3/4
3The Lark 126J. Spencer 3/4
4Moth126J. O'Brien Head
5Liber Nauticus126R. Moore 3 1/2
6Miss You Too 126I. Mongan 3 3/4
7Banoffee126K. Fallon 2 1/4
8Gesture Versed126W. Buick 1 1/2
9Roz126J. Murtagh 3/4
10Say126J.A. Heffernan1 1/4
11Madame Defarge126T. Queally 9

Miss You Tooがかかり気味に飛び出す。Sayも前に行くが2番手、Gertrude Versedが続き、Secret Gestureは好位4番手を追走、その外にLiber Nauticus。中団にMoth、その後ろにBanoffee、スタートで行き脚が付かなかったTalentは最後方を追走。
Miss You Tooはその後も行きたがり、2馬身半程Sayを離して逃げる。その後の隊列は伸びることもなく、整然と進んでゆく。最終コーナーにかかってくると、後方の馬は外へ追い出しの進路を窺い、馬群が徐々に広がる。直線入り口でBanoffee、Talent、Madame Defargeらが外に振り、大きく横に広がって各馬追い出しにかかる。
直線へ向くとすぐMiss You Tooのリードが無くなってくる。そこへ迫ってきたのはSecret Gesture。その外にはLiber Nauticusが続く。その後はThe Lark、Mothが続くが、The Larkは進路の確保に手間取り、Secret Gestureが抜け出した後を通って漸く伸びてくる。Liber Nauticusを振り切ったSecret GestureをThe LarkとMothが追う態勢となったところへ、外からTalentが飛んでくる。残り100で並ぶ間もなくSecret GestureをかわしたTalentが、最後は3 3/4馬身突き放して1着。2着Secret Gesture、3着The Lark


919. 2013/05/26 愛1,000ギニー (愛G1 芝8F 3歳牝 カラ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/05/25(土)22:46 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
116Big Break(GB) 3Filly126P.J. Smullen
26Bunairgead(IRE)3Filly126K.J. Manning
38Dubaya(GB)3Filly126C.D. Hayes
411Exactement(IRE)3Filly126J. Crowley
57Hanky Panky(IRE) 3Filly126R.L. Moore
61Harasiya(IRE)3Filly126D.P. McDonogh
79Just Pretending(USA) 3Filly126J.A. Heffernan
82Just The Judge(IRE) 3Filly126J.P. Spencer
910Masarah(IRE)3Filly126F. Tylicki
103Maureen(IRE)3Filly126R. Hughes
1114Mizzava(IRE)3Filly126S. Foley
1213Rehn's Nest(IRE) 3Filly126R.P. Whelan
1315Snow Queen(IRE) 3Filly126J.P. O'Brien
144Uleavemebreathless(GB)3Filly126G.F. Carroll
155Viztoria(IRE)3Filly126J.P. Murtagh
1612What Style(IRE) 3Filly126N.G. McCullagh

中心はJust The Judge。デビュー3連勝でG2ロクフェルSを制覇、前走の英1,000ギニーもSky Lanternと1/2馬身差の2着とあと一歩で、力を充分示してきた。
Viztoriaはここまで連を外しておらず、前走のG3アサシSは断然人気にきっちりと応えている。Famous Nameの全妹Big Breakは2連勝で前走のG3キラヴランSを完勝、今季はこれが初戦となる。MaureenはG3フレッドダーリンSの勝ち馬で、英1,000ギニーでは6着。Just The Judgeとの差は2馬身程と、逆転不可能な差ではない。
地元のG1にも関わらず今回はやや影が薄いO'Brien厩舎の1番手はSnow Queen。前走は英1,000ギニー5着で、2番手グループとは差の無い位置に居る。Just Pretendingはこの一月で、未勝利、G3デリンズタウンスタッド1,000ギニートライアルを勝って急浮上してきた。一方、Oxx厩舎はG3フラッシュSの勝ち馬で、G1モイグレアスタッドSでも1番人気に推された(3着)Harasiya、2戦1勝で前走はG3レパーズタウン1,000ギニートライアルS2着のWhat Styleで臨む。
[1]. 愛1,000ギニー結果
|| mazuda 13/06/04(火)00:38 [ 返信 ]
1Just The Judge 126J.P. Spencer 1:39.37
2Rehn's Nest 126R.P. Whelan 1 1/2
3Just Pretending 126J.A. HeffernanHead
4Big Break 126P.J. Smullen Neck
5Mizzava126S. Foley 2
6Maureen126R. Hughes 1
7Hanky Panky 126R.L. Moore Neck
8Bunairgead126K.J. Manning 1
9Exactement126J. Crowley 1/2
10Snow Queen 126J.P. O'Brien Neck
11Uleavemebreathless126G.F. Carroll 4 1/4
12Harasiya126D.P. McDonogh Head
13What Style 126N.G. McCullagh4 1/4
14Dubaya126C.D. Hayes 1/2
15Masarah126F. Tylicki 35
Non Runner: Viztoria

Uleavemebreathlessがハナを切り、Just Pretending、What Styleが続く。Just The Judgeは4番手の内に付け、Big Breakも好位から。Snow Queen、Maureenは後方から。
全馬一団で密集して進んでゆく。Just Pretendingは早めにUleavemebreathlessをとらえに行き、直線に入った時点で先頭に立っている。直後にJust The Judge、Big Breakが追ってきて、後続は横に大きく広がる。
残り2FでJust The JudgeはJust Pretendingに食らいつき、前に出ようとする。この辺りでBig Breakはやや置かれ、Just Pretendingをかわして先頭に立ったJust The Judgeが勝負を決める。そのまま1 1/2馬身のリードを維持して、Just The Judgeが1着。2着争いはJust PretendingとBig Breakが並んだところへRehn's Nestが突っ込み、最後はRehn's Nestがかわして先着。3着Just Pretending。


918. 2013/05/26 タタソールズゴールドC (愛G1 芝10.5F 4歳上 カラ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/05/25(土)22:46 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
11Al Kazeem(GB) 5Horse129J. Doyle
23Camelot(GB)4Colt129J.P. O'Brien
34Windsor Palace(IRE)8Horse129J.A. Heffernan
42Negotiate(GB)5Mare129K.J. Manning

昨年の英2冠馬Camelotは、今季初戦のG3ムーアズブリッジを勝ち、無難なスタートを切った。1年ぶりの実戦となったG3ゴードンリチャーズSを勝って、重賞2連勝のAl Kazeemと、ほぼ2頭の勝負。
[1]. タタソールズゴールドC結果
|| mazuda 13/06/01(土)01:30 [ 返信 ]
1Al Kazeem 129J. Doyle 2:14.48
2Camelot129J.P. O'Brien 1 1/2
3Windsor Palace129J.A. Heffernan9 1/2
4Negotiate126K.J. Manning 2 3/4

Negotiateがまず飛び出すが、Windsor Palaceがハナを奪ってゆく。3番手にCamelot、最後方にAl Kazeem
各馬の前後に空間があるバラバラとした隊列で進んでゆく。直線が近付くと後続が進出を開始、一気に差が縮まり、4頭が横に広がって直線へ。
残り2FでCamelotが内の2頭を抜いて先頭に立つが、Al Kazeemが持ったままで付いてくる。そのまま2頭の勝負に入り、残り1Fの手前でAl Kazeemが追い出すと、暫く併走した後、残り100でAl Kazeemが前に出る。そのままCamelotを置いて、Al Kazeemが1 1/2馬身リードして1着。


916. 2013/05/26 イスパーン賞 (仏G1 芝1850m 4歳上 ロンシャン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/05/25(土)22:43 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
14Mandour(USA)4Colt58.0C.-P. Lemaire
26Planteur(IRE)6Horse58.0C. Soumillon
32Zinabaa(FR)8Gelding58.0F.-X. Bertras
43Don Bosco(FR) 6Horse58.0G. Benoist
51Maxios(GB)5Horse58.0S. Pasquier
65Saonois(FR)4Colt58.0A. Hamelin
78Sofast(FR)4Colt58.0O. Peslier
87Beauty Parlour(GB)4Filly58.0T.P. Queally

Beauty ParlourはロッキンジSを回避、こちらへエントリしてきた。混合戦の経験はまだ無いが、昨春のG1での走りからすると、ここなら通用する可能性は大いにある。Maxiosは今年になってG2アルクール賞を勝ち、G1ガネー賞で2着。距離短縮に対応出来れば、初G1もみえてくる。昨年2着のPlanteurは、その後の英国キャンペーンでは散々だったが、今年に入り立ち直ってきた。
Don Boscoはここ4戦続けて連対中、アルクール賞ではMaxiosに迫り、前走のG2ミュゲ賞で重賞2勝目をあげている。昨年のジョッキークラブ賞勝ち馬Saonoisは、前走ガネー賞は5着。1回使ってどこまで上向いてくるか。
[1]. イスパーン賞結果
|| mazuda 13/05/31(金)00:01 [ 返信 ]
1Maxios58.0S. Pasquier 1:56.55
2Planteur58.0C. Soumillon 1/2
3Mandour58.0C.-P. Lemaire3/4
4Don Bosco 58.0G. Benoist 2
5Zinabaa58.0F.-X. BertrasHead
6Beauty Parlour56.5T.P. Queally 1
7Sofast58.0O. Peslier 6
Non Runner: Saonois

まずPlanteurが飛び出し、Don Boscoが続く。Don Boscoはかかって、途中からPlanteurをかわしてゆく。その後はMaxios、Zinabaaが続き、Mandour、Beauty Parlourがやや後ろ、Sofastが殿を追走する。
先頭に立ってもDon Boscoは入れ込み気味、1馬身半くらいの差でPlanteurが2番手をゆく。Maxiosは4番手の内で動かず、Beauty Parlourはコーナーで少し前に接近する。
直線を向いて、Don Boscoが粘る。残り400を切っても先頭に居たが、残り200でPlanteurがDon Boscoをとらえ、直ぐ外に来ていたMaxiosと2頭で先頭争いへ。Beauty Parlourは外へヨレて伸びを欠く。内からMandourが飛んできて3番手に上がるが、前に割って入るまでは行かず、残り50でPlantuerをとらえたMaxiosが人気に応えて1着。2着Planteur、3着Mandour。


915. 2013/05/26 サンタラリ賞 (仏G1 芝2000m 3歳牝 ロンシャン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/05/25(土)22:42 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
16Siyenica(FR)3Filly57C.-P. Lemaire
27Ferevia(IRE)3Filly57T. Thulliez
32Artiste Divine(GB)3Filly57P.-C. Boudot
43Alumna(USA)3Filly57M. Guyon
54Alterite(FR)3Filly57I. Mendizabal
61Parle Moi(IRE) 3Filly57C. Soumillon
75Izola(GB)3Filly57T. Jarnet
88Silasol(IRE)3Filly57O. Peslier

G1マルセルブサック賞の勝ち馬Silasolが実績一番。今季初戦のG3ヴァントー賞は2着で、相手はプーリッシュで2着惜敗のEsoteriqueだったのでまずまず、一回使って上積みも見込める。
中距離のG3ペネロープ賞を勝っているFerevia、マルセルブサック賞小差3着で、プーリッシュ10着から巻き返しを狙うAlterite、ヴァントー賞でSilasolと差の無い4着だったParle Moiがそれに続く。
実績は無いが、2戦2勝でロンシャンの条件戦を完勝してきたAlumna、年明けデビューの1戦1勝馬Siyenicaといった名門の馬も、頭まで狙える。
[1]. サンタラリ賞結果
|| mazuda 13/05/31(金)00:00 [ 返信 ]
1Silasol57O. Peslier 2:10.53
2Alterite57I. MendizabalShort Head
3Ferevia57T. Thulliez Short Neck
4(DH)Artiste Drive57P.-C. Boudot Neck
4(DH)Alumna57M. Guyon -
6Parle Moi 57C. Soumillon 2
7Siyenica57C.-P. Lemaire1/2
8Izola57T. Jarnet 2 1/2

Parle Moiが出てゆき、Alumnaが2番手、Siyenica、Artiste Divineが続く。その後にAlterite、Fereviaは7番手、Silasolは最後方からゆく。
序盤のうちにSiyenicaが前に出てハナを奪い、AlumnaもParle Moiに並ぶ。Ferevia、Silasolが並んで最後方は変わらず、前から後ろまでは6馬身くらい。そのままコーナーでは動きが無かったが、フォルスストレートに入るとAlumnaがSiyenicaに接近、Alteriteも3番手に並びかける。
直線を向いて、Siyenicaが粘る。Alumna、Alteriteが外から並んでくるが、なかなか前に出られない。それでも、残り200でAlteriteが前に出て、Alumnaが食い下がる形になり、Siyenicaは失速。しかし、そこへ後方からArtiste Divine、Silasol、Fereviaが突っ込んできて、5頭が一団でゴール。最後に前に出たのは大外のSilasol、2着にはAlteriteが残り、3着Ferevia。


914. 2013/05/25 愛2,000ギニー (愛G1 芝8F 3歳牡牝 カラ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/05/24(金)01:36 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
16Ask Dad(GB) 3Colt126N.G. McCullagh
24First Cornerstone(IRE)3Colt126C.D. Hayes
310Flying The Flag(IRE) 3Colt126C. O'Donoghue
42Fort Knox(GB) 3Colt126J.P. Murtagh
59Gale Force Ten(GB) 3Colt126J.A. Heffernan
68George Vancouver(USA) 3Colt126P.J. Smullen
77Havana Gold(IRE) 3Colt126J.P. Spencer
83Magician(IRE)3Colt126J.P. O'Brien
91Trading Leather(IRE) 3Colt126K.J. Manning
105Van Der Neer(GB) 3Colt126R. Hughes
[1]. 愛2,000ギニー
|| mazuda 13/05/25(土)22:41 [ 返信 ]
G3ディーSを完勝したMagicianが中心。ダービープレップを勝ちから敢えて距離を縮めてきた格好だが、未勝利戦を圧勝したコースなので条件的に問題は無いだろう。Van Der Neerはレーシングポストトロフィー2着、英2,000ギニー3着とG1で上位に来ている。ここまで着外無し、安定感もある。
Fort Knoxは2連勝中、前走は準重賞の2,000ギニートライアルSを勝ってきた。Havana Goldの前走はG1プールデッセデプーラン5着、しかし勝ち馬との差は1馬身も無い。Trading LeatherはG3オータムSの勝ち馬で、前走はダービープレップのG2ダンテS2着。Gale Force TenはG1ミドルパークSで僅差の3着、プールデッセデプーランでは4着とHavana Goldに僅かに先着している。BCジュヴナイルターフ勝ち馬George Vancouverは英2,000ギニーで10着と失速、巻き返しを狙う。
[2]. 愛2,000ギニー結果
|| mazuda 13/06/04(火)00:37 [ 返信 ]
1Magician126J.P. O'Brien 1:36.81
2Gale Force Ten 126J.A. Heffernan3 1/2
3Trading Leather 126K.J. Manning 1 1/2
4Havana Gold 126J.P. Spencer 1 1/2
5First Cornerstone126C.D. Hayes 2 1/2
6Flying The Flag 126C. O'Donoghue 2 1/2
7George Vancouver 126P.J. Smullen 1/2
8Van Der Neer 126R. Hughes 2
9Fort Knox 126J.P. Murtagh 3 1/2
10Ask Dad 126N.G. McCullagh7

内からTrading Leatherが出て行き、Ask Dadが続く。間が空いて、Magicianは3番手、その後First Cornerstone、Van Der Neer、Gale Force Ten、Fort Knoxと続く。Havana Goldはその後ろ、George Vancouverは後方から。
Trading Leatherは1馬身半程のリードで単騎先頭、2番手Ask Dadの後は4馬身くらい離れる。Magicianは3番手をしっかりキープし、徐々に4番手以下との差を広げる。前のTrading Leatherのリードも広がってゆく。Trading Leatherが4馬身程リードし、MagicianがAsk Dadに並びかけて勝負所へ。
各馬追い出しにかかるが、Magicianだけはまだ持ったままで2番手に上がり、Trading Leatherとの差を詰めにかかる。その後はFirst Cornerstone、Gale Force Tenが追ってくるが、まだ差がある。残り1Fを前にMagicianはTrading Leatherをとらえて先頭へ。追ってきた馬からはGale Force TenがTrading Leatherをかわし2番手に上がるが、Magicianはその間も先に行き、届きそうにない。そのままMagicianが3 1/2馬身リードして1着。2着Gale Force Ten、3着はTrading Leatherが残った。


913. 2013/05/18 ロッキンジS (英G1 芝8F 4歳上 ニューベリー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/05/18(土)00:30 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
16Aljamaaheer(IRE)4Colt126P. Hanagan
212Amaron(GB)4Colt126A. Starke
31Chil The Kite(GB) 4Colt126R. Moore
413Cityscape(GB)7Horse126J. Doyle
54Declaration Of War(USA)4Colt126J. O'Brien
65Farhh(GB)5Horse126S. De Sousa
72Fencing(USA)4Gelding126W. Buick
83Libranno(GB)5Horse126K. Fallon
98Penitent(GB)7Gelding126D. Tudhope
109Reply(IRE)4Colt126J.A. Heffernan
117Sovereign Debt(IRE) 4Colt126A. Kirby
1211Trumpet Major(IRE) 4Colt126R. Hughes
1310Beauty Parlour(GB) 4Filly123T. Queally

Farhhはここ4戦続けて2着、ただ、Frankelを始め相手は相当の強者達。この馬も高い能力を示し、安定感もある。CityscapeはG1ドバイデューティフリーを勝っており、実績では最上位。欧州に戻ってもG1でExcelebrationの2着が2回と、活躍を続ける。昨年の仏1,000ギニーを勝ったBeauty Parlourは、昨秋は順調にゆかず、G1サンチャリオットS7着があるのみ、ここから仕切り直しとなる。
Trumpet Majorは今季初戦のG2サンダウンマイルを勝ってきた。マイルの重賞は3勝している。Amaronは昨秋G1ヴィットーリオディカプア賞を勝っている。前走はG3エドモンブラン賞3着。Declaration Of Warは昨秋から3連勝中、オールウェザーの重賞勝ち馬で、前走は芝マイルの準重賞ヘリテイジSを勝ってきた。Fencingも前走準重賞勝ち、パラダイスSを2 1/2馬身差で勝っている。
[1]. ロッキンジS結果
|| mazuda 13/05/20(月)00:40 [ 返信 ]
1Farhh126S. De Sousa 1:35.43
2Sovereign Debt 126A. Kirby 4
3Aljamaaheer126P. Hanagan Neck
4Chil The Kite 126R. Moore 4 1/2
5Declaration Of War126J. O'Brien 2 1/2
6Fencing126W. Buick 4 1/2
7Penitent126D. Tudhope 3/4
8Amaron126A. Starke 1 3/4
9Reply126J.A. Heffernan5
10Trumpet Major 126R. Hughes 42
11Libranno126K. Fallon 2 3/4
12Cityscape126J. Doyle 33
Non Runner: Beauty Parlour

Reply、Penitentが出てゆき、2頭が並ぶようにレースを引っ張る。Farhhは好位に付け、Cityscapeも差の無い6−7番手を進む。
中盤、Replyが前に出て単独先頭に。2馬身以上離れてPenitent、その後が一団となる。一旦控えたFarhhが再び前進する一方、Cityscapeは早めに手が動き始める。
残り3Fを切って、FarhhがPenitentをつかまえる。その内でDeclaration Of War、Fencingも一緒に上がってくるが、残り2Fで逃げるReplyも飲み込んだところからFarhhが抜け出す。馬群からSovereign Debt、Aljamaaheerが抜け出してきてFarhhを追うが、Farhhはそれも突き放し、最後は4馬身リードして完勝。2着Sovereign Debt、3着Aljamaaheer。


912. 2013/05/12 伊共和国大統領賞 (伊G1 芝2000m 4歳上 カパネッレ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/05/11(土)01:02 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
19Bedetti(GB)5Horse58A. Fiori
25Branderburgo(IRE)6Horse58C. Fiocchi
36Orpello(IRE)4Colt58F. Branca
47Pattaya(ITY)5Horse58G. Bietolini
53Principe Adepto(USA)5Horse58M. Demuro
68Storming Loose(GB) 6Gelding58G. Arena
71Teixidor(ITY)4Colt58J. Fortune
82Vedelago(IRE)4Colt58M. Esposito
94Vola E Va(GB) 4Gelding58D. Vargiu

前哨戦といえるG3アンブロシアーノ賞を4馬身差で勝ってきたOrpelloに注目。昨年まではG1で勝負になりそうではなかったが、明け4歳、古馬になって力を付けたか。経験豊富なベテランBranderburgo、勝っているのは準重賞までだが、G1でも入着がある。Vedelagoは昨年のG2エミリオトゥラティ賞の勝ち馬で、実績では出走馬中最上位。実績は1600以下が中心で、距離が伸びて良さそうな血統でもないところがどう出るか。
Vola E Vaはアンブロシアーノ賞でOrpelloの2着だった馬、昨年の伊ダービーで4着に来ている。Pattayaはアンブロシアーノ賞で最下位だったが、その前は準重賞のチルコマッシモ賞を勝っている。父がピロマティアという点でも気になる馬。Principe Adeptoはエミリオトゥラティ賞でVedelagoの2着だった馬。ローマでは準重賞シグノリノ賞を勝っている。
[1]. 伊共和国大統領賞結果
|| mazuda 13/05/16(木)00:58 [ 返信 ]
1Vedelago58M. Esposito 2:01.50
2Orpello58F. Branca 1/2
3Pattaya58G. BietoliniHead
4Vola E Va 58D. Vargiu 2
5Bedetti58A. Fiori Nose
6Principe Adepto58M. Demuro 1 1/2
7Storming Loose 58G. Arena 1/2
8Teixidor58J. Fortune 5
9Branderburgo58C. Fiocchi Distance

Branderburgoがポンと前に出る。Orpelloが続き、Principe Adepto、Bedettiが好位。Teixidor、Vola E Vaと居て、Vedelagoはやや後ろ、その後Storming Loose、スタートの良くなかったPattayaは最後方から。
Branderburgoは1馬身半くらいのリードを保つ。Pattayaは中盤で外から少し上がり、後方2番手へ。4コーナーから馬群が詰まってくる。直線を向いて、OrpelloがBranderburgoに襲い掛かる。
残り600を切ってOrpelloが先頭に並び、やがて抜け出す。Bedetti、Vola E Va、Vedelagoが追ってくるが、その中から外のVedelagoがOrpelloに迫る。残り200でOrpelloに並んだVedelagoが、そのままOrpelloの前に出る。大外からはPattayaが追い込んで、2頭の争いに加わってくるが、先頭はVedelagoで、最後は1/2馬身差で1着。2着はOrpelloが残り、3着にPattaya。


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: